Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #28
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #28



 香奈枝の通学路に、白鳥路(はくちょうろ)と名付けられた小道がある。高台にある大学の裾野を取り巻く道の一つだ。白鳥が群れ飛ぶのかというとそうではなく、道の入り口近くに白鳥の白い塑像が立っているのが名称の由来だ。
 道の両側には木々が立ち並び、林冠を接して隧道のようになっている。空はほとんど見えない。昼間でも仄暗い道であった。

 香奈枝は、あやめと訪れた内灘海岸のニセアカシアの隧道を思い浮かべながら、薄暗い小道を歩いた。あれはもう……二月も前のことだろうか。
 楽しかった、という思いと同時に、あの時感じた得も言えない不安が香奈枝の脳裏をまたよぎる。この不安は、ここしばらく、香奈枝から離れることはなかった。
 あれ以来、あやめの懊悩する様子はますます顕著になっていった。だが、あやめは何も話そうとしない。香奈枝にはどうすることもできなかった。

 香奈枝は白鳥路を抜けた。木々が途切れ、視界が一気に白くなった。
 昨日は、その冬初めての雪になった。雪は今日にかけて断続的に降り続き、まだそれほどではないが積もり、大地を白く染めていた。雪は今も降っているが、風はほとんどない。
 香奈枝の前を、三人の少女が笑いさざめきながら歩いていた。セーラー服を着ている。女子高生なのだろう。
 香奈枝は思う。

 あの子たちは……、
 何の屈託も無さそうなあの子たちは、
 本当に何の悩みも無いのだろうか。
 ひょっとして、
 親にも、友達にも言えない、
 重い悩みを抱えている子もいるのではないだろうか。
 あの子たちは……。

 前を歩く三人が、不意に二人になった。中央の子が転んだのだ。同時に悲鳴が聞こえた。

「ひえっ」
「もう、なあにやってんのよ、かなぁ」

 右側の子が、転んだ子の手を引っ張りながら立たせようとする。左側の子も手を伸ばす。
 二人がかりで引き上げられ、転んだ子はようやく立ち上がった。その後ろ姿は雪まみれである。

「ほんまにどんくさいねえ、かな。何年ここに住んでんのよ」
「何年って、生まれたときからじゃん。あんたらもいっしょだろ」
「それで、なんでそんなにしょっちゅう転ぶわけ?」
「あんたは、この国に適応できてへんねえ」

 あの子は……「かな」というのか。
「かなえ」なのか「かなこ」なのか、
 それともただ「かな」なのか……。

 香奈枝は、埒もないことを考えた。

「いいんだもーん。あたし、南国の男を捕まえるんだ。で、雪なんてない国に住むんだ。
 やっぱり沖縄かなあ。あ、東南アジアにするか。思い切ってミクロネシアとかポリネシアとかもいいなあ」
「はいはい、好きにしな。で、北海道とか、アラスカの男に捕まったりして」

「かな」の背の雪を払い落としてやりながら、「かな」と隣の子が掛け合いの会話を交わす。三人はころころと笑いあいながら、次の信号を右に曲がって行った。
 香奈枝はアパートへの道を辿る。その足取りは、雪のせいだけではなく、いかにも重かった。

 あやめは一体……。

 その思いが香奈枝の脳裏を離れたことは、ここ数か月の間、無い。あやめは何も言わない。何も話さない。悩んでいることすら明かそうとしない。
 そのことが、香奈枝の懊悩を深くするのだ。

 なぜ……なぜ何も話さないの。何も言ってくれないの。
 あたしは……あたしはあなたにとって、
 その程度の存在なの。
 あたしは……、
 あやめにとって、語るに足る相手ではないのだろうか。
 
 あやめえっ。

 心中で絶叫する香奈枝の視界が、不意に灰色になった。前方に見えていた大きな橋が掻き消えた。
 灰色の視界の中、無数の、背景より少し濃い灰色の小片が絶え間なく舞っている。

 ああ、ころんだんだ。
 あたしは、転んだんだ。
 今あたしは……空を見上げているんだ。
 この陰鬱な北国の大地を、煉獄の中に永遠に閉じ込めよう、
 とでも云う様に、絶え間なく降り落ちる雪。
 あたしは、その雪を見上げているんだ。
 あの時の、あの美しかった内灘の空に比べ、
 なんという違いだろう。

 もう……いい。
 もう、駄目だ。
 もうこれ以上、耐えられそうもない。
 いっそもう、このまま……。

 香奈枝はしばらくの間空を見詰め、倒れた姿勢のまま身じろぎもしなかった。

「大丈夫ですか」

 ふいに声が掛かった。渋いバリトンだった。見上げる香奈枝の視界に、その声に似ず、意外に若い男の顔が入った。

「あ、だ、大丈夫、です」

 立ち上がろうと雕黴€く香奈枝を男の両腕が抱え込み、力強く抱き起した。男の腕が軽く香奈枝の乳房に触れる。
 香奈枝は、されるままに立ちあがった。男に軽く頭を下げる。

「す、すみません」
「昨日から急に降ってきましたからねえ。頭とか、打たなかったですか」

 男は香奈枝から一歩離れ、覗き込むように再び声を掛けてきた。屈託のない笑顔だった。
 香奈枝は、ふいに涙ぐんだ。
 同時に、若い男の前で無様な姿を曝したことに気付く。恥ずかしさが一気に押し寄せた。

「あ、ありがとう、ございました。それじゃ」

 香奈枝はもう一度頭を下げ、雪も払わず、男に背を向けた。そそくさとその場を離れる。見送る男の視線を痛いほど背に感じた。
 橋の袂を左へ曲がり、川沿いの道を辿る。アパートはすぐそこだった。
 入り口で雪を払い、階段を上った。階段は相変わらずぎしぎしと音をたてる。二階の廊下を部屋まで歩いた。鉛のように重い脚を引きずるように歩いた。
 香奈枝は、部屋の前に立った。
 予感があった。
 いや、それは確信だった。

汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ

 ダンテ『神曲』、地獄の門の碑銘である。
“この先は地獄である いかなる希望も持つな……”
 しばらく戸の前に佇んだ後、くずおれそうになる膝を立て直し、鍵を外して室内に入る。

 誰もいなかった。

 一時的な不在ではない。
 もう二度と、この部屋にあやめが戻ることはない。部屋に入る前から香奈枝にはわかっていた。そのことがわかっていた。わからないわけがない。
 愛しいあやめは……いなくなっていた。
 とうとう、何を語ることもなく行ってしまった。香奈枝は、これまで経験したことのない、底知れない喪失感を覚えた。体の一部を抉り取られたようだった。
『かくも長き不在』
 そんな言葉が香奈枝の脳裏を掠めた。

 これは……映画のタイトルだったかなあ。
 でも、あやめの「不在」はこれから始まるんだ。
 この先、幾度この言葉を思うようになるのかなあ。
 かくも長き……。

 香奈枝の視線が卓袱台に向かう。
 その上に白い封筒。
 鷲掴みにした封筒を握り潰し、香奈枝は、天を仰いで絶叫した。

 あやめえっ
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #27】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #29】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/09/10 08:57
    • 言葉を無くします。
      香奈枝せんせとあやめさんの別れ。
      これまでの関係が濃密であればあるほど、別れの喪失感は如何ばかりか。香奈枝せんせ、この痛手をどう乗り越えるのでしょうか。
      また、あやめさんの思いは……。
      待て、次回!
      「雕黴€く」が「?く」になっちゃいました。お手数ですが「もがく」に訂正いただけますでしょうか。宜しくお願いします。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/09/10 19:48
    •  気持ちは、痛いほどわかります。
       わたしにも経験がありますから。
       わたしは諦め切れず……。
       興信所に所在調査を頼みました。
       この顛末については、昔、コメントに書きましたね。
       “もがく”。
       直しておきました。
       わたしの使ってるテキストエディタのバージョンが……。
       JISの第2水準までしかサポートしてないようです。
       すみませんでした。
       でも、この字は知らなかったなぁ。
       雪道の歩き方。
       モデルのように、肩で風を切って颯爽と歩くと……。
       必ず転びます。
       アゴを引き、目線を落としましょう。
       背中も丸めぎみに。
       膝を伸ばし切らないようにし、歩幅は小さく。
       踵から着地してはいけません。
       ベタ足を心がけてください。
       足裏が着いたら、足指の付け根に力を入れ、後ろに掻くように地べたを蹴ります。
       前に転ぶ分には、防御が出来ます。
       後ろにひっくり返ると、非常に危険です。
       後頭部をまともに打つ恐れがありますから。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/09/11 04:00
    • 真後ろにこけたことがあります。
      現場は、雪が解けて固まったアイスバーン状の下り坂。
      最も危険な場所ですね。
      小外刈りいっぽおーん。
      頭を打った記憶はありませんから、上手く受け身を取ったのでしょう(芸は身を助くる)。
      今回、「かな」ちゃんと香奈枝せんせ、しつこく二人も転ばしちゃいましたが、自分が転んだ記憶がそれだけ鮮烈だったんでしょうね。
      要するに転ばないためには「何か落ちていないか」と探すお乞食さんのような心構えが大事、ということですね。
      もがく。
      お手数でした。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2013/09/11 07:50
    •  さっそく京都編の執筆に取りかかられてるのでしょうか?
       スゴいですねー。
       徹夜で書くなんて、ほんとの作家みたいじゃないですか。
       アイスバーン。
       問題となるのは、東京などでの対応ですね。
       東京に雪が降ると、必ず転倒者続出のニュースが流れます。
       ザマミロという気もするのですが……。
       ま、東京の人が悪いわけじゃありません。
       東京の人は、下駄箱も狭く、長靴を持ってない人も多いのでしょう。
       ブーツは、形は長靴似ですが、底がツルツルなので役に立ちません。
       靴に装着できるスパイクがありますから……。
       それをひとつ準備しておいてはいかがでしょう。
       新潟では、ホームセンターで山のように売ってますが……。
       東京だと、通販かな。
      http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/11b7e068.f81c632a.11b7e069.b5185f10/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fcandybox%2fch0827%2f%3fscid%3daf_link_txt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fcandybox%2fn%2fch0827

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/09/11 10:48
    • は、書き始めていますが、徹夜で書いてるわけではありません。京都取材でべろべろに酔って寝てしまったんですね。で、夜中の3時ころに目覚めて、またもや飲みながらコメを書きました。
      何をやっておるのだ、おっさん。
      >ブーツは、形は長靴似ですが、底がツルツルなので役に立ちません。
      ほおお、これは知りませんでした。
      そうか、見かけだけなのか、女性のブーツ。
      >靴に装着できるスパイクがありますから……。
       それをひとつ準備しておいてはいかがでしょう
      都会人は危機感が希薄だからなあ。「のど元過ぎれば……」というやつで、スパイクは買わないだろうなあ。
      ぼうさい防災とやかましく言いますが、どれだけの人が対応しているかなあ。
      こないだの地震情報の誤報。知り合いにいろいろ聞いてみましたが「別になんもせんかった」と、聞いた人すべてがそう答えました。
      大阪人は最も防災意識稀薄でしょうね、わたしも含めて。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/09/11 19:35
    •  ファッショナブルな雪靴も売ってます。
       もちろん靴底には、ちゃんと溝が刻まれてます。
       緊急地震速報。
       揺れが来るまでは、何も出来ないでしょうね。
       せいぜい、お鍋の火を消すくらいか。
       会社付近にいて、揺れが収まったら……。
       一目散に高いビルに逃げなきゃなりません。
       会社のあたりは、数分で津波が到達する可能性ありだそうです。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/09/12 00:32
    • やはりこれははずせないポイントなんでしょうか。
      >数分で津波が到達
      まあ、河口付近だからねえ。
      とはいっても日本海側。津波の可能性は低かろ。
      大阪もねえ、昔は「津波?関係ないもーん」だったんだけど、なんせ淡路島が天然の巨大な防波堤だからね。
      でも、実はそうでもない、ということで市内や、堺、泉南など沿海側は危ないそうです。淀川も津波が逆流ということで、かなり内陸部まで注意が必要とか。
      ま、さすがに高槻や京都まで来ることはないでしょうが、その代わり地震に直撃されたりして。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2013/09/12 07:27
    •  魚市場のオバサンみたいなのは履きたくありませんが……。
       最近は、とても可愛くなってます。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130912063240e85.jpg
       東京湾や大阪湾は、入り口が狭く……。
       中が袋のように広がってるので、それほど高い津波は心配ないんじゃないでしょうか?
       堺では、阪堺線の東側なら大丈夫と聞いてます。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2013/09/12 09:02
    • なんぼも無いよ。
      東側なら、大阪府のほとんどですな。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2013/09/12 19:36
    •  阪堺線の東で大丈夫と云われてたのは、昔の話で……。
       想定見直し後は、阪和線の東だそうです。
       仁徳陵も危ないということですね。
       このため、お年寄りの中には、避難すること自体を諦める方もおられるそうです。
       考古ファンの中には……。
       どさくさに紛れて、仁徳陵に駆けあがる輩が出るんでないか?

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2013/09/12 20:14
    • 阪堺線と阪和線ではえらい違いだぞ。
      面積からいうと……ようわからん。
      間隔はそう、2Kmくらいかなあ。
      仁徳稜に駆け上がる。
      地震が無くてもやる輩がおるんでないか。今、流行りみたいだからなあ、アホ所業。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2013/09/13 07:50
    •  ↓『南海地震津波ハザードマップ』では、まだ「阪堺線より東側に逃げましょう」と書いてあります。
      http://www.city.sakai.lg.jp/kurashi/bosai/pamphlet/bosai/bosaimap23/jishin.html
       でも、↓の『暫定版堺市津波避難計画』では……。
       津波は阪堺線を越えて、阪和線間際まで迫る想定になってます。
      http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/koho/kocho/publiccomment/boshukekka/kikikanri/tsunamihinan/tsunamihinan.files/tsunamihinankeikaku_01.pdf
       どうなっとるんじゃ?

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2013/09/13 10:13
    • 作成時期が違うのかなあ、と思いましたがどちらも2012年度でした。
      ほんまに、どないなっとるんじゃい。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #28】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top