Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #27
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #27



 アジサシは、空中から海面下の小魚を見つけ、高速でダイビングして捕らえるハンターだ。
「わたしはカモメ」
 世界初の女性宇宙飛行士の言葉が、香奈枝の脳裏をよぎった。
「ヤー・チャイカ、わたしはカモメ……」

 あ、ホバリング(空中静止)に入った。
 魚を見つけたんだ。

 香奈枝は心中で呟きながら、ダイブの瞬間を見ようと身を起こしかけた。そのとき、空中のアジサシと香奈枝との間に、人影が入った。
 陽が陰った。
 太陽を遮ったのはあやめだった。
 あやめが香奈枝の前に立ち、上から覗き込んでいた。

 あやめ……。

 手を差し伸べる香奈枝に、あやめが覆い被さった。唇と唇が合わさる。互いの腕が相手の体を抱きしめる。脚と脚が絡み合う。抱き合う姿勢が本来の姿であるかのように……。
 誰もいない二人だけの砂浜の只中。砂のベッドに抱かれ、二人の愛撫は続いた。
 香奈枝は、あやめと舌を絡ませ合いながら思った。

 さっきのアジサシ、どうしたかなあ。
 狩に成功したかなあ。

 あやめは、香奈枝の手を引き、立たせる。

「いくよ、香奈」
「え、どこへ?」
「海や、海に来たんやで、うちら。海に行かな」
「うん」

 二人はもつれ合い、絡み合いながら波打ち際を目指した。すぐそこに見えているのに、渚は遠かった。乾いた砂に足を取られ、何度も転びそうになりながら、その度に悲鳴を上げ、抱き合い、支え合いながら海を目指した。
 ようやく、二人の足もとの砂が硬く引き締まってきた。水際だ。気が付けば、波音が絶え間なく、一定のリズムで二人の耳を打っていた。

「あやめ、あやめぇ。うみよ、海だよ。うみだよお」
「なんや香奈。そないに海が珍しいんかい」
「だあって、あやめ。群馬に海はないんだよ。今まで海を見たのは一回だけ」
「ほうか、ほならたっぷり海を味わわなあ。いくよ、香奈」

 あやめは、いきなり香奈枝を抱きかかえ、海の中に倒れ込んだ。香奈枝の全身が海中に沈んだ。

「ぐほ、げほ、ごぼ」

 咳き込みながら、何とか香奈枝は立ち上がった。髪を振り上げ、顏を擦る。

「もう、なにするのよう、あやめ」

 あやめの姿が見えない。

「え、あやめ、あやめえ、どこ」

 あやめの姿はどこにも見えない。香奈枝は、心臓を鷲掴みにされたように立ち竦んだ。

「あやめっ」

 引き波に乗り、沖に漂っていく人影が見えた。仰向けである。

「あやめえっ」

 香奈枝は夢中でその人影を目指した。遥か彼方のように見えたが、実際にはそれほどの距離ではなかった。抱き寄せる。立たせる。立ってみれば水深は膝のあたりだった。

「あやめっ。大丈夫!?」
「ああ、香奈ぁ。そないに血相変えんでも。大丈夫や」
「もう、なによう。オフィーリアの真似なんかして」
「あはは、それもいいねえ」

 香奈枝は、思い切りあやめを抱きしめた。




 夕陽が海に沈んでいく。
 香奈枝とあやめは、砂丘の上に並んで腰を下ろしていた。片腕で膝を抱え……もう片方の腕をあやめは香奈枝の肩に、香奈枝はあやめの腰に廻し……しっかり抱き合いながら内灘海岸の黄昏を眺めていた。

 こんな光景がこの世にあるのだろうか。
 香奈枝は、海に沈む夕陽を見詰めながら思った。

 僅かな雲の浮かぶ天空全体を照らし、海の彼方に沈んでゆく夕陽は、世界全体を赤く染めていた。凄みのある赤色だった。
 香奈枝は、隣のあやめの横顔を見詰めた。その端正な顔は夕陽に照らされ、天空同様、赤く染まっている。おそらく自分の顔もそうなのだろう。
 濡れた服はもう乾いていた。

 あやめの瞳から、一筋、涙が流れた。

「あやめ、なぜ泣くの」
「え? 泣いてへんよ、香奈」
「だってあやめ、涙……」
「さっきの海の水やろ」

 香奈枝はなんとなく不安になった。胸騒ぎがした。この不安は今だけのものではない。
 あやめとの付き合いが始まっておよそ半年。濃密な時間だった。抱き合わない日は一日としてなかった。あやめが香奈枝を縛らない夜は一度としてなかった。
 あやめが厳しく言うので、昼間の授業を欠席したりすることはなかったが、それ以外の時間のほとんどを二人で過ごした。

 二人の時間が合う時は、今日のように連れ立って出かけた。山へ登った。川で遊んだ。山間の鄙びた温泉にも行った。街中の名所旧跡を散策した。ほとんどが日帰りだから、行き先は市内や近郊だけだった。
 しかし夏期休暇には泊りがけで遠出した。
 香奈枝は京都に行きたいと言った。あやめの生まれた街を見てみたかった。あやめは京都は止めようと言った。理由は言わなかった。自分の生まれた街に行ってもつまらないのだろう、香奈枝はそう解釈した。
 二人とも貧乏学生だ、そんなに贅沢な旅行は出来ない。二人が選んだのは隣の県、ホタルイカやチューリップ、トロッコ列車などで知られる県だった。別にどこでもよかったのだ、二人で過ごすことが出来れば。

 そんな、蜜月のような日々の中、しばらく前から香奈枝は今のような不安を感じることがあった。あやめだ。あやめが時折、遠くを見つめるように物思いに耽るのだ。
 幾度か思い切って聞いてみた、どうかしたの、と。その度にあやめは香奈枝を見つめ、微笑み、首を横に振りながら答えた。どないもせえへんよ、と。
 だが、香奈枝の不安は去らなかった。あやめは間違いなく、何かに悩んでいる。

 だが、今のように涙まで流すということは初めてだった。問い質したかった。何か悩みがあるなら話して、打ち明けて、相談して。
 だが、できなかった。
 恐かった。怖ろしかった。あやめの悩みの正体がわからないだけに、知ることが躊躇われた。

 あやめはいったい……。

 二人が見つめる夕陽の下端が、海上遥か彼方、水平線に接した。大きな太陽だった。赤く巨大な太陽だった。
 太陽光が海面を赤く染める。赤い絨毯を海面に敷いたように、水平線上の太陽から海岸の二人にまで、赤い帯が一直線に伸びた。

「うわあ、すごい。ねえ、あやめ」
「せやねえ。うちもこんなん見るの、初めてやわ」
「ありがとう、あやめ。こんなの見せてくれて」
「礼はお天気に言い。ほら、雲一つないで」

 香奈枝は上空をふり仰いだ。先ほどまで空にあった小さな雲は消えていた。雲量ゼロ。完全な快晴である。
 天頂から東の空は、既に青黒く、闇に沈み始めていた。

「あ、月」

 東の空、ニセアカシアの樹々の上に、半月が掛かっていた。上弦の月である。

「月は東に日は西に、ゆうやつやな」
「蕪村だね。菜の花や月は東に日は西に」
「相変わらずその手のをよう知っとるなあ、香奈。せやけど、勉強もちゃんとしてるかあ」
「してるよお。こないだ成績見せたでしょ。出席も皆勤だし」
「はは、せやったなあ。うちと付き合(お)うたおかげで勉強、手に付かんようになった、なんちゅうことにはさせられへんからなあ」
「はい、おかげさまで。厳しいあやめさんのおかげです」
「よっしゃ。ほな、キス、し」
「はあい」

 キスを交わす二人の横顔を照らしながら、太陽の上端が最後の輝きを残して水平線下に没した。日没である。海面上の赤い絨毯は、かき消えた。
 しかし空はまだ明るい。これから1時間以上をかけて天空は徐々に明るさを失い、星の輝きが増していく。
 あやめと香奈枝は、それ以上、海にも空にも目を遣ることなく、いつまでも愛撫を交わし続けた。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #26】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #28】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/09/03 08:58
    • 楽しかった内灘行、今回で終了です。
      しかも、二人の間に、そこはかとなく影がさしてきます。いったいどうしたんでしょう、あやめさん。
      >渚は遠かった
      『遠い渚』はシャープ・ホークス
      ♪二人の愛は夏の日の夢 遠い遠い渚に捨てよう
      『渚にて』はネビル・シュート。
      人類滅亡ものの傑作。
      >赤い絨毯を海面に敷いたように、
      >水平線上の太陽から海岸の二人にまで、赤い帯が一直線に伸びた
      これは実際に見たわけではありません。
      ていうか、こんな光景、有り得るんですかね。
      日の入りではなく、月の入りのときに、海面に白い帯が伸びる。この光景は画像で見たことがあります。これをパクッたんですね。
      ま、フィクションだということでお許しいただきましょう。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/09/04 07:47
    •  いつの間に、半年も経ってったんだ。
       てことは、これは秋のシーンですね。
       2人とも、パンストは履いてないんだな。
       日本海には、夕陽の名所が数多くあります。
       ↓新潟市でも、毎夏、砂浜で、『日本海夕日コンサート』が開かれてます。
      http://www.niigata-kankou.or.jp/niigata-city/convention/event/1291.html
       でも、わたしは、海に沈む夕陽を見た記憶が無いんですね。
       忘れてるわけじゃなく、たぶん、ほんとに見たことが無いんだと思う。
       なので、太陽から砂浜まで、赤い絨毯が伸びるかどうかは……。
       わかりませんでした。
       ↓でも、画像を探したら、たくさんありましたよ。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013090320362797f.jpg
       わたしは泳げないので、波打ち際の戯れは、読んでて怖かったですけど……。
       読者の中に映像を刻む、いいシーンだったと思います。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/09/04 07:48
    • >いつの間に、半年も経ってたんだ
      前回、『アイリス』#26のはじめの方に「今は10月半ば」と書いておろうが。
      >2人とも、パンストは履いてないんだな
      2人ともビンボだからね。パンストなんて贅沢は出来ません。年中、ナマ足にジーンズだよ。
      パンストをいつ脱がせるか、考えなくていいから楽だよな。
      「太陽から砂浜まで伸びる赤い絨毯」の画像、有難うございます。この画像を見た瞬間、「ああ、見たことあるぜ」と思い至りました。
      そうか、頭の中のでっち上げではなく、記憶の産物だったか。よかったあ。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2013/09/04 07:52
    •  確かに、「今は10月半ば」とありましたね。
       でも、あんなにサラっと地の文に埋められたら、見逃してしまうぞ。
       場面転換の冒頭で、時間経過があったことを解説してほしかったのぅ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/09/04 18:10
    • そう言われれば、確かに読み手から見れば不親切、説明不足でしたね。こういうところが“あまちゃん”、独りよがりなんだよなあ。
      で、投稿場所を移したのはええけど最後のコメ、ハンネが「HQ」になってまっせ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/09/04 20:10
    •  ハンドルがクッキーに記憶されることを忘れ返っておった。
       直しておきました。
       書き直し、受け付けますよ。
       ただし、先の原稿が滞らないことが条件ですが。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/09/04 20:35
    • なあんのこっちゃ、理解不能でおま。
      書き直しかあ。
      やはり、そうしろ、ということなんだろうなあ。
      先の原稿は、文字通り先の話だしなあ。
      取りあえず、明日明後日あたり、雨がおさまったら京都に取材に行く予定です。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2013/09/05 07:30
    •  言っておりません。
       ただ、そうした方が、時間の流れが正しく伝わるかと。
       書き直しではなく……。
       26回の冒頭に、「2人が出会ってから、半年が経っていた」的な文章を加えるだけでいいのでは?
       いいですねぇ。
       簡単に京都に行けて。
       ついでに、風俗店の取材もしてください。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2013/09/05 10:58
    • 送付しました。宜しくお取扱いください。
      京都の取材は、風俗やストリップや、ソープには行かんぞ。ま、ソープというと隣の滋賀だが。
      「清く正しく美しく」。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2013/09/05 20:07
    •  差し替えました。
       ほんとは、新旧版を対比表示させたいところですが……。
       めんどくさいので、やめ。
       「清く正しく美しく」ということなら……。
       ぜひ、祇園で芸者さんを呼んでください。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2013/09/05 21:16
    • 確認しました。ありがとうございます。
      「祇園で芸者」が、なぜ清く正しいんだろう。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2013/09/06 07:54
    •  キンチョーと恐れ多さで、助平心を起こす余裕なんかおまへんやろ。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2013/09/06 09:42
    • 一見さんお断り、やろ。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2013/09/06 20:03
    •  ↓まだ生きてるようですね。
      http://www.studio892.com/gion/okyaku.html
       売れっ子の予備校講師に、常連さんがいるんでないの?
       その人に連れてってもらったら?

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2013/09/06 22:17
    • 売れっ子講師は忙しいよ。祇園のお茶屋なんぞに入り浸る暇はない。
      それはともかく、あやめさんの受け入れ先は、やはり祇園にするかな。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #27】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top