Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #17
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #17



 香奈枝は、高手小手に縛られたまま部屋の中央に立っていた。薄暗い電灯の明かりが、その全身をほの暗く浮かび上がらせている。
 全裸である。
 いや、身に纏うものがある。
 両腕を背に高く引き上げて固定し、両の乳房を上下から挟み込んで香奈枝の胸を締め付けるもの。

 縄である。
 麻という植物が産み出し、いずこかの、おそらく女性が紡ぎ出し、一筋の縄として編み上げた、その縄。
 紡いだ人、編んだ人は、その縄の行く末を知るはずもないが、この縄は今、香奈枝の上体に絡みつき、引き絞り、あたかも蛇が獲物を絡め取るように、香奈枝を締め付けていた。

 縄……。蛇……。なわ、へび、縄、蛇……。

 その二つの言葉は、いつまでも漂う余韻を残して、香奈枝の脳裏を掠め、通り過ぎて行った

「香奈、ええか」
「はい、あやめさん。どうぞ……お願いします」

 あやめは新しく縄を取り上げた。解き、軽く扱き、ごく自然に二重の状態にする。そして、先ほどと同様に、縄の途中に瘤を作る。瘤と瘤との間隔は、先ほどよりずっと短い。指の幅、二本分か三本分か……。
 出来上がった瘤の数は、三つ。
 あやめは香奈枝に歩み寄り、その胴の中央、腰骨の少し上の、上体が最も括れる部分、いわゆるウェストの位置に縄を巻きつけた。
 一巻き、二巻き……。
 香奈枝の体の正面、臍のあたりで、横に巻いた縄に絡ませ、結び目を作る。
 あやめは一旦、縄から手を放した。香奈枝の臍のあたりから縄が垂れ下がる。三つの瘤は、香奈枝の股間のあたりで揺れていた。
 
 これは……。
 さっきの、瘤持つ蛇ではないか。

 香奈枝は思う。しかし、蛇の体長は先ほどよりもずっと短い。

 この蛇は……、
 わたしをどうしようというのだろう。
 また、噛みつくのだろうか。
 また、股間に噛みつこうというのだろうか。
 もう、さっきのあれは……。
 あんなことを再びされたら、耐えられるだろうか。
 今度こそ……。

 思い惑う香奈枝に、あやめの声が掛かった。

「香奈、脚、開き」
「はい」

 心中の思いに関わらず、香奈枝の体は即座に反応した。肩幅に両脚を開く。
 その開いた両脚の間に縄を通したあやめは、香奈枝の背後、尻のあたりで一気に縄を引いた。

「かっ」

 短い悲鳴を上げ、香奈枝は硬直した。
 瘤持つ蛇は、香奈枝の股間に深々と食い込んでいた。その瘤は……。
 初めの瘤は、香奈枝の陰核に噛みついた。噛みつき、押し潰し、食い切ろうとする。

「んあっ」

 次の瘤は膣口に喰い込んだ。喰い込み、押し広げ、潜り込もうとする。

「ぐぅっ」

 最後の瘤は肛門だ。
 抉り、押し広げ、潜る。
 潜る潜る潜る。香奈枝の内臓全てを喰い尽くそうとでも云う様に、深く、どこまでも深く潜り込んでゆく。

「かああああ」

 香奈枝は惑乱した。
 先ほどの蛇は、香奈枝の歩みと共に通り過ぎて行った。あやめに辿り着けば蛇はいなくなる。そういう希望があった。だが、この蛇は……。
 だが、この蛇は、動かない。
 香奈枝の股間に食い込んだまま、動かない。
 鎌首を香奈枝の腹の上に擡げ、尻尾を背骨と腰骨の交点に絡ませ……。

 あやめの手が背後で動いている。
 香奈枝の腰に巻いた縄。その縄の、香奈枝の尻の上あたりに、蛇の尻尾を絡ませているのだ。蛇が動かないよう、香奈枝の股間に噛みついたまま動かないように、固定しようというのだ。

「いやああああ」

 香奈枝は、あやめの意図を察し悲鳴を上げた。
 この蛇は、永遠に私を噛み続けようと云うのだろうか。
 そんなことをされては。
 
 そんなことをされては、正気を保てるとは思えない。
 そんなことがこの世にあるとは。
 そんなことをされるとは。
 そんなことを人にするとは。
 香奈枝は、底知れない緊縛の世界に戦慄した。
 恐怖さえ覚えた。
 だが……。

 この世界に私を引きこんだのはあやめなのだ。
 あやめなのだ。
 愛しいあやめなのだ。

 香奈枝の脳裏を、古代ローマの詩人ウェルギリウスのイメージがよぎった。ダンテを、彼岸の国に案内するウェルギリウス。ダンテはその旅の果てに、永遠の淑女ベアトリーチェに出会うが……。
 あやめはウェルギリウスなのだろうか。わたしはダンテなのだろうか。そして、ベアトリ―チェはいるのだろうか。
 ダンテが訪れた地獄。その入り口の門の碑銘にはこう記されていたという。

 我を過ぐれば憂ひの都あり、
 我を過ぐれば永遠の苦患あり、
 我を過ぐれば滅亡の民あり
 ……………………………………
 永遠の物のほか物として我よりさきに造られしはなし、
 しかしてわれ永遠に立つ、
 汝等こゝに入るもの一切の望みを棄てよ

 一切の……望みを棄てよ。

 いいだろう。
 棄てよう、何もかも。
 ただ、あやめさえ。
 あやめさえいれば、他には何もいらない。

「あやめえっ」

 香奈枝は血を吐くように叫んだ。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #16】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #18】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/06/25 09:52
    • 梅ヶ丘女子高伊豆研修所の管理人、東中あやめ。このあやめさんの若き日のエピソードをご紹介しようという『アイリスの匣』。早くも第17回を数えることになりました。
      ふとしたきっかけで、あやめさんは縛りが特技、恋人を虐めるのが趣味ということになってしましました。
      で、そのあやめさんが、巡り合ったばかりの恋人、若き日の香奈枝せんせを縛り始めたのが『アイリス』第8回。その後10回を重ねてようやく、あやめの香奈枝縛りは道半ばを踏破することが出来ました。
      今回はその第3弾、ご存知「股縄」です。
      これをかまされた香奈枝せんせ、惑乱しております、懊悩しております。わたしなどには想像するしかないのですが、そんなに気持ちいいのかなあ、という気もします、「股縄」。
      ま、お話の世界ですからね。香奈枝せんせには思い切り悶え狂っていただきましょう。
      で、今後予定しております縛りはあと二種類。縛り終えるまで、あと何回かかるかなあ。香奈枝せんせ、もつかなあ。
      そのうち音をあげて「あやめ」を5回、叫んだりして。
      今回の本文中……。
      「麻という植物が産み出し、いずこかの、おそらく女性が紡ぎ出し、一筋の縄として編み上げた、その縄」
      という一文(いちぶん)があります。
      まさか今どき、麻縄を手で編むわけはないでしょうから、これは私の頭の中の勝手なイメージです。
      もっとも農村などでは、藁縄を手で編むことはあるようです。
      え、一つお詫びといいますか、言い訳といいますか。
      またまたやっちゃいました。過去の偉大な作品を勝手に引用し、我が愚作に箔を付けようというさもしい魂胆。
      今回は、イタリアはフィレンツェ出身の詩人にしてルネサンスの巨匠、ダンテ。ダンテ・アリギエーリの叙事詩『神曲』。
      とんでもないものをパクッてしまいました。お詫び申し上げます。
      しかし、『神曲』中の重要登場人物、「永遠の淑女」ベアトリーチェ。この人物に憧れるお方は日本にも多く、様々な作品に引用されています。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/06/25 19:50
    •  旧制第三高等学校(現京都大学)寮歌『人を恋うる歌』。
       出だしを聞けば、どなたも耳にしたことがあると思います。
      妻をめとらば才たけて みめ美わしく情ある
      友を選ばば書を読みて 六分の侠気四分の熱
       この歌の4番は、下記のとおり。
      ああ、われダンテの奇才なく バイロンハイネの熱なきも
      石を抱きて野にうたう 芭蕉のさびをよろこばず
       実は、この“ダンテ”ですが……。
       原詩は、“コレッジ”だったようです。
       でも、誰もが知ってる“バイロン”“ハイネ”に対し……。
       “コレッジ(イギリス詩人・コールリッジ)”は、知名度で劣ります。
       というわけで、歌われるうちに、“ダンテ”に変化していったみたいなんですね。
       麻縄は、ひょっとして、縄自体に陶酔作用があるのかと思いましたが……。
       大麻とは、まったく別の植物のようです。
       息苦しい場面が続きます。
       こういうのを書いてると……。
       つい、ギャグを入れたくなりませぬか?
       股縄と云えば……。
       どうしても、縄でうんこを拭いたという、いにしえの風習を連想します。
       あれは、縄の束を、少しずつ繰りながら使ったんでしょうね。
       まさか、同じところでは拭かんよな。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/06/25 20:42
    • 確かに元は“ダンテ”ではなく“コレッジ”でしたね。ただし、わたしはこのコレッジを、ダンテの別の読み方だと思ってました(全然ちゃうやんけ!)。
      わああ、恥ずかしい。
      ●ギョエテとは俺のことかとゲーテ云ひ
      という川柳があったなあ。明治期、外国人の名前は様々な読まれ方をされたようです。
      上記の川柳は、明治期の小説家、斎藤緑雨の作とされています。
      で、今回少し調べてみましたら、言語学者の矢崎源九郎は、その著書『日本の外来語』(1964)で、次のように書いているそうです。
      「表記の上ではゴエテ、ギューテ、ギェーテ、ギューテ、ギョート、ギョーツ、ゲーテ、ギュエテ、ゲォエテ、ゴアタ、グウィーテ、ゲヱテー、ゲーテー、ゲェテー、ギョウテ、ギヨーテ、ギョーテ、ギョーテー、ギヨテー、ゴエテ、ギョテ、ギヨヲテ、ギヨオテ、ゲョーテ、ゲヨーテ、ゴエテー、ゲエテ、ギヨエテ、ゲイテ、ギョエテ、と、じつに二十九通りの書き方があるという。『ギョーテとは俺のことかとゲーテ言い』という、斎藤緑雨の川柳すらも生まれているほどである。」
      麻と大麻が同じだったら、緊縛師は全員逮捕されるぞ。
      そうですか、息苦しいですか。
      わたしは書いていると、頭が痺れるような感じになってきます。
      陶酔作用があるのかなあ。
      ギャグを入れる心の余裕など、有りませぬ。
      うんこ縄は、包丁で少しずつ切って使ったらしいよ。知らんけど。聞いた話や。
      せやけど、こんなんでは綺麗に拭き取れんやろから、昔はこーもんを舐める云うのは大変やったやろなあ。ま、風呂で洗えばすむことなんやろけど。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2013/06/26 07:42
    •  のめり込めるってのは、うらやましい限りです。
       わたしは、やたらと気が散りますね。
       携帯にメールが来たりすると、つい見てしまうし。
       20世紀最大の発明は、ウォシュレットじゃないでしょうか。
       時間旅行が出来たとしても、過去に遡るのをためらってしまうのは……。
       トイレの問題。
       排泄環境は、劇的に変わりましたよね。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/06/26 08:35
    • 携帯の電源は落としとくね、わたしは。
      それと、やはり夜中が一番集中できますね。昼間書くときは天井の照明は消し、窓のカーテンも閉じて部屋を薄暗くします。
      家人なんかは、胡散臭そうに遠巻きにし、近寄ろうとしません。「おっさん、またなんか怪しげなことやっとんな」くらいは思ってるでしょう。
      そういえば、携帯ウォシュレットなんてのがありましたね。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/06/26 21:29
    •  わたしは、3時46分ころ起き出しますが……。
       この時期は、もう薄明るくなってます。
       わたしも明るいと書けないタチなので……。
       執筆中は遮光カーテンを閉め切ってます。
       明かりは、電球色のLEDを付けたアームライトのみ。
       笠の部分には赤いネックウォーマーを巻き、さらに光量を落としてます。
       執筆時間は、55分くらい。
       それ以上は、集中力が持ちまへん。
       そうか。
       時間旅行にも、携帯ウォシュレットを持って行けばいいのか。
       でも、もし見つかった場合、説明に困るよな。
      「舶来の水筒でござる」
      「どうやって飲むのじゃ?
       飲んでみせい」
      「……」

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/06/26 22:16
    • 「飲んでみせい」って言われたって、困ることなかろ。
      中身はおしっこじゃなくて水じゃんか。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2013/06/27 07:38
    •  うんこが着いてると思います。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2013/06/27 08:48
    • それは使い方が下手なんじゃないの。知らんけど。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2013/06/27 20:11
    •  肛門から跳ねた水は、必ずかかってると思います。
       顕微鏡レベルで見れば、ぜったい着いとる。
       だからこそ、ノズルクリーナーという商品が存在してるんです。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2013/06/27 20:57
    • へえ、そんなのあるんですか。
      なんせ使うどころか、実物を見たことすらないもんなあ。
      画像は見たよ、ここで。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2013/06/28 07:48
    •  ノズルクリーナーの画像なんて、アップしてませんけど。
       ↓これのことですよ。
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201306280628419f6.jpg

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2013/06/28 08:57
    • 「見たよ」は、携帯ウォシュレット本体のことです。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2013/06/28 20:09
    •  ↓588回(http://mikikosroom.com/archives/2671959.html)でしたね。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20101117203647a2a.jpg
       新日本海フェリーで、秋田に着いた朝のシーン。
       なつかしいのも当然で、掲載は2010年11月21日。
       2年7ヶ月前です。
       よく覚えてましたね。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2013/06/28 22:15
    • ふっふっふ。
      Mikiko’s Roomは、本編はもちろん、全ての記事を記憶しておるよ(大ウソ)。
      それにしても、2年と7か月か。
      旅行記内では丸1日とちょっとしか経っていないんだよね。
      このような真似、到底余人の成せる技ではない。
      褒めてるんですよー。

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2013/06/29 07:55
    •  今年度から、リフレッシュ休暇を2日取ることが義務付けられました。
       土日と続けて取得することが奨励されてます。
       4連休となるわけね。
       この休みを使って……。
       『東北に行こう!』を、最初から読みなおしてみようかな。

    • ––––––
      17. ハーレクイン
    • 2013/06/29 09:07
    • 今日から4連休ですかあ?

    • ––––––
      18. Mikiko
    • 2013/06/29 13:00
    •  よく聞け!
       誰も、今日から休みを取るなんて言ってないだろ。
       今日なんか、半日仕事をしてきたぞ。

    • ––––––
      19. ハーレクイン
    • 2013/06/29 23:00
    • これだけ。
      本文に書くこと、なくなっちまったい。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #17】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
萌木ケイの官能小説 SM~猟奇の性書~変態 Playing Archives ひめ魅、ゴコロ。
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 空想地帯 恥ずかしがりたがり。
緊縛新聞 HAKASEの第二読み物ブログ 性転換・TS・女体化劇場 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 18's Summer アダルト検索一発サーチ ぺたの横書き
快感小説 女性のための官能小説 [官能小説] 熟女の園 性小説 潤文学ブログ
妄想ココット Eros'Entertainment 最低のオリ 制服美少女快楽地獄

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 エピソードセックス 魔法の鍵 女性のH体験告白集
被支配中毒 かめべや 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
お姫様倶楽部.com ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
riccia 漂浪の果てに 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ ライブドアブログ
にほんブログ村 Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search アダルト動画まとめ アダルトブログランキング GL Search
おたりんく ネット小説ランキング GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
アダルト検索BBJapan セックス・ノベル・ネット Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 萌駅 アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top