Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #9
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #9



 あやめは、段ボール箱の中にきちんと収められた幾つかの麻縄の束から、一つの束を取り出した。まるで登山に用いるザイルの様に、見事に束ねてある。
 縺れさせることなく収納するということと、必要な場合は速やかに解くことができるということと、二つの機能を兼ね備えた束ね方である。それは機能美の極致であり、一つの様式美ともいえる結束法だった。
 あやめは立ち上がり、取り出した麻縄の束を解いた。
 あやめの手元を見つめていた香奈枝には、あやめが縄束のどこをどうしたのか全く分からなかった。さきほどまで優美ともいえる微妙な曲線を描いて束を成していた麻縄が、瞬きを一回する間に、解れ、解け、床に蟠っていた。束であった時の秩序が失われ、一見、無秩序な状態になったようだが、そこには新しい秩序があった。一見、無秩序に重なり合い床に盛り上がる縄が、実は未だに縺れることも結ぼれることもない、という秩序が……。

 あやめは、ほぐれた縄の一部を掴んで持ち上げ、縄を端から端まで扱く。縄は縺れも絡みもすることなく、あやめの手の中を一直線に通り過ぎて行った。あやめはその縄捌きの中で、縄に目を遣ることも、長さを測ることもなく、縄の中央を探り当て、そこで折り畳んで縄を二重の状態にした。香奈枝を見つめ、声をかける。

「香奈、そこに座り」

 あやめは、顎の先で布団の中央を指示した。
 香奈枝は、あやめから目を逸らし、布団の上に横座りになった。

「正座や!」

 すかさずあやめの叱咤が飛ぶ。香奈枝はちらっとあやめを見上げてから、正座に座り直した。
 あやめは布団の上に踏み込み、香奈枝の背後に立つ。

「香奈、両腕を背中に廻しぃ」

 言われた通りに香奈枝は両腕の手首のあたりを背中で組む。

「もっとや、もっと高(たこ)う、肘から先が平行になるくらいに高う組むんや」

 香奈枝は言われるままに両腕の手首を高く上げ、背中の、肩甲骨の下端あたりで組み合わせる。上体が自然に前かがみになる。慣れない姿勢に、香奈枝は深く息を吐いた。

「なんや香奈。今からため息ついとったら、最後まで持てへんで」
「大丈夫」
「大丈夫、か。ほうか、ほれは頼もしいなあ」

 あやめは、二重にした縄の端を一巻き、二巻き、香奈枝の揃えた両手首に巻き付ける。結んで縄端を固定する。香奈枝の両手首も固定される。
 香奈枝は両腕の自由を奪われた。唯一動かせる手首から先、両手の指を二度、三度開閉する。ためしに、重ねられた両腕を引き戻そうとしてみるが、動くわけもない。
 動かない……。これが縛られるということか……。香奈枝は心中、つぶやいた。

 あやめは、香奈枝の背後に膝立ちになる。右手で縄の続きを握り、香奈枝に覆いかぶさるように、右手に握った縄を香奈枝の左側から胸の前を通して右側へ回し、軽く引き絞る。
 縄は、香奈枝の左の二の腕に軽く食い込み、両の乳房のふくらみの上の麓を通って、右の二の腕にまで伸びる。
 あやめは右手で軽く縄を引いたまま、左手を伸ばして縄の乱れを整える。二重の麻縄のそれぞれが重なり合わないように、離れて隙間ができないように。あたかも二本のレールが常に等しい間隔を置いてどこまでも伸びていくように、丁寧に二本の縄を揃え、整える。
 あやめは、右手で掴んだ縄と、左手で掴んだあやめの胸前の二筋の縄を、それぞれ引き、緩め、絞り、緩め……強すぎず、ゆる過ぎず、最も適した締め具合になるように調整した。そして、右手に掴んだ縄の続きを、香奈枝の背に廻し、始めにつくった手首の結び目に絡める。再度、締め具合を確かめた後、再び香奈枝の胸前に縄を回す。先ほどとは逆に、香奈枝の右腕から左腕方向へ……。
 香奈枝の乳房の上の麓を通るレールは4本になった。複線である。もちろん、4本とも見事に等間隔。重なり合うことも離れることもない4本の麻製のレールが、香奈枝の胸と、左右の二の腕を締め上げていく。
 あやめは、再び香奈枝の背に戻ってきた縄を、手首の縛めに絡めて固定する。もうほとんど縄尻だ。

 香奈枝は、あらためて、縄に絡みつかれた身体の感覚を確認する。痛いか、というとほとんど痛くはない。苦しいか、というとさほど苦しくもない。もちろん、生まれて初めて縄を受ける香奈枝を考慮して、あやめが手加減してくれているのだろう。それでも、考えていた以上のこの苦痛の無さは、あっけないようにも思える。そう、縄に束縛されるというのは、痛みも苦しみもないのだ。あるのは……圧倒的な束縛感。
 香奈枝に許された上半身の動きは、首を振ることと、緩やかに上半身全体を前後左右に揺することだけだった。普段意識することはほとんどないが、上半身の動きというのは、多くが両腕の動きなのだ。その両腕の動きを完全に阻害されるということは、これほどの圧倒的な束縛感をもたらすのか……。
 然し、その束縛感は、香奈枝にとって意外に心地よいものであった。
 こんな……、これは……、なんだろう、この感覚は……。

「はあぁ」

 香奈枝の口から、自然に声が漏れる。
 明らかに苦痛の声ではない。今の香奈枝の心中の思いがそのままこぼれ出たような、そんな声だった。

「おーや、香奈ぁ。気持ちよさそやねえ」

 香奈枝の前にしゃがんだあやめが、からかうように声をかける。

「気持ちええんやろ、気持ちええ、って、言い」
「気持ち、いい」
「縛られて、気持ちええ」
「縛られて、気持ち、いい」
「変態」
「へんたい、あたしは、変態」
「縛られて喜ぶ変態」
「縛られて、縛られて、しばられて……喜ぶ、へんたい」

 段ボール箱から取り出してきたのだろう、あやめの手には新しい縄束があった。縄束を香奈枝の顎の下にこじ入れ、仰向かせる。香奈枝の頬は軽く上気し、瞳は潤んだように光っている。

「ああ、気持ちよさそやねえ」
「気持ち……いい……」

 あやめは、掴んだ縄束を香奈枝の顔に押し付ける。

「香奈。
 この縄、舐めるんや。舌出して、唾出して、舐めるんや。
 あんたを気持ちよくさせてくれるお縄さまや。感謝して舐めるんやで」

「はあっ」

 吐息と共に零れ落ちた香奈枝の舌が、届く限りの麻縄を舐めまわす。涎を垂らす。頬ずりする。まるで、縄があやめ自身であるかのように、すがるように、いとおしむように……。
 あやめは、縄束を香奈枝の顔の前で支えたまま、香奈枝の背後に回る。

「香奈ぁ、縄、増やすで」

※この続きは、→ センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #10】
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #8】目次潜入突撃レポート『大病院の闇を探る!』#1




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/04/02 08:49
    • 緊縛体験は全くありません。縛られたことはもちろん、縛ったこともありません。で、ずいぶん以前から、「縛られる、というのはどういう感覚なんだろう」という疑問、というか関心を持ってきました。今回、縄ヴァージン香奈枝せんせの感覚をお借りして、そのあたりを追及してまいりたいと思います。もちろん、ただの想像にすぎないわけですが……。
      で、香奈枝せんせの緊縛レポート第1弾は、
      >縄に束縛されるというのは、痛みも苦しみもないのだ。あるのは……圧倒的な束縛感。
      というものですが、あ、日本語、変。「束縛」が、だぶっちゃいましたねえ。
      ま、それはともかく、さらに、
      >その束縛感は、香奈枝にとって意外に心地よいものであった
      と続きます。
      どうなんでしょうねえ、そんなお気楽なもんかなあ、という気もしますが、とにかく想像するしかないんですね。
      実際に体験された方のご意見を頂ければ幸いです。
      もちろん、あやめさんの責めはこの先、どんどんエスカレートしていきます。香奈枝先生、いつまでお気楽なことを言うておられるかな。そのうち泣き出したりして。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/04/02 20:11
    •  『放課後』を書いててこんなこと言うのもなんですけど……。
       “縛り”が、縛る者・縛られる者の共同芸術だってことは、理解出来ます。
       でも、両者の心に、どういう心象風景が広がっているのかまでは……。
       まったくわかりません。
       わたしは、どちらの立場に立つにしろ……。
       不安でしょうがないと思う。
       没入は出来ないだろうな。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/04/02 21:01
    • そんなものはわたしにもわかりません。だから想像するしかないんですね。
      女優さんとプロ緊縛師の場合や、恋人同士の場合など、もちろんそれぞれ異なるんでしょうがね。
      もし完全に没入出来たら……それこそが『至上の愛(A Love Supreme)』ということになるのでしょうか。

    • ––––––
      4. マッチロック
    • 2013/04/02 21:06
    • 縛りに関してはトラックで荷物を運ぶ際に縛ったことがあるくらいで、よく分かりませんが、縛るに関しては慣れれば不安はないと思います。手加減のコツも習得できるでしょう。一方縛られる側としては不安がいっぱいだと思います。特に初めて出会う(初めて出会って縛られるっていう経緯は理解できないけど・・)人がどれくらいの技(あえて技と言います)を持っているのかわからないので、不安なはずだと
      思います。、経験がないので強くは言えませんが・・・
      話を折ってすみませんでした。
      そういえば、昔に映画にありませんでした?
      「蘇える緊縛」というのを・・
      ・・・ちがうか・・・。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/04/02 22:02
    • >マッチロックさん
      Mikikoさんの言う「不安」とは、縛りかたとか、力の入れ具合とかではなくて、もっと精神的なもののことだと思う。
      例えば縛られる立場から見て、相手がいきなり包丁を持ちだして私の喉を掻っ切ったりしないだろうか、とか、わたしを無理やり戸外に引きずり出して道端に縛り付け、朝までほったらかしたりしないだろうか、とか……ま、これは少し極端ですが、こんなことを考えていたら緊縛プレイなんてできませんよね。
      だから、よっぽどお互いのことをよく知りあい、強い信頼関係で結ばれた相手との間でしか、緊縛プレイは成り立たないのでは、と思います。プロの場合はまた別ですけどね。
      「蘇る緊縛」。
      知らんなあ。
      大藪晴彦「蘇る金狼」(何度か映画化されてます)のパロだったりして。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/04/03 05:11
    •  縛られる不安。
       やっぱり、身動きが取れなくなるのは怖いですよね。
       ハーレクインさんの言われるように……。
       緊縛者が部屋を出て行ってしまい、それきり帰って来なかったらどうしようとか。
       あと、マッチロックさんの言われる、相手の力量に対する不安もあると思います。
       鬱血の跡が残らないだろうかとか……。
       極端な話、血が流れなくなって、手脚が壊死するんじゃないかとか。
       こういう不安は、縛る側にもあるんじゃないでしょうか。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/04/03 09:58
    • こういった不安を、プロは優れた技術と、不安を抑え込む強靭な精神力で克服するんでしょうね。
      アマの場合は、技術に関しては、軽い縛りからスタートして、何度も繰り返し経験を積みながら、習得していくんでしょうね。最初からムチャはあきまへんで、いきなり吊りに挑戦、とかね。
      で、つまるところ、緊縛プレイを成り立たせるのは、互いの強い信頼感、これに尽きるのではないでしょうか。
      よく考えたら、これはプロでも同じですよね。
      異なるのは、その信頼感のベースにあるのが、プロの場合はプロ意識、アマの場合は愛情、ということでしょうか。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #9】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 新・SM小説書庫2 Angel Pussy 週刊創作官能小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 調教倶楽部

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
萌木ケイの官能小説 SM~猟奇の性書~変態 Playing Archives ひめ魅、ゴコロ。
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 空想地帯 恥ずかしがりたがり。
緊縛新聞 HAKASEの第二読み物ブログ 性転換・TS・女体化劇場 女の陰影
淫鬼の棲む地下室 18's Summer アダルト検索一発サーチ ぺたの横書き
快感小説 女性のための官能小説 [官能小説] 熟女の園 性小説 潤文学ブログ
妄想ココット Eros'Entertainment 最低のオリ 制服美少女快楽地獄

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 エピソードセックス 魔法の鍵 女性のH体験告白集
被支配中毒 かめべや 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
お姫様倶楽部.com ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋 むね☆きゅんファンサイト
riccia 漂浪の果てに 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
小説の匣 正しいH小説の勧め
官能小説アンテナ ライブドアブログ
にほんブログ村 Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search アダルト動画まとめ アダルトブログランキング GL Search
おたりんく ネット小説ランキング GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
アダルト検索BBJapan セックス・ノベル・ネット Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
少女禁忌区域 萌駅 アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top