Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #4
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式) アイリスの匣 #4



 香奈枝は、口元まで持って行った盃を止め、あやめを見返した。

「え、あやめさん京都なんですか。いいなあ」
「いいって何がぁ?」
「だって、なんてったって、京都じゃないですか。憧れちゃいますよ。上州、月夜野とはえらい違いです」
「あんたも意外とミーハーやね。実際住んどったら、夏は暑いし冬は寒いし何(なーん)もええことないよ」
「そんなもんですかねえ。京都は、どこなんですか」

 香奈枝は、あやめに酌をしながら問いかける。答えるあやめ。

「鞍馬山て知ってる? 市内の北の方やけど」
「あ、知ってます。鞍馬天狗の出たとこでしょ」
「それはただのお話や」
「えー、牛若丸に剣術教えたんじゃ」
「それはただの伝説や。
 実家はその鞍馬山の麓で小(ち)っこい割烹料亭やってんねん。もう両親とも死んでしもて、今は兄夫婦がやってるけど」
「へー、あやめさんって、京の料亭の娘! それは、おみそれしました」
「おみそれって、そんな大層なもんちゃうわ」

 香奈枝は、右手の徳利を掴み直し、あやめの盃に注ぐ。

「それでお酒、強いのかあ」
「まあね、小学校のころから飲んでたからね」
「はあー、あたしは中学からです」
「飲みな、南ぃ」
「あやめさんも、どんどん飲(や)って」
「おう。あ、兄ちゃん、酒追加や」

 あやめと香奈枝の回りには、飲み干した徳利が所狭しと並んでいる。それを下げに厨房に向かう若い衆に、あやめが声をかけた。

「兄ちゃん、もうめんどいから冷(ひや)でええわ。瓶まま持ってきて。それとコップ二つな」
「ははは、あやめさん。到底若い女性の飲み方じゃないですねえ」
「それ、そっくりあんたに返すわ、南ぃ」

 あやめと香奈枝の回りの1回生たちは、毒気を抜かれて声も出ない。遠巻きにしてひそひそと囁き合っている。
 あやめと香奈枝は気にもせず、ひたすら飲み続けた。新しく開けた一升瓶もたちまち空きそうである。そこに、ひときわ大きな歌声が聞こえてきた。
 一人の老教授の膳の前に数人の学生が半円形に座り込み、囃したてるように手拍子と共に歌っている。教授もにこやかに笑いながら手拍子を打っている。

 ♪山梨生まれのきかん坊
 山でも森でも駆け巡り
 たった三つでダニ退治
 その名を天下に轟かす
 さんべー
 さーんべたいじ
 その名はダニ退治

「あやめさん、何ですかあ、あの歌」
「あ、知らん? あんたんとこの教授、三瓶泰二(さんべたいじ)。専門がダニ学やろ。その道では有名らしいで。で、泰二がダニで、ダニ退治」
「はあー、ええんですか。仮にも教授を、そんな嬲るような歌」
「かめへん、理学部てそういう学部や。別名、無礼講学部。教授も学生もあらへん。教授はおっちゃん、助教授は兄ちゃんや」
「ふうーん。面白そうですね」
「おう、おもろいで、あんたもすぐ慣れるわ。ついでに言うと、先輩も後輩もあれへん。あんたも、うちに遠慮なんかせんでええんやで」

 香奈枝は歌を聞きながら小首をかしげた。

「それにしてもあの歌、聞いたことあるなあ」
「ほらあるやろ、替え歌や。元歌は ♪テネシー生まれのきかん坊……やな」
「あ、『デイビー・クロケット』」
「せやせや、知ってるやんか」
「NHKの『みんなの歌』で聞いたような……」
「なんや渋い番組、見てんねやねえ、あんた」
「『ソルヴェイグの歌』の替え歌、『みずうみ』なんか最高でしたね」
「ほう、ソルヴェーの湖、なあ。どんな歌や、ちょっと歌(うと)てみ」
「ここじゃとても聞こえませんよ。あとでね」
「そっか。ま、どっちみち『ダニ退治』が出たらもう、お開きやからな」
「あ、そうなんですか」
「いくよ、南。第二ラウンドや」
「え? 閉会の挨拶とかないんですか」
「あるかいな、そないなもん。第一、やったって誰(だあれ)も聞かんわ」

 あやめは、香奈枝と連れ立って、先ほど貴子と渡った橋を渡り返す。川面はもう見えない。遠い山並みも闇の中に沈んでいた。
 あやめは貴子のことが少し気になったが、その姿はどこにも見えない。まあいいか、とあやめは思った。
 貴子とはいつでも会える。それよりも、今日、はじめて知り合った香奈枝のことが気になってならない。とにかく、自分と同様に飲んで平然としている女など初めてだったし、たわいない会話の端々に妙に魅かれるものがあった。

「ここや、おいで」

 あやめは香奈枝を連れて、なじみの焼き鳥屋の暖簾をくぐった。店内にテーブルは一つ、あとは椅子が10にも満たないカウンターだけの、小さな店である。
 入ったとたんに、あやめに声がかかった。

「はい、あやめ姐さん御入来」
「姐さん、こっちこっち」
「絶対、来(き)はるやろ思(おも)て、席あけときましたで」

 あやめはそれらの声を軽くいなしながら、カウンターの一番奥に向かう。椅子は一つしか空いていない。

「悪いな、も一つ空けてくれるか」
「おーや、お珍しい。お連れ、お貴はんやないんでっか」
「ええから、あけて」
「ほいほい」

 カウンターを立って、店の隅に重ねてある丸椅子を一つ取り、テーブルの隅に掛ける男に香奈枝が声をかける。

「すみませーん」
「ええねんええねん。あやめ姐さんのお連れを粗略にはでけまへんがな。1回はんでっか」
「はい、生物1回生の南です」
「おーや、南はん、生物でっかいな。わしも生物ですわ、3回の浜田。よろしゅうに。なんぞ困ったことあったら、いつでも相談に乗りまっせ」
「はい、浜田さん。よろしくお願いします」

 一旦座った丸椅子を立ちあがり、カウンターの一番奥の椅子に掛けた香奈枝の両肩に両手を置き、揉みほぐすようなしぐさをする浜田に、香奈枝の隣に座ったあやめが声をかける。

「おい浜ちゃん。この子に妙なちょっかいかけたら承知せんで」
「ほう、姐さんのお気に入りでっかいな、南ちゃん。それはご愁傷様、なまんだぶなまんだぶ」
「じゃっし、だっとれ、はま公」
「うへへい。おーこわ。ま、姐さんおひとつ」

 あやめの前に置かれたコップに徳利の酒を注ぎ、丸椅子に引き下がる浜田。目を丸くして二人のやり取りを見ていた香奈枝は、あやめにささやいた。

「あやめさんって、生物科にも顔きくんですねえ」
「ま、もう4回やからねえ。学部内のたいがいの人間は知ってるよ」
「ふーん。顔は広いし酒は強い。向かうところ敵なしですねえ」
「おい、南。もっとええとこ褒めんかい。ええ研究してるとか、ええお人柄やとか、料理上手いとか」
「だあって、あやめさんのことまだそんなに知りませんもん。褒めようないじゃないですか。あ、お顔は素敵ですけど」
「何じゃい、その取ってつけたような褒め言葉は。顔なんぞ褒めて欲しないわ」
「でも、言われるでしょ、美人だって」

 途端に、丸椅子から立ち上がった浜田があやめに背後から抱きついた。

「せやろー、わかってるなあ、南ちゃん。京美人あやめ姐さんはミス理学部でっせ」
「こら、はま公。気安う触るな。
 ほれに言うにこと欠いて『ミス理学部』てなんやねん。『ミス日本』とまでは言わんけど、せめて『ミスK大』て言わんかい」
「わはは、いや、まあ、その、『ミスK大』とおっしゃいますと、何と言いましても文学部の……」
「小柳類子やろが、おのれと同期の」
「ほほほほ、まあ、その、なんですわ。あのお方はもう半分プロでっさかいなあ」
「なんやもう、テレビのセミレギュラーらしいやないか」
「そうですねん。もう、到底わしらのようなもんが近づけるような……」
「ほれで、その代わりにうちかい。舐めとったらあかんぞ、はま公」

 あやめは浜田の頭を平手ではり倒す。結構力が入っていたのか、浜田は頭を抱えてあやめから離れた。

「あ痛たたた。御無体な、姐さん」
「お前らなんぞ、小柳の尻追っかけとったらええんじゃ」
「何をおっしゃる、あやめ姐さん。言うたら悪いけど、あの子は顏と体は飛びきりでっけど頭はスカスカ。そないに持ちまへんやろ、芸能界でも」
「ほう、けっこう冷静に分析するやないか。おっちゃん、こいつに酒一杯。ほれからこっちにも酒や。んで、えーと、南。あんた苦手なもんあるかあ」
「いえ別に。しいて言えば、らっきょうくらいですね」
「ほうか。ま、この店にらっきょはないし。
 おっちゃん、鳥と野菜、適当に焼いて。皮は塩でな。あ、それより酒、酒。壜でおくれ」

 あやめと香奈枝の前に一升壜と突き出しが出る。一升壜を抱えた香奈枝があやめと自分のコップを酒で満たした。
 あやめは、自分の顔の前にコップを掲げる。

「ほな改めて、乾杯や」
「何に乾杯しましょう」
「うーん、せやなあ。『初めての出会いに』。これでどや」
「おー、いいですねえ。じゃ『初めての出会いに』」
「『初めての出会いに』」
「かんぱい」

 香奈枝も同様にコップを掲げる。
 あやめは、香奈枝のコップに自らのコップを打ち付け、高く叫んだ。

「かんぱあい」
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #3】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #5】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/02/26 10:23
    • 前回初めて顔を合わせたあやめさんと香奈枝せんせ。今回は更に親交を深めることになります。
      ただし、エッチシーンはゼロ。まことに困ったチャンの『アイリス』で御座います。そのあたりは、次回からそろそろ……。
      今のところ、わたしの個人的エピソードの羅列となってしまっています『アイリス』。
      私小説?
      そんなええもんではございません、ただの思い出話。こんなことしていていいのかなあ。
      今回の♪ダニ退治。
      これはかなりやばい。見る人が見れば一発でわかりますからねえ。
      けど、ま、いいでしょう。別に悪いことをしているわけでもありません。
      もう一つ『ミスK大』にしてセミプロの小柳類子ちゃん。
      これはパクリです。
      元ネタは、長谷川法世作・画の大ヒット漫画『博多っ子純情』のヒロイン。そばかすの可愛い子でした。
      さらにもとをたどれば、福岡出身の歌姫にして女優、小柳ルミ子姐さんですね。
      それにしても、あやめさんがどんどん“無敵の女丈夫”になっていくなあ。これでうまくラストに持って行けるんだろうか。われながら気の揉めるところではあります。
      『アイリス』。今後ともご贔屓のほど、お願い申し上げます。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/02/26 19:41
    •  この人物は、ハーレクインさんご自身がモデルですか?
       先回からのやり取りで……。
       金沢が改めて関西圏であることを再認識しました。
       それは、“回生”という呼び方。
       これは、関東では云いませんね。
       普通に、“年生”です。
       九州でも云わないみたいなので、西日本ということではなく……。
       関西圏特有なんでしょうね。
       一升瓶にコップ酒。
       これも、すでに滅びた文化でしょう。
       皮は塩。
       これは、同感です。
       ナンコツも塩で追加。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/02/26 20:27
    • >自身がモデル
      あーあぁ、やっぱりわかりますわな。
      ま、さすがにここまでのキャラではありませんが、いわゆる「カメオ出演」、ということで。
      “回生”は関西。
      ですね。九州までは知りませんが。
      “年次”というところもあるそうです。
      この違いは何なんでしょうね。
      >一升壜にコップ酒……滅びた文化
      ま、そうかもしれません。
      心配なのは、一升壜という容器のことではなく、日本酒そのもののこと。
      夕方のニュースでやっていましたが、大阪府下の、創業300年という老舗の酒蔵が「吟醸酒に普通酒を混ぜる」「吟醸酒に『純米大吟』のラベルを貼る」などの不正行為をやらかし、国税庁の指摘を受けて商品を回収する、という事件をおこしました。
      まだ、わからんのかい!
      目先の利益に目がくらみ、自分で自分の首を絞めるような真似を何故する!!
      死ぬんなら一人で死ね。日本酒全体の未来を道連れにするような真似は許さん!!!
      社長のおっさん。
      テレビのインタビューに引きずり出され、ごしょごしょと言い訳にもならんことを喋っとりましたが、さすがにまだ恥を知っているのかカメラを正視出来ていませんでした。
      まったく、愚か者め。
      鶏で一番うまい部分は皮だと思います。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2013/02/27 07:53
    •  初めて聞いた語でした。
       Wikiを引くと……。
      『俳優や歌手、監督、時には政治家やスポーツ選手などがゲストとしてほんの短い時間、映画やドラマ、舞台に出演する事。著名人が起用される場合がほとんどであり、脇役でありながら独特の存在感を占めるケースが多いため、遠目からでもはっきりと分かる装飾品のカメオからそう呼ばれるようになった』
       ぜんぜん違うじゃないの。
       “3回生の浜田”は、誰の目にも端役にしか見えんぞ。
       日本酒。
       わたしはもっと、にごり酒を前面に出すべきだと思う。
       あれは、女性にも飲みやすいですよ。
       氷を入れれば、さらに飲みやすいし、おしゃれです。
       女性に受けないお酒は、衰退するしかないと思います。
       鶏。
       歯が丈夫なら、ナンコツも双璧だと思います。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/02/27 11:41
    • 「カメオ出演」。
      Wikiのように言ってしまうと、広く「ゲスト出演」という感じになってしまいます。
      「カメオ出演」で最も有名なのは、サスペンス映画の巨匠、アルフレッド・ヒッチコック監督でしょう。
      この人、自作の映画のほとんどに出演しています。
      登場時間はほんの数秒、もちろん台詞なし。話の本筋とは何の関係もない、要するにエキストラということですね。
      ただしあの風貌ですから目立ちます。ボケッと見ていても、あれっと気が付くほど。だから「カメオ」なんですよ。
      たいがい、映画のはじめ数分くらいの間に登場します。一度ご覧になるのも一興でしょう。
      わたしの言う「カメオ出演」はヒッチコックを意識してのこと。
      『アイリス』の浜ちゃんは、台詞をもらえたんだから大したもの。ヒッチコックを凌いだんじゃないかい。
      濁り酒ねえ。
      あの口当たりの良さが、かえって、どうも……、なんだよね。
      軟骨は積極的にパス。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/02/27 20:06
    •  なまじセリフがあると、単なる端役にしか見えないってことね。
       にごり酒。
       口当たりがいいので……。
       調子に乗って飲んでると、翌日に響きます。
       ロックにして、“和らぎ水”も飲むようにしましょう。
       焼き鳥。
       痛風の人は、内臓は止めましょうね。
       皮と軟骨。
       歯が悪ければ、直せばいいんじゃないの?
       歯触りのいいものが食べれなかったら、楽しさ半減でしょうに。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/02/27 22:08
    • >なまじセリフがあると、単なる端役
      いいんだよ。もともとそのつもりで出したんだからね。
      しかし、もう1回くらい出してやろうかな。
      濁り酒だろうと、日本酒を水で割るなど、わたしはするつもりはありません。
      歯は現在治療中です。
      治療を始めたのが昨年の3月のはじめですから、そろそろ一年になります。長いことほっておいたので、えらく長期の治療になりましたが、そろそろゴールが見えて来たようです。
      完治したら軟骨に挑戦してみますかね。
      しかし、わたしは皮が大好物だが、肝も好きなんだよね。
      で、時々食べてます、肝。
      ずっと薬(血中尿酸排出促進剤)は飲んでますから、ま、大丈夫だろ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2013/02/28 07:50
    •  水で割ることに、そんなに拘るんでしょうね。
       そもそも出来立ての原酒は、アルコール度数が20度くらいあります。
       それを水で割って、15度くらいに調整して出荷してるんでしょ(これを『割り水』と云いますね)。
       つまり、市販のお酒は、最初から水で割ってあるんです。
       さらに、15度という度数が美味しいから、そうしてるわけじゃありません。
       単に、昔の酒税が、15度以上になると税率が上がった名残りにすぎません。
       すなわち、15度で飲むことに、特別な意味は無いわけです。
       それを買った人が、さらに水を加え……。
       飲みやすい度数に調節して飲むのは、ぜんぜんおかしくないと思いますが。
       こないだ注文してた“にごり酒”が、昨日届きました。
       ラベルには、“にごり酒”を使ったカクテルの提案が書いてありました。
       飲むヨーグルトと『1:1』で割るというもの。
       これは美味しそうだと、ピンと来ましたね。
       今週末、さっそく試してみることにします。
       わたしは、下の前歯4本を、差し歯に替えてもらいました。
       保険で歯並びを直せて、大ラッキーでした。
       昔の差し歯は、ガムを噛むと抜けたそうですが……。
       昨今の技術は、そうとうに進んでるようです。
       まったく自分の歯と同じに使えます。
       わたしは、唐揚げの軟骨に差し歯を食い立て……。
       釘抜きのように使って、軟骨を外してます。
       その後バリバリ噛み砕きますが、何の問題もありません。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2013/02/28 09:01
    • ま、結局は人それぞれ、好みの問題でしょうかね。
      薄めた日本酒は、少なくともわたしの口には合わないと、そういうことでしょうか。
      にごり酒のヨーグルト割りねえ。
      ま、好き好きですが。
      差し歯が抜けるというと「さやかお嬢様」ですが……。
      確かに、今の歯科の技術は進んでいますね。今回、1本抜歯したんですが、麻酔の痛みもほとんどなく、さあ抜くぞ、で、まだでっか、と思ってたらもう抜けていました。
      昔は抜けるまで何分もかかり、ギシギシと抜かれるのがわかる。もう堪忍してくれ、という感じだったですけどね。
      ただ、今かかっているところは、医師も歯科衛生士も相当な粗忽もの。物は落とすわぶつけるわ、いつも騒々しい。
      前回なんか、衛生士に椅子にぶつかられ、医師に物を落とされました、おでこに。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2013/02/28 19:54
    •  それは、歯科の技術のおかげではなく……。
       歯の方がヨレヨレで、ほとんど根が付いてなかったということでしょう。
       抜く歯にもよるようです。
       わたしは、親知らずと前歯を抜きました。
       親知らずの時は、顔ごと持って行かれそうでしたが……。
       前歯は、ひょいと捻られたくらいで抜けました。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2013/02/28 20:33
    • はあー、なるほどー、とすぐ納得しちゃうんだよね。
      素直なわたしは。
    コメントする   【センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #4】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top