Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/第二場 第一景
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



暗転の続き

……………………………………………………………………
劇作家HQの口上。
 えー、申し訳ございません。今回第二場の舞台設定は非常にややこしく、女優さんたちの動きも複雑でございます。ト書きだけでは到底わからない、というかそれ以前に読む気がせん。これは書いた本人もそうなのですから何をかいわんや、でございます。
 そこで、図を用いて説明させて頂こう、とこのように考えました。とりあえずご覧ください。

768300d7.jpg

↑舞台用語の説明です(クリックで大きい画像が表示されます)。

28df08d9.jpg

↑第二場 第一景・第二景の舞台設定と、女優さんの動きです(クリックで大きい画像が表示されます)。

 実は、これらの図は、今回の次の回にあたります「第二場 第二景」にまず載せまして、経緯のご説明や詳しい解説も「第二景」に書いてございます。
 で、それに先立つこの「第一景」にも同じ図があった方がよりわかりやすいと考えまして、時間流を遡ることになりますが「第一景」にも載せていただくことになりました。詳しくは「第二景」の「幕間」を、是非ご参照ください。
 それでは暗転も完了。『センセイのリュック』第二場の始まりでございます。
……………………………………………………………………


第二場 第一景 テニスコート横、テニス部用具室



新登場人物
 中垣内芳江(なかがいち よしえ):梅ヶ丘女子高2年、テニス部副部長


上手側、舞台三分の二ほどにテニス部の用具室。用具室の上手側と舞台奥側は壁になっており、棚がいくつもあって様々な用具が乗せられている。
用具室の下手側の壁の中央に出入り口のドア。以上の三方の壁には窓は無い。

用具室の外、観客席に近く、下手側から上手側方向へ延びる高いフェンス。フェンスは舞台下手側四分の一付近で直角に折れ、舞台奥方向へ延びている。このフェンス内側がテニスコートという設定だが、コート自体は見えず、フェンス内側は何もない空間になっている。この空間には下手の袖から出入りできる。

このフェンスに沿って通路が出来ている。
まず、客席に近く、下手側から上手方向へ。これは、下手側の袖からの登場用の通路になっている。
次に、舞台奥方向へ向けて伸びるフェンスに沿う通路がある。これは、始めの通路とは一つながりであり、全体として直角に折れる通路になっている。舞台奥へ延びる通路を挟んで、フェンスと反対側が用具室の壁であり、出入り口ドアがある。
舞台奥へ延びる通路が、舞台奥の背景幕に至る位置の背景幕には、通路と同じ幅の隙間があり、この隙間から背景幕の裏を通って両袖に出入りができる。ここも通路の続きという設定である。

背景幕の裏から通路の舞台奥に登場し、客席方向へ通路をゆっくり歩く芳江。テニスウェアを纏い、手にはラケット。
下手側の袖から、フェンスに沿って小走りに舞台中央へ向かう希美。通路を直角に折れて、芳江に出会う。


希美「あ、芳江」
芳江「おーや、希美。どしたの、今頃こんなとこで。
   もう帰るの、めずらしい。南先生は、どしたの」
希美「いいのよ。あのさ、芳江」
芳江「ほい」
希美「テニス部に、えーと、えーと、なんだっけ」
芳江「なんだよ、入部志望かあ、うちに。
   も、生物は飽きたか。
   それとも、南先生にあいそ尽かされたか」
希美「んなんじゃない」
芳江「いまからテニス始めても遅いと思うぞ」
希美「だから、そんなんじゃないって。
   テニス部の子さがしてんの」
芳江「何だ、尋ね人か。だれよ」
希美「だから、その、ちょっと変わった名前のお」
芳江「変わった名前? あたしの中垣内もちょっと変っとるぞ」
希美「なあに言ってんのよ。あんたは目の前におるでしょうが。
   ほれ、東西……」
芳江「南北。鶴屋南北。とざいとーざい」
希美「いいかげんにしないと、しばくよ」
芳江「わーった、わーった。変わった名前というと、にしこり。
   西木織佳だろ、1年の。
   あのエア・ケイ、錦織圭くんとおんなじ名前。
   字はちょっと違うけど、テニス部で、にしこり。
   誰でも一発で覚えるよ。あんたとちがって」
希美「そおっ、それっ、にしこり! 今、どこにいる?」
芳江「どこって、うーん、どっかで素振りでもやってんだろ」
希美「呼んできて、すぐ」
芳江「呼んで来いって、すぐって、何なんだよ。
   あたしも練習あんだよ」
希美「なあに言ってんのよ、こんなとこでぶらついてるくせに。
   早く! 大変なんだよ」
芳江「だからあ、何の用なんだって聞いてんの!
   呼んで来い、ああそうですかホイホイってわけにいくかい」
希美「センセが、南センセがやばいんだよ!」
芳江「はあ? 南先生? どったの、やばいって」
希美「わたしセンセとやってたんだよ、さっき、理科室で。
   それをどうも見られちゃったみたいで。
   その、にしこりって子に」
芳江「にしこりが何で理科室なんかに。
   テニスに見切りつけて生物部に鞍替えしようとでも」
希美「ちゃう! 授業の件でセンセに呼ばれたらしいんだよ。
   センセ、そのことコロッと忘れてたみたいで」
芳江「あーああ。南先生らしいわ」
希美「だからあ、もし言い触らされでもしたら、
   わたしはいいんだけど、センセが困るでしょお」
芳江「うーん、そらそうだけど……だいじょうぶだろ。
   あの子おとなしいし、ペラペラしゃべるタイプじゃないし。
   逆にもうちょっと覇気があればな、と思うくらいだし」
希美「てきとー副部長の部員評なんぞ、あてになるかい。
   呼んできて! 絶対言わないように言っとかなきゃ」
芳江「のぞみ、日本語、変」
希美「いいから、呼んでこい!」
芳江「おー、こわ。
   あ、なんだ、そこにいるじゃん。
   にしこり、おーい、にしこりぃ。ちょっとこっち来な」


ラケットを頭上で振り廻し、フェンス越しに下手側の袖に呼びかける芳江。
下手側からフェンス内に小走りに登場する佳。
フェンスを挟んで外の通路側に希美と芳江、内側のテニスコート側に佳。佳の衣装はトレーナーの上下、手にはラケット。


佳「はい、中垣内先輩、何でしょうか」
芳江「あんた、このひと知ってる?」
佳「はあ、あの、えーと」
芳江「2年の希美、あれ、あんた名字なんてったっけ」
希美「あほ。東。あ・ず・ま、だろうが」
芳江「そそ、東、希美だ」
佳「はい」
希美「にしこりって、あんた?」
佳「はい、東先輩」
希美「フェンス越しじゃ話にならん、こっちへ来な」
佳「はい、あの、でも今、練習中ですし……」
希美「いいから、出といで!」
佳「は、はい、あの、副部長……」
芳江「ま、しょうがないなあ。今日は部長もおらんし。
   いいよ、少し練習抜けても」
佳「分かりました、すぐ行きます」


一旦下手袖に引っこみ、改めて袖からフェンス前の通路に出て、希美と芳江の前に近寄る佳。
希美と芳江はフェンスにもたれる様に、佳はその前、用具室に背を向け、少しうなだれるように立つ。


佳「あ、あの……」
希美「あんた、わたしの顔に見覚え無い?」
佳「は、はあ」
希美「どうなの!」
佳「あのお、どこかでお会いしました……でしょう、か」
芳江「のぞみぃ、覚えてないみたいだよ、この子。
   もういいんじゃない?」
希美「よかない! そういう事じゃないでしょうが」
芳江「あのね、にしこり、ヒントその1。
   この希美はね、こうみえて生物部の部長さんなんだよ。
   ま、南先生の一の子分ってとこだね」
佳「あ、はい、生物部の南せんせい……あっ!」


蒼白になり、体を押し縮めるようにうつむく佳。


希美「やっぱり、あんただな。
   珠恵が、珠恵ってのは北珠恵、うちの副部長だけど。
   珠恵が言ってた、あんたが覗いてたってな」
佳「あ、あの、あの、それじゃ東先輩。
   さっき南先生と……あの」
希美「わたしの顔まで見る余裕はなかったか。
   この出歯亀女が」
佳「す、すみません、すみません、そんなつもりじゃ……」
希美「そんなつもりもこんなつもりもあるかい。
   覗いてたのは事実だろうが」
佳「すみません、ごめんなさい、ごめんなさい」
希美「おい、わかってんだろうな。
   もし、この件を誰かにちょっとでも喋ってみな。
   ただじゃすまないよ」
佳「言いません、言いません、絶対言いません」
希美「わたしはね、南先生のためならなんだってやるよ。
   あんたを殺すくらい、屁でもないんだ」
佳「いいません。ほんとですう。ぜえったい、いいません」
芳江「もう、それくらいでよかろ、希美。
   泣いてるよ、この子」
佳「いいません、いいません……いいません」
希美「口では何とでも言える。信用できるか。
   おい、にしこり、こっち来な」
佳「いいません、ゆるしてください」
芳江「おいおい、希美ぃ、何すんだよ」


佳の腕をつかみ、引きずるように用具室に向かう希美。用具室のドアを開け、突き飛ばすように佳を室内に押し込む。
追いすがる芳江。


芳江「ちょっと、希美。乱暴はやめな」
希美「うるさい! 口出すな!
   いいからあんたはそこで見張ってな。
   いいね、邪魔が入らないようにね。いいね!」


希美の剣幕に気おされ、立ちすくむ芳江。
用具室内に入り、叩きつけるようにドアを閉じる希美。
佳は、突き飛ばされたはずみで、床にひいてあるマットの上に仰向けに倒れている。


希美「あんた、にしこり、いいか。
   わたしは別にどうなったっていいんだ。
   喋りたけりゃいくらでもしゃべりな。でもね、
   南センセのことを言い触らすのは、金輪際、許さないよ。
   ほんのこっきりでもセンセのうわさが流れたら、
   私は必ずあんたを殺す! 冗談だと思うなよ」
佳「いいません、しゃべりません。信じてください東せんぱい」
希美「口では何とでも言える、と言ってるだろ。
   あんたから、しゃべった場合の保険をもらう」
佳「ほ、ほけんって、なんですかあ」
希美「とりあえず、着てるもん、全部脱ぎな」
佳「そ、そんな」
希美「いいから脱ぐんだ! 素直に脱がないと、もっとひどいよ」
佳「いやっ」
希美「このっ」
佳「ひいっ」


素早く立ち上がり、外に逃げようとする佳。
希美はすかさず佳の腕をつかんで引き戻し、佳の頬に思い切り平手打ちを見舞う。もんどりうって倒れ、奥の壁にぶつかる佳。棚からテニスボールの箱やラケットなど、雑多な道具が落ち、床に散乱する。
素早く佳をうつぶせにして馬乗りになり、佳の両手首を背中で掴む希美。周りを見回すと、やはり棚から落ちてきたのだろう、縄跳びのロープが目に入る。これを手繰り寄せ、佳の両手首を重ねて縛ろうとする希美。


希美「おとなしくしな! 暴れるんじゃないよ」
佳「いや、いやあ、いやっ。やめて……下さい」
希美「そんなに裸になるのが嫌なの。
   あんた見たんだろ、わたしの裸。おあいこじゃんか」
佳「やめて、やめて、くくったりしないでください」
希美「くくる、か。かわいいのう。
   ほうら、くくったぞ、もう動けんだろ。上向きな」
佳「い、やあっ」
希美「ぐえっ」


仰向けにした佳に覆いかぶさろうとする希美の腹を、思い切り蹴り付ける佳。体をくの字に折り、床に転がる希美。後ろ手に縛られたまま、しゃにむに起き上がろうとする佳。


希美「いったあー。蹴りやがったな、このアマ。
   なでしこの真似なぞしおって。もう許さん」
佳「いや、いやいやいや、こないで、こないで」
希美「ふん、いくら足をバタバタやったって、
   背中に回れば何もできんだろ。ほれ、おきろ。
   上体だけだ。立つな、座ってろ」
佳「いやああっ」
希美「ほれ、後ろから羽交い絞めだ。
   お、結構おっきいな、おっぱい」
佳「放して! いやあ、変態」
希美「変態だあ。おう、よう言うた。変態だよ、わたしは。
   んじゃ、あんたは何なんだ。
   ひとのエッチシーンを覗き見して、興奮してオナニー。
   あんたも立派な変態だろうが」
佳「うわあああ。ああーん、あああーーん」
希美「おう、泣けなけ。何ぼでも泣け。
   泣いて許されると思ったら大間違いだ。
   ほれ、いくぞ。先ずトレーナーの上。
   ジッパー、下ろしまーす。肩も脱ぎ脱ぎ」
佳「い・や・あっ」
希美「次Tシャツ、まくりまーす」
佳「やんっ」
希美「おお、結構可愛いブラしてるじゃん。
   いいのかあ、スポーツブラでしっかり押さえんと、
   乳の靭帯切れるぞ。
   おー、しかもフロントホック。
   『お願い、早く脱がして』ってとこだな」
佳「やめて、やめて、やめ……いやああっ」
希美「はい、御開帳。おおっ、これはなかなかのおっぱいだよ。
   おい、にしこり、毎晩自分で触ってんだろ」
佳「してません、そんなこと」
希美「もうばれてんだよ、今更とぼけるな。
   ようし、今度は下だな。
   このまま脱がすとまた蹴られそうだからな
   おい、にしこり、今度はうつぶせだ。ほれ」
佳「いやああっ」
希美「あんた、『いや』と『やめて』以外のセリフは無いの。
   国語の点、悪いだろ。情けないなあ。
   頭の中、スカスカじゃないの、テニスボールみたいに」
佳「ほんとうに、絶対に喋ったりしませんから、もう許して」
希美「それも聞き飽きた。
   保険をもらうって、何度も言わせるなよ」
佳「ほんとですう、しゃべりません」
希美「信用でけるかい。口約束なんぞ、何の当てにもならん」


希美は、うつぶせにした佳の腰の上に後ろ向きでまたがる。佳は、膝から下の両足をばたつかせることしかできない。
希美は、佳のトレーナーの下とショーツの腰のゴムに手をかけ、一気に膝まで剥き下ろす。佳は、脚の動きを大幅に封じられる。


佳「いやああああっ」
希美「ほっほ、出たでた。さすがスポーツウーマン。
   かっこいい尻だねえ。ふるいつきたくなる、ってやつだな」
佳「ああ、いやだあ、やだあ」
希美「ようし、ここで脚を縛る、と。
   えーと、お、あったあった。さすが体育会系の部屋。
   ロープ類にはこと欠かんなあ」


希美は、縄跳びのロープをもう一本見つけ、佳の両足を揃え、膝から足首までをぐるぐる巻きに縛り付ける。
ほとんど身動きできなくなった佳は、うつぶせのまま、ぐったりと横たわっている。


希美「ようし、縛り方は不細工だけど、この際我慢しよう。
   さあ、にしこり、にしこり佳。いまから保険をもらうよ」
センセイのリュック【第一場 第三景】目次センセイのリュック【第二場 第二景】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/04/10 20:35
    •  舞台設定が、わかりづらいのぅ。
       ト書きを読んでるうち、頭が痛くなってきたぞ。
       イメージの構築に至るまでが、一苦労。
       まともに読んでくれる読者は、多くないかも。
       そもそも、「上手」「下手」という言葉からわからんかったし。
       舞台用語の解説も入れると、いいんじゃないかな?
       調べてみると……。
      『客席から舞台を見て(お客様の目線で)右側が上手、左側が下手です』
       右手、左手じゃダメなもんなのかね?
       ちなみに……。
      『舞台の左右を「上手・下手」と言うのに対し、舞台の前後は「面・奥(舞台面・舞台奥)」と言います』
       これも初耳でした。
       簡単な絵があるといいんだよねー。
       手書きでいいから。
       登場人物の立ち位置も入れると、もっとわかりやすいかな。
       予備校のコピー機って、スキャナが付いてないの?
       でも会話は、楽しそうに書いてられるのが伝わって来ますね。
       今どきの女子高生が、こんなしゃべり方をするかは別にして。
       終盤のいじめシーンは……。
       ぐっと身を乗り出す人と、引いちゃう人で、二手に分かれるかも知れませんね。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2012/04/10 22:28
    • わかりにくいか、舞台設定。
      だろうなあ。自分でも読む気せんもんなあ、今回の出だしのト書き。
      ちょっと、シナリオ、台本にこだわり過ぎたか。
      私だって素人だから調べながら書いてるのに、「舞台用語など自明の理」の人用、みたく書いてしもてる。
      >舞台の前後は「面・奥(舞台面・舞台奥)」と言います
      あーらら、これは知らなんだ。
      そんなことも知らんで、何が劇作家や! ということもありまして、ちょっと一回“幕間”ということで、用語や舞台設定の説明をやらせていただきますか。
      ふつう、台本に「絵」はないんだけどね。どうも、そうも言うとれぬな。スキャナは自前で持ってます、2台(1台はもらい物)。
       おい、ちょっと待て。一幕物で何が“幕間”や!
      はい、そのあたりも含めまして、ご説明させていただきましょう。
      ただ、舞台は今、盛り上がっているところ。
      ここでへたに横槍を入れますと、希美ちゃんの頭にますます血がのぼりそうな……。下手すると舞台監督の命が危ない。
      希美「あんたを殺すくらい、屁でもないんだ」
      とりあえず、舞台裏で急遽、打ち合わせをさせていただきましょう。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/04/11 07:44
    •  なんでスキャナが2台もあるんだ?
       でも、それなら話が早いじゃないの。
       毎回、絵コンテを付けるってのはどうだ?
       幕間じゃなくて……。
       コメントにするという手もあるぞ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/04/11 12:02
    • 友人が「買うたまま一度も使こてへん。いらんからやるわ。最新機種やで」と言って、うちに持ってきよったんです。
      あとで見たら、わたしの使ってるのと全く同じ機種。箱に入れたまま、押し入れの天袋に押し込んであります。
      そうだのう。今回はとりあえずコメで第二場の舞台図を載せてみますか。描いてみます。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2012/04/11 20:55
    •  今、気づきましたが……。
       コメントでは、小さい画像しか載せられませんでした。
       『東北に行こう!』で表示されるサイズまでになります。
       本編なら、クリックで拡大表示させることが出来ます。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2012/04/11 21:38
    • 描いてみます。
      どうするかはそれから考えましょう。
    コメントする   【センセイのリュック/第二場 第一景】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風
新・SM小説書庫2 電脳女学園 赤星直也のエロ小説 HAKASEの第二読み物ブログ
恥と屈辱の交差点 潤文学 変態小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 空想地帯 18's Summer
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Japanese-wifeblog 性小説 潤文学ブログ 黒い教室
女の陰影 淫鬼の棲む地下室 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
ひめ魅、ゴコロ。 快感小説 女性のH体験告白集 女性のための官能小説
SM~猟奇の性書~変態 アダルト検索一発サーチ 出羽健書蔵庫 かめべや
[官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 最低のオリ Eros'Entertainment

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
むね☆きゅんファンサイト 妄想ココット 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 ちょっとHなおとなのための…
恥ずかしがりたがり。 お姫様倶楽部.com riccia 魔法の鍵
調教倶楽部 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
被支配中毒 ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
小説の匣 にほんブログ村
人気ブログランキング アダルトブログランキング
GL Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
正しいH小説の勧め Girls Love Search ネット小説ランキング アダルト動画まとめ
おたりんく セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan Cyber あまてらす
少女禁忌区域 萌駅 GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME
クリエイターコレクションR18 アダルトなび2 Adult Novels Search ぱっくりんく
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top