Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
『風楡』から「未来(つぎ)の季節」へ
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
『風楡』から「未来(つぎ)の季節」へ:ハーレクイン


あらためまして、『風楡の季節』完結記念、作者挨拶でございます。


【夏実の正体】

連載開始当初は『由美と美弥子』サイドストーリー、と銘打ってスタートしましたが、途中からパラレルワールドものに逃げ、最後は"ご本家と時の流れる速度が異なる世界"というタイムパラドックス(?)ものに変貌するという、しっちゃかめっちゃかの迷走ぶり。
どうも、にわかど素人作家の面目躍如(!?)という、ハチャメチャ作品になってしまい、読者の皆々様には何とも申し訳のない仕儀と相成りました。誠に申し訳ございません。


それでも「夏実とは何者なのか」という、当初の執筆動機は何とか説明がついたのではないか、と自負しております。ただの自己満足に過ぎないのかもしれませんが。

そもそも「夏実の正体」探求の出発点は、『由美美弥』ご本家第61章:脅迫者、622回での夏実の謎の言葉「ボクはね、この体が大嫌いなんだ」これです。この言葉にどう説明をつけるか、これが『風楡』の出発点でした。
本家本元の『由美美弥』作者様は「夏実にそんなセリフ言わせたっけ」と、とぼけておられますが……。

私の結論は、夏実は……。
「フェムネコでマゾ」という、『風楡』開始当初の夏実のイメージと比べますと、180度の転換振り、ということになりました。

その夏実がなぜ「ボイ」だったのか。いやそもそもなぜ「ビアン」でも「マゾ」でもなかったのか。
この点につきましては『風楡』第11章以後、特に第15章~終章(18章)で明かしてあります。ぜひ、も一度お読みください(わはは)。


【由美vs.夏実】

更にもう一つ『風楡』でぜひ書きたかったこと「由美夏バトル」は、ご本家ではもちろん由美ちゃんが勝利するわけですが、これがもし、夏実が勝っていたら。これでした。

ここで夏実に勝たせ、さあ、それを受けて夏実の正体を解明する……という『風楡』の流れだったわけでありまして、作品的にはこの部分がキーであり、クライマックスに繋がっていくわけです。
実は作者としては、由美美弥バトルを書いている時が一番楽しかった。

『風楡』全18章のうち、由美夏がからんだのは、第5章、および第8章~終章(第18章)。『風楡』全体のじつに67%の分量を占めます。
さらに、『風楡』の登場人物はわずか5人(律子叔母さんを勘定に入れても6人)ですが、それぞれの登場人物が登場する(ヘンな日本語)章の数は、美玖ちゃんが4章、恵ちゃんが2章、香奈枝さんが1章と1行。
これに対し由美ちゃん12章、主人公夏実は16章、ほとんど出ずっぱりです。

『風楡』が、これだけ由美夏に偏った話になった原因は、「由美夏のからみの中で夏実の正体が解明されていく」という構成にしたからです。
しんどかった。
管理人さんがコメにお書きになったように「青春群像もの」のような構成にしていれば、もっと楽に展開できたのでしょうが、これは仕方がありません。
『風楡』は"夏実の物語"だったわけですから。

得難い体験をさせていただきましたMikiko's Roomへの初連載。
鷹揚な心で、すべてを笑ってお許し下さり、掲載のお手数をおかけしました管理人さんには、お礼の言葉もございません。
本当にありがとうございました。
HQ、今後もさらに精進させていただく所存です。


【さよなら夏実】

それにしても、日本女子柔道界は、将来の金メダルを狙える貴重な人材を失うことになりました。誠に残念なことです。
そのかわり、日本エロ道界ビアン支部は、新鮮ぴちぴちの新人女優を得ることになりました。

人は何かを失う代わりに何かを得るのでしょう。
「二足の草鞋」という言葉はありますが、夏実の様な頑固で、一途で、不器用な者にはそれは無理。
昨日まで「柔道一直線」だった夏実は今日、由美ちゃんに導かれて華麗な変身を遂げ、明日からは「フェムネコ・バリマゾ」の道を歩いて行きます。持ち前の一途さで、脇目も振らず……。

♪この道は長いけど歩きながら行こう
 石っころだらけでも歌いながら行こう
 
夏実の行く末を末永く見守りたいとは思いますが、今後の夏実は私などの手を離れ、"楡の梢を吹き渡る風"に乗り、四月の空の彼方遥かに飛んで行ってしまうのでしょう。

♪ボク達は果てしない
まだ知らない世界へと
きっと行けるさ

あとは「元気でな」とエールを送るばかりです。

♪サヨナラは悲しい言葉じゃない
それぞれの夢へと僕らを繋ぐ
YELL
 ともに過ごした日々を胸に抱いて
 飛び立つよ 独りで 未来(つぎ)の空へ

ありがとう、夏実。
もしもまた、どこかで出会うことがあれば、
そのときは、お互い、笑って行き合いたいものだ。


さてさて、次週より、新たな新作(「新た」を「新」にかぶせるでねえ!)で、またまた皆様のお目を汚させていただきます。


【次回作ご紹介】

当然ながらビアン小説、にして本格(!)SM巨(?)編。
タイトルも予告しちゃいましょう。
『センセイのリュック』と称します。

学園ものです。
おっといやいや、「小説」ではありません、なんと「シナリオ」。「台本」「脚本」「戯曲」です。
 (この四つ、どう違うんだあ)

登場人物は『風楡』とは異なり、すべて新人女優さん。そのうちの一人は何と、『風楡』に登場した人物です。
あ、ということは、この人は新人とは言えんか。
もちろん夏実ではありません。『由美美弥』の登場人物は、次回作にはどなたも登場しません。
いや、一人くらい出てもらってもええなあ。
 (やめとけ!)

確認してみましょう。『風楡』に登場した新人女優さんは、次のお三方です。

●服部美玖 高校3年生。
      柔道初段。
      夏実柔道部・団体戦の先鋒(せんぽう)。
      得意技:双手刈(もろてがり)。
※作者短評:この子も夏実同様、一途な子だったなあ。
     "たられば"を言ってもしょうがないが、
      ひょっとしたら夏実と結ばれていた可能性も。
       幸せになってほしいものだ。

●川西 恵  高校3年生。
      柔道二段。
      夏実柔道部・団体戦の副将。
      得意技:横四方固(よこしほうがため)。
 ※作者短評:ちょっと斜に構えた子だが、人情には厚い。
       柔道は続けるだろうが、
得意技が寝技というのがどうもな。弱いな。
精進次第だが、金メダルは無理かもしれん。

●南香奈枝 年齢不詳(20代後半~30過ぎ)。
      職業:不明。
      変態。
      得意技:オナニー。
 ※作者短評:本来抹殺されるはずが、持ち前の図太さで、
『風楡』に生き残った変態ゾンビ女。
ま、結構可愛げもあるが、
"何にも考えていない"というお気楽タイプ。
実はこやつ、モデルがあるのだよ。

ちなみに柔道の団体戦では、五人制の場合、登場順に先鋒、次鋒(または四将)、中堅、副将、大将、と称します。三人制の場合は先鋒、中堅、大将です。
必ずしも、実力順で登場するわけではありません。相手側との駆け引きもありますからね。でも大概は、一番強い人が大将を務めます。
夏実はもちろん、不動の大将でした。
最後に夏実がデン、と控えている。この安心感で皆のびのびと戦えたわけですよ。
そういや、インターハイのシーンを書いてもよかったなあ。
 (もう柔道は、ええ!)


【さあ、ここでクイズです】

〔クイズその1〕

上記お三方のうち、ハーレクイン・エロマンス次回作『センセイのリュック』の ①登場人物は、どの女優さんでしょう?
 ヒント:なし

〔クイズその2〕

次回作のタイトル『センセイのリュック』は、純文学としては異例のベストセラー、売上15万部を記録した著名な作品のタイトルのパクリです。
さあ、その作品の ②タイトルは何? ③作者は誰?!
ヒント:この作品は谷崎潤一郎賞を受賞しました。

①~③の全問を正解された方の中から抽選で一名様に、次回作の第1回のゲラ刷り(校正済み)のコピーを進呈します。

んなもんいらん、鼻もかめんわ!
風楡の季節【終章】目次センセイのリュック【第一場 第一景】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/03/13 20:00
    • 「ボクはね、この体が大嫌いなんだ」
       とぼけたわけじゃなくて、ほんとに覚えてなかったんですね。
       なぜなら、夏実がこの言葉を使った意味を、考えてから書いたわけじゃないからです。
       その場の勢いで書き飛ばしたんでしょうね。
       まさか、その後始末を、ほかの人にやってもらうことになるとはね。
       二次小説って分野も、けっこう面白いんじゃないかって、思い直しました。
       文中、最初の歌詞。
       ひょっとしてハーレクイン作?、と思いましたが……。
       検索したら、ちゃんとありました。
       吉永小百合『勇気あるもの』。
       後半は、平原綾香『Voyagers』と“いきものがかり”『YELL』。
       職業柄なんでしょうか……。
       若い人の歌、よくご存じですね。
       クイズ1の答え。
       ①服部美玖。
       理由は、なんとなく。
       コミカルな味も出せそうなキャラだからかな。
       クイズ2の答え。
       だから……。
       ネット時代に、こういうクイズは成り立たんって。
       ②『センセイの鞄』
       ③ 川上弘美
       読んだことはありません。
       ゲラ刷りのコピーなどいらんぞ。
       データは、ちゃんと修正して送れよ。
       『センセイのリュック』のセンセイって、自分のことか?

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2012/03/13 20:43
    • >けっこう面白いんじゃないか
      いやあ。やめた方がいいです。
      まさか、こんなにしんどいものだとは。
      へー。
      ネット上にあるんや『勇気あるもの』の歌詞。
      私が高校生の時の曲で、当時の同級生に教わって、いろいろありまして……という思い出の歌なのですよ。
      『Voyagers』は毎週聞いております。「ダーウィンが来た!」のテーマですね。
      『YELL』は、一昨年の某小学校の卒業式で歌いました。
      今の卒業式では『仰げば尊し』も『蛍の光』も歌わないんですね。
      ちなみに昨年は、AKB48『桜の栞』でした。
      クイズの答えは次週、『センセイのリュック』第1回のコメで発表させていただきます。
      “センセイ”の正体もその時に……。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/03/14 07:51
    •  とうぜん、女子だよな。
       勇気を出してわたしを襲いなさい、という『YELL』だったのかね。
       『Voyagers』。
       そうか。
       ダーウィンの歌だったか。
       歌詞だけ読んでも気づかないもんですね。
       今の小学生にとって……。
       『仰げば尊し』や『蛍の光』は……。
       ほぼ、暗号文に近いのでしょうね。
       『センセイのリュック』。
       最初、『ぞうさんのリュック』という童話があったんじゃないかな、と思いましたが……。
       見あたりませんでした。
       『象さんのポット』という漫才コンビがいたらしく……。
       これの記憶違いだったのかも?

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/03/14 12:18
    • 女子です。
      え~~~~~っ
      そういうYELLだったのかあっ。
      気付かなかった……。
      おいおい。
      毎週聞いてるだろうに『Voyagers』。気付かんかあ。
      ♪僕たちの中にある小さな宇宙
       どこまでも続く地平線……
      なら、分かるんじゃないか。
      う~ん。
      『仰げば尊し』
      ええ歌やと思うんやけどなあ。
      誰か、仰いで。
       (アホ!)
      『ぞうさんのあくび』ってのがあったな。
      「おかあさんといっしょ」、だったかと。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2012/03/14 19:42
    •  耳から入る情報と、目から入る情報は、別だってことでしょうか?
       字面を見ても、まったく気づきませんでした。
       3月25日放送の、『参上! 水辺の忍者ヨシゴイ』は楽しみです。
       舞台は、新潟県阿賀野市にある瓢湖。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2012/03/15 00:10
    • >耳から入る情報と、目から入る情報は、別
      それはそうだが、それよりもテーマソングなどぼーっと聞き流してるからじゃないのか。
      聞いてやれよ、平原綾香ちゃんの熱唱。
      阿賀野の瓢湖ですか。
      ちょっと前に信濃川があったよね。録画したんだけど、知らん間に無くなってました。たぶん間違ってごみ箱に放り込んだんでしょうね。
      無念。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2012/03/15 06:27
    •  携帯いじったり、いろいろゴソゴソしてるからな。
       オープニングから、かぶりつきで見てるわけ?
       小学生みたいだのぅ。
       ダーウィンで、信濃川なんてやったか?
       ラッコの回は……。
       日本じゃなかったよな。
       『さわやか自然百景』じゃないの?

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2012/03/15 09:17
    • 信濃川は『自然百景』の方だったか。
      どっちにしても消してしまった。
      ま、自然百景なら、またやるかもしれん。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2012/03/15 19:56
    •  小さいころ、祖父母に連れられて行ったことがあります。
       町中にある湖なんですよ。
       国道49号線から入って、すぐ。
       柵で囲われていて、池のようでした。
       ヨシゴイが住めるようなヨシ原なんか、まったく記憶にありません。
       なので、興味津々なわけです。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2012/03/15 20:18
    • とくると反射的に「ハクチョウ」ですがね、ヨシゴイか。
      “町中”といわれると、へぇ~と思ってしまうなあ。人里離れた……ではないんだ。
      やはり、浅くて広い、という印象ですね。ヨシなどわんさと生えていそうな……。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2012/03/15 20:26
    •  昔、ニュースなんかで見た限りでは……。
       まるで、白鳥の養殖のようでした。
       今は……。
       やってないんでしょうね。
       ラムサール条約の湿地に登録されてますから。
       餌付けとかしてると……。
       登録されないそうですね。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2012/03/15 21:13
    • 正式名称は『特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約』
      ラムサールは、この条約が作成されたイランの都市の名称です。
      この条約でいう「湿地」の定義は次の通りです。
      ………………………………………………………………
      この条約の適用上、湿地とは、天然のものであるか人工のものであるか、永続的なものであるか一時的なものであるかを問わず、更には水が滞っているか流れているか、淡水であるか汽水であるか鹹水であるかを問わず、沼沢地、湿原、泥炭地又は水域をいい、低潮時における水深が6メートルを超えない海域を含む。
      ………………………………………………………………
      非常に幅広いですね。水深6メートル以深の海域以外は、水さえあればほとんどが対象になりますね。
      日本の登録地は37か所あります。このうち、北海道が最多の12か所。
      瓢湖の白鳥の餌付けは1954年(昭和29年)、吉川重三郎氏が初めて成功したそうです。
      瓢湖は1639年(寛永16年)に「用水池」として造られたものだそうです。
      今はどうか知りませんが、瓢湖の歴史は「池」として始まったんですね。
      以上、例によって出典はすべてWikiです。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2012/03/16 06:23
    •  用水地だったのか。
       それなら……。
       市街地に近いことも、形が四角いことも、納得いきます。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201203160624377a2.jpg

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2012/03/16 09:10
    • 瓢湖の名称の由来は、「形が瓢箪形だから」ということらしいのですが、何処が「ひょうたん」や!
      ま、出来てから、埋められたり、新しく掘削されたりして形が変わったのかもしれませんが。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2012/03/16 20:23
    •  阿賀野市の旧水原町。
       明治の初めころ……。
       新潟県が、水原県だったことをご存知か?
       ↓いつものヨタではないぞ。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%8E%9F%E7%9C%8C
       そのころの水原県庁があったのが、瓢湖のすぐ近くなんです。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2012/03/16 21:24
    • 水原(すいばら)県。
      いやあ、寡聞にして知り申さぬ。
      水原県と新潟県の確執。読みましたがややこしいなあ。
      しかしいつものヨタって……。そうか、いつもはヨタなのか。
    コメントする   【『風楡』から「未来(つぎ)の季節」へ】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 未知の星 ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫
禁断の体験 エッチな告白集 ちょっとHな小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説
官能文書わーるど 恥と屈辱の交差点 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
萌木ケイの官能小説 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説
電脳女学園 緊縛新聞 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
Playing Archives 変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
潤文学 性小説 潤文学ブログ 淫鬼の棲む地下室 恥ずかしがりたがり。
濠門長恭の過激SM小説 アダルト検索一発サーチ SM~猟奇の性書~変態 空想地帯
妄想ココット HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 性転換・TS・女体化劇場
魔法の鍵 [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き 18's Summer
女の陰影 黒い教室 お姫様倶楽部.com 女性のための官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
調教倶楽部 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment 出羽健書蔵庫
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被支配中毒 かめべや むね☆きゅんファンサイト
最低のオリ 制服美少女快楽地獄 ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに
被虐のハイパーヒロインズ エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための…
riccia オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
おかず動画アンテナ 厳選2chまとめ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
官能小説アンテナ ライブドアブログ
正しいH小説の勧め 小説の匣
にほんブログ村 GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search アダルトブログランキング おたりんく ネット小説ランキング
セックス・ノベル・ネット アダルト動画まとめ 萌駅 GAY ART NAVIGATION
アダルト検索BBJapan Adult Novels Search 【携帯】GL狂愛Rank 絵描きさん.NET
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top