Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
風楡の季節【終章】
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「風楡(かぜにれ)の季節」作:ハーレクイン


終章 NATUMI


 床のロープを拾い上げた由美は、先ほどと同様に夏実の両腕を背後で固定し、胸を縛り上げる。すぐに夏実の吐息が荒くなる。両目が霞んだように潤んでいく。
 由美は、夏実の両肩を強く突いて夏実をベッドに押し倒す。二度、三度、夏実の上体がバウンドする。両脚はベッドの縁に垂れ下がったままだ。
 夏実は、由美の唇を待ち受けるが、由美は見向きもしない。ベッドの脇、夏実の両脚の間に立ったまま、上体を夏実にかぶせ、いきなりロープに挟まれた両の乳房を、両手で鷲掴みにする。締め上げる。

「いいいっ」
「どう、痛い? 夏実」
「い、いえ、だいじょうぶ、いたくありません」
「なあんだ、痛くないのか、じゃやめよう」
「あ、い、いたいです」
「この、馬鹿夏!」

 由美は、更に強い力で、夏実の両の乳房をぎりぎりと締め上げる。

「ひいいいっ、いたいです、いたいですう、ゆみさん」
「もう遅い! 素直じゃない馬鹿夏には罰を与える、乳首がちぎれても知らないよ!」

 言い放った由美は、右手で夏実の左の乳房を鷲掴みにしたまま、唇を右の乳首に当てる、噛む、上下の前歯で夏実の乳首を噛む、噛み切るような力で噛み締める。

「いやあっ、いたい、いたいです、ゆみさん、ゆるしてっ」

 いったん乳首から口を離した由美は、夏実を決めつける。

「お許し下さい、と言いなさい」
「お、おゆるしください、ゆみさんっ」
「もう、遅い、許さない!」

 由美は再び乳首を噛む、噛む、容赦なく噛む。

「ああっ、ああっ、あ、い、いたいい、いたいですう、おゆるし……ひいっ」

 夏実はあまりの痛みに、思わず失禁した。それほどの量ではないが、由美の太腿を濡らすには十分だった。

「あ、こら、漏らしたな、夏実」
「す、すみません、ごめんなさい」
「夏! 夏実!! さっき『痛いのは柔道で慣れっこ』って生意気なことを言ったな!」

 由美は、左右の人差し指と中指を夏実の口に差し込んで鉤状に曲げ、口の端を左右に引っ張る。夏実の口が左右に大きく半開きになる。

「ひっ、ひらい、ひらいれふ」
「そんな生意気なことを言ったのはこれか、この口か、この不細工な口が言ったのか、どうっ、返事しなさい、夏実!」
「はい、ほうれふ、ふいやへん……ひらいい」
「何言ってんのか分からない、ちゃんと答えなさい、馬鹿夏!」
「ふひはん、お、おゆるひ、ひひっ」

 由美は、夏実の口に差し込んだ指で、夏実の顔を左右に何度も揺さぶる。多量の涎が夏実の口の端から零れ出す。目尻からは涙が噴き零れる。

「がっ、ふがっ、がっ、があああっ」

 由美は夏実の口から指を抜き、夏実の股間に仁王立ちになり、夏実を睨みつける。夏実は激しく咳き込み、荒い息を吐き出し、大きく喘ぐ。

「いい夏実、あのディルドゥの痛さはこんなものじゃないんだよ、それをきちんと覚悟しなさい、いい? わかった? わかったら返事なさい!」
「は……はい、ゆみさん、なまいきをもうしあげました、わたしがまちがっておりました」
「よおし、分かったようね、それじゃ、ご褒美に少し気持ちよくさせてあげる、足の裏をベッドの縁にかけて、両脚を大きく開きなさい」

 夏実は両足を思い切り開き、股間を剥き出しにする。由美は床にひざまずき、夏実の股間に顔を寄せる。

「なんだ、臭いまんこ、しょんべん臭い小娘って、夏実のことね」
「も、もうしわけ……うっ、ううっ」
「なあに、また泣いてるの、あなたほんとに柔道二段? 根性ないなあ、夏実は、もっと虐められることを楽しまないと、そんなことじゃマゾとしてやっていけないよ、ま、臭いのは勘弁してあげる」

 言うなり由美は、夏実の股間にむしゃぶりつく。大陰唇を濡らしている尿を舐め取る。舌で小陰唇を掻き分け、膣口から膣前庭を舐め上げ舐め下ろし、溜まっている尿を吸い取る。舌先で尿道口を探り当てる……。

「あはあああ、いいっ、いい、ですっ、ゆみさん」
「そう、気持ちいいの、じゃ次はこうね、気絶しちゃだめよ」

 由美は、両手の人差し指で陰核包皮を剥きおろし、上下の唇を陰核亀頭の上にぴったり重ね、思い切り吸い上げる。

「ぐふっ、ふうううううううう、っ……」

 由美の吸引は止まない、吸う、吸う、夏実の陰核を引き抜こうとでもいうように、吸う、吸う、吸う、吸う……。

「……っ…………っ……」

 夏実はすでに言葉が出ない。両唇の隙間から涎の泡が噴き出す。歯を食いしばり、縛めるロープを引き千切ろうとでもいうように上体に力を込めるが、もちろんロープが緩むはずもない。両脚は、由美の両腕が太腿をしっかり抱え込んで固定している。
 夏実にできるのは、首を左右に振り、背中に回された両手の指先でシーツを掻き毟るだけ。ときおり、膝から足先が上方に跳ね上がる。

「か……はあっ」

 夏実の全身が凝固した後、一気に弛緩する。大量の膣液が由美の口内に吹き出し、口元からこぼれ、シーツを濡らす。

「ぐふ」

 由美は夏実の顔を見やる。夏実は失神していた。

………………………………………………………………

「気がついた、夏実」
「あ、由美……さん」
「どう、ご褒美は、気持ちよかった?」
「とても、きもちよかったです、死ぬかと思った」
「でも夏実、『気絶しちゃだめよ』という言いつけに背いたわよ」
「え、あ、すみません、でも……」
「でもは、いい! いちいち口答えしない! 何度言っても駄目なんだから……だから馬鹿夏って言われるのよ」
「す、すみません、もうしわけありません」
「とにかくこんな素直じゃないマゾって……どうしようもないなあ、ま、まだ初心者だからしょうがないか、
 夏実!」
「は、はい、ゆみさん」
「さっきの、言いつけに背いた罰は、後で考えるからね、次、始めるよ」

 今、夏実の体は、頭をベッドのヘッドボードに向け、全身がベッド上にあった。もちろん由美が動かしたのだろう。
 夏実は、まだ縛められたままの上半身を、仰向けに寝かされている。
 両足首にはそれぞれロープが巻かれ、ヘッドボードの方向に伸びている。ロープに引かれた両脚は、ほぼ水平に大きく割り開かれ、股間が剥き出しになっている。尻の下には、何か柔らかく厚みのあるもの、おそらくクッションが差し込まれているようだ。
 このため、夏実は、尻を大きく上げて全身をほとんど二つ折りにされ、脛の裏も太腿の裏も上に向け、陰部から会陰、肛門にかけての尻の中心を剥き出しに天に向けている。
 両腕も両脚も動かない。動くのは首から上だけだ。かなり無理な姿勢であるが、柔軟な夏実の身体にとってはさほどでもない。
 由美は先ほどと同じように、大きく開いた夏実の股間に座りこんで、夏実の顔を見つめている。
 さすがに夏実は動揺する。

「ゆ、ゆみさん」
「何? 夏実」
「は、はずかしいです」
「恥ずかしい? 当たり前よ、恥ずかしいことをしてあげてるのよ。いやなの? 文句あるの? 『虐めて欲しい』の夏実ちゃん、いやならやめたっていいのよ」
「あ、いえ、がまんします」
「我慢? 我慢なんかしてくれなくていいよ、いやならいつでも解くから、さっさと家に帰りなさい」
「あ、ごめんなさい、すみません、どうぞ……」
「いい加減にしなさい! 馬鹿夏!」

 言うなり由美は夏実にのしかかり、平手打ちを頬に浴びせる、二度、三度……。

「ひぃっ」

 由美は姿勢を戻すと、夏実の尻を平手で叩き始める。ラテン音楽の打楽器、ボンゴを叩くように、左右の手で夏実の両の尻たぶを叩く。ラテンのリズムを取るように、左右の尻たぶを自在に叩く。
 由美の打擲の音に合わせるように、夏実の悲鳴が重なっていく。パーカッションとボーカルのセッションのように……。

 ピシ。

「ひ」

 ピシッ。

「ひっ」

 ピシィッ

「ひいっ」

 ピシ、ピシ、ピシ、ピシ。

「ひっ、ひっ、ひい、いっひ」

 ピシ、ピシャ、ピシ、パシ、ピシャ、ピシ、パシ、ピシ……。

「ひいいっ、いひいぃ、いいっひ、うはああ……」

 ビシッ。

 ひときわ高い音を立て、パーカッションの演奏が止まる。しかし、ボーカルの絶え入るような音色は止まらない。リズムを乱しながら、次第に小さく、か細くなっていく歌声が、嫋嫋と余韻を残して消えていく。

「ああ、ああ、あああ、はあ……はっ、あ……」

 歌姫の歌唱が消える。その尻は、セッションの名残を留めて薄く、赤く染まっている。
 パーカッションがボーカルに呼びかける。

「夏実、まだまだこれからよ、今度は多分、夏が知らない快感を教えてあげる、どう、嬉しい?」
「はい、うれしいです、ゆみさん」
「よおし、それじゃ今度はここを舐めてあげる」

 由美は、天に向けて収縮と弛緩を不規則に繰り返している夏実の肛門に吸い付いた。肛門全体を思い切り吸い上げる。
 夏実の口から、思わず悲鳴が吹き零れる。

「ひっ、いっ、いやあああ、そ、こ、は、いやですっ」

 由美は耳を貸さない。舌全体を肛門に押し付け、舐め上げる。舌裏で舐め下ろす。舐め上げる、舐め下ろす。夏実の悲鳴は、本気で拒絶する色を帯びていく。

「ゆ、由美さん、お願い、ほんとにそこは……、
 やめて、やめてえ、嫌っ」

 由美は、夏実の肛門からいったん口を離す。

「何を騒いでるの、うるさいよ、夏」
「だって……だって由美さん、
 そんなところ舐めるなんて、おかしいです、やめて下さい」
「ふーん、夏、さっき『わたしの言いつけには何でも従う』と誓ったよね、夏実は武道家のくせに二枚舌を使うんだ」
「そ、それはそう……ですが、で、でも、でも……そこは、汚いです、不潔です、由美さんが、汚れちゃいます」
「さっきシャワーで、あれだけ綺麗にしたのを、忘れたの」

 夏実はそれ以上抗弁できない。それを確認し、由美は再び夏実の肛門に吸い付く。舌先を尖らせ、肛門の周りを円を描きながら舐める。右回りに、左回りに舐めまわす。
 由美の舌先の回転の周期に合わせるように、夏実の肛門が収縮と弛緩を繰り返す。イソギンチャクの触手が開閉するように。

「あ、あああぅ、ゆ、ゆみぃ、さんっ……、
 いいっ、きもち、いいですっ、ど、どうして、こんな」

 由美は肛門から口を外し、しばらく夏実の全身を眺める。夏実の膣液と由美の涎に濡れそぼる股間を、乳首が頂点に屹立する緩やかな乳房の盛り上がりを、のけ反らせた顎の先端を、そして、赤いロープに左右に引かれ、V字型に極限まで開く両脚を。
 夏実は焦れたように首を擡げ、由美を見つめる。

「ゆみさん、どうして、わたしもっと……」
「もっと、なあに、夏実」
「あの、もっと……なめて……」
「やっとわかってきたね夏、ここの気持ちよさが」
「はい……はい、ゆみさん、おねがいします、もっと、なめて」
「舐めろって、何処をかな」
「こ、こうもん、アヌス、おしりのあなです、
 わたしがうんちする、くさいあなです」
「ふふ、さすがお利口夏実、よく知ってるね、じゃ、ご褒美」

 由美は夏実の肛門に吸い付き、舐める、舐めまわす。舌先を思い切り尖らせ、肛門の中央から内部に突き立てる。突く、突く。突きながら唾液を絞り出す。唾液のぬめりに乗って、更に深く舌先が入り込む。
 夏実は狂った。由美の舌に与えられる異様な快感に、我を忘れて狂った。

「うわあああ、あ、いっ、いいいっ、いっ、
 ひいいいいっ、ゆみぃ、っ……さ、いきぃ……すっ」
「夏、夏実、まだ気を失っちゃ駄目よ、最後のご褒美があるからね」

 夏実は、全身の筋肉を緊張させることで、消えようとする意識をかろうじて繋ぎとめる。

「はい、ゆみ、さん」
「よく見ているんだよ」

 由美は、右手を拳に握ってから、人差し指だけをまっすぐ立てる。口に含み唾液を塗す。
 口を夏実の肛門の真上に持っていき、大量の唾液を零し落とす。すでに唾液と膣液で濡れそぼっている夏実の肛門は、新たに与えられた唾液も交え、まるでどろどろの湿地帯のようになる。溢れた液は夏実の腹へ、陰門へと流れ落ち、そこここで新たな湿地帯をつくっていく。
 由美は人差し指を高くかざした。

「夏実」
「はい、ゆみさん」
「よく見るのよ、この指をご褒美として夏実にあげる」
「はい? ゆみさん」
「この指を、今から夏の肛門に突っ込む、もう、反抗、口答えは一切許さない!」

 夏実は、一瞬顔を、体全体をこわばらせたが、固く唇を引き結んだ後、由美に答える」

「はい、おねがいします、ゆみさん」
「よし、いい覚悟ね、いくよ」

 由美は人差し指を垂直に立てて夏実の肛門に近づける。肛門には唾液が小さな、泉の様な溜まりをつくっている。
 由美は、指の先端を、潜水するダイバーのように泉に突き入れ、左右交互に捩じりながら、徐々に夏実の体内に埋め込んでゆく。
 夏実は、一言の抗弁も、呻きも、喘ぎすら漏らさない。奥歯を噛み締め、唇を引き結び、先ほど侵入してきた舌とは比較にならない固さをもち、体を串刺しにされるかと思うほど、どこまでもどこまでも侵入してくる由美の指を、まるで由美自身であるかのようにそのまま受け入れようとする。

「夏、いい子ね、もう半分入ったよ」

 いうなり由美は新たな唾液を零し落とす。指は一気に第2関節付近まで潜り込む。
 その途端、夏実の膣口から新たな膣液が激しい勢いで噴出した。同時に夏実が、堪えかねたように声を上げる。

「うあああっ、いいっ、いいっ、ゆみさんっ、もっとお」

 由美はその声に応え、一気に根元まで指を突き入れる。

「かっ……はあっ……いっ、いぎいいいいいっ」

 夏実の口から漏れた声は、断末魔の獣の咆哮のようだった。
 夏実は完全に失神した。

………………………………………………………………

 目覚めた夏実の傍らに由美が立っている。由美は両性具有の異形のヴィーナスに変貌していた。
 豊かな黒髪、細い肩、可憐な胸の膨らみ、なよやかな腰の括れ、なめらかな尻の張り出し……紛うかたなき女性のフォルム。その中心に屹立するのは、天を指して聳える巨大な男性性器。
 異形のヴィーナスは、そっと夏実に手を差し伸べる。
 差し伸べられた手を取り、夏実は思う。

(そうだ、私も今からこの姿態になるんだ)
(このヴィーナスと一体になるんだ)
(二体で一体の、異形のヴィーナスに……)

 立位のヴィーナスが声をかける。

「夏っちゃん、始めようか」

 仰臥位のヴィーナスが呼応する。

「はい、由美さん」

 夏実の縛めは、両脚のものだけ解かれている。上半身はそのままだが、おそらく由美はそれが夏実の望みだと考えたのだろう。由美のその心遣いが、夏実にはこの上なく嬉しい。
 由美がベッドに上がり、夏実に寄り添って横たわる。

「夏実、夏っちゃん、いいかな」
「由美さん、その前に、一つお願い」
「なあに、夏っちゃん」
「キス、して」
「いいわよ」

 軽く、限りなく優しくキスを交わしたのち、夏実は自然に両脚を開く。由美は夏実の股間に膝立ちになり、夏実を見下ろす。双頭ディルドゥの一方は、由美の膣内にすでに挿入されている。由美は他方を右手で握り、ゆっくりと押し下げる。

 カン!

 由美には耳になじんだ、夏実には先ほど初めて聞いた金属音が、獣の唸り声のように狭い室内に響く。
 カン、カン、カン……。
 由美は獣の切っ先を夏実の膣口に当てがい、軽く押し込む。夏実の処女膜が獣の侵入に抵抗する……。

「ううっ」

 夏実は、処女膜そのものが漏らす儚い抵抗の歌のように、知らぬ間に声を漏らす。

 その瞬間、夏実に見えたものは母だった。
 柔道着を凛と身に着け、夏実を投げ、締め上げ、叱咤する、あの強い強い母の姿だった。

(そうか、ボクは、いえわたしは、母さんが欲しかったんだ)
(強い強い母さんが欲しかったんだ!)
(強い母さんのいない柔道には未練はない)
(この人は、由美さんは、私の母さんなんだ)

 そして今、その強い母が眼前にいる。
 股間から隆々たる男根を立ち上がらせ、夏実の全身を射抜く眼光を光らせる、強い強い母が。

(わたしはもう、二度と柔道着を着ることはない)
(明日から私の着るものは……)
(美玖、もしお前にもっと闘志があれば、ひょっとして……。
 でも、これで本当にさよならだ)

 夏実の処女膜を、母の男根が一気に切り裂く。
 母の男根が膣内を蹂躙する。
 その男根は、夏実と由美を繋ぐ強い絆でもある。

(母さん!!)

 夏実の歓喜の絶叫が、室内の空気を震わせる。
 過去との永訣を宣言する、夏実の、最後の気合いだった。

「いいいいいいいいいいいいいいいいっ」

 夏実は一瞬、楡の梢を吹き渡る風を感じた。

        (完)
風楡の季節【第17章】目次『風楡』から「未来(つぎ)の季節」へ




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2012/03/06 07:47
    • ということで、長らくご愛読賜りました『風楡の季節』、目出度く(?)完結と相成りました。
      これまでお付き合い下さいました読者の皆々様には、心より厚く御礼申し上げます。誠に有難うございました。
      昨2011年11月8日に連載開始。爾来、“今年1月中には完結予定”とかなんとか言いながらずるずると結末を引き伸ばし、今日は何と3月6日。その間、例えば前々回、第16章のコメなどには“なんとしても次回を最終回にする所存”とかなんとか書いておきながら、そこからさらに二章を費やす迷走ぶり。
      管理人さんの「ええかげんせえよ!」との叱咤がなければ、まだ結末が伸びていたかもしれません。
      『風楡の季節』全18章、66,954字。400字詰め原稿用紙にして、167枚余り、無事、上梓?させていただきます。
      なお、ハーレクイン・エロマンス、次回は1回お休みをいただき、『風楡』裏話や、次回作の予告などをさせていただきます。これは管理人さんもご了解済みでございます。
       えー、まだやるんかい。たいがいにせえや、もうええで。
      あ、いや、そんなああた。つれないことを……。

    • ––––––
      2.
    • 2012/03/06 19:37
    •  オリジナルキャラなんだろうな。
       今回の由美と夏実は、恥ずかしゅうて往生したわい。
       美玖や恵が出てきたころは……。
       青春群像ふうの物語を予想してたんだけどね。
       『風楡の季節』という題名も、その路線で付けたものだし。
       次回作は、どんな作品でしょうかね。
       わたしとしては、ぜひ、昭和の舞台設定で書いてほしいのですが。

    • ––––––
      3. ただの酔っ払い2
    • 2012/03/06 20:24
    • 足かけ64年もありますからねえ。
      どのあたりがお望みですかな。
      まさか戦前とか……。
      ま、来週書かせていただきますが、『風楡』はどうしたって由美ちゃんと夏実のからみがメインテーマでしたからねえ。青春群像編に持っていくほどの余裕も、私になかったですし……。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/03/07 07:26
    •  わたしの方が、ハンドルを入れ忘れてたな。
       Cookieをクリアしたのを失念しておった。
       不覚。
       昭和は……。
       やっぱ、30年代から40年代。
       日本が一番元気だったころ。
       そうだ。
       舞台は、団地。
       例の、松戸市立博物館にあったみたいな団地。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112111948541be.jpg
       そう言えば……。
       かつて、『団地妻』という言葉があったのではないか?
       同じ階に住む『団地妻』たちの生態を……。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111211102422a63.jpg
       オムニバス形式で描くってのはどうだ?
       時代風景を絡めながらさ。
       食指、動きません?

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/03/07 13:15
    • 時は昭和の御世、30-40年代。
      舞台は、古きよき夢の「団地」。
      とくれば懐かしや。にっかつロマンポルノ『団地妻』シリーズ。
      『団地妻 昼下がりの情事』は白川和子さん。
      『団地妻 忘れ得ぬ夜』は宮下順子さん。
      いやあ、いいですねえ。
      次回作はもう書き始めてるから、更にその次だな。
      決定! HQエロマンス版「団地妻」シリーズ。
      『昭和の団地妻 うちらの愛と性』。
      撮影快調! 近日公開!!

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2012/03/07 13:27
    • 『風楡』最終章。
      携帯だと、途中までしか読めないのですが……。
      最後まで読みたいよ~。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2012/03/07 19:55
    •  きっちり最後まで表示されます。
       いったい、いつの時代の携帯使ってるんだ?
       『緊縛新聞』さんでは……。
       携帯だと、ページが分割されてますね。
       FC2は、そういう機能は無いのかな?
       検討課題とします。
       『団地妻』、期待してます。
       昭和のモノクロ映像には……。
       ぶっとい足にミニスカートの女性が映ってますが……。
       あの体型って、妙にそそられますよね。
       平成のモデル体型より、ずっとエロチックに見えるのはなぜでしょう?

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2012/03/07 21:11
    • 「いつの時代の携帯」って、ほんの数年前だぞ。
      問題は何なんだ。
      ハードか、ソフトか。
       おっさん。ようわかっとらん言葉使うと恥かくぞ。
      あー、ま、その、つまり。
      機種が古いからか、それともauだからあかんのか。ひょっとして契約内容か(それはなかろう)。
      >ぶっとい足にミニスカート……妙にそそられ……
      AVで(お前の知識はこれしかないのか!)、
      えー、あの、特にビアンもののAVで、仰向けで大股開き、相方に股間を舐めさせるシーンがよくありますが、あの太い太腿(太いから太腿やろ!)。
      逞しい、まるで大蛇のような(映画『アナコンダ』を見よ)太腿。
      相方の舌が蠢くたびに、ひくひくと痙攣する真っ白な太腿。
      たまりませんな。
      だから、よりそそられるのは、宮下順子さんより、ふっくらぽっちゃり白川和子さんなんですよ。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2012/03/08 07:39
    •  関係ないでしょうね。
       機械を作ってるのは、いろんなメーカーですから。
       でも、数年前の携帯は、立派に古いと思います。
       数年も使ってるんなら、タダで新機種に替えてもらえるんじゃないか?
       Softbankは、2年で交換できます。
       わたしのはたしか、去年替えたものです。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2012/03/08 17:57
    • 携帯って、数年で“古く”なるのか。知らなんだ。メーカーは天下のPanasonicなんだけどなあ。かんけーないか。
      そういえば、数年前に替えたときもただだったな「ポイントがこれだけ溜まってますんで……」とかなんとか言っておったわ、auショップのお姉ちゃん。
      んじゃ替えてみるか。もう表面の塗装!とか、ハゲてきとるしなあ。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2012/03/08 19:57
    •  携帯での分割表示に対応してないようです。
       PC用には、分割表示できるプラグインがあるのに……。
       携帯には、対応無し。
       わたしの携帯は、タダで交換できる機種でしたが……。
       ワンセグも入ってました。

    • ––––––
      12. 海苔P
    • 2012/03/10 15:18
    • 携帯本体の問題だよ♪
      古いから見えないだけだよ♪

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/03/10 15:40
    • またもや海苔さん♪にダメを押されてしまった♪
    コメントする   【風楡の季節【終章】】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)