Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
風楡の季節【第16章】
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「風楡(かぜにれ)の季節」作:ハーレクイン


第16章 由美と夏実5


 二人の少女は、互いにバスタオルを相手の体に這わせ、全身を濡らした湯を拭き取り合う。泉のほとりで戯れ合う妖精のように。

「あの、由美さん」
「なあに」
「さっきの……もう一つって」
「ああ、そうね、うーん」
「難しいことなんですか」
「そうでもないんだけどね、でも……これも夏実の身体に聞いた方が早いかな」
「えー、またですか」
「また、って、いやなの」
「えー、そんなことありません、楽しみです」
「あらあら、やらしい娘、夏実って、そんなにいやらしい娘だったかなあ」
「やだ、それは由美さんのせいです、う、んんっ」

 由美は、夏実の口を塞ぐように、口全体でキスをする。
 夏実は、侵入してくる由美の舌を待ち構え、反撃する。

「う、ふうん」
「んむ、む」
「うあ、あ、夏ぅ……」
「ゆみ、さあん、ゆみぃ……いいっ」

 ひとしきり戯れあった二人の少女は、全裸のまま部屋に戻る。上体をベッドに縁にもたせ掛け、下半身を床に伸ばして寄り添う。抱き合う。

「んんっ、ゆみ、さぁん」
「なつ、夏実ぃ、可愛いよ」
「ゆみさん、ゆみ……さん、好き、好き、大好きです」
「ふううん」
「むふ、うん……」

 由美は、夏実の肩に回した腕で夏実を抱き寄せる。

「んね、夏……、もう一つ、だけど」
「あ、はい、由美さん」
「ちょっと待ってて」

 由美は、名残惜しそうに夏実を離れて立ち上がり、クローゼットの下の引き出しを開ける。夏実の位置からは、引き出しの中は見えない。
 由美が引出しから取り出して夏実の傍らに持ってきた物は、真紅のロープだった。太さはおよそ1センチ。

「え、由美さん、これ……」
「夏実、縛るよ」
「し、縛るって、由美さん」
「いやなの」
「え、いえ、でも、なぜ、わたしもう、由美さんに逆らったりしません」
「それはわかってるわよ、縛るってのはね、そうじゃなくて意味が違うの」
「あ、はい……」
「いいから、私に任せなさい」
「はい……はい、由美さん」

 由美は赤いロープを中央で折り、全体を二重の状態にする。

「夏実、両手を後ろに回しなさい」
「はい、由美さん」

 由美は、背に回した夏実の肘を深く曲げ、肘から手首にかけての両腕を水平にさせる。
 両手首をまとめて左手で握り、右手に掴んだロープの端を巻き付け、縛る。

「あっ」
「痛いかな、夏実」
「いえ、全然、大丈夫です」

 由美は、手首を縛ったロープの続きを夏実の胸に水平に巻き付ける。乳房の上に一巻き、更に下に一巻き。
 夏実は、両腕を背中で固定された状態で、胸を締め上げられる。

「んんっ、ん、あ……はあっ」
「どう、夏実、きついかな」
「……いえ、由美さん、あん……」

 由美は、背後から両手を夏実の胸前に廻し、ロープに絞り上げられた乳房を掴む。指で乳首を捉える。

「あ、はっ、いいっ」
「夏実、可愛いよ」

 由美は、自分の乳房を夏実の固定された両手に擦りつけながら、夏実の耳に唇を這わせる。舌を耳穴に差し込む。舐める……。
 耳たぶを噛む。優しく、時に強く。
 うなじを舌で舐める。吸う。唇で吸う、吸う。舐める、吸う。
 乳首を摘む。擦る。潰す。

「あ、ゆみ、さあん、はんっ、んんっ」
「夏実、どうなの、縛られて」
「どうって、由美さん、よくわかりません」

 由美は、いきなり夏実の肩と額に手を当て、夏実の上半身を叩きつけるように床に押し倒す。
 夏実は顎を胸元に引き付け、後頭部が床に当たるのを防ぐ。柔道の受け身技の技法である。

「ひいっ」
「わからないわけないでしょ、夏実!」
「す、すみません」
「また! 謝れなんて言ってないでしょ! 
 今の感じはどうなのって聞いてるの!」

 由美は、両脚を開いて夏実の胸の上に馬乗りになり、夏実の首に両手をかけて締め上げる。
 夏実は、豹変した由美の仕草、言葉に瞬時に対応する。誰に教わったわけ訳でもなく……

「どうなんだ、夏実、縛られた感じを言えっていってるんだ」
「あ、ああ、はい、なんか……」
「このぉ」

 由美は右手を振り上げ、夏実の左頬に平手打ちを見舞う。

「ひっ」
「夏実、まだわからないのかい、今のお前は生かすも殺すもわたしの思うままなんだよ」
「あ、はい、由美さんのお好きなように、して……下さい」 

 由美は、今度は右手の甲で夏実の右頬を張り飛ばす。往復ビンタだ。

「あ、がっ」
「わかった風なことを言ってんじゃないよ、夏実、人に好き放題されるってことがどんなことか、まだお前にはわかっていない!」
「あ、え、す、すみませ……う、ぐぅっ」
「いちいち謝るなって言ってるだろ、この馬鹿女!」

 由美は、左手を広げて夏実の口をふさぐ。
 右手を伸ばし、夏実の乳首を捻り潰す。

「ぐうううぅ、ううっ」
「この、この、この、どうだ、堪えたか」

 由美が手を離す。
 夏実の両目尻から涙がこぼれる。

「ゆみ、さあん」
「泣くのは早いぞ、なつみ、罰だ、縛られるってことがどういうことか、わかっていない馬鹿女に罰を与える」
「はい、はい……ゆみ、さん、なんでも、どんなことでも」
「よおし、いい覚悟だ、死んでもいいんだな」
「ゆみ、さま、こ、殺して、なつみをころして、下さいっ」
「このお、まだ生意気言うか!」

 夏実にさらに二度、往復ビンタを与えた由美は、両膝を使ってにじり上がり、夏実の顔の上に股間を持っていく。

「ほら夏実、見ろ、よく見ろ、見えるか」
「はい由美さん」
「なにが見える、言ってみろ」
「あ、あの……いいいいっ」

 由美は、夏実の短い髪を掴んで夏実の顔を持ち上げ、股間に擦りつける。

「ほら、ほら、よく見せてやるよ」
「ぐっ、うっ、ううっ」
「見るんだ、夏実、どうだ、夏実、言え、何が見える!」
「ゆみ、さんの……」
「わたしの、何だ、何が見える!」
「あ、あの……お、おちんこ、ひいっ」

 由美は、再び夏実の頬を張り飛ばす。

「なんだって! わたしは女だ! ちんこなんかあるか!」
「ご、ごめんなさあい」
「この無礼者め、教えてやる、これは、ま・ん・こ、おまんこと言うのだ」
「はい、はい……まんこ、由美さんのまんこ、おまんこが、見えますっ」
「よおし、由美のまんこ、どうなってる」
「あ、え……ぐああっ」

 由美は、再び夏実の髪を鷲掴みにし、のけ反った夏実の咽喉を締め付ける。

「もたもたするんじゃないよ!」
「あ、はい、あの、ぬ、濡れてます、縦に割れた隙間から、透明な、液が……零れています」
「よおし、じゃ、この濡れまんこで、今からお前を殺す」

 由美は、いきなり腰を夏実の顔の上に下ろす。
 腰を前後に送り、夏実の顔全体に、股間の全てを、膣口を、膣前庭を、会陰を、肛門を、そして……陰核を、擦りつける。
 夏実は、誰に何を教わったわけでもなく、由美の腰の動きに的確に応じて、舌を、唇を、激しく動く由美の股間に這わせる。吸う、舐める、噛む。

「いっ、なつみぃ、ひいいいいっ、いいっ」
「む、ぐっ、うぐうっ」
「な、なつ……、いいっ」

 夏実は、両腕を縛られて上半身の自由を奪われ、先ほどのシャワーの時のように、由美を抱くこともならぬまま、唇と舌が由美との唯一の絆であるかのように、由美の股間を吸い、舐め、噛み続けた。

「うっ、うぐっ」
「ああっ、ああっ、な、なつ……なつぅ、なつみいっ」
風楡の季節【第15章】目次風楡の季節【第17章】




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2012/02/21 18:39
    • 『由美美弥』本編の方にもコメさせていただきましたが、どういうはずみか『風楡』、SMモードに突入してしまいました。
      これを放置しますと『風楡』、いつになったら終わるやら……。
      いやいや、もとよりそれは本旨ではございませぬ。なんとしても次回を最終回にする所存。
       (せや! も、ええから早よ終われ!)
      あ、いや、その、なんとああた。
      ♪パピプペ パピプペ パピプペポ~
       うちの女房にゃ髭があるぅ~

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/02/21 19:49
    •  まともに読めないのですが。
       恥ずかしゅうて。
       しかし……。
       これを書いてて、恥ずかしさを感じないというのが……。
       不思議でならん。
       鋼の心臓と云わねばなるまい。
       要するに……。
       夏実は、マゾでもあったということね。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2012/02/21 21:03
    • 見たか!
      我が鋼の心臓。
      『エイトマン』
      前田武彦 作詞
      萩原哲晶 作曲
      克美しげる 唄
      光る海 光る大空 光る大地
      ゆこう 無限の地平線
      走れエイトマン 弾丸(たま)よりも速く
      叫べ胸を張れ 鋼鉄の胸を
      呼んでいる 呼んでいる 呼んでいる
      立とう 正義の旗のもと
      誇れエイトマン 天よりも高く
      振えその腕を 鋼鉄の腕を
      燃ゆる空 燃ゆる風 燃ゆる心
      進め 無敵の力もて
      征けエイトマン 誰よりも強く
      響け轟け 鋼鉄の男
      >要するに夏実はマゾ……。
      これ!
      ばらすでない!
      全ては完結編で、じゃ。
      恥ずかしさに、悶え死にさせて進ぜよう。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/02/22 07:23
    •  あの恥ずかしいセリフを読んでたら、誰でもわかるでしょうが。
    コメントする   【風楡の季節【第16章】】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 愛と官能の美学
潤文学 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能文書わーるど
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 羞恥の風 ちょっとHな小説
恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 黒い教室 性転換・TS・女体化劇場 出羽健書蔵庫
女の陰影 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 かめべや
性小説 潤文学ブログ 人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き Playing Archives 18's Summer
女性のための官能小説 Eros'Entertainment ひめ魅、ゴコロ。 魔法の鍵
お姫様倶楽部.com 最低のオリ 妄想ココット 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 アダルト検索一発サーチ riccia 空想地帯
ちょっとHなおとなのための… 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ライトHノベルの部屋 SM~猟奇の性書~変態
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる にほんブログ村
アダルト動画まとめ 正しいH小説の勧め
小説の匣 Girls Love Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング アダルトブログランキング 絵描きさん.NET GL Search
おたりんく セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search 少女禁忌区域
【携帯】GL狂愛Rank ぱっくりんく 萌駅 十八禁恋愛私花集
ヌケルアダルト作品 創作系サイト検索・KAGOME アダルト検索BBJapan アナル動画まとめ
Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)