Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
身体の涙(8)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「身体の涙」作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(8)


 薄暗い部屋の中で、熱っぽい溜息の合間に湿った粘着音が響いている。
 白い肌にうねうねと濡れた線を描きながら、うつ伏せの奈緒子の背中に幸枝の唇が這っていた。
 さらにお尻の膨らみの間から潜り込んだ幸枝の右手が細かく蠢いている。
「あ・・ああ・・んうう~・・・。」
「んふんん~・・?」
 奈緒子の悲しげな呻きに、時折幸枝は鼻からうなり声で返事をする。
“気持ちいいの・・? わかってるよ・・。”
 そんな暗黙の掛け合いの後に、二人の愉悦は嫌が上にも高まっていくのが常であった。
「ああ・・・、ね、ねえ・・・。」
 ところが今夜の幸枝は少し様子が違っていた。
 背骨の上を何回も舐め上げ、脇腹から乳房の横に吸い付きながら、右手の指はおぼろげに奈緒子の濡れたものを撫でるだけなのだ。
 奈緒子はやるせなく尻を動かして幸枝の指を求めるのだが、幸枝はゆるゆると肘を曲げてその求めをやり過ごしているのである。
 もう有に一時間以上責められている。
 先ほどは繊毛を指で遊ばれながら足の指の間を丹念に舌で掘り返された時に、不本意ながら奈緒子は軽いエクスタシーを覚えた。
 しかしそれはいつもの情交からすれば、不完全燃焼の不満を募らせるようなものに過ぎなかったのだ。

「ああ・・・ね、ねえ・・・お願いよ・・。」
 とうとう奈緒子は泣きを入れた。
 それを聞いた幸枝は、背筋を舐め上がって後ろから奈緒子の耳たぶを噛みながら囁く。
「うふふ、下の方、すごくシーツを濡らしてるよ・・。」
 うつ伏せのまま尻を振り立てる姿勢で、潤みから流れ出た愛液がクリトリスの先からベッドの上に滴り落ちていた。
「もう意地悪・・。ねえ、お願い・・。」
「でもあなた、もう2、3回いったでしょう? あんまりちゃんと触ってもいないのに。ほら、こんなに沢山よだれ流して。」
 事実、幸枝は舌と指の愛撫で奈緒子の愛液を溢れ出させ、指で恥毛を掻き立てたり、熱くたぎっている部分の表面をその愛液でなぞっていただけなのである。
 濡れた部分の上の敏感な突起には、ほとんど触れてくれなかった。
 それは欲望を集めて、もうこれ以上ないほど張りつめているのが奈緒子自身にもよく分かっていた。
 幸枝は意地悪にも浅く指をなぞらせて熱い露をすくい取ると、その悲しい突起に軽く擦り付けた。
「あくっ・・!」
 奈緒子の身体が浅ましく跳ねた。
「ああもうっ・・、ねえっ。」
「ねえって、何なのよ。」
 幸枝は薄笑いを浮かべて冷たく聞き返す。
 そしてその間にも、奈緒子の潤みから菊の蕾まで気が狂いそうな柔らかな刺激を与え続けている。
「もうお願いっ・・・ああっ・・。」
 奈緒子は泣きそうな声を出した。
「ふふ・・、楽にして欲しいんでしょ? いいわ、でも何でもあたしには正直に話すのよ。いい?」
「ええ、何でも話す・・。だから早くあたしを、・・お願い。」

 幸枝は勝ち誇ったように奈緒子を上向かせると、横に寄り添って左手を首の下に廻した。
 両足で左足を挟み込んで股を少し開かせる。
 意外なことに幸枝の女もしとどに濡れており、奈緒子の左足の肌が触れたとたん、それは太腿の肌に熱く滑り付いてきたのである。
 上向きになった奈緒子の胸が誇らしげに揺れて、その頂点の乳首はもう痛いほどに弾き立っている。
「なに、こんなに固くしちゃって。」
 舌を巻き付ける様にして右の乳首を吸い取ると、幸枝はその弾力に軽く歯を立てた。
「はううっ。」
 奈緒子は身をそり上げてガクガクと震えた。
 そのまま吸い上げた乳首を離すと、弾かれたように乳房は形を取り戻し小さく揺れる。
「うっふふふ、なにそれ。わかってるわ、これが欲しかったんでしょう・・?」
 幸枝は奈緒子の唇を吸い付けると、右手の指をゆっくりと熱く濡れそぼっている部分にめり込ませた。
「ふぐっ、んぐうう~・・・。」
 奈緒子は身を捩りながら幸枝の口中に濁った呻きを上げた。
 幸枝の中指と薬指を奈緒子は震えながら締め付ける。
 幸枝は駄々をこねる奈緒子の動きを、足は右足を挟んで押え、頭はあやす様に上から唇を重ねて押えた。
 奈緒子の動きが濡れたものを押し揉んできて、幸枝も疼く様な快感を背筋に走らせる。
 唇を離して荒い息を吐きながら幸枝は言った。
「はあ・・、軽くいったみたいね。でもまだ入れただけでしょ、本当はこうでしょう・・・?」
 幸枝はそう言うと、中に収めた指をゆるゆると動かし始めた。
「う、ふうう・・・。」
 眉を寄せて呻きながら、奈緒子は身も世も無い風情で身をくねらせる。
「気持ちいいんでしょ? わかってるの。ね、気持ちいいんでしょう?」
「はあ・・気持ちいいの。気持ちいいの。ああっ・・・。」
 幸枝は勝ち誇った顔を上気させてゆっくりと二本の指を引き抜き、代わりに親指を花弁の中に押し入れていく。
 そしてその親指を小刻みに震わせた。
「ああ~・・・・、あたしもう、だめになりそうよっ。」
「本当? でもまだよ。あなたも分かってるでしょ。」
 言いながら幸枝は、中指を垂れ落ちる愛液で濡れ光った菊の蕾に這わせた。
 そしてそれは少し押し込むと、訳も無く第二関節まで中に滑り込んだ。
「くううっ・・・・!」
 奈緒子は身を強張らせて両足を戦慄かせた。
「また軽く気を遣ったみたいね。でもまだ、だめにしてあげないわよ。」
 幸枝は親指と中指で、菊と花弁の間の壁を挟んで緩やかに揉みほぐし始める。
「はあ~・・もう堪忍して。」
「ほら、また感じてきたんでしょう?」
「また感じるの。ああお願い・・。また感じるのよ。」
「ふふふ、困った人ねえ・・。」
「お願い、意地悪しないで。」
「わたしだけでしょ? あなたが本当にだめになる前に何度もいかせられるのは。」
「あなただけ・・、あなただけよ。だからお願い、ねえっ。」
 幸枝は返事の代わりに深く奈緒子の唇を吸い付けると、二本の指を抜き、改めて中指と人差し指を奈緒子の中に上向きに差し込んだ。
 そして中の上側の起伏を優しく揉み解し始める。
「ああっ・・・。」
「ここでしょう・・?」
「ええ、そこっ。はあ~っ・・・。」
「気持ちいいんでしょう?」
「ええ、気持ちいいわっ。だからねえっ、もっとっ!」
 幸枝は揉み解す指を速めながら聞いた。
「あの人とは何でもないの? どう?」
「何でもないわ。だからもっと。ねえっ。」
「嘘じゃないでしょうね。」
 幸枝は意地悪く指を緩めながら聞く。
「ああっ、意地悪っ! 嘘じゃないわ、だから早く。ねえ、お願いっ!」
 奈緒子はもうほとんど涙声で哀願した。
 幸枝は再び前よりも力強く奈緒子を責め立てだした。
「わかったわ。ほらこうでしょ? もうたまんないんでしょ?」
「ああ~っ! たまんない。たまんないわ。」
「仕事も出来て、美人でクールなあなたが、こんなに乱れていかせてってせがむなんて。会社の人は思いもしないわね。ええ? どう? もういきたいんでしょ? ほらほら、たまらないでしょ?」
「ああっ、もう意地悪言わないで。もうたまらないの。うう~っ!」
「ほらっ、もうだめね。獣みたいにいきたいんでしょ? のたうっていきたいんでしょ?」
「ああっ、たまんないっ! ああだめっ。」
「あたしのこと好きかっ? ええっ?」
「ああ好きよ、あなたっ! ああ好きっ!」
「愛してるかっ? ええっ?」
「愛してるわ、あなたっ! ああ~っ!!」
「いかせてって言え。だめにしてって!」
「ああっお願い、もういかせてっ! だめにしてっ!!」
 幸枝は指を押し込んだまま、クリトリスごと奈緒子のものを狂おしく揉み込んでいく。
 奈緒子の肉の壁が真綿で締める様に幸枝の指を締め付ける。
「ほらっ、いきなさい。ほらっ、だめになんなさいっ!」
「はあっ! ・・・いくうっ!! ・・・もうだめっ・・・!!」
 奈緒子は身体に電気が走った様に反り返った。
 幸枝の腕の中で下腹部と両足を痙攣させると、涙さえ流しながら絶頂を極めた。
 そして同時に幸枝も、快楽のほとばしりを奈緒子の引き締まった太腿に浴びせかけていた。
身体の涙(7)目次身体の涙(9)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2013/03/14 09:07
    • はあー。
      一時間ねえ。
      確かに、女性同士なら可能だろうねえ。男には到底無理だが。
      羨ましいなあ。
      >足の指の間を丹念に舌で掘り返された時に、
      >不本意ながら奈緒子は軽いエクスタシーを覚えた。
      いやあ。
      奈緒子さん。
      足指の間はほんとに気持ちいいみたいだぞ。
      経験上、言う。
      「不本意」かどうかはその人次第だがな
      >悲しい突起
      >浅ましく跳ねた
      もう、たまらんわ。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/03/14 20:39
    •  わたしの大好きな『半七捕物帳』。
       その中の『唐人飴』という一編に、↓の一節があります。
      「常磐津文字吉という師匠は不思議な女で、酒屋の亭主を旦那にしているが、ほかに男の弟子は取らないで、女の弟子ばかり取る、それには訳のあることで、本人は女のくせに女をだますのが上手。ただ口先でだますのでは無く、相手の女に関係をつけて本当の情婦(いろ)にしてしまうのです。こんにちではなんと云うか知りませんが、昔はそういう女を『男女(おめ)』とか『男女さん』とか云っていました。もちろん、滅多にあるものじゃあありませんが、たまにはそういう変り者があって、時々に問題を起こすことがあります。文字吉は浄瑠璃が上手というのでも無いのに、女の弟子ばかり来る。殊に囲い者や後家さん達がわざわざ遠方から来るというのを聞いて、わたくしは少し変に思って、もしやと疑っていたら案の通りでした。つまりは色と慾との二筋道(ふたすじみち)で、女が女を蕩(たら)して金を絞り取る。これだから油断がなりませんよ」
       幸枝さんみたいな人は、江戸時代からいたんですね。
       わたしは、仕事をリタイアしたら……。
       毎日、『半七捕物帳』を読んで暮らそうかと思ってます。
       江戸の世界に遊べますよ。
       ↓『唐人飴』の全編はこちら。
      http://www.aozora.gr.jp/cards/000082/files/1019_15031.html

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/03/14 21:38
    • 読んでからにしよと思ってたんですが、結構長いので先にコメしちゃいます。
      飴細工は、子供の頃の縁日で見た記憶がありますが、はたしてあれは飴細工だったのかなあ。買ってもらえなかったんで、記憶は定かではありません。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2013/03/15 07:50
    •  ↓動画がありました。
      http://www.youtube.com/watch?v=hkx5dotMCTo
       子供なら、ずっと見てても飽きないでしょうね。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/03/15 09:05
    • 見ました。
      やはり子供の頃に見たのは飴細工だったようです。
      ちょっと調べてみましたが、これをやる人はもう少なくなったそうです。
      で、熱して溶けた飴を素手で扱うので、平気そうにやってはりますが、やはりあっちっちだそうで、飴細工師さんの手はぼろぼろだとか。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 ひとみの内緒話
未知の星 官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 新・SM小説書庫2
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 赤星直也のエロ小説 羞恥の風
緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
秘密のエッチ体験談まとめ Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 官能的なエロ小説 性小説 潤文学ブログ 魔法の鍵
黒い教室 恥辱小説 淫界散歩 女性のための官能小説 人妻の浮気話 艶みるく
ひめ魅、ゴコロ。 潤文学 18's Summer 性転換・TS・女体化劇場
Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト [官能小説] 熟女の園 淫鬼の棲む地下室
快感小説 妄想ココット 女性のH体験告白集 空想地帯
エピソードセックス オシッコオモラシオムツシーン収集所 HAKASEの第二読み物ブログ かめべや

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被支配中毒 ちょっとHなおとなのための… ぺたの横書き riccia
被虐のハイパーヒロインズ 出羽健書蔵庫 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
ライトHノベルの部屋 調教倶楽部 お姫様倶楽部.com 漂浪の果てに
空想の泉~The Fountain of Daydream~ アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ

プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 アダルト動画まとめ
エログちゃんねる 小説の匣
正しいH小説の勧め 官能小説アンテナ
ネット小説ランキング Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search アダルトブログランキング ライブドアブログ セックス・ノベル・ネット
【携帯】Lovely Venus Adult Novels Search コミックルーム ぱっくりんく
GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集 【携帯】GL狂愛Rank 創作系サイト検索・KAGOME
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 萌駅 おたりんく
ヌケルアダルト作品 【携帯】女の子のためのн小説 クリエイターコレクションR18 SindBad Bookmarks

ランキング/画像・動画(31~50)
アダルトなび2 Cyber あまてらす カテゴリ別オンライン小説ランキング 相互リンク、募集してます!