Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
海辺の光景(2)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「海辺の光景」作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(2)


「あっ!」
 突然ドスンと何かが背中にぶつかり、その衝撃で奈緒美は旅行バッグをフロアへ放り出してしまった。廻りに居た客も何事かと奈緒美の方を見ている。
「あら、ごめんなさい。」
 一人の女性が奈緒美の横をすり抜けると、さっさとそのバッグを拾い上げながら言った。
「あ、いえ・・・。」
 驚いたままの奈緒美は言葉も出ず、その女性を見上げた。
 有に170cm以上あるだろう、すらりとした長身を白いジャージに包んで、日に焼けた顔を悪戯っぽく微笑ませていた。
 短髪にラフな分け目を入れたその女性は、バッグを手渡しながらたしなめる様に言った。
「でも、あなたもちゃんと前を見て歩かなきゃ危ないわよ。私の前に後ろ向きにふらふら出て来るんだもの。」
「あ、は、はい・・・。」
 奈緒美は顔が熱く火照るのを感じながら、子供のような返事をした。
「じゃ、はいこれ。」
 その女性は再び顔をほころばすと、バッグを奈緒美に手渡して歩み去った。
“何かスポーツ選手かしら・・?”
 去っていく女性の背中を見つめながら、奈緒美はそう思った。
 そして同時に、あっけにとられたままの自分が少し悔しかった。
“あたしだって子供じゃないんだから。”
 そう思いながら、肩をいからせてフロントへと向かう。
 しかしほんの二三歩歩いた所で奈緒美は再びその足を止めた。
 ロビーの広いガラスウォールの向こうに青い海景色が広がっている。
 高台のホテルの下には、ブルーの中に日の光に輝く波頭が幾重にも白いラインを描き出していた。

 奈緒美の部屋は4階であった。
 ローブに着替えてベッドに寝そべると、ホテルのパンフレットに目を通す。今日は夕食まで工芸美術館と陶芸村を見て回る予定にしていた。
 どちらかと言えば、奈緒美は活発な女性とは言えない。
 友達と一緒の時はいいのだが、一人旅は期待とは裏腹に寂しげなものに終わることが多かった。
 だが今回は独身最後ということで、一人で自分に向かい合い、この旅行を思い出深いものにしたいと思っていたのである。
 奈緒美は部屋からベランダに出た。
“太平洋か・・・。”
 見渡す限り青く広がる海を見ていると、色んな事も忘れて心が空っぽになっていく。
 ふと下に目をやると、石貼りの通路が緩やかな曲線で芝生のガーデンを囲んでいた。そしてそのグリーンの中に、四角いプールが水色に輝いている。
 奈緒美には、それがまるで絵のキャンパスのように感じられた。
 そしてその水色のキャンパスの中を、一人の女性が泳いでいる。
 他に客はいなかった。6月末とはいえ、まだホテルのプールで泳ぐには気恥ずかしい時期ではあった。
 奈緒美がうっとりとそれに見とれていると、プールサイドに一人の女性が歩み寄って来て、泳いでいる女性に何やら声をかけている様子だった。
 中の女性はプールサイドに泳ぎ着くと、身体を光らせながら水から上がる。
“ああ、あの人・・・。”
 それは先程ロビーでぶつかった女性であった。
“水着のモデルみたい・・。”
 頭が小さく八頭身のスタイルに奈緒美は目を見張った。
 さらに黒の競泳水着の肩あたりには逞しさがあり、スポーツで水泳をやっていることは素人目にも明らかである。
 奈緒美がじっと彼女を見つめていると、何か視線を感じたのか、その女性はふと視線を上げて奈緒美の方を見た。
“はっ・・・。”
 奈緒美は慌てて海の方へ視線を逸らした。
 しばらくしてもう一度下を見てみると、彼女はもう一人の女性についてホテルの中に入って行くところであった。
 "あ~、びっくりした。”
 奈緒美は何となくドキドキしながら部屋に入ると、一休みして美術工芸館から廻ってみようと思った。

 響子は田沼由紀の後に続いてロッカー室に入った。
 由紀は29歳、独身。このホテルのオーナーの娘であり、響子の勤めるフィットネスクラブのオーナーであった。
 響子は由紀の背中から声をかける。
「由紀さん、あなた昨日からオーストラリアじゃなかったの?」
 由紀は振り返ると響子を睨みつけながら答える。
「先方の都合でキャンセルになったのよ。それにしても、あなたよく白々しくこのホテルに客を引っ張り込んで・・。」
 響子は悪びれる様子もなく、頭からスポーツタオルを被って髪の水気を取りながら答える。
「引っ張り込んでって・・・。あたしが有給休暇で居ないもんだからクラブに電話がかかってきて、あの人ここまで来ちゃったのよ。仕方ないでしょう?」
 由紀は相変わらず上目使いに響子を睨んでいる。
「仕方ないって、食事でもして追っ払っちゃえばいいじゃない。2時間以上あなたの部屋に居て帰ったって、ちゃんとホテルの人間が見てるのよ。」
 返事に詰まって、響子は小さく舌打ちをした。
「ったく、またあのフロントのおじちゃん・・・。もう、成り行きで仕方なかったのよ。ここまで追っかけて来て、恥かかせる訳にもいかないじゃない。本当はあなただけよ、分かってるでしょう?」
「調子のいいことばかり言って。もう顔も見たくないわ。それじゃ。」
 響子はスポーツタオルを首にかけると、由紀の前に立ち塞がった。
「うふふ、妬いてるの・・? でも本当に、あたし今はあなただけ。本当よ。」
 由紀は返事もせず、響子の脇を出口に向かってすり抜けようとする。
 その両肩を響子は掴んだ。
「だめよ。 ねえ、こうしてもらいたかったんでしょ?」
 そう言って、まだ怒りで顔を上気させている由紀を抱きすくめる。
「ああっ、いやよっ! もうっ、や、やめてっ! 服が濡れるっ・・。」
「服が濡れたら、バスローブで部屋まで行けばいいじゃない。」
 響子は嫌がる由紀をロッカー室内のトイレに押し込んだ。
 ブースに入ると内側から鍵をかける。
「ああもう嫌だったらっ! やめてよっ、! もうっ! ・・・ふんっ! ・・・んぐっ・・・。」
 唇を奪われた由紀の身体から徐々に力が抜けていく。
 響子の水着から水気を吸い込んで、由紀のパステルピンクのスーツに濃い濡れた染みが広がっていった。
海辺の光景(1)目次海辺の光景(3)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2012/11/22 21:19
    • 連載2回目にして早くも3人目、初回の響子さんの相手の奥さんを勘定に入れれば4人目の登場人物、田沼由紀さん29歳の登場です(日本語変だぞ)。
      まあ、気の強そうな。
      そりゃあリゾートホテルのオーナーの娘で、響子さんのいわば上司、フィットネスクラブのオーナーとくれば、気の強いのは当たり前。
      で、とりあえず響子さん。由紀さんの鼻っ柱を折っておこうと、こういうことかな。
      それにしても、
      >このホテルに客を引っ張り込んで
      という言い回しは誤解を招くと思うぞ、由紀さん。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/11/23 08:31
    •  テレビに映る水泳選手(女子)って、ことごとく“いかり肩”ですよね。
       なぜでしょう?
      ①“いかり肩”の方が水泳に向いており、“いかり肩”の人だけがトップスイマーとして生き残る。
      ②水泳のトレーニングを突き詰めていくと、嫌でも“いかり肩”になっていく。
       ま、基本的には②かなとも思いますが……。
       女子選手の肩周りを見る限り……。
       筋肉が付いただけじゃなく、明らかに骨格まで変わってますよね。
       ショルダーバッグを掛けるには、最適の身体です。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2012/11/23 09:42
    • >ショルダーバッグを掛けるには、最適の身体
      ま、確かにこれはうらやましいと思う。
      私なんかなで肩だから、ショルダーだとすぐにずり落ちる。
      リュックだってずり落ちるからねえ、両肩紐とも。
      今のリュックは、そうならないように左右の肩紐を胸のあたりで繋ぐ紐がついてるよね。ああいうの欲しいんだけど、今のところ、自前で作って繋いでます。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/11/23 13:04
    •  スーツを着ると、ほんとに格好いいです。
       なで肩だと、柔道着が着崩れたみたいになりますから。
       なので、“肩パッド”なるものがあるわけですね。
       逆に着物は、なで肩の独壇場。
       詰め物で調節できる分、なで肩のほうが有利かな。
    コメントする   【海辺の光景(2)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 官能文書わーるど 潤文学
萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 赤星直也のエロ小説 恥と屈辱の交差点
禁断の体験 エッチな告白集 羞恥の風 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説 秘密のエッチ体験談まとめ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性転換・TS・女体化劇場 黒い教室 恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 制服美少女快楽地獄 女の陰影
出羽健書蔵庫 変態小説 かめべや 淫鬼の棲む地下室
Playing Archives 18's Summer [官能小説] 熟女の園 ぺたの横書き
人妻の浮気話 艶みるく むね☆きゅんファンサイト ひめ魅、ゴコロ。 アダルト検索一発サーチ
Eros'Entertainment 女性のための官能小説 最低のオリ 魔法の鍵

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
妄想ココット 女性のH体験告白集 ちょっとHなおとなのための… ライトHノベルの部屋
SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ riccia
調教倶楽部 漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾

エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
にほんブログ村 正しいH小説の勧め
Girls Love Search 小説の匣
ネット小説ランキング 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ GL Search アダルトブログランキング 絵描きさん.NET
おたりんく Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット 少女禁忌区域
ぱっくりんく Cyber あまてらす 【携帯】GL狂愛Rank 萌駅
アダルト検索BBJapan 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集
【携帯】Lovely Venus 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)