Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
続元禄江戸異聞(二十六)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「続元禄江戸異聞」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(二十六)


小さな蝋燭の灯が、船の覆いに三人の影をゆらゆらと映している。
お通は詮無い事だと思いながら、やはり二人の少女に問わずにはいられなかった。
「あんたたちお父ちゃんもお母ちゃんも居なくて、どうやって食べてるんだい・・?」
「うん、川で魚を獲って、それを売って廻ってるんだ。あたいたちが可愛いって、みんな買ってくれるんだよ。」
無邪気に笑いながら答える双子を見ながら、お通は胸を突かれる思いで頷いた。
裏街道を歩く者の間ではよく聞く、お通にしてみれば珍しい話では無い事も確かだったのである。
やるせなく視線を落としたお通に春花が口を開く。
「そうだ、おばちゃんゆっくりしていってよ。あたいたちがお礼に、肩でも揉んであげるからさ。」
「うん、それがいい。おばちゃん肩揉んであげる。」
溺れた秋花も、もう元気を取り戻して口を揃えた。
「い、いや、おばちゃんはそうもしてられないんだよ・・。」
お通が困った顔をすると、二人は悲しげに訴える。
「お願いよ、おばちゃん。あたいたち二人っきりで寂しかったんだ。
 おばちゃん、まるでお母ちゃんみたいなんだもの。ねえ、少しだけでも、お願いよ。」
お通にとってその言葉は胸に響いた。
三十路半ばを過ぎるまで、お通には家族との暮らしなど全く無かったからである。
「そうかい・・、じゃあ少しだけお願いしようかね・・。」
「わあっ、よかった!」
春秋花は顔を輝かせて、前後からお通の身体に抱き付いて行く。
「あははは、こらこら。」
お通は思わず笑い声を上げて、纏いつく二人を迎え入れた。

春花から肩を揉まれながら、お通ははあっと大きな息を吐いた。
身体の前では、甘える様に寄り掛かった秋花の身体を両手で優しく抱いている。
肩を揉まれる有難さを感じながら、ふとお通は思った。
“あたしもこんな娘が居て当たり前・・。もし違う道を歩いてたら、あたしにもこんな幸せがあったんだろうか・・・?”
お通をそんな夢から引き戻す様に秋花の声が聞こえた。
「まあ、おばちゃん、おっぱいきれいなのねえ・・。」
お通は肩を揉ませる為に着物を脱いで、襦袢の肩口をはだけていた。
広がった襦袢の合わせ目から覗き込む様にして、秋花がそう呟いたのである。
秋花は大事なものを触る様に、合わせから差し込んだ手でお通の胸の膨らみに手を宛がう。
「ふふ、何言ってんのこの子は・・。まあ大人だから、あんたたちよりは立派だわね。」
さすがにお通は、そのやわやわと触れてくる手に動じる事もなく答えた。
「ほんと、あたしのまだ小さいもの・・。ほら・・・。」
秋花はお通の右手を取ると、着物を引き開けてほんのり膨らんだ自分の胸に誘う。
「あら、なんだよ・・。」
お通は柄にもなく戸惑った呟きを漏らした。
右手にまだ控えめな膨らみの固さが伝わって来る。
海千山千屁とも思わぬお通も、少女のそんな遊び心にどう接してよいか分からなかった。
「ああ・・、着物がまだ湿ってて気持ち悪いよ。」
秋花は悪苦しくそう呟き、帯を解いて着物の前を開いた。
お通の目の前で、まだむせる様な女の匂いを身に纏う前の、白くうっすらと柔らか味を帯びた裸体が露わになる。
「ねえ、おばちゃん・・。春ちゃんとこうして遊ぶ時も、ここが固くなって気持ちいいの。
 おばちゃんも同じ・・?」
秋花は再び前に座り込んで、お通の朱色の乳首に無邪気な指を戯れかける。
「あ・・ああ、これかい・・?」
曖昧な返事を返しながら、お通は自分の胸の先がじわじわと力を集めるのを感じた。
胸の内で透明に澄んだ水に、底の方から淡い紫色が湧き上がり、やがて緩やかな渦を巻き始める。
「うふふ・・、あたいたち、時々二人でこんな遊びしてるのよ・・。」
春花はそう口を挟むと、前に廻って秋花に身を添わせる。
愛らしい顔を向き合わせた後、横向きにお通に笑みを送ったかと思うと、突然その可愛い唇を重ね合った。
華奢な身体に両手を廻し合って、夢見る様に吸い重なった唇が、ゆるゆると揺れる顔の動きと共に濡れ光った。
「あ・・、あんたたち、何してんの!?」
お通は毒気を抜かれて呆然と呟いた。
ゆっくりと唇を吸い離した春花が、妖しい笑みを浮かべてお通に言った。
「この船で、お母ちゃんがするのを見て覚えたのよ。ねえ、おばちゃんにもしていい・・?」
言うが早いか二人の身体が戯れかかり、お通は膝を崩して後ろへ倒れ込んだ。
軋む音を立てながら船がゆらゆらと揺れる。
「おばちゃん、大好き・・。」
「な、何をす・・・んん・・。」
お通は食い閉めた唇の上に春花の唇を感じながら、何故か自分の心の臓が早鐘の様に打つのを覚えた。
戯れかかる少女たちを邪険に跳ね除ける事も出来ずに、両手をただ春花の肩に宛がってい
るばかりである。
やっと春花の唇が離れ、息をついたお通の唇が緩んだとたん、代わった秋花の唇が重なってきた。
「ふん・・・んぐっ・・。」
不意を衝かれて、今度は秋花の唇と深く交わってしまった。
嫌でも互いの唇の内側が滑り付くのを感じ、お通の背筋をゾクゾクとしたものが這い上がって来る。
“この子たち、こ、こんなこと・・・。”
混乱したお通の耳に春花の囁きが聞こえる。
「おばちゃん、お母ちゃんよりずっときれい・・。おばちゃんとお遊び出来て、あたいとっても嬉しい・・。」
春花は立ち上がって帯を解くと、素早く着物を脱いで全裸になった。
秋花と絡んでいるお通の帯を解き、襦袢をはだけていく。
「んふう・・、あんたたちだめだよ、まだこんなこと・・。」
もう熟れた女の裸を露わにされたお通が声を上げた時、揺れる乳房の先が春花の唇に含み込まれた。
「うっ、何するのっ・・ああ、もうだめだよ!。」
「いやいや、おばちゃん、あたいたちのことが嫌いなの?」
「好きも嫌いも、んぐっ・・!。」
言いかけた息もろとも、秋花に再び唇を重ねられた
温かい春花の肌をお腹に感じながら、もう胸の先で弾けているものを可愛い唇に吸い付かれている。
狭い船の中で若鮎の様な二つの身体に絡まれて、お通の身体は疼く様な愉悦を覚え始めていた。
“はああ・・もうっ・・。”
先程まで、まるで娘の様に感じた二人である。お通にとってみれば、これは禁断の快楽に違いなかった。
出来る事ならもう、思う存分秋花の口を吸い返したい・・・。
お通にはもう、自分から手を出さない事だけが理性の掴む藁に過ぎなかったのだ。

苦悩するお通を二人は横向きに回していった。襦袢が身体から剥がされていく。
背中を秋花の赤い舌がうねうねと舐め上がり、お通は身を震わせて首筋を反らせた。
「はっ、・・あはっ・・、あ、あんたたちもういいだろ? ・・もうおしまい・・。」
お通は弱々しい声を上げた。
しかしそんな哀願にも構わず、胸の膨らみを吸い離した春花が、逆さ向きにお通の下半身へ降りていく。
「あっ! だめっ!」
己が濡れたものに温かい息を感じると同時に、お通は思い出した様に目を開けた。
「ああっ、んん~ぐうう~・・・。」
次の瞬間自分の物が可愛い唇に犯され、お通は我知らず呻いた。
泣きたいように疼くものを熱いぬめりに吸い付かれる。
「ああっ、あああ~~っ!」
背中を舐め上がった秋花が、後ろから両手を廻して乳房を揉み上げてくる。
同時にうなじから耳を熱い舌が這い廻った。
「んくうう・・・。」
総身を燃え立たせつつあるお通が薄目を開けると、すぐ眼の前に逆向きになった春花の淡い茂みがあった。
“ああ・・いけない・・。”
思わず固く目を閉じたお通であったが、容赦なく春花の唇が濡れたものをいたぶってきて、自然に下肢がくねりその指を開き閉じしてしまうのだ。
「ねえ、おばちゃん・・。春ちゃんのそこ、可愛がってやって。そこ、とっても喜ぶの・・。」
耳元の秋花の熱い呟きを、お通は悪魔のささやきのように聞いた。
“ああ、もうだめ・・・。”
熟れた身体を二人の少女に絡まれながら、お通はもう耐え切れぬ様に春花の女に顔を埋めていった。
続元禄江戸異聞(二十五)目次続元禄江戸異聞(二十七)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2012/06/14 11:15
    • 黒麗の次の相手は春秋花。
      これで順にやっつけていけばなあ。敵の戦力は大幅にダウンするんだが。結果的には“やってるだけ”だなあ。
      ふうむ。
      春秋花の濡れ場は綾の方以来(ん? その後あったかあ)。
      あのときは「春秋花vs.綾の方」だったが、今回は「春秋花vs.お通姐さん」。
      双子だと、どうしてもこの組み合わせになるのかなあ。
      例えば「春花vs.お通&秋花」なんてのも考えられるが……。
      ふむ。メモメモ( ..)φ。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/06/14 19:43
    •  いわゆる、水上生活者ですね。
       東南アジアなんかには、今でもいるようです。
       もちろん、立派な“アジア”だった日本にも、かつてはいました。
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201206141146085b7.jpg
       ↑の写真は、東京です。
       1960年だそうですから、HQさんが小学校高学年くらいのころ。
       そんな大昔じゃありませんね。
       もちろん、水上生活者は、江戸の昔にもいました。
       「家船(えぶね)」と呼んだようです。
       ウォーターワールドの世界。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20101129073708d42.jpg
       ちょっと憧れます。
       でも、泳げないと不便だろうな。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2012/06/14 20:47
    • 宮本輝氏の処女作『泥の河』に出てきます。
      場所は大阪、北区中之島の西端、中之島を挟んで東から西に流れてきた堂島川と土佐堀川が合流する場所。
      橋の袂に舫われた船の中で体を売る母親と、その娘と息子。
      橋の袂で小さな食堂を営む両親とその息子。
      船の姉弟と、食堂の息子の、ひと夏の触れ合いと別れ……。
      時代は昭和30年、1955年。私が小学校に上がった年ですね。
      『泥の河』。
      映画にもなりました(1981年公開、モノクロ)。
      馬の引く大八車、手回しの氷掻き器、ランニングと半ズボンの少年たち……随所に出てくる昭和30年代の風景が懐かしい映画でした。
      姉弟の母親、船の娼婦を演じたのは加賀まりこ。ぞっとするほど妖艶でした。
      登場はほんの1シーンだけなんですけどね。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
愛と官能の美学 レズ画像・きれいな画像倉庫 官能文書わーるど 新・SM小説書庫2
赤星直也のエロ小説 性小説 潤文学ブログ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
ましゅまろくらぶ 誰にも言えない秘密 羞恥の風 恥ずかしがりたがり。
女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
官能的なエロ小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 人妻熟女・エッチな体験告白集 潤文学
魔法の鍵 恥辱小説 淫界散歩 変態小説 快感小説
調教倶楽部 人妻の浮気話 艶みるく 女性のH体験告白集 [官能小説] 熟女の園
出羽健書蔵庫 空想の泉~The Fountain of Daydream~ Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
かめべや ぺたの横書き 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト検索一発サーチ
ちょっとHなおとなのための… 18's Summer お姫様倶楽部.com 空想地帯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
オシッコオモラシオムツシーン収集所 最低のオリ 黒い教室 漂浪の果てに
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ライトHノベルの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
昭和のあの日あの頃 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
マルガリテの部屋 エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
riccia ただ貴女を愛したくて ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン
黒塚工房 リアル官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 Girls Love Search
正しいH小説の勧め GL Search
ネット小説ランキング イメチャログ

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ アダルトブログランキング ライブドアブログ 少女禁忌区域
コミックルーム Adult Novels Search おたりんく 【携帯】女の子のためのн小説
セックス・ノベル・ネット 萌駅 ぱっくりんく 【携帯】♂恋愛至上主義♀
十八禁恋愛私花集 Cyber あまてらす 【携帯】Lovely Venus ヌケルアダルト作品
MEGURI-NET アダルト検索BBJapan 【携帯】GL狂愛Rank SindBad Bookmarks

ランキング/画像・動画(31~50)
ぴあすねっとNAVI アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME GAY ART NAVIGATION