Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
続元禄江戸異聞(十五)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「続元禄江戸異聞」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(十五)


掛川のとある旅籠の一室、美夜叉を始め白蝋の面々が久しぶりに顔を揃えている。
春秋花の報告を聞いた美夜叉は、おもむろに口を開いた。
「やはり、その腰元が姫に違いなかったのう・・・。」
黒麗が目を輝かせて美夜叉に問いかける。
「あのうるさいくノ一もどっか行ったことだし、それじゃあ早速・・。」
「いや、野口家は掛川奉行所の勘定方まで務める家柄。そして周りに大勢の警護まで付けておる。今は騒ぎを起こす時ではない・・・。」
美夜叉は改めて配下を見回すと続けた。
「私が聞き込んだ話では、藩境まで警護の者が同行するということ。それまでは軽はずみな行いは自重し、全ては尾張に足を踏み入れた後に・・。
山道ではなく、この東海道で捕り物騒ぎなどになって、お方様にご迷惑をかける様な事になっても困る。」
黒麗はそれを聞くと不満げな顔で、横に座っている秋花を見た。
秋花は意味深な笑みを返しながら、右手の親指を立てて見せる。
「ふふ、立派だったよう・・・。」
「何言ってんだい、子供のくせに・・。」
「これ、お前たち静かにせぬか。」
美夜叉に咎められた黒麗は、ふんと秋花に顎をしゃくった。
美夜叉は赤蛇尼に視線を向けると、再び口を開く。
「して赤蛇尼、お前は暫時その若侍と相対したそうだが、如何であった?」
赤蛇尼はその優しげな顔立ちに似合わず、鋭い眼光を発しながら答える。
「はい、甲州路の者達に比べますと、一人ではございますが格段の違い・・。
構えた切っ先の気合、風を切る気配で手裏剣を防いだ太刀捌き、優男(やさおとこ)にしては尋常ならぬ相手と見ました。
現に私の肩先も、そやつの飛ばした小柄にて・・・。」
「ふむ・・。」
美夜叉は腕を組んで考え込むと、今度は水月を見て申し渡す。
「お前は手筈通り明日野口家へ赴き、踊りを披露するのじゃ。そして姫とその若侍をしかと確かめて参れ。
その若侍とは、お前もいずれ相対することになるであろう。
あとの者はつまらぬ事で怪しまれぬように、そして姫が野口家を出立したら、尾張まで見失わぬようにな・・。」
水月以下五人は、美夜叉の言葉に黙って頷いた。


面々が座敷を去った後、美夜叉と水月は旅籠の一室に膝を詰めていた。
水月の憂いを含んだ顔を見つめながら、美夜叉が口を開く。
「水月、今宵はお前と二人になりたかった・・。
野口の内儀は、身の固そうな貞淑な妻であった。役目と思い睦みはしたが、お前とは比べるべくもない・・。」
そう言って、美夜叉は水月の横ににじり寄っていく。
「お頭様・・。」
瞳を上げた水月の肩に両手を添えると、美夜叉はその身体を己が胸に抱き寄せる。
凛とした水月の風情がしどけなく揺らいで、身を横に崩しながら重みを美夜叉に預けていった。

畳の上に身を横たえて、美夜叉と水月は夢見る様に唇を重ねていた。
もう白い襦袢姿となった二人の廻りには、微かな衣擦れの音と、時折お互いが漏らす息のそよぎが聞こえるばかりである。
唇を合わせたまま、美夜叉の右手が水月の襦袢を肩脱ぎに剥いだ。
剥きだしの白い肌が輝き、品よく盛り上がった片方の乳房が露わになる。
美夜叉はゆっくりと唇を吸い離すと、水月に囁いた。
「なんと美しい、水月。まるでこの世のものとは思えぬようじゃ・・。」
切れ長の目にすっと鼻筋の通った細面の顔が、瞳を輝かせながら美夜叉を見上げる。
「ああ、愛おしい、水月・・・。私は奥方を獣に落としながら、お前の顔を思い浮かべておったのじゃ・・。」
「お、お頭様・・・、まことに・・・?」
「まことじゃ、・・ああ、まことじゃとも・・。」
美夜叉はまた堪りかねた様に、悩ましい朱色の唇に己が唇を重ねた。
女の裸身を晒した若侍が、顎を上げて女に口を吸われている姿は、言葉通りこの世のものとは思えぬほど妖しく、美しかった。

美夜叉はおもむろに身を起こすと、自分の襦袢を脱いだ。
上向いた水月の顔の上に身を屈め、逆さの向きにその顔を見つめる。
そのまま水月の胸から腰に向けて身を伸ばしていき、襦袢の帯を解き始めた。
待ち侘びる水月の熱い吐息がお腹の肌に触れる。
水月の襦袢を引き開けると、美夜叉は水月の足の間に顔を埋めていった。
両手で形の良い尻の膨らみを掴んで、美夜叉の長い黒髪が水月の股間でゆらゆらと揺れる。
「は、はああ~・・・、お頭様・・・。」
水月は悲しげに一声呻くと、夢中で美夜叉のふくよかな尻に両手の指を食い込ませた。
その上品な唇が迎えに行く勢いで、美夜叉の腰を自分の顔に引き寄せる。
「んんん~・・ぐんんん~・・。」
「うぐううう~~・・んぐんん・・。」
美夜叉もくぐもった声を出して、水月の上でふくよかな裸体を震わせた。
湿った音を立てて、飢えた猫が餌にありついた様に、二人は互いの濡れたものを貪り続ける。
二人の身体は急激にうねりを強め、早くも愉悦の高まりが身に込み上げ始めた。
美夜叉は妙を堕しめたことで、水月はそのお役目を承知していたことで、身体の芯にふつふつと沸き立っていたものが込み上げて来るのだ。
普段は顔を合わせて口が利き合える極みを迎えるはずが、今宵はもう待てそうになかった。
「すっ、水月っ・・!」
顔を上げて一声叫ぶと、美夜叉は水月の敏感なしこりに吸い付いていった。
水月も細かく身体を震わせながら、美夜叉の弾き立ったものに吸い付いていく。
「んっ! ・・んぐ~っ! ・・んんっ!」
「ふぐ~~~っ! んんっ、んんん~~!」
逆向きで上下に抱き合った二人の身体に、狂おしい痙攣が走る。
「あはっ! あおおおお~~っ!!」
美夜叉は堪らず顔を上げて極みを告げる叫びを上げた。
首を反らして呻きを上げながら、美夜叉は水月の敏感なしこりを指で弄り続ける。
「んぐっ!! んぐううう~!」
美夜叉の膨れたしこりを口に押し当てたまま、水月も極みの声を絞り出した。
めくるめく陶酔。



野口家を出てから二日目、お蝶は舞阪の海辺に立っていた。
波間にいくつもの桶が浮かび、海女が時々浮かび上がって来ては、その中に栄螺や鮑を投げ入れている。
やがて一人の海女が波間から顔を出すと、いぶかしげにお蝶の姿に視線を向けている。
「お蝶・・・、お蝶じゃないか!」
「姉さん、お通姉さん!」
「あっははは、お蝶っ!」
海女は満面に笑みを浮かべると、お蝶に向かって大きく手を振った。

お通は日に焼けた顔を曇らせて、大きなため息をついた。
「それじゃ丹波まで、白蝋から姫を守り通すっていうのかい・・・?」
「ええ、元来出来ぬ相談だって事はわかってるんです。・・で、でも・・。」
お蝶は言葉を詰まらせると、すがる様な目つきでお通を見つめた。
「こっちは腕は立つが侍が一人っきり、それに普通の小娘が一人余分にくっついてる。
あたしとあんたを入れてもやり合えるのは三人、むしろ小娘の分を引いて二人と考えなくちゃならない・・。
逆に白蝋は五人くらいだと聞いてる。・・・こりゃあ全く出来ない相談だねえ。」
「ね、ねえさん・・。」
必死で言葉を継ごうとするお蝶を制して、お通は続ける。
「おまけに攻めるんじゃなく、守るんだろう? 普通は守る方が、倍難しいよ・・。」
さらにほっと溜息をつきながらお通は付け加えた。
「それにあたしも三十半ば・・・。忍びを抜けて長くなるし、昔ほど働けるか自信も無いんだよ・・・。」
しかしお蝶は悲壮な眼差しでお通を見つめながら言った。
「あたしはもう、このお役目で命を失くしたって構わないと思ってるんです。
だからって、姉さんにこんな事頼むのは元来無理だってことも分かってます・・・。
でも昔、誰も姉さんに忍びとして適う者はいなかった。もうあたしには頼る人は姉さんしかいないんです。
血肉を分けた親兄弟よりも、忍びとして育ててくれた姉さんしか・・・。」
お蝶の目には薄らと光るものが浮かんでいる。
お通はその様子をじっと見つめながら、腕を組んで考えこんだ。
やがて軽く息を吐くと、何故か優しい顔付になってお通が口を開いた。
「ふっ、あんたよっぽど惚れ込んだね?」
「え? な、何が・・・?」
戸惑うお蝶に向かって、お通はしたり顔で口を開く。
「何がって、小さい頃から見てきたあんたの事だもの、そんな事くらいすぐ分かるよ。
あんたが命をかけてって泣くほどなんだからねえ・・・。」
「ね、姉さん・・。」
その恥ずかしげな顔を見て、お通は更に悪戯っぽく言った。
「じゃあ昔みたいに、枕稽古でうんと仲良くしてくれるかい?」
お蝶はハッと真顔に戻ったが、少しの逡巡の後、睫毛を伏せて小さく頷いた。
「あっははは、冗談だようっ。大事な妹分の命を賭けた頼み事、聞かない訳にはいかないじゃないか。
それにいい人に死なれて、あんたに化けて出て来られたらかなわないからねえ・・、
あっはははは・・・。」
「ね、姉さん・・、ありがとう・・・。」
お蝶は思わずお通に縋りつくと、大粒の涙をこぼした。
続元禄江戸異聞(十四)目次続元禄江戸異聞(十六)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2012/03/29 11:47
    • チーム白蝋、久方ぶりの全員集合。
      掛川で一気にかたをつける……のではなかったか。
      なかなか慎重なお頭、美夜叉。
      地元尾張まで様子見か。
      ま、とりあえず羅紗姫様の正体は確認したと。
      更に羅紗姫様御一行に探りを入れるか。
      慎重だのう。
      おー、赤蛇尼に一目置かせる伊織ちゃんの剣筋。
      美夜叉水月、迫真のからみ。
      そういえば八十郎劇場、69は初めてだよね。
      舞坂の海女さん、お通姐さん。
      お蝶さんの忍びの師にして義姉。
      ♪親の血を引く兄弟よりも~
      頼もしい見方を得たが、チーム羅紗姫。
      如何にも手薄じゃのう。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/03/29 19:53
    •  東海道五十三次の江戸から数えて、26番目にあたるそうです。
       ほぼ真ん中ですね。
      http://blog-imgs-12.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120329195212325.jpg
       地図で見ると、このあたり。
      http://blog-imgs-12.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201203291952129c0.jpg
       とんがってる岬は、御前崎。
       思ったより内陸ですね。
      http://blog-imgs-12.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201203291952120a3.jpg
       なぜか、東京女子医大があるようです。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 潤文学
新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 禁断の体験 エッチな告白集 赤星直也のエロ小説
恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 女性のための官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ
恥ずかしがりたがり。 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
羞恥の風 女の陰影 官能的なエロ小説 性小説 潤文学ブログ
被支配中毒 恥辱小説 淫界散歩 Eros'Entertainment 性転換・TS・女体化劇場
人妻の浮気話 艶みるく アダルト検索一発サーチ Playing Archives 変態小説
18's Summer 女性のH体験告白集 ぺたの横書き お姫様倶楽部.com
淫鬼の棲む地下室 空想地帯 妄想ココット ひめ魅、ゴコロ。
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 魔法の鍵 かめべや むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 オシッコオモラシオムツシーン収集所 出羽健書蔵庫 黒い教室
エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための…
最低のオリ riccia ライトHノベルの部屋 調教倶楽部
漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ

プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
小説の匣 にほんブログ村
正しいH小説の勧め ライブドアブログ
GL Search Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ アダルトブログランキング GAY ART NAVIGATION おたりんく
セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング 萌駅 Adult Novels Search
少女禁忌区域 【携帯】Lovely Venus 絵描きさん.NET アダルト検索BBJapan
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 【携帯】GL狂愛Rank 【携帯】女の子のためのн小説
創作系サイト検索・KAGOME クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)