Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
続元禄江戸異聞(六)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「続元禄江戸異聞」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(六)


三島の宿の町外れ、からりと晴れあがった昼下がりである。
まだ四月とは言え、川船に荷を積み込む人足連中の額に、きらりと光るものが見て取れるほどの陽気であった。
酔狂にも一人の若侍が川端の木陰に腰を下ろして、木の幹に背をもたれながらその様子を見ている。
そかしよく見ればその眼差しは、荒くれ男達の仕事など目に入らぬかの様に、虚ろな光を放っているばかりであった。
 やがて一人の若い行商の女が通りかかると、若侍の横に腰を下ろし、荷を解いて物売りの御用を尋ねているようである。
汗が伝う浅黒い首筋の肌に手拭いを使いながら、物売りは口を開いた。
「謹慎中だった若い侍が、腰元を連れて東海道を国元へ向かったそうだよ。
 それから・・、これはおまけだけど、話を聞きこんだ先の娘が侍を追って家出しちまったんだとさ。どう思う、水月・・・?」
水月は川面の光をおぼろげに見つめながら答える。
「それですね・・・。その者達の人相、風体を調べてきましたか・・?」
「あたしがその辺にぬかりあるはず無いじゃないか。」
「ご苦労でした、黒麗。それでは赤蛇尼、春秋花にもそれを伝えて、各々街道を探ってください。姫の足では、そう遠くまで進めるはずはありません。
 それからその家出した娘、使えますよ。赤蛇尼に伝えておけばよいでしょう・・。」
「わかった。」
水月ゆらりと立ち上がると続けた。
「お方様が首尾を気にかけて、尾張のお頭の所までお出ましとのこと。私は速足で尾張まで報告に行って来ます。その間何かあれば、カラスを飛ばしなさい。
 では、よろしく・・・。」
去って行く水月の背中を見送りながら、黒麗は小さく呟いた。
「いい女なんだけど、いつも何だか背中が震える様な気がするねえ・・・。
 抱かれて骨抜きになった女が沢山いるのに、あれで本当は抱かれる方が好きってんだから分からないもんだ。・・・さあ、どっこいしょ。」
黒麗は行李を担ぐと、水月とは逆の方へ歩き始めた。


 宿の部屋へ上がって荷物を降ろすと、伊織と姫は畳に座りほっと一息ついた。
「姫、本日もお疲れでございました。」
伊織は二人だけになると、改まって両手をついて頭を下げた。
「まあ、伊織様・・。もう毎日その様な挨拶はやめてください。」
姫はあどけなさが残る顔を曇らせて答える。
「いえ、そういう訳には・・・。どれ、少々おみ足を拝見・・・。」
お行儀の悪い格好に恥じらいながら、姫はおずおずと両足を伸ばして見せる。
「ああ、もうだいぶ良くなりました・・。また後ほど、お湯を使われました後に膏薬を貼ってさしあげましょう。」
「本当にすみません・・。」
伊織の横顔を見つめていた姫が、何か思い切った様に口を開いた。
「い、伊織様・・。世の夫婦たちも、きっとこの様に旅をするのでしょうね・・・?」
物思う年ごろを迎えつつある姫は、初々しい表情で睫毛を伏せている。
はっとした顔を上げた伊織も、みるみる色白の頬を染めた。
その時天井裏で、何やらギシギシいう音が二人の耳に入った。
不安そうに天井を見上げる姫を制する様に、伊織は笑いながら口を開く。
「何、姫、心配いりません。このような家には、大概鼠などおるものでございます。
 薬調達のついでに、私が宿に苦情の申し入れをしておきましょう。」
天井を見上げながら、伊織は続けた。
「下の帳場へ行ってまいりますが、私以外誰が参りましても、この棒を立てたままお入れになりませんようお願いいたします。」
伊織は部屋を後にした。

部屋を出ると、伊織は辺りを窺いながら廊下を歩いていく。
ある部屋の前まで来た時、突然引き戸が開いて白い手が伸びたかと思うと、伊織の襟首を掴んで中へ引っ張り込んだ。
「もう~、何ですかあんなにいちゃついて。あたしゃお二人が休まれた後も、何か間違いでも起きゃあしないかと、夜もおちおち寝てられないんですよ!」
伊織は慌てて口の前に人差し指を立てながら囁いた。
「何を言ってるんだ。間違いがあるどころか、お役目じゃないか・・。私も姫も、ただ国元を目指して旅を続けているだけだろう・・?」
伊織はいからせたお蝶の両肩に、優しく両手を添えながら見つめる。
「わかるもんですか。ほんとについて来てよかった。御姫様を拝見する限り、伊織様に何でもないはずはありません。あたしには分かるのよ。それに伊織様ったら、こんな男の恰好してるんですもの、もう~~っ!」
「ば、ばかを言うな、お蝶。」
「いやっ! もう隠れてるのは沢山、もういやっ、むっ! ・・むん・・。」
いきり立つ語気を呑みこむ様に、伊織はお蝶の唇を奪った。
伊織の腕の中で、お蝶の身体がぶるっと震える。
表だって会えない日が続いたせいか、二人は白い歯をぶつけ合って唇を貪り合った。
たちまち桃色の舌が激しく絡み合う。
ゆっくり唇が離れると、お蝶はまだ恨みがましい瞳で伊織に囁いた。
「そんな事しても、もう今日は可愛がってあげないから・・。その代わりに、あたしのことを・・、ねえ・・伊織様・・・?」
「お蝶さん、私も会いたかった・・。あまり時間もありませんが・・。」
伊織も、取り澄ました侍の顔を捨てて囁く。
「もう何日離れてると思ってらっしゃるの? そんなこと心配しなくったって、うふふ・・・あたし、すぐ・・・。」
何とも色気のある目で見つめ返されて、伊織は夢中でお蝶の唇を奪うと、その身体を布団の上に押し倒していった。

お蝶のほどよく柔らか味を帯びた裸体に、さらしだけを残した伊織の身体が覆い被さっていた。
なまじさらしを残しただけに、伊織の小さめだが形のよいお尻の膨らみが際立っている。
その白桃の様なお尻の狭間から、下から廻ったお蝶の白い指が、伊織の黒々とした繊毛を撫でているのが見え隠れしていた。
お蝶は伊織の身体の下で、大きく胸を起伏させながら、荒い息を吐いている。
伊織はお蝶の濡れたものから右手の指を抜くと、左手をお蝶の右手と固く握り合わせながら、上からお蝶の右の乳房に頬を預ける。
「んん・・・ああ・・・ねえ、お蝶さん・・・。」
「まだだめ・・・。伊織様・・、もう一回あたしを落として・・。」
お蝶は伊織の繊毛を引っ張りながら意地悪をする。
「お蝶さん、許して・・。そうされると、わたしだって、もう・・。」
無理もない。伊織も久しぶりの情交で、身体が燃え上がっている。
一度目は熟れたお蝶をすぐ果てさせたものの、その後はお蝶を組み敷いたまま、下から自分の方が喜びを弄られている様なものであったのだ。
さらに、今日はお蝶を責める事で、何かゾクゾクとした喜びを感じていたのも明らかである。
愛するお蝶が我を忘れて、はしたない極みの表情を見せた時は、身震いする様な愉悦が伊織の背筋を走ったのだ。
その顔が脳裏に浮かぶと、伊織はお蝶の唇を吸いつけながら、再び右手をお蝶の濡れたものに割り込んでいった。

「あああ~・・いいっ。伊織様っ・・ああ、いいっ・・。」
「はあ・・・いいの? ・・お蝶さん、いいの?・」
くねる身体に縋りつく様にして、伊織は右手を使い続ける。
「ああ~いいのよう~。・・あたしのこと好き? ああっ、ねえっ、好き? いおりさま~あああ・・・・。」
「ええ、好き! ・・・・お蝶さん、好きよ!。」
「はあっ、うれしいっ! ・・あああああもうっ! いおりさまあああ~っ!」
豊かなお乳を震わせながら声を上ずらせると、お蝶の身体が戦慄く様にせり上がった。
同時に下からお蝶の指が、今日初めて伊織のものを乱暴に弄ったのだ。
「はあっだめだめっ! はううっ・・・!!」
お蝶の身体に極みの痙攣が走り、浅ましく伊織にしがみつくと、その白いうなじに歯を立てた。
「ああっ・・、ああっ・・、あはあっ!」
しなやかな体を硬直させて、伊織の尻がさざ波を打った。
奈落に落ちながらもお蝶の指が、伊織の濡れたものを狂おしく揉み上げてくる。
「あ、ああ~~~っ!!!」
突き上げて来る極みの快感に、伊織は泣くような女の叫びを上げた。

少し息が静まると、お蝶は下から伊織の首に両手を廻して囁いた。
「今日はとっても嬉しゅうございました。伊織様があたしを、二度も往生させてくだすったんですもの・・・、うふふ・・。」
伊織はそんなお蝶が堪らなくいじらしかった。
下から微笑むその目を見つめると、伊織は優しくお蝶に唇を重ねていった。
続元禄江戸異聞(五の後・休憩)目次続元禄江戸異聞(七)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2012/01/26 11:01
    • 箱根の険は無事に越えたか、羅紗姫様御一行。
      それにしても敵方に情報が筒抜けだな。こちらのガードが甘いのか、尾張衆が優秀なのか。
      両方だろうなあ。
      密談を凝らす水月、黒麗。
      なんと、あのお美代ちゃんが家出!
      伊織ちゃんの後を追ったか、お美代ちゃん。なんとなんと、そこまで思い詰めてたのかあ。
      それにしても通行手形などもっとらんだろうに。どうするのだ、お美代ちゃん。
      身代わり娘に続き、黒麗の毒牙にかかってしまうのか。
      羅紗姫様をほったらかして、久方ぶりにいちゃつく伊織・お蝶。
      ほんとに、大丈夫か。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/01/26 20:48
    •  江戸関連の新書を2冊読みました。
       『幕末単身赴任 下級武士の食生活』と『観光都市 江戸の誕生』。
       通勤車中で読める軽い本です。
       平和な時代の武士ってのは……。
       気楽な家業だったようですね。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 潤文学
新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 禁断の体験 エッチな告白集 赤星直也のエロ小説
恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 女性のための官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ
恥ずかしがりたがり。 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
羞恥の風 女の陰影 官能的なエロ小説 性小説 潤文学ブログ
被支配中毒 恥辱小説 淫界散歩 Eros'Entertainment 性転換・TS・女体化劇場
人妻の浮気話 艶みるく アダルト検索一発サーチ Playing Archives 変態小説
18's Summer 女性のH体験告白集 ぺたの横書き お姫様倶楽部.com
淫鬼の棲む地下室 空想地帯 妄想ココット ひめ魅、ゴコロ。
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 魔法の鍵 かめべや むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 オシッコオモラシオムツシーン収集所 出羽健書蔵庫 黒い教室
エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための…
最低のオリ riccia ライトHノベルの部屋 調教倶楽部
漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ

プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
小説の匣 にほんブログ村
正しいH小説の勧め ライブドアブログ
GL Search Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ アダルトブログランキング GAY ART NAVIGATION おたりんく
セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング 萌駅 Adult Novels Search
少女禁忌区域 【携帯】Lovely Venus 絵描きさん.NET アダルト検索BBJapan
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 【携帯】GL狂愛Rank 【携帯】女の子のためのн小説
創作系サイト検索・KAGOME クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)