Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
初孫(中)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「初 孫」 作:八十八十郎(はちじゅう はちじゅうろう)


(中)


信子の脳裏に、意識の奥深く捨て去ったはずの光景が浮かび上がった。
荒い吐息と共に大きく起伏する女性の胸・・・。
胸の頂点から、膨らみを伝い、脇腹へと流れ落ちる薄白い滴り。
その滴りにまみれた指が、膨らんだ柔らかみに食い込んでいく。

その濡れ光った指は、信子自身のものに違いなかった。

捨て去ったはず?。
いや、そうではあるまい・・・。
あれから客と接する度に、陽炎のように景色がゆらぎ、信子に微かな眩暈を覚えさせていたものではなかったのか?。

信子は視線を聡美の胸に向けた。
脳裏の光景は、今日はすぐ消え去ることなく、徐々に若妻の綺麗な乳房に重なっていく。
信子の手に、膨らみに指を絡ますような微妙な動きが加わっていった。

"あら・・・、あたし、どうしたのかしら・・・?"
聡美は、戸惑い始めていた。
信子に揉まれている乳房から、心地よさを超えて、悲しいような、血が沸き立つような感覚を覚えたからである。
信子の5本の指は、まるで各々意識があるように、身体が捩れるような感覚を煽ってくる。
息が少し荒くなり、自分の胸が波打つのを必死で堪えなければならない。

「き、気持ちいいでしょう・・? 貴女の場合、もうちょっとで、今日お乳が出るかもね。」
信子は自分の語尾が少し震えているのが分かった。
もうこの若妻が、性の快感を覚えているのをはっきりと感じ取っていたからだ。
"もう、ここで悪戯はやめてしまおうか・・・。"
信子は迷った。
しかし、切なげに変わって来た聡美の表情を見て、口を突いて出た言葉は全く別のものだった。
「さあ聡美ちゃん、今度は後ろから両手でやりますよ。ちょっと背中を起こして・・。」
信子は椅子を跨いで、聡美と椅子の背の間に座り込むと、両手を脇の下から前に廻して、聡美を後ろから抱くような姿勢をとった。
「はい、両手で揉みますよう・・・。 聡美ちゃん、いいからあたしに寄りかかっちゃいなさい。その方が楽よ。」
 
信子の両手が、後ろから聡美の両方の乳房を揉み上げ始めた。
聡美は一瞬身体を強張らせたが、目を閉じて背中をゆっくりと信子に預けていく。
その身の重さが、信子の胸の膨らみを押してきた。
"ああ・・・、もうやめられないわ・・・。"
信子は後ろから聡美の髪の匂いを嗅ぎながらそう思った。

中年の女が若い女を後ろから抱きすくめ、両手でその乳房を揉みしだいている。
若い女は微かに身を捩じらせながら目を閉じ、中年の女は若い女の髪に鼻を埋める。
いつの間にか、傍から見れば女同士の情交の場面と何ら変わらない光景だった。
ただその自覚が無いのは、聡美ばかりとなっていたのだ。
益々快感を覚えながら、乳揉みとはこんなこともするのだと思っているばかりである。
「・・・・ん、・・・ふっ・・・。」
しかし次第に、優しく強く揉みあげてくる信子の手によって、息が乱れ、身体がうねるように動いてしまう。

信子は頃合いを見て口を開いた。
「気持ちいいでしょう・・? でも、おかしくはないのよ。乳揉みってこんなものなの。
あたしくらいやってると、どんな男の人よりも上手になっちゃうの。 だから、恥ずかしくなんてないわ。 気持ち良くなっちゃっても構わないのよ。」
「え・・・?」
聡美は思わず小さく驚きの声を上げた。
冷静に考えてみれば、自分が身体の喜びを与えられていることに変わりはないのだ。
それも女性から・・・。
聡美が何か言おうとする前に、信子は口を開いた。
「さあ、今度は大事な所。お乳の出口をやりましょうかね。」
そう言うと、乳首の廻りの淡い色に煙っている部分を、両手の人差し指で円を描く様になぞり始める。
「んんっ・・・!」
聡美は声こそ我慢したが、身体を細かくびくつかせた。
散々揉み上げられた乳房の先から、電流の様な刺激がはしったからである。

信子はそんな聡美の反応を、たまらない愉悦として感じ取っていた。
「ほうら、気持ちいいでしょ? 聡美ちゃん、我慢しなくてもいいのよ。
まだお乳が出るまで時間かかるから、声を出しちゃいなさい・・。」
そう言いながら、今度は親指・人差し指・中指の3本で、両方の乳首を摘まみ上げて優しく揉んだり擦ったりする。
「あっ・・・うくっ!」
今度は耐えきれずに、聡美は信子の腕の中で上半身を戦慄かせた。
そこから沸き起こる快感が背筋を走り抜け、泣きそうな気持になるのだ。
"ああ・・いけない、こんなこと。・・・もう、やめて・・・。"
聡美は快感に流されそうな意識の中でそう呟くと、
「あっ、・・・もう、・・・ちょっと。」
やっとの思いで、そうかすれ声を出した。
「だめでしょう・・・? まだ、お乳は出てないわ。 もう少し我慢して。
 でも声は出たわね、・・・そう、それでいいのよ・・・。 気持ちよかったら、声に出して、ね? ・・・ほら。」
そう言いながら信子は、両手の指の間に乳首を挟むと、優しく乳房を揉みしだき続ける。
「・・・ん、んくっ・・・ふ、うううう・・・。」
聡美の口から、悲しげな声が漏れ始めた。
「・・うん? ・・・はい、いいのよ、いいの。大丈夫・・声に出して・・・。」
信子は後ろから聡美の右耳にそう囁きかける。
いやそればかりか、片手を乳房から離して、臍の廻りから滑らかな脇腹の肌を擦り、再び乳首をつまんで聡美の身体を弾けさせたりするのだった。

「ああっ、・・・ああああ・・・。」
白い歯で唇を噛んで我慢していた聡美だったが、ついに喜びの声じみたものを漏らしてしまった。
信子は自分も息を荒げながら、聡美の右耳に唇を擦り付ける様にして囁く。
「ん~、聡美ちゃん、可愛いわ・・・。それでいいのよ、それでいいの・・・。
 もうちょっとでお乳も出るわ。だから遠慮しないで、・・・思いっきり、気持ち良くなっちゃいなさい・・・。」
そう言って信子は、さらに聡美が狂いたくなるような愛撫を続けていく。
「あはああっ、・・・ああ・・・あああん・・。」
一度堰を切った喜びの声はもう止めることが出来なかった。
信子に後ろから抱かれた聡美の身体がだだをこねる様にうねり、片方ずつ曲げ伸ばしされる足のつま先が、強張って開き閉じしていた。

「あら、下着が汚れちゃうと悪いかな? 大丈夫・・・?」
信子はわざと他愛も無くそう言うと、左手で乳房を揉み上げながら、右手を聡美のパンテ
ィーの中に滑り込ませた。
「ひゃっ!」
突如襲って来た感触に、聡美は声を上げ、身体を反らせた。
疼いていた部分に、信子の指が蜜を滑らせながら触れて来たからであろ。
聡美のその部分は、もうじくじくと蜜をしみ出させ、パンティーを通して椅子のレザーの
上まで濡らしていた。

「あら、もう汚しちゃったわね・・・。でももう仕方ないわ、脱いじゃいましょ、ね?。」
信子は後ろから聡美のパンティーに両手をかけると、器用にそれをお尻の膨らみをかわして下げた。
さらに少しでも聡美の熱を冷まさないよう、そのまま自分の両足を左右からそのパンティーにかけて引き下ろす。
パンティーは聡美の膝を過ぎ、足首に落ちた。
機を損なわぬまま、信子は聡美を後ろから抱き締める。
「あははっ、恥ずかしい? 大丈夫よう、女同士だもの。」
聡美は目を閉じたまま、荒い息を吐いている。
信子は背後から、興奮した若妻の甘酸っぱい髪の香りを吸った。
再び聡美の乳首に指を添わせてみると、それは少し粘った感触を信子の指に伝えてきた。
「さあ聡美ちゃん、もうそろそろおっぱい出そうよ。これから、あっちのお布団のほうで、ね?」
信子は素早く立ち上がると、聡美の両脇を支えて椅子から立たせた。
ふらつく聡美の身体を支えながら、傍に敷いてある、客の休息用の布団に聡美を誘う。
聡美はよろけながら布団に身を横たえ、横向きになって両手で胸を覆った。
焦点の合わない眼差しで、火照った顔を紅潮させている。
信子は聡美の前に腰を下ろすと言った。
「もう少しよ、聡美ちゃん。今度はおばちゃんが、口でお乳を吸い出してあげる。」
聡美は信子の顔を見た。
信子の笑顔が、何か熱く揺らめく様に感じた。
初孫(上)目次初孫(下)



コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2011/10/13 09:29
    • >両手を脇の下から前に廻して、聡美を後ろから抱くような姿勢をとった
      背後から両腕で抱きしめられ、胸を愛撫される。
      さらに耳やうなじに、舌と唇を這わせられる……。
      私、AVではこのシチュ好みです。
      男女ペアの場合、女性の表情や喘ぐ様が男に隠されず、たっぷりと堪能できるのがいい。
      そして、当然のことですが、むさい男があまり見えないのもいい。
      ビアンものの場合。
      このシチュ、意外と少ないような気がするのですがどうでしょう。
      もっとビアンペアにもこのシチュを展開してほしいものだが……。
      現実世界か、活字か、映像か、ネット上か、もはや定かではありませんが……。
      ある女性が「私、これ好き」と仰ったのを覚えております。
      八十八十郎さん、有難う。
      初孫。
      今回の名言。
      >その滴りにまみれた指が、膨らんだ柔らかみに食い込んでいく
      >その濡れ光った指は、信子自身のものに違いなかった

    • ––––––
      2. 八十八十郎
    • 2011/10/13 16:12
    • ハーレクインさん。
      気に入られた部分があって
      よかったです。
      それに、今回の名言に取り上げて頂いた部分、
      実は8年前のオリジナルにはありませんでした。
      それだけに、書き入れてよかったと感謝しております。
      8年前に掲載していただいた時は、
      ある理由から、
      敢えて(下)の最終の1行を入れませんでした。
      その時はホームドラマの様に終わったものが、
      今回、その1行を入れたことで、
      (中)の序盤に誰のものとも分からぬ呟きが入ることになりました。
      感想をいただき、ありがとうございました。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/10/13 18:27
    • うーむ。
      『初孫』。
      只者ではありませんねえ。
      >最後の一行
      8年前はなぜ削除されたのでしょうか。
      深まる謎。
      尽きせぬ興趣。
      1週間が待ちきれません。
      で、次回は「初孫(下)」、つまり最終回ですよね。
      どうか、(下“その1”)、次回に続く、ではありませんように……。
      『最後の一句』は森鴎外。
            「よろしうございます……
             お上の事には間違はございますまいから」
      『最後の晩餐』はダ・ヴィンチ。
            「この中に私を裏切るものがいる」
      『最後の授業』はA・ドーデ。
            「皆さん、私が授業をするのはこれが最後です
             今日はフランス語の最後の授業です」
      『最後の一葉』はO・ヘンリー。
            「ああ、ジョンジー、
             あれがベーアマンさんの傑作なのよ ――
             あの葉は、ベーアマンさんが描いたものなのよ。
             最後の一枚の葉が散った夜に」
      “最後の晩酌”はフーテンの寅さん。
            「おいちゃん! それを言っちゃあおしまいよ」
      しょうこりもなく、編集しちゃいました。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2011/10/13 20:08
    •  そう言えば……。
       後ろから羽交い締めのシチュは、まだ書いたことなかったな。
       φ(・_・")メモメモ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/10/13 20:18
    • 書いてね。

    • ––––––
      6. 海苔ピー
    • 2011/10/14 03:29
    • 昔、読んだのと酷似している。
      このまま、終わると…
      少しだけ海苔ピーの記憶と話の展開が違う感じがする。
      これ以上、書けないな…
      でも....
      あぁ~!
      海苔ピーの記憶が…
      まだまだ…
      はずなのにな~!
      話の内容がカケラの様に散らばって
      断片的にしか覚えて無くて
      記憶の片隅にあるのて
      こんなに
      残酷で
      不条理で
      心もとなさすぎて
      なんとも云えない
      苛立ちにさいなまれる
      なんて、想わなかったよ!
      無慈悲過ぎるよ!
      うぅ!
      あの時に
      変に思い出さないでスルーしていれば
      今頃、違う楽しみ方が出来たのに

    • ––––––
      7. 八十八十郎
    • 2011/10/14 14:58
    • 次回の(下)で最後になります。(笑)
      読まれてみれば、
      「なあ~んだ」、と思われる程度です。
      強いて言えば、
      青だったのに、ちょっと赤を入れたら、
      紫っぽくなっちゃった、くらいの感じです。
      海苔ピーさんが不透明さを感じられるのは、
      オリジナルがホームドラマの様に終わっちゃって、
      「あれ?」っていう不条理さを覚えられたからかな、
      なんて想像しています。
      まだ、この作品とは分かりませんが、
      だとしたら、沢山読まれている中で、
      すごい記憶力だと思います。
      色々と感想をいただき、
      本当に有難うございます。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 ひとみの内緒話
未知の星 官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 新・SM小説書庫2
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 赤星直也のエロ小説 羞恥の風
緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
秘密のエッチ体験談まとめ Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
変態小説 官能的なエロ小説 性小説 潤文学ブログ 魔法の鍵
黒い教室 恥辱小説 淫界散歩 女性のための官能小説 人妻の浮気話 艶みるく
ひめ魅、ゴコロ。 潤文学 18's Summer 性転換・TS・女体化劇場
Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト [官能小説] 熟女の園 淫鬼の棲む地下室
快感小説 妄想ココット 女性のH体験告白集 空想地帯
エピソードセックス オシッコオモラシオムツシーン収集所 HAKASEの第二読み物ブログ かめべや

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被支配中毒 ちょっとHなおとなのための… ぺたの横書き riccia
被虐のハイパーヒロインズ 出羽健書蔵庫 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
ライトHノベルの部屋 調教倶楽部 お姫様倶楽部.com 漂浪の果てに
空想の泉~The Fountain of Daydream~ アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ

プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 アダルト動画まとめ
エログちゃんねる 小説の匣
正しいH小説の勧め 官能小説アンテナ
ネット小説ランキング Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search アダルトブログランキング ライブドアブログ セックス・ノベル・ネット
【携帯】Lovely Venus Adult Novels Search コミックルーム ぱっくりんく
GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集 【携帯】GL狂愛Rank 創作系サイト検索・KAGOME
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 萌駅 おたりんく
ヌケルアダルト作品 【携帯】女の子のためのн小説 クリエイターコレクションR18 SindBad Bookmarks

ランキング/画像・動画(31~50)
アダルトなび2 Cyber あまてらす カテゴリ別オンライン小説ランキング 相互リンク、募集してます!