Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
センセイのリュック/幕間 アイリスの匣 #224
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
戯曲『センセイのリュック』作:ハーレクイン



幕間(小説形式)アイリスの匣#224



「旦さん……」

 吸いつけられるように床の間の絵に目を遣る志摩子が、視線はそのまま、相馬禮次郎に声を掛けた。

「なんや」
「この絵ぇ、どなたかモデルはんとか、いやはる(おいでになる)んどすやろか」
「モデル、のう。おる、ゆうたらおる」
「へえぇ、どこの、どなたはんどすやろ」

 志摩子は視線を戻し、手にした徳利を相馬に差し出しながら問い掛けた。
 相馬禮次郎は酒を受け、軽く、唇を湿すほどに口を付け、杯を膳に戻す。改めて志摩子を見遣りながら、逆に問い掛けた。

「小まめ……」
「へえ」
「おまはん、なんでこの絵にモデルがある、思(おも)たんや」
「へえ……なんや、えろう(随分)……生々しい、云いますか……ぞくっときたもんどすさかいに……作り事やない(ではない)んや無いやろか、思いまして……」

 俯く志摩子を改めて見遣り、相馬は言葉を継いだ。

「おまん(お前、あなた)……なかなか鑑賞眼、あるやないか」

 志摩子は、思わず声を大きくした。

「と、とんでもおへん、ただ……」

 相馬禮次郎は改めて杯を取り上げ、一気に干した。空の杯を志摩子に突き出す。
 志摩子はすかさず徳利を傾けた。
 再び杯を干した相馬は、改めてその杯を志摩子に突き出した。
 志摩子は徳利を膳に置き、杯を受け取る。
 膳の徳利を手に、相馬は志摩子の手の杯に酒を注(つ)ぐ。注ぎながら言葉も継ぐ相馬だった。

「おまはん(お前、あなた)『源氏』は読んだか」
「げんじ……源平の合戦、とかの、どすやろか」

 酒で満たされた杯を手にしたまま、志摩子は言葉を返した。
 相馬禮次郎は徳利を膳に戻し、苦笑交じりに返答する。

「せやない(そうではない)『源氏物語』や。紫式部やがな」

 志摩子は、異国の言葉を聞かされたように絶句した。ややあって杯を干し、相馬に答える。

「ほんな旦さん、そない高尚なもん……うちらみたいなもんが読みますかいな」

 志摩子が返す杯を受け取りながら、相馬禮次郎は教え諭すような口調で言葉を掛けた。

「ほらあ、あかんど(いけないよ)小まめ。芸妓・舞妓は芸が仕事。踊り、舞踊は大事な仕事やろが。
 おまんら(あなた方)はゆうたら(言ってみれば)芸術家、日本文化の担い手やないか。ほれやったら、他(ほか)にもいろんなこと知っとかなあかん。絵、音楽、歴史、文学……みいんな芸の肥やしやないか」

 相馬の言葉は真正面から志摩子を射た。

(せや)
(そらそうや)
(あかん〔いけない〕)
(こらあかん)
(勉強せな〔しなければ〕あかん)
(べんきょ、せな……)
(ほれにしても)
(この旦さんに)
(こない〔このように〕諭されるとはなあ)

「そうどすなあ、旦さん。日本文化、は、たいそ(大層)過ぎますけんど、勉強させてもらいますう。
 ほんで……」

 志摩子は、改めて徳利を差し出しながら問い掛けた。
 相馬禮次郎は即答せず、軽く仰向いて言葉を紡ぎ出した。

「いづれの御時にか、女御、更衣あまたさぶらひたまひけるなかに……」

 志摩子は、再び異国の言葉を聞いた。

「なんどすやろ、それ……旦さん」

 相馬禮次郎は、今度は即答した。

「今ゆ(言)うた『源氏』の、出だしやがな。がっこ(学校)で習わんかったか」
「堪忍しとくれやすな、旦さん。うちら(私共)小学校もろくに出てまへんよってに……」
「『源氏物語』ゆうのはのう、小まめ」

 言いながら、相馬禮次郎は志摩子に手の杯を突き出した。
 酌をし、そのまま徳利を手に志摩子は相馬を見遣った。

「へえ」
「ゆ(言)うてみたら『好色一代男』の平安版、みたいなもんや」
「こう……しょく……」
「西鶴、井原西鶴の書いた……江戸期の、まあ、女(おんな)遍歴を繰り返す男の一代記や」

 三度(みたび)異国の言葉を聞く志摩子だった。自らの言葉は、無い。

「かなり過激な性描写もある」
「…………」
「作中、主人公が交わった女は三千と数百人に上(のぼ)るそや(そうだ)」
「…………」
「男どうし……男色やな、これの相手は七百数十人」
「…………」
「無論、一生のうちに、ゆうことやが、ほれでもほないな(それでもそのような)ことがでけるんか、と思うがまあ、これはお話やさかいな。なんぼでも話は作れる」
「…………」

 志摩子には、言葉の挟みようが無い。
 耳を傾けるだけの志摩子だったが……こない(このように)よう(よく)喋らはるお方やったやろか、との思いがふと志摩子の脳裏を掠めた。
 志摩子が相馬禮次郎の座敷に出たのは、これまで数度しかない。
 その座敷での相馬は、どちらかというと寡黙であったように志摩子は覚えていた。

「さっき……『源氏』は平安版の『好色一代男』や、ゆ(言)うたが……」

 相馬禮次郎は、言いながら手の杯を干した。

「あ、へえ」

 ようやくひと声返しながら、志摩子は手の徳利を傾け、相馬に酌をする。その両手を徳利ごと膝に戻し、聞き入る志摩子だった。

「言い方が反対やったな。『好色』が江戸版の『源氏』、ゆ(言)うべきかのう」

 志摩子は少し考えこんだが、さすがにこれは理解できた。

「ほな旦さん……『源氏』が先にあって……ほのあとに、えーと……」
「『好色一代男』か」
「あ、へえ、ほの『好色……』が後やあ、てことどすやろか」

 相馬禮次郎は、再び軽く仰のいた。声には出さず笑う。笑いながら志摩子に答える相馬だった。

「ほらほや(それはそうだ)。『源氏』は平安のはじめころ、西暦でゆうと1,000年ころかのう。『好色』は江戸の初めころやから……ざっと七百年くらいの開きがある」

 志摩子は、深く考えもせずに言葉を返した。

「へええ、そうどすかいな、旦さん」

 相馬禮次郎は、軽く志摩子に目を遣りながら言葉を継いだ。

「なんや……なんでこないな(このような)話になったんや」
「旦さん……この絵ぇのモデルはんがどなたや、ゆ(云)うとっから……」

 この絵、と、軽く自らの左手を見遣りながら答える志摩子に、苦笑交じりに答える相馬だった。

「せやった(そうだった)なあ」
「へえ、旦さん」
「ほの……『源氏』やが」
「へえ」
「『好色』、ほどやないけんど、主人公は女遍歴を重ねる」
「へええ」
「なんでそないに、は、まあいろいろあるんやけんど、ほれはええやろ」
「……へえ……」
「ほの、主人公。光源氏(ひかるげんじ)、ゆ(云う)うんやが……」
「ひかる……」
「光り輝くように美しい、ゆうことや。ひかる君(きみ)ともゆう」
「へえ……」

 思わず、目を泳がせる志摩子だった

「ほの、光源氏の女遍歴。ほの、はじめん頃のお相手に『六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)ゆうお方がおらはった(御出でになった)』
「ろくじょう、の…………」
「美しく、気品ある、美貌と知性・教養を兼ね備えた絶世の美女やったそや(そうだ)」
「…………」
「六条京極(きょうごく)に住まわはってたさかい(お住まいになっていた)に、ほの名ぁがあるそや」
「下京(しもぎょう)の……塩釜あたりですなあ」

 今で云う五条河原町、京の繁華街である。

「で、やな」
「へえ」
「なんやかんやあって……光源氏はんの訪(おとな)いが間遠(まどお)んなった」
「間遠に……」
「下世話に言や、振られはった、わけやな」
「はあ、ほれは……」

 余所ながら、架空の話ながら、女の身、志摩子にとっては身に詰まされる話であった。
センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #223】目次センセイのリュック【幕間 アイリスの匣 #225】

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ハーレクイン
    • 2017/12/05 10:41
    • 上村松園画『焔』
       の話題が(しつこく)続きます。
       ということでまず『源氏』
       更についでの『好色一代男』
       で、源氏と来ますと光源氏。
       さらに絵のモデル、六条の御息所……。

       引っ張りまくっております。
       いや、そんなつもりはないのです。
       この絵『焔』は、今後の志摩子を暗示しているわけです。まあ、少し意味は違うのですが、これまで幾度も触れて来ました「志摩子の恨み」。殺したいほどの、あやめへの恨みの原因が、これから展開されるわけでありまして、そのいわばシンボルとしての『焔』なんですね。

       で、物語はこの後、もう少し酒宴が続いて後、志摩子が一差し舞うことになります。そして……。
       ということでございまして、話はいよいよ佳境。
       次回以降を乞う!ご期待。
                 〔好色半ちく男HQ〕

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2017/12/05 19:50
    • 六条御息所
       架空の人物ですが、絵のモデルにもなるほどの有名人。
       『源氏物語』では、生霊として大活躍。
       対して、実在の人物で死霊として有名なのが菅原道真。
       以前にも書きましたが、平安時代は、世界的な「中世温暖期」でした。
       すなわち、現在起こってるような異常気象が、頻繁にあった時代。
       ↓この当時の人が、「スーパーセル」などを目撃すれば……。
      https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB&newwindow=1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi3kt-gsfLXAhWDlpQKHSDJA28Q_AUICygC&biw=1422&bih=1005

       怨霊の怒りと恐れおののくのは無理もありません。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2017/12/05 21:46
    • 安倍晴明
       を、持ち出すまでも無く、呪いと祟りの時代です、平安期。
       そのベースにあったのは、自然への畏敬の念でしょうか
       
       スーパーセルは知ってますが、ご掲示のサイトさんには(例によって)入れませんでした。
       URLが長いと、たいがいアカン様です。
                   〔祟りじゃあ~犬神の祟りじゃあ~HQ〕

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2017/12/06 07:27
    • 自然現象と理解していれば……
       怨霊など恐れません。
       怨霊の仕業と思ってたからこそ、恐れたわけです。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2017/12/06 19:49
    • 菅原道真と云えば……
       飛梅伝説が有名です。

      ●東風ふかば にほひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春なわすれそ

       太宰府に左遷される道真が……。
       京の邸の梅との別れを惜しみ、詠んだ歌です。
       現在、この梅の木は、太宰府天満宮にあります。
       主人の道真を慕うあまり……。
       一夜のうちに、京から太宰府まで飛んで来たという伝説があるのです。

       わたしは、正月飾りに買った梅の鉢植えを、幾鉢も枯らしてしまいました。
       慚愧に堪えません。

    • ––––––
      6. 手羽崎 鶏造
    • 2017/12/06 20:43
    • 大宰府といえば、名物は梅ヶ枝餅。
      粒餡入りの焼き餅です。
      現地で常に行列が出来ているのは、
      一軒だけですが。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2017/12/06 20:52
    • 菅公
       菅原道真。
       廟所は、京都市上京区の北野天満宮。
       あやめと久美が降り立った、嵐山電鉄「北野白梅町」駅の程近くです、と、何でも来いの番宣。

       福岡の太宰府にもあります。こちらは太宰府天満宮。
       まあ、俗に「天神さん」
       受験生の聖地だそうですが、さて。
       うっとこの市にもあります、天神さん。

      鉢植えを枯らすMikiko
       バチあたりめ。
            〔こちふかば~HQ〕

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2017/12/07 07:21
    • 手羽崎鶏造さん&ハーレクインさん
      > 手羽崎鶏造さん

       梅ヶ枝餅。
       初めて知りました。
       焼き餅の中に餡子が入ってるわけですね。
       左遷された道真に、餅売りの老婆が餅を供したのが始まりとか。
       画像を見ると、餅はかなり薄く、餡子がたっぷり入ってるようです。


      > ハーレクインさん

       天神さま。
       新潟県では、『吉田天満宮(燕市)』と『菅原神社(上越市)』だけみたいです。
       これからの受験シーズンは、賑わうんでしょうね。

       梅の鉢は、お正月に咲かせるため、暖かい部屋に入れます。
       正月に咲いた花が散ると、2月には葉が出てしまいます。
       時差呆けならぬ時季呆けで、生理的におかしくなるのかも知れません。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2017/12/07 10:58
    • こ~こはど~この細道じゃ~
       ♪天神さまの細道じゃ~

       ↑こんなの思い出しちゃいました。
       諸星大二郎が天神さまをネタに短編を描いてます。
       結構、怖い。


      >手羽崎 鶏造さん
       梅ヶ枝餅は、うえやまとち作の漫画『クッキングパパ』で知りました。
       わたし、酒を断って以来、甘党に変身。一度食べてみたいものですが……。
        “食べるもんなら何でも来い”のこちらですから、ひょっとして売ってるかもしれません。大阪駅前のデパ地下あたりが狙いめでしょうか。今度探してみます。
          〔あ、通販もあるかなHQ〕

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2017/12/07 19:52
    • 諸星大二郎
       『妖怪ハンター(天の巻)』ですね。
       ↓集英社文庫に入ってました。
      https://books.rakuten.co.jp/rb/3685000/

       買おうかな。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2017/12/07 23:21
    • 稗田礼二郎シリーズ
       ですね。
       朝から探してるんですが、見つかりません。
       蔵書処分事件の犠牲になったか、礼二郎。
       この主人公名は、稗田阿礼からいただいたとか。
       「妖怪ハンター」というサブタイトルは、編集者が付けたもので、諸星はんは嫌がったとか。
                   〔諸星あたるは高橋留美子HQ〕
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫 愛と官能の美学 未知の星
官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 ましゅまろくらぶ 潤文学
新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 禁断の体験 エッチな告白集 赤星直也のエロ小説
恥と屈辱の交差点 ちょっとHな小説 女性のための官能小説 秘密のエッチ体験談まとめ
恥ずかしがりたがり。 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 HAKASEの第二読み物ブログ 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
羞恥の風 女の陰影 官能的なエロ小説 性小説 潤文学ブログ
被支配中毒 恥辱小説 淫界散歩 Eros'Entertainment 性転換・TS・女体化劇場
人妻の浮気話 艶みるく アダルト検索一発サーチ Playing Archives 変態小説
18's Summer 女性のH体験告白集 ぺたの横書き お姫様倶楽部.com
淫鬼の棲む地下室 空想地帯 妄想ココット ひめ魅、ゴコロ。
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 魔法の鍵 かめべや むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
[官能小説] 熟女の園 オシッコオモラシオムツシーン収集所 出羽健書蔵庫 黒い教室
エピソードセックス 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ ちょっとHなおとなのための…
最低のオリ riccia ライトHノベルの部屋 調教倶楽部
漂浪の果てに アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ

プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
エログちゃんねる アダルト動画まとめ
小説の匣 にほんブログ村
正しいH小説の勧め ライブドアブログ
GL Search Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ アダルトブログランキング GAY ART NAVIGATION おたりんく
セックス・ノベル・ネット ネット小説ランキング 萌駅 Adult Novels Search
少女禁忌区域 【携帯】Lovely Venus 絵描きさん.NET アダルト検索BBJapan
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 【携帯】GL狂愛Rank 【携帯】女の子のためのн小説
創作系サイト検索・KAGOME クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)