Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
尋常性乾癬/その後(Ⅲ)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 表紙をぺらっとめくったところで、わたしの手が止まりました。
 ページの中央に、ゴシック体の太文字が張り付いてました。
ファンケルのカタログ・9月号に躍る文字

『全身の健康を左右する善玉菌』

 サプリの名称は、「ナチュラビオ」。
ナチュラビオ

 名称の肩書きは、『届けて、増やす4つの善玉菌』。
 なんと、善玉菌が、4つも入ってるんです。
 そうか!
 ピロリ菌に、単独で対抗する必要は無いんだ。
 連合軍でいいわけです。
 これなら、わたしの免疫機能も、内を向いてくれるんじゃないかな?
 さて、気になる4つの善玉菌のラインアップは……。
 ビフィズス菌、乳酸菌、酪酸菌、納豆菌。
ナチュラビオ・4つの善玉菌

 あともうひとつ、なんとかならなかったのかねー。
 わたしなら、5種類にして……。
 「5つ揃って、ゴゼン(5善)ジャー」って方向で売り出すけどな。
ゴレンジャー

 で、このナチュラビオ、思い切って買うことにしました。
 お徳用3袋セットは、90日分で、6,190円。
 30日に換算すると、2,063円です。
 さすが、ファンケル。
 高いぜ……。

 ちなみに、1日4粒当たりに含まれる菌の量は……。
 ビフィズス菌が20億個、乳酸菌が10億個、酪酸菌と納豆菌が、それぞれ1.5億個。
ナチュラビオ・菌の数

 いったい、この数が、多いものなのか少ないものなのか、さっぱりわかりませんが……。
 とりあえず、援軍来たるというわけです。
 酪酸菌だけは、初めて聞く名前ですが……。
 ファンケルのカタログには、下の説明しかありません。

『酪酸菌:ビフィズス菌の増殖力をサポートし、悪玉菌の活動に負けない環境づくりに』

 ま、ほかの3つと比べたら影が薄いけど……。
 善玉菌に変わりはないんだから、いいでしょ。
 ということで、届いたナチュラビオを、せっせと飲み始めました。

 が……。
 乾癬の症状に、これといった変化は見られませんでした。
 ま、あたりまえですね。
 そんなに急に改善するようなら、乾癬の特効薬現る!、って大騒ぎになってるはず。
 3ヶ月待つのだぞ、ってことでしょう。
 そのために、お徳用90日分を買ったわけですから。

 乾癬には、これといった変化はありませんが……。
 心なしか、お腹の調子はいいようです。
 まず、お腹が張らなくなりました。
 会社で座業をしてると、けっこうお腹にガスが溜まるんですね。
 気ままに出すわけにいかんから、トイレに行くわけです。
 おならだけして帰ってくるのもバカらしいので、おしっこもするわけですが……。
 その回数が減りました。
 あと、うんこが臭くなくなった気がします。
 ま、これだけでも、飲んでる価値はあるってもんでしょ。

 さて、乳酸菌サプリに加え、ナチュラビオを援軍として迎え……。
 わが免疫機能も、ちっとは「ん?」って感じで内を向いてくれるかな?
 と、期待の日々を過ごすわたしでしたが……。
 ある日、そんなささやかな夢を打ち破る記事を、ネットで発見しました。

 ビオチンに関する情報でした。
 「ビオチンだけ飲んでもダメ」と書いてありました。
 腸内に悪玉菌が多いと……。
 悪玉菌が、ビオチンをみんな食べてしまうのだそうです。
 大好物なんだとか。
 なので、腸内環境の悪い人が、ビオチンを摂取すると……。
 悪玉菌は、ビオチンを食べてどんどん増え……。
 腸内は、ますます悪玉優位、ビオチン不足になっていく。
 という負のスパイラルに陥るそうです。
 なるほど-。
 ここまでは、大いに納得できますね。

 わたしの腸は……。
 自慢じゃありませんが……。
 たぶん、悪玉菌、うようよだったはず。
 1日5回くらい、うんこするし。
 色も結構黒いです。
 でも!
 今は、ナチュラビオ飲んでるもんねー。
 わたしの腸には、毎日、善玉菌軍が、大量に送られてますから。
 うんこも臭くなくなったし。
 しかし……。
 余裕で読み進むわたしの目が、ある行で、ピタリと止まりました。

 なんと!
 ビオチンを食べるのは、世に言う悪玉菌だけじゃなかったんです。
 善玉菌の代表のような菌も、ビオチンをばくばく食ってしまうと書いてありました。
 その菌の名は……。
 なんと、乳酸菌とビフィズス菌!
 な、なんですとー!
 わたし、乳酸菌スティック+ナチュラビオ、飲んでますけど……。
 とほほ。
 わたしの飲んだビオチンは……。
 すべて、その後に送りこんだ乳酸菌+ビフィズス菌のエサになってた……。

 そんなら、どうしたらいいのよ?
 ということですが……。
 更に調べてみると、ビオチンとワンセットで飲むべし、とされる菌のあることがわかりました。
 それは……。
 酪酸菌。

 ナチュラビオに含まれる4つの善玉菌の中で、最も影の薄かった菌です。
ナチュラビオ・4つの善玉菌

 しかし!
 その酪酸菌こそが、腸内環境を整え、しかもビオチンを消費しない菌だったのです。

 うーむ。
 どうする?
 乳酸菌スティックとナチュラビオの摂取は、取りあえず中止する!
 という判断をすべきなのかも知れませんが……。
 それは……。
 できん。
 高かったんだから。
 捨てるなんて、ぜったいにイヤだ。
 ビオチンを食べる以外で、悪さしてるわけじゃないしね。

 わたしの出した答えは……。

『酪酸菌を、もっと摂ればいいじゃん』

 更なる援軍作戦です。
 腸内で、酪酸菌が政権を握れば……。
 乳酸菌やビフィズス菌に、ビオチンを食べないように働きかけてくれるかも?
 野党の悪玉菌とは違い、乳酸菌やビフィズス菌は政権与党なんですから……。
 きっと話は通じるはず。

 でも、酪酸菌だけ追加で摂るには、どうしたらいいの?
 しかし、按ずることはありませんでした。
 酪酸菌を主成分とする整腸剤があったんです。

 その名は……。
 「ミヤリサン」。
ミヤリサン

 知ってました?
 わたしにとっては、初めて聞く名前でした。

 1933年、千葉医科大学衛生学教室(現・千葉大学医学部)の宮入近治博士が、腐敗菌に対して強い拮抗作用を持つ酪酸菌を発見し……。
 “MIYAIRI株”として報告しました。
 宮入菌とも呼ばれます。
 ミヤリサンには、この宮入菌が、種のような状態で入ってるんですね。
 種の状態なので、胃酸の中を生きたまま通過し、腸までたどり着けるわけです。
 で、腸に到達すると発芽し、増殖を始めます。

 さて、わたしが買った瓶がこれ。
ミヤリサン

 1瓶、5,481円 (税込・送料込)でした。
 高けー。
 と、お思いでしょうが……。
 実は、そうでもないんです。
 ちょっと、大きさがわかりづらいですが……。
 この瓶、かなりデカいです。
 とうてい、持ち歩き出来ません。
 なにしろ、1,000錠入りですから。

 用量は、3錠を1日3回。
 つまり、1日9錠なので……。
 1,000錠では、111日分。
 1ヶ月に換算すると、5,481円÷111日×30日=1,481円。
 パンピンチオCと同じくらいですね。

 なお、わたしの買ったのは、「強ミヤリサン」というヤツですけど……。
 普通の「ミヤリサン」は、もっと安いです。
 どう違うのか、よくわかりませんが……。
 「強」の字に、限りなく惹かれました。

 で、これを初めて飲んだとき……。
 舌の上に乗った薬の味に、すごく懐かしさを感じたんです。
 子供のころのわたしは、お腹が弱くて、整腸剤を飲まされてました。
 そのお薬が、これ。
強力わかもと

 「強力わかもと」という薬でした。
 その味と似てたんですね。
 「強力わかもと」の成分を見ると、“アスペルギルス・オリゼーNK菌”となってました。
 醸造に使われてきた麹菌の一種で、消化酵素を産生するのだとか。
 やっぱりこれも、“菌”でしたね。
 あの独特の味は、“菌”の味なんでしょうか?

 以上が、今飲んでるサプリ類になります。
 なお、乳酸菌スティックは、無事飲み終わりました。
 もちろん、リピはしません。

 さて、もう一度まとめてみましょう。
 カッコ内は、1ヶ月換算の値段です。

・パンピンチオC(1,498円)
・ビオチン(515円)
・亜鉛(315円)
・ナチュラビオ(2,063円)
・強ミヤリサン(1,481円)

 合計すると……。
 1ヶ月、5,872円!
 う。
 けっこうイッちゃってますね……。
 やっぱり、ナチュラビオがなぁ。
 いらん菌が入ってこの値段は、痛い。
 ナチュラビオは……。
 たぶん、リピしません。

 さて、ここまで、内服療法について述べてきました。
 飲んでるサプリ類は、前回までに述べたとおりです。

 でも、サプリ以外にもうひとつ、飲んでるものがあるんです。
 毎日の生活に欠かせないものです。
 それは……。
 お水。

 もちろん、ただの水ではありません。
 「アルカリイオン水」というものです。
 みなさんも、耳にしたことがおありなんじゃないでしょうか?
 ペットボトルでも、売られてますしね。
アルカリイオン水のペットボトル

 それでは、そもそもアルカリイオン水とは何ぞや?
 ということですが……。
 「Wikipedia」によると……。

『アルカリイオン水は、直接採取されるか、アルカリイオン整水器(生成器)から作られたアルカリ性を示す水で、いわゆる電解水の一つである』

 さっぱりわかりませんが……。
 水を電気分解したとき、マイナスの電極側に出来るのが「アルカリイオン水(陰極水)」、プラスの電極側に出来るのが「強酸性水(陽極水)」なのだそうです。

 さて、アルカリイオン水が、なぜ乾癬にいいか?
 ということです。
 アルカリイオン水には……。
 体内の環境を改善する効果がある、と云われてます。
 乾癬の発症原因ははっきりとわかってはいませんが……。
 どうも、体内の環境が悪化することが、原因らしいんですね。
 なので、体内環境に手を付けず……。
 いくら塗り薬などを塗っても、完治できないわけ。

 それでは、なぜアルカリイオン水には、体内環境を改善する効果があるんでしょうか?
 その理由はと云うと……。
 どうやら、水の“クラスター”が小さい、ということにあるらしい。
 水の分子は、単独で存在してるわけでなく……。
 集団を作ってるそうです。
 その集団を、“クラスター”と云うんですね。

 クラスターの大きさは、Hz(ヘルツ)で表され……。
 水道水は、120~140Hzだそうです。
 ミネラルウォーターで、110~130Hz。
 アルカリイオン水は、80~130Hz。
 ちなみに、「ルルドの泉(224回のコメント参照)」は……。
 70~80Hzだとか。

 で、“クラスター”が小さいと、人体にどういう効果があるのか?
 ということですが……。
 早い話、狭いところを通り抜けやすいってことらしい。
 普通の水が通り抜けられないところも、通り抜け……。
 細胞の隅々まで染み渡るわけです。
 そのとき、老廃物などを一緒に流し出すのだとか。
 うーむ。
 良さげですね。

 さて、このアルカリイオン水の入手方法ですが……。
 ペットボトルを買うのが、一番簡単でしょう。
 でも、当然ながら割高です。
 あんな重いのを、買い続けるのも手間です。

 では、わたしはどうしてるかと云うと……。
 「アルカリイオン水生成器」、というのを買ったんです。
 値段は、ピンキリです。
 わたしは当然、キリの方を買いました。
アルカリイオン水生成器

 税込・送料込で、2万円台前半でした。
 ウソかほんとかわかりませんが、定価は90,090円となってました。
 型落ち品のようですね。
 TOTO製なので、少なくともインチキ商品ではないと思います。

 でも、こういう水関係の商品は、気をつけなければなりません。
 「奇跡の水」といった神がかり的な謳い文句を付けて、インチキ品が横行してる世界です。
 水道水をペットボトルに詰めて、数万円で売ってる事例もあったようです。
 原価はほぼゼロで、口先三寸だけで儲けられます。
 まさしく、水商売ですね。

 さて、アルカリイオン水生成器ですが……。
 特価品とは言え、今回の人体実験で、もっとも高い買い物でした。
 でも、イニシャルコストは高くても……。
 ランニングコストは、フィルター代だけですから……。
アルカリイオン水生成器・フィルター

 ペットボトルを買い続けるより、そのうち、トータルコストでは逆転できると思います。

 設置は、わたしひとりで行いました。
 それほど難しくありません。
 水道の蛇口を取り外したりする必要も無いです。
 蛇口に、生成器に水を分岐させるヘッドを取り付ければいいんですね。
 工具も要りません。

 ヘッドには、切り替えレバーが付いていて……。
 アルカリイオン水が必要でないときは、水道水をそのまま出せるようになってます。
 あとは、生成器の電源コードをコンセントに差すだけ。
 水道水を電気分解するので、電気を使うわけですね。

 あ、あともう一つ。
 生成器からの排水ホースを、シンクに固定します。
 なんで排水ホースなんかがあるかと云うと……。
 電気分解により、水が2つに分けられるからです。
 吐水口からは、「アルカリイオン水」が出て……。
 排水ホースからは、「強酸性水」が出ます(逆にすることも可能)。

 わたしは「強酸性水」を、そのままシンクに流してしまいますが……。
 これを取っておいて、別に利用する人もいるようです。
 収れん作用や、洗浄力、消毒力、殺菌力に優れているので……。
 洗顔や化粧水(アストリンゼン)としての利用のほか……。
 野菜などの洗浄、食器洗い、掃除、洗濯などにも使えます。
 昔、サンヨーが出した『洗剤のいらない洗濯機』は、この「強酸性水」を利用したものだとか。
 さらに、肉芽形成促進作用があることも認められてます。
 傷口につけると、早く綺麗に治るそうです。
 また、痒みや炎症を抑える働きもあるので……。
 乾癬の人にとっては、一石二鳥。
 アルカリイオン水を飲用に、強酸性水を肌用に使えるわけです。

 さて、楽天の購入履歴を確認したところ、わたしが買ったのは7月の終わりごろでした。
 2ヶ月経つわけです。
 その効果のほどですが……。
 さっぱりわかりません。
 ネットでは、毎日2リットル飲め、との情報もあるのですが……。
 とっても、そんなには飲めませんよね。
 でも、1リットルは飲んでます。
 このアルカリイオン水で、ドクダミ茶を煮出し……。
ティーバッグのドクダミ茶

 500mlのペットボトル2本に詰めて、毎日会社に持ってってるからです。
 午前と午後に1本ずつ飲んでます。

 情報サイトには……。
 アルカリイオン水は、浸透力が大きいので……。
 おしっこが近くなる、ということが書いてありました。
 体内の老廃物を洗い流した水が、おしっことして出るわけです。
 わたしも、飲み始めたころは、それを感じました。
 といっても、日常生活が不便になるほどじゃありません。
 でも、しばらくすると、回数は元に戻りました。
 ひょっとしたら、この夏の暑さのため、汗になってしまったのかも知れません。
 これから涼しくなったら、また回数が増えるかもですね。

 さてさて、乾癬対策の現況は、こんなところです。
 この夏はあまりに暑く、ラップ巻きは苦戦を強いられました。
ラップ

 寝ているうちに、無意識に剥いでしまうんですね。
 朝起きると、畳の上に、抜け殻のようなラップが丸まってました。
 お彼岸を過ぎ、ようやく最近は、朝まで付けてられるようになってきました。

 こんな具合で乾癬との日々を過ごしてたわたしですが……。
 8月の後半から、気になる症状を覚えるようになったんです。
 乾癬ではありません。
 ノドです。
 食事のとき……。
 呑みこみにくいってほどじゃないんですが……。
 ノドを食べ物が通過するのが、はっきりわかるっていうか……。
 どうも、ノドが狭まったような感じがし始めたんです。

 イヤーな予感がしました。
 これは、ひょっとして……。
 食道癌?

 わたしの本棚には、高見順の「闘病日記」があります。
高見順「闘病日記」

 あと、江國滋の「おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒」。
江國滋「おい癌め酌みかはさうぜ秋の酒」

 これは、失業中に図書館で読みました。

 いずれも、食道癌との闘病を綴った日記です。
 どちらの本も、病気の悪化のために日記は途絶し……。
 お2人は、そのまま帰らぬ人となってしまいます。
 文士が綴った克明な闘病日記は、わたしの胸に深く刻まれました。
 あれほど優れた書き手が、不意の病に冒され、やがて書けなくなるという現実に……。
 強い恐怖を覚えたものです。

 で、ノドの違和感を覚えた、ちょうどそのころ……。
 梨元勝さん(肺癌・8月21日死去)、今敏さん(膵臓癌・8月24日死去)と、早すぎる死が続きました。
梨元勝さん・今敏さん

 食事を摂る度に、冷たい手の平のような恐怖が、わたしの背中を触るようになりました。

 そんなとき……。
 会社でドクダミ茶を飲んでて……。
 ヒドく噎せたんです。
 周りの同僚が心配するほどの噎せ方でした。
 ノドが狭くなってるせいで、気管に流れ込んだように思えました。

 今、ちゃんと診てもらわずに、もし手遅れになったりしたら……。
 ぜったいに後悔する。
 それこそ、取り返しがつかない。

 お医者さんに診てもらおう。
 そう思いました。
 わたしの背中を押してくれたのは、由美と美弥子でした。
 2人を残して、まだ死にたくない。
 いや、死ねない。

 幸いわたしには、十二指腸潰瘍でお世話になったお医者さんがいました。
 消化器科の先生です。
 ノドも消化器の一部ですからね。

 8月も押し詰まったころ……。
 思い切って先生を訪ねました。
 で、3度目の内視鏡検査を受けることになったのです。

 その結果ですが……。
 ここまで引っ張っておいて言うのもナンですが……。
 まーったく、異常なしでした(恥)。

 ノドだけでなく、食道から胃、十二指腸まで、じっくりと診てもらいましたが……。
 わずかに胃炎が見られたものの……。
 あとはまったく問題なし。
 十二指腸潰瘍の再発もありませんでした。
 カメラを呑んでる間、わたしもずっとモニターを見てたんですが……。
 素人目にも、綺麗な色の消化器でした。

 で、先生の所見なんですが……。
 おそらく、胃酸が逆流して、食道に上がって来てるのだろうということでした。
 その場合の典型的な症状は、胸焼けです。
 でも、わたしには、これはありませんでした。
 胸焼けがあるなら、胃が悪いってことがはっきりわかるのですが……。
 胃酸の逆流では、胃が原因とは思えないような自覚症状も出るのだとか。
 わたしのように、食物がノドを通りにくく感じるのも、そのひとつ。
 そのほか、胸が締めつけられるように痛くなったりとか。
 この場合は、狭心症のような心臓の病気を疑う人がほとんどだそうです。
 あと、咳が止まらないという人も。
 胃液が上がって来てるため、ノドが刺激されて咳が出るんですね。
 でも、咳が出たら、とうぜん咽喉科に行きますよね。
 結局、そこでは原因がわからないってこともあるようです。

 この胃酸の逆流現象ですが……。
 ヒドくなると、食道に炎症が起こります。
 ここまで来ると、「逆流性食道炎」という立派な病気です。
 わたしの食道には、まだ炎症はありませんでした。
 この段階の状態を、「胃食道逆流症」と云うらしいです。

 ま、取りあえずは、「闘病日記」を書かなくてもいいとわかり……。
 全身から力が抜けました。
 ところが……。
 いそいそと帰り支度をするわたしに……。
 先生は、付け足しのように、驚くべきことをおっしゃいました。

「ピロリ菌を除菌すると、まれにこういう症状が出る人がいるんですよ」
「へ?」
「ピロリ菌がいなくなると、胃酸の分泌が活発になるんです」

 な、なんじゃとぉー。
 そんなこと、除菌前には、聞いてなかったぞぅっ!

 やっぱり……。
 わたしのピロちゃんは、悪いことなんてしてなかったんだ。
 それどころか、胃酸の逆流からわたしを守ってくれてた……。
 除菌なんかして、ゴメンよ~。

 ヨヨと泣き崩れようとしたわたしの脳裏に……。
 そのとき!
 きらーんと、電光のような閃きが走りました。

 これじゃないの?
 ピロリ菌と乾癬の関係。
 わたしの仮説は……。
 ピロリ菌が突然いなくなり、眼前の敵を見失った免疫機能が……。
 外界のアレルゲンに対し、過剰に反応するようになった……。
 というものでした。
 でも、もっと直截的な因果関係が考えられるんじゃないの?
 つまり、胃酸です。
 胃酸の分泌が活発になると同時に、乾癬が悪化したってことなんじゃ……。

 これなら、アルカリイオン水が乾癬に効くというのも、納得できるんですよね。
 ネット上の論旨では……。
 クラスターの小さいアルカリイオン水が、細胞の隅々まで染み渡り……。
 老廃物を洗い流してくれるため……。
 体内環境が改善され乾癬が軽快する、というものでした。
 でも、そんなややこしい説明なんて、必要無いんじゃない?
 もっと、単純に考えられるのでは?
 すなわち、アルカリ水により、胃酸が中和されるってことなんじゃないの?

 うーむ。
 胃酸の分泌が増えることによって、乾癬が発症(悪化)する。
 Mikiko説です。
 この説の弱点は、それはなぜか?、という肝心の説明ができんことですけど……。

 ま、取りあえず……。
 お医者さんから処方された胃酸を抑える薬を、しばらく飲んでみようと思います。
 ファモスタジンという薬です。
ファモスタジン

 お医者さんは、症状が改善したら止めればいいとおっしゃいましたが……。
 改善しないフリをして、しばらくもらい続けようと思います。
 保険が効くので、1ヶ月の薬代は、1,170円です。

 さて、乾癬の現状はこんなとこなんですが……。
 最近、また困ったことが起きています。
 起きたってのは、正しくありませんね。
 起こしたんです。
 でも、この夏の暑さが悪いのよ。

 わたしは、休日のお昼、昼酒を飲むんですが……。
 この夏、昼酒の種類が変わりました。
 暑いので、濃いお酒をチビチビじゃなくて……。
 薄いお酒をガバガバ飲みたくなったわけ。
 といって、ビールじゃ高くつくし……。
ゃ高くつくビール

 てなわけで、スーパーのお酒コーナーを物色してたところ……。
 見慣れないお酒が、目に入りました。

 そのお酒は、白いプラボトルに入ってました。
白いプラボトルに入った「マッコリ」

 ラベルには、「マッコリ」の文字が。
 韓国のお酒だったんですね。
 全美貞も飲んでるのかな?
 などと思い……。
 試しに1本、買ってみることに。

 ラベルには、「冷たく保管し、飲む前に必ずよく振ってから召し上がってください」とあります。
 しかしながら、1リットル入りのボトルを入れるスペースが、わたしの冷蔵庫にはありませんでした。
 なので、冷蔵することは諦め、氷を入れて飲むことにしました。
 ラベルのアルコール度数を見ると、6度です。
 ビールより少し高いですが……。
 氷を入れれば、ビール以下に薄まります。

 で、飲んでみた結果……。
 物の見事に、はまってしまったんです。
 美味しいのよ~。

 で、休日の昼酒は、これを定番としたんですが……。
 うっかり者なので……。
 ときどき、買い忘れることがありました。
 そんなときはもう、休日が台無しになったようなショックを受けました。
 てなわけで、ネットで大人買いをすることに……。
 これです。
マッコリ・15本入り

 15本入って、7,350円(税込・送料込) 。
 1本当たり、490円になります。
 スーパーでバラで買うと、600円近かったと思う。

 てなわけで、休日のお昼は、マッコリ三昧にひたることができるようになったわけです。

 さて、ここまでは、めでたしめでたしだったわけですが……。
 これは、例のビオチンを食ってしまう菌の情報を見つける前の話ね。

 それでは、何が問題かというと……。
 なななな、なんと!
 マッコリは、乳酸菌のお酒だったのです!
マッコリは乳酸菌のお酒

 ネットを見ると、乳酸菌量はヨーグルトの100倍とか……。
 とほほ。
 また、乳酸菌を買ってしまってたんですね。
 乳酸菌の霊が、取り憑いてるんじゃないでしょうか。

 真っ当な方は、マッコリを止めるという判断をなさるのかも知れませんが……。
 わたしには、出来ませんでした。
 15本もまとめ買いしたものを、捨てるなんてムリ!
 日韓友好のためにも!

 てなわけで……。
 マッコリ、飲み続けてます。
 これを書いてる時点で、まだ8本残ってますので……。
 おそらく、10月いっぱいは保つと思われます。

 ま、仕方ありません。
 乾癬との本格的な戦いは、11月以降!

 と、乾癬レポートは、ここで終わるはずでしたが……。
 もうひとつ、付け加えておきます。
 ストレスを発生させないため、嗜好品を抑えることはしていない、と書いてましたが……。
 これに関し、大きな変化がありました。

 今月の10月1日から、大幅に価格の上がったもの。
 そう、タバコです。
 以前から書いてるとおり、わたしは喫煙者です。
 ヘビースモーカーではありませんが、タバコは無くてはならないものでした。
 止めたらストレスを生じることは、あきらかだったんですが……。
 懐を直撃される事態に、方針を転換しました。

 で、現在の状況ですが……。
 ニコチンは、ほぼ断ちました。
 しかし……。
 禁煙はしてません。

 どういうこと?
 と思いますよね。

 わたしは今、これを吸ってるんです。
ネオシーダー

 ネオシーダー。
 なんだ、タバコじゃん、とお思いのあなた。
 それが、タバコじゃないんですねー。
 「Wiki」の記述は、以下のとおり。

『タバコのような形状をしており、使用方法もタバコの喫煙方法と全く同じである。
 また、包装もソフト型のタバコと全く同じであり、使用可能年齢もタバコと同じく20歳以上である。
 タバコの代用品としては利用できず、これを吸うだけで禁煙できるというわけでもない。
 1回1-2本、1日10本を目安として利用すること』

 効能は、「セキを鎮め、タンをきる」となってます。
 咳止め薬として販売されてるものなんですね。
 発売されたのは、1959年。
 50年以上前です。
 ロングセラーと言っていいでしょう。
 原料は、ヤマアジサイの葉だそうです。
ヤマアジサイ

 でも、これを実際「咳止め薬」として用いてる方は……。
 まずいないんじゃないでしょうか。
 どう使われてるかと云うと……。
 もちろん、禁煙用です。
 ↑には、『タバコの代用品としては利用できず』となってますが……。
 まさしく、タバコの代用品として利用されてるわけです。
 昔は、お医者さんや薬局も、禁煙用として薦めたそうです。
 変わった使われ方としては……。
 テレビの撮影なんかで……。
 非喫煙者の俳優がタバコを吸うシーンで、これを吸ったりしてたとか。
 もちろん、ネオシーダーにはニコチンもタールも含まれていない、と信じてたからです。

 でも、その後の調査で……。
 ニコチンやタールが、はっきりと含まれてることが判明しました。
 早い話、ただのタバコだったわけです。
 でも、ニコチンは、ごく微量です。
 ふつうのタバコの、6分の1くらいだそうです。
 タールはセブンスターより多いとか。
 禁煙用として使った人の中には……。
 タバコは止められたのに……。
 代用品として吸ったネオシーダーが止められない、という人もいるそうです。
 立派な依存性があるのです。

 こういうことがわかってるのに……。
 なぜわたしが手を出したかと云うと……。
 早い話、安いからです。
 薬として販売されてるので……。
 タバコ税がかかりません。
 1カートンが、2,278円(税込)。
ネオシーダー・1カートン

 このお店は、4カートン買えば送料が無料になりますから……。
 20本入り1箱が、228円ってことですね。
 もちろん、タバコじゃありませんので……。
 この10月からの値上げも関係ありません。

 今までは、普通のタバコとそう変わらない値段だったので……。
 それほど大きい需要は無かったようです。
 でも、10月から、セブンスターが440円になり……。
 値段が、ほぼ2分の1となりました。
 乗り換える人も、けっこういるんじゃないでしょうか。
 それじゃ、それを見越したメーカーは、大増産体制!
 かというと……。
 そうはいかないんですね。

 ネオシーダーが、増産体制を取れない理由があるんです。
 実は、厚生省に睨まれてるらしいんですね。
 厚生省も、これが薬なんかではなく……。
 タバコの一種であることは、百も承知なんです。
 今なら、100%認可しません。
 50年前に、うっかり薬として認可してしまったことを、大いに後悔してます。
 でも、お役所ってのは、過去の過ちを改められないんですね。
 というわけで、タバコが、「咳止め薬」として売られてるわけ。
ネオシーダー「咳止め薬」の表示

 そんななわけで、細々と商売してる限りは、見逃しておこうという方針のようです。
 でもたとえば、工場を建て増して増産体制を取ったりしたら……。
 厚生省も黙っておれないでしょう。
 こんなのが、薬として世の中に蔓延して行ったら……。
 どんな批判を受けるかわかりませんからね。
 現実に、“薬害”として告発してるサイトもあります。
 たとえ、過去の過ちを認めることになったとしても……。
 薬としての認可を取り消す処置に出るでしょう。
 工場を増設した途端に認可を取り消されたりしたら……。
 メーカーは潰れるしかありません。
 というわけで、増産の見込みは無いわけ。

 ドラッグストアなんかには、以前から割り当て制だったようです。
 買いに行っても、無いことが多いとか。
 ネットでも、欠品入庫待ちのことがあるようです。

 今回の値上げでも、禁煙するつもりの無い人は……。
 値上げ前に、タバコをまとめ買いされたようですが……。
 それも、いずれは無くなります。
 お小遣いの苦しいお父さんなど……。
 ネオシーダーへの移行者が増えるかも知れませんね。
 そうなったら、ますます手に入らなくなるかも。

 あ、大事なことを言い忘れてました。
 味です。
 これはですね……。
 とにかく、薬なんですから。
 良薬は口に苦しと申しますように……。
 マズいです。
 それも、ただのマズさじゃないです。
 言語道断にマズい。
 最初吸ったときは、怒りさえ覚えました。
 この味が、どうしてもダメだって人もいるでしょう。
 ちょっと試してみようかなと思った方……。
 いきなりカートンで買うのは止めたほうがいいです。
ネオシーダー・1カートン

 ネットでもバラ売りしてますのでね。

 あと、味は我慢して……。
 ネオシーダーへの移行を目指そう、と言う方へご忠告。
 いきなり全面的に変えてしまうのは、止めたほうがいいと思います。
 味もそうですが……。
 やっぱりニコチンが少ないですので……。
 大きなストレスを受けると思います。
 普通のタバコに、ネオシーダーを混ぜながら吸って……。
 徐々にネオシーダーの割合を増やしていくといいでしょう。
 わたしは、この方法を取りました。
 で、不思議なことに……。
 あの不味さにも、だんだん慣れて来たんです。
 最初は、我慢できずに途中で揉み消してたりしたんですけど……。
 だんだん、普通に吸えるようになっていきました。
 そのうち不思議なことに、タバコの方が美味しく感じられなくなって来たんです。
 で、わたしは、9月28日に最後の1本を吸って以来……。
 タバコを口にしてません。

 あとは、ネオシーダーが止められればいいんですけど……。
 今のとこ、その気配は無いです。
 これは、ネオシーダーに含まれるニコチンへの依存って言うより……。
 火を付けて煙を吸う、という行為が止められないんじゃないかと思うんです。
 まさに、生活の句読点ですよね。

 あ、言っておきますが、電子タバコはダメです。
電子タバコ

 これは、とっくの昔に試して、挫折してます。
 あんなので我慢出来るくらいなら……。
 普通に禁煙できるんでないの?

 てなわけで、長々と書き綴ってきました乾癬レポート、これにて終了です。
 いつか、治癒レポートを書ける日を信じて、頑張って行きたいと思います。
 読者のみなさんも、何か情報を耳にされたら、ぜひ教えてくださいね。

 最後に……。
 全国の、乾癬に悩む患者のみなさん。
 希望を捨てずに、頑張りましょう。
 悩んでるのは、アナタだけではありません。
 そのうち、思いがけない治療法が見つかるかも知れません。
 その日を信じて、前を向いて歩いて行きましょう!
尋常性乾癬/その後(Ⅱ)目次連載1000回記念 特別番組




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ
    コメントする   【尋常性乾癬/その後(Ⅲ)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top