Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1795
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 さて、宮本さんも座ったわ。
 あの低いテーブルだと、ミニの股間、絶対に見えるわよ。
 一等兵、もう襲っても大丈夫よ。
 完璧な据え膳じゃないの。
 何してるのかしら?

 まぁ、鞄からホントに書類出したわ。
 そんなもの、口実だけなのに。
 テーブルに広げたわ。
 うわ。
 宮本さん、思いっきり前かがみ。
 完全に、ブラが見えてるはずよ。
 一等兵、何してるの!
 あ、起ちあがった。

 まぁ。
 股間が膨れてるの、丸わかりだわ。
 宮本さんが見上げてる。
 股間を凝視してるわ。
 一等兵、今よ!
 獣よ!
 獣になるのよ!

 お、奥さん。
 ボクは前から奥さんのことが……。
 今日はもう、我慢できません。
 って、何でわたしがアテレコしなきゃならないの。

 あ、テーブル周りこんだ。
 やった!
 襲った!
 襲ったわ!
 いきなり、おっぱいに武者振り付いてる。
 宮本さん、顔振って拒んでるふりしながら……。
 一等兵の頭を抱きかかえてるわ。
 完全に成功よ。
 あー、ここじゃ遠すぎる。
 こんな場面に遭遇するの、一生に一度かも知れない。
 もっと近づきたい。
 よし。
 窓近くに、袖垣があるわ。
 とりあえず、あの陰に隠れましょ。

 うん。
 ここなら、見つからない。
 って、わたしの方からも見えないじゃないの。
 これじゃ、何にもならないわ。
 待てよ。
 この垣根、竹の穂先をびっしりと編みこんで出来てるのね。
 向こうが、薄っすらと透けて見えるわ。
 この隙間を、広げればいいのよ。
 あ、こんなところに棒切れが落ちてた。
 これを、隙間に挿しこんで。
 グリグリ。
 あー、棒を挿しこんでグリグリなんて、イヤらしすぎる!
 って、言ってる場合じゃない。
 あいつらも、もう挿しこんじゃってるかも。
 よし、穴が空いたわ。
 どれどれ。
 うひょー。
 見える見える。
 しかも、ここからだと、声まで聞こえるわ。
由美と美弥子 1794目次由美と美弥子 1796




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/07/08 07:23
    •  さて、江戸エリアはこのくらいで。
       『江戸東京博物館』という名称からもわかるとおり、展示は、江戸ゾーンと東京ゾーンに分かれてます。
       で、わたしは、正直、東京ゾーンの方が面白かったです。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150704100805542.jpg
       特に興味を引いたのは、昔の住宅。
       一般庶民の住まいです。
       ↓ちゃぶ台があります。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201507041007309aa.jpg
      ↑「み」。
       ↓玄関は、こんな感じ。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150704100733591.jpg
      ↑「み」。
       ↓こちらは、台所。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201507041007367d2.jpg
      ↑「み」。
       タイル貼りの流しがいいですね。
       うちがこうだったという記憶は無いのですが、なぜか懐かしい気がします。
       ↓これは、明治初期の町並み。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150704100803706.jpg
      ↑「み」。
       ほとんど、江戸のまんまだと思います。
       ほんとに美しい町です。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/07/08 07:24
    •  ↓これは、明治の子どもたち。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015070410080127b.jpg
      ↑「み」。
       服装は貧しいですが、みんな楽しそうに笑ってます。
       後ろの大人まで笑ってます。
       ここに写ってる人は、今、誰も生きてないんですよね。
       人間って、儚い生き物です。
       ↓こちらは、浅草の名物だった『凌雲閣(通称、浅草十二階)』。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150704100734a90.jpg
      ↑「み」。
       関東大震災で倒壊しました。
       ↓夕餉がこれから始まるようです。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015070410080430f.jpg
      ↑「み」。
       この部屋に帰って来たいような……。
       切ない気持ちになりました。
       ↓こちらは、トイレです。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150704100731ab7.jpg
      ↑「み」。
       こればっかしは、現代の方がいいですね。
       ↓突如、自動車の登場です。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201507041012125ea.jpg
      ↑「み」。
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/07/08 13:07
    •  始まりました。
       宮本くんと迫田の奥さんの一戦。あ、名前が逆だった、まちがい間違い。わたしも興奮しているのでしょうか。
       覗いているのは「赤ミニTバック全裸変態オナニー看護師水飲み放尿セミ覗きアテレコ女」。そろそろ一行越えそうだなあ。目指せ、二行!

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/07/08 13:14
    •  ときますと、まずなんといいましても、あれをひっくり返した星一徹のパフォーマンス。少年マガジン連載当時には特に名称はありませんでしたが、現在あのパフォーマンスは『卓袱台返し』と称するそうです。
       これはもう伝説です。
       で、こないだテレビで見ましたが、タイトルは正確には覚えていないけど『卓袱台返しコンテスト』なるものが行われているそうです。好きなことを喚きちらしながら卓袱台をひっくり返す。採点基準は……忘れました。優勝者は女性でした。
       あったねー、丸石を埋め込んだコンクリ敷きの玄関。
       うちの実家も似た感じでしたが、残念ながら丸石は埋め込んでなかったです。
       台所はガスですか。竃じゃないんだ。
       うちの実家は何回か建て替えましたが、わたしが覚えている最も古い家では竃でした。焚口が二つあってね、ご飯用と味噌汁用。焼き魚や煮物なんかは『かんてき;大阪語「七厘」』も使ってました。
       「明治初期は江戸のまんま」
       それはそうだね。一般庶民にとっての明治維新は「なんか近頃騒がしいなあ」くらいで、それまでと同じ日常が淡々と続いていたんでしょう。
       で、気が付いたら、德川さまは江戸からトンズラ。江戸は東京、「天子様の御代」に変わっていた、と。
       おー『凌雲閣』。『通天閣』より格調があるよね。
       高さは『凌』52メートル(66.7メートルの説あり)。『通』は初代が75メートル、現二代目が100メートル(避雷針も含めると103メートル)で通天閣の勝ち。
       凌雲閣を舞台にしたおどろおどろしい話があったんだけどなあ、で調べましたところ二つありました。
       まず、江戸川乱歩『押絵と旅する男』、これをパクッた(と思うで、知らんけど)のが京極夏彦『魍魎の匣』。
       もう一編は小野不由美『東亰異聞』。「とうけいいぶん」と読みますね。実はこれ、途中で放り出しててまだ途中なんだよなあ。
       しかし凌雲閣のたたずまい、どこか「バベルの塔」に似てねえ?
       夕餉の風景。
       木の「おひつ(櫃)」がいいねえ。昔は羽釜で飯を炊いたから、必ず「おひつ」に移し替えたんだよね。
       トイレ、便所、厠、雪隠……。
       ぶら下がってるのは手洗い用の水バケツですね。わたしらんとこのはブリキ製でした
       よく見えないけど、容器の底面から短い釘のような棒が突き出ていてね。この棒を掌で押し上げると、隙間が出来て水が流れ出す、という仕組みです。
       これは忘れていました。懐かしいなあ。
       おおー、こ、この自動車はぁっ!
       フライング回避のため、何も申し上げません。でも有名。知ってる人も多いよね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/07/08 19:52
    •  一般的には、円形より方形が多かったそうです。
       昔は、家族が多かったですからね。
       食事のとき以外は、折りたたんで仕舞って置けます。
       夜は、この部屋に布団を敷いて寝たわけです。
       ちゃぶ台も布団も、狭い家を有効に使うためのスグレモノ。
       西洋文化が、テーブルやベッドを据えっぱなしなのは、家が広いからです。
       戦後の日本がこれを真似たんですから、今考えれば不合理で滑稽ですが……。
       ま、気持ちはわかります。
       『押絵と旅する男』は、乱歩の最高傑作だと思います。
       とにかく、アトモスフィアのむんむん度合いがスゴいです。
       凌雲閣は、ピサの斜塔に似てるんでないの?
       炊飯器になって失われたのが……。
       おコゲですね。
       どんなに美味しいかは、居酒屋の焼きおにぎりからもわかります。
       おコゲの出来る炊飯器って、無いんでしょうかね?
       手洗い器。
       トイレの外に、明かりはあったんでしょうか。
       夜は、頭をぶつけそうですよね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/07/08 22:38
    •  かつては卓袱台で食事、でした。
       丸かったか四角かったかは覚えていません。
       折り畳めたのは間違いありません。
       食事前は、兄妹で争いながら(卓袱台の)肢を広げ、セットしたものです。
       乱歩の『押絵』
       そこはかとない大正ロマン、みたいな感じがあってね。
       しかし、自分だけが年を取り、相手の女性が若いままというのは、どんな気持ちがするものでしょうね。
       ピサの斜塔は「円筒形」だろ。
       凌雲閣はかなり斜度がきついけど「円錐台形」ですよ。『バベル』に似てると思うけどなあ。まあ大きさはぜんぜん違うけど。むこうは実物じゃないけど(ないよね)。
       ここで問題です。
       ①円錐台形の体積を求める公式を述べよ。
          これは無理か(わたしも無理じゃ)。
       では②円筒の体積を求める公式を述べよ。
       正解者には、ブリューゲル『バベルの塔』の複製画を謹呈(鷽、あ、ウソ)。
       おこげ炊飯器。
       タイガー魔法瓶、象印がそれぞれ発売しているようですが、高いよー。
       トイレの外に明かり。
       少なくとも、竃があった頃のわたしんちには無かったです。
       頭をぶつけるというよりも、暗くて怖かった。で、夜中にトイレには絶対に行けなかった。確信犯的におねしょをしたことがあります。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2015/07/09 07:36
    •  押絵の人形は、八百比丘尼にも通じますよね。
       昔から、不老不死は、人類の夢。
       徐福が日本にやってきたのは、始皇帝の御代。
       今から、2,200年前です。
       このときの日本は、縄文から弥生に移ろうとするころ。
       もちろん、文字もまだ持ちません。
       こんなとき、徐福は、3,000人の大船団でやってきたのです。
       日本人は、大いにぶったまげたでしょうね。
       だからこそ、文字のない時代の出来事なのに、これほどの伝説が残っているのでしょう。
       なお、徐福自身は、実在の人物だったようで……。
       中国には、徐福の子孫も暮らしてるとか(ホラだという説もあります)。
       夜中のトイレ。
       ちんちんをゴムホースに挿し、ホースの先を庭先に出しておけばいいではないか。
       寝たままできます。
       うっかり大きくさせると、苦しむかも知れませんが。
       おこげ炊飯器。
       ↓毀誉褒貶のようです。
      http://bbs.kakaku.com/bbssearch/search.asp?searchword=%82%A8%82%B1%82%B0&bbstabno=2&topcategorycd=16&categorycd=2125
       高いですから、思い通りにならなかったら、腹も立つでしょうね。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2015/07/09 08:36
    •  始皇帝をだまくらかした男、というのが定説のようですがさて……。
       結果的には、徐福は中国に戻らず、始皇帝はその帰りを待たずに死んでしまうわけですが、日本が気にいったのかなあ、徐福。それともやはり、不老不死になりたくて、確信犯的に中国脱出を企図したのですかね。
       徐福。実は女だった、なんて話もあります。で、その子孫が卑弥呼だとか(与太でしょうね)。
       ホーストイレ。
       そんな面倒いことせいでも、枕元にバケツを置いておけば済むことではないか。要するに、トイレの暗がりと便壺の暗闇が怖かったんだから。
       おこげ炊飯器。
       毀貶が6、誉褒が4くらいかなあ(ギリシャの国民投票みたい)。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2015/07/09 19:36
    •  大金持って、とんずらかましたんでねえの。
       仙薬なんて、最初から探すつもりなかったんですよ。
       そんな妙薬、すぐに見つかるわけないから、猶予期間は十分にあります。
       始皇帝が死ぬのを待ってたんじゃないすか。
       枕元にバケツ。
       臭いではないか。
       ホースを使うのは、ニオイ対策もあるのです。
       雨樋も使えるか?
       そうだ。
       部屋から庭まで、流しそうめんみたいに割竹を渡しとけばいいんでないの。
       毀誉が6なのは、仕方ありません。
       満足した人は、わざわざ書きこまないでしょうから。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2015/07/09 21:37
    •  ブッブー。
       “毀誉(きよ)”ではありません「毀貶(きへん)」です。
       毀誉褒貶(きよほうへん)の……「毀(き)」はそしる、「誉(よ)・褒(ほう)」はほめる、「貶(へん)」はけなす意        (広辞苑第六版より)
       ということで、「毀貶(きへん)」が悪口、ということですね。
       もう少し頑張りましょう。
       徐福は確信犯。
       わたしも「徐福詐欺師説」に一票。
       だって「3,000人の童男童女と百工(技術者集団)、五穀の種」と共に海を渡ったわけです。いくら名目が「宝(不老不死の妙薬)探し」とはいえ、これは大げさすぎるでしょう。一体、何艘の船を仕立てたことか。どう考えても民族大移動。「海の向こうに我が王国を築かん」という野望が見え見えです。
       それにしても、始皇帝ともあろう者(どんな者や)がこんな与太に引っかかるかね。やはり彼も人の子、命は惜しい。「不老不死」という“禁断の果実”にはころっと騙されるんだろうね。
       わたしは徐福と聞くと、古事記に登場する垂仁天皇と田道間守のエピソードを思い出します。
       垂仁天皇は不老不死に憧れ(始皇帝もそうだけど、権力者の常だね、これは)、田道間守(たじまもり)を「常世の国」に遣わして「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」なる不老不死の霊薬を求めさせた。海を渡った田道間守が、何年もの辛苦の末、非時香菓を持ち帰ったとき、垂仁天皇は既に崩御していた。嘆き悲しむ田道間守は、天皇の墓前で息絶えたという……。
       非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)は「橘(タチバナ)」の事である、とされています。いわゆる「右近の橘」ですね。
       橘を食べて不死になれれば安いものですが。
       酸っぱくって不味いそうです、橘。
       茱萸(グミ)みたいだね(東中あやめ)。
       そういえば、竹取物語のかぐや姫、「なよ竹のかぐや」は月に帰るとき、置き土産として「不死の薬」を帝に残します。帝はかぐやを失った悲しみに耐えきれず、駿河国にある「日本で一番高い山(つまり最も月に近い山)」で焼くように命じた。で、その山を「富士の山」と名づけた。不死の薬を焼いたその煙は、今も雲の中に立ち昇っていると言い伝えられている……。
       夜中に便所に行くくらいなら、臭いくらい何ほどのものでしょう。
       便壺の暗闇。その底の底には異形のものが(狂犬源蔵ではない)! その手がちんちんを掴みに来る!!
       ぎゃああああああああああ。
       今回は、二か所も番宣をしてしまったなあ。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2015/07/10 07:46
    •  なるほど。
       飛び飛びなら、まだわかりますが……。
       なんで、サンドイッチなのでしょう。
       なぜか、国家安康を思い出してしまいました。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2015/07/10 13:46
    •  口調の問題じゃないですかね。
       けなす-ほめる、でまとめると「きへんよほう」でゴロが悪い。“てんきよほう”みたいではないか。
       国家安康。
       京都方広寺の鐘名事件ですね。
       「家康を胴切りにするってかい!」と激怒した家康(こういうのを「言いがかり」「難癖をつける」といいます)、大坂冬の陣をおっぱじめます。実際には家康は大喜びしたはず。豊臣を潰す絶好の口実が出来たわけですから。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2015/07/10 19:42
    •  ↓毀誉褒貶の出典は、中国です。
      http://www.jlogos.com/d007/5560290.html
       口調説をとなえるなら、中国語の発音で説明しんしゃい。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2015/07/10 21:10
    •  「毀誉」と「褒貶」は出典が別。
       へええー、これは知りませんでした。それぞれ「そしる」と「ほめる」を対にしてあるわけですね。なるほど。
       で、その『対』を二組並べることで強調効果を狙っている、と。
       なるほどなるほど。
       中国語の発音。
       四声でいうと毀誉褒貶は……―(毀)/(誉)∨(褒)\(貶)かな(ウソこくな)
    コメントする   【由美と美弥子 1795】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 人妻の浮気話 艶みるく 恥と屈辱の交差点
電脳女学園 愛と官能の美学 官能の本棚 羞恥の風
性小説 潤文学ブログ 潤文学 官能的なエロ小説 アダルト検索一発サーチ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き HAKASEの第二読み物ブログ SM・お仕置き小説ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや [官能小説] 熟女の園 空想地帯
女性のための官能小説 むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 女の陰影
黒い教室 恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 女性のH体験告白集
Mikiko's Roomの仮設テント 快感小説 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 お姫様倶楽部.com 魔法の鍵 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 ろま中男3 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング 官能小説アンテナ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Girls Love Search Adult Novels Search
ライブドアブログ にほんブログ村

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ アダルトなび2 クリエイターコレクションR18 GAY ART NAVIGATION
成人向けランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top