Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1793
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「うーん。
 うわっ。
 あなた、誰です?」
「忘れたの!」
「あ、思い出した」
「ちょっと……。
 どうなってるの?
 ちんちんがムクムク大きくなってきたわ」
「あなた、ノーパンじゃないですか。
 丸見えですよ」
「ほほ。
 これから大事を成そうとする、あなたへのはなむけよ」
「何です、大事って?」
「呆れた男。
 宮本さんって奥さんの家に行くんでしょ?」
「あ、そうだった」
「いきなり、跳ね起きたわね。
 でも、スゴい硬度。
 すでにビンビンじゃない。
 恐るべき回復力ね」
「臨戦態勢、整いました」
「整ったのはいいけど、それは仕舞っときなさいよ。
 そんな格好で、街を歩けないでしょ」
「わかりました。
 くそ、仕舞いにくいな。
 よし、入った」
「まぁ。
 ズボンの前がパンパン。
 勃起してるのが丸わかりだわ。
 でも、いいでしょ。
 宮本さんもその気なら、話が早くなるわ。
 さ、お待ちかねよ」
「ですね。
 すっかり、油を売ってしまいました。
 では、迫田一等兵、これより出撃します」
「若いのに、言うことがいちいち古臭いわね」
「爺ちゃん子だったんで。
 あなたのはなむけ、心に響きました」
「ちんちんにでしょ」
「それじゃ、身も蓋もないです。
 では、行ってきます」
「行ってらっしゃい」
「♪勝ってくるぞと勇ましく~」

 あー、行っちゃった。
 右手と右足が一緒に出てるわ。
 大丈夫かしらね。
 そうだ!
 後をつけてみましょ。
 あれだけ前のめりで歩いてたら、後ろなんて振り返りっこないわ。
 でも、ほんと暑いわね。
 あっという間に、汗、だらだら。

 あ、止まった。
 電柱の陰に隠れなきゃ。
 どうやら、あの家のようね。
 でも、なに逡巡してるのかしら。
 情けない男ね。
 あ、ようやく意を決したみたい。
 門を入っていったわ。
 門柱から覗いてみましょ。
 ベルを押したわ。
 ふふ。
 そわそわしてる。
由美と美弥子 1792目次由美と美弥子 1794




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/07/05 07:48
    •  なお、この下肥は、農家の人が買いに来ました。
       買うと言っても、お金では無く、野菜とかの物々交換だったみたいですけど。
       江戸の人は食べ物がいいから下肥もいいと、人気があったそうです。
       長屋では、下肥の収入は大家さんの役得でした。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150702043444dc0.jpg
       なお、江戸時代の大家さんというのは、長屋の持ち主のことではありません。
       持ち主は、家主と云い、別にいます。
       大家さんは、家主に雇われて、長屋の管理をしてる人です。
       今で云えば、マンションの管理人みたいなものです。
       しかし、昔の農家の人は、どれだけ体力があったんでしょうね。
       もちろん、肥たごを担いで、自分の村までは帰らないでしょう。
       たぶん、船か荷車で来てるんだと思います。
       でも、長屋の路地から水路や通りまでは、担いで歩くしかないですよね。
       ま、こんな労働をしてたら、長生きのしようがありませんわな。
       ↓食べ物は、こんなもの。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150702044004090.jpg
      ↑「み」。
       これは、武家の御膳でしょうかね。
       説明書きを読んでないので、さっぱりわかりません。
       お百姓さんなら、菜っ葉とかありそうですよね。
       現在、粗食がもてはやされてるようですが……。
       あくまでも、飽食と対峙させてのことでしょう。
       本当の粗食では、栄養不足は否めません。
       先日、CMで見ましたが……。
       80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんは、今でも、800gのステーキを食べるそうです。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150702043439357.jpg
      ↑800gは、厚みが違います。見ただけで具合悪くなりそうです。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/07/05 07:48
    •  ↓こちらは、二八そばの屋台です。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150702043442daf.jpg
      ↑「み」。
       この屋台は、実際に担げませんでしたが……。
       楽な商売で無いことは、見ただけでわかります。
       牛車は、平安時代からありますから……。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015070204344059f.jpg
      ↑『平治物語絵巻』。
       車輪というものは、日本にも古くから存在したわけです。
       どうして、車輪を付けて引いていこうという発想に至らなかったんでしょうね。
       肥たごだと、サスペンションの無い車輪では、そこらに撒き散らしてしまいそうですが……。
       ほかの売り物は、担ぐより、よっぽど積めるし、楽だったでしょうに。
       何か、禁制でもあったんでしょうかね。
       ↓こちらは、棒手振りの魚屋。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150702044002082.jpg
      ↑「み」。
       これは、担げました。
       重かったです。
      http://blog-imgs-72.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150702043438659.jpg
      ↑江戸の魚屋。格好いいですね。左の駕籠に蓋みたいになってるのは、まな板でしょうか。
       売れ残った帰りは、天秤棒が肩に食いねんだでしょうね。
       魚は、自分で買って仕入れるんでしょうから。
       売れ残ったら、家で食べるしかありません。
       食べきれないほど残ったら……。
       冷蔵することが出来ませんから、配るか捨てるしかないですね。
       辛い商売です。
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/07/05 11:17
    •  「尾行する女」。
       第138章(目次欄、「章」が抜けています)のこの章題の意味がようやく明らかになりました。章を切りかえるタイミング、少し早くね?
      ♪勝ってくるぞと勇ましく~
       『露営の歌』。
       『戦友』と並ぶ軍歌のヒット曲ですが、歌詞内容が「あまりに兵隊さんに苦労を強いている」と、一般受けはも一つだったそうです。
      ♪進軍ラッパ聞くたびに~

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/07/05 11:21
    •  まさか「たいか」と読む方はおられないでしょうが、「おおや」さんですね。長屋の住人にとって最も身近な存在です。近くに住んでるしね。
       家主は「やぬし」でしょうが、これは「いえぬし」さんと呼ぶ方が多いような気がします。もちろん実際に聞いたわけではなく(そらそうや)、江戸ものの映像や小説・文章から考えて、ですね。
       農家の人に限らず、当時の人の体力は想像もつかないほどすごかったようです。電気・ガス無し。機械類無し。交通機関はすべて人力、または馬。そんな生活、体力が無ければやっていけないでしょう。
       特に江戸初期のサムライは凄かったらしいよ。時代とともに弱くなっていったようですが。
       まあ、やはり百姓、それと大工などの職人ですかね、体力勝負は。それと担ぎ売り。これもきつかったそうです。
       江戸の食事。
       いわゆる、一汁一菜ですね。魚が付けば「ご馳走」だったそうで、それこそ菜っ葉だけ、というのが普通だったんじゃないかなあ。
       そもそも農家はコメ自体滅多に口にできなかったそうです。そう考えると江戸の庶民は贅沢だよね。長屋暮らしはともかく、そこそこの商家でも結構なものを食べていたようで、このあたり、大消費都市・江戸の面目躍如というところでしょうか。
       ステーキを最後に食べたのはもう何年前かなあ。
       近頃は肉自体あまり食べなくなりました。高い、はともかくあまり欲しいと思わなくなったんですね。わたしも枯れてきたものです。そのうち仙人になったりして。
       なのに、スケベごころは一向に変わらないんですね。♪なんでだろ~。
       二八そばの屋台。
       これこそ江戸の風物詩ですね。これに限らず、食べ物屋台というのは多かったようです、寿司とか。酒を出す屋台も結構あったそうです。それはそうです、彼らが出店するのは主に夜。
       ご存知、古典落語『時そば』の一席。
      客「十六文だったな?ひー、ふうー、みー、よー、いつ、むー、なな、やー、何刻(なんどき)だい?」
      親爺「へい、四刻(よつ)で」
      客「いつ、むー、なな、やー……」
       おあとがよろしいようで。
       江戸の町には大八車が走り回ってやしたから“車輪禁制”なんてえものは無かったと思いやすが……なんでそば屋の野郎「担いで」たのか……おらっちにはわかりかねやす。
       魚の棒手振りときますと、なんといいましても一心太助。
       「この刺青が目に入らぬか」の腕に、「一心如鏡」の文字が!
       それじゃ、黄門様だよ。
       江戸の魚屋画像。
       キャプション。「左の駕籠」は「籠」ですな。魚に大名はおらんぞ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/07/05 12:26
    •  おー、ありがとうございます。
       ぜんぜん、気づきませんでした。
       章を切り替えるタイミングは、その時の気分で、テキトーに決めてます。
       江戸の食事。
       なので、江戸の下肥が珍重されたんですね。
       魚が駕籠に乗ってたら、おもしろかろー。
       ワールドカップ、3位決定戦。
       イングランドが、ドイツに勝ちました。
       勝って終われて、良かったですね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/07/05 16:45
    •  テキトーって……。
       まあしかし、これほど似つかわしい台詞もあるまい。
      >タイミングは、その時の気分で
       どこかで聞いたフレーズだなあ、と思ったら↓これに似てるのかな
       『謎解きはディナーのあとで』
       読みも観もしてませんが、設定は筒井の『富豪刑事』のような……。
       面白そうだよ、読んでみるかな。
       イングランド、3位おめでとう。
       いやあ、直接戦った相手だと情が移るといいますか……まあ、こちらが勝ってたからなんだけどね。
       なでしこも、勝って終わりたいものです。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2015/07/05 18:17
    •  真面目な日本人には、とても大切な言葉だと思います。
       テキトーでいいじゃないすか。
       楽して、楽しく生きましょう。
       3位決定戦。
       負けたドイツは、2連敗で終戦なわけですから、辛いですよね。
       なでしこは、ここまで来れただけで大したものです。
       それより、ギリシャがどうなるかですね。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2015/07/05 23:34
    •  投票はまだ続いています。日本時間6日午前1時締切ですから、あと1時間半ほどです。
       有権者(18歳以上)数は985万人。現時点での投票率は報道されていないようですが、最終投票率が40%を越えなければ結果は無効だとか。
       即日開票で、大勢が判明するのは6日朝ということです。なでしこのキックオフとどちらが先でしょうか。
       賛否、どちらに転んでもギリシャの前途は多難のようです。まさか国家崩壊なんて事には……。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2015/07/06 07:34
    •  ギリシャ、反対派が勝ってしまいました。
       しかも、大差です。
       事前の情勢報道とまったく違いましたね。
       EUも、悩ましいところ。
       突き放して、EU離脱ということになれば……。
       ギリシャは、中国に取り込まれてしまうんじゃないでしょうか。
       大方の予想とは異なる結果を受け……。
       日経平均の寄り付き、どうなるか見ものです。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2015/07/06 16:53
    •  NHKニュースの丸写しです。
       
       「ギリシャ情勢の先行き不透明を受け、日経平均株価は一時500円以上値下がりした」(なんのこっちゃ)

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2015/07/06 19:52
    •  折り込んでなかったと思いますが、思ったほど下げませんでしたね。
       でも、これまで十分に高くなってますので……。
       まだまだ、下げ余地はあると思います。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2015/07/06 21:07
    •  ああ、そうなん。
       なんかニュースのニュアンスは、明日にも世界恐慌が来るような……(そんなオーバーな)。
    コメントする   【由美と美弥子 1793】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
変態小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 人妻の浮気話 艶みるく 恥と屈辱の交差点
電脳女学園 愛と官能の美学 官能の本棚 羞恥の風
性小説 潤文学ブログ 潤文学 官能的なエロ小説 アダルト検索一発サーチ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き HAKASEの第二読み物ブログ SM・お仕置き小説ブログ Angel Pussy 週刊創作官能小説
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや [官能小説] 熟女の園 空想地帯
女性のための官能小説 むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 女の陰影
黒い教室 恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 女性のH体験告白集
Mikiko's Roomの仮設テント 快感小説 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 お姫様倶楽部.com 魔法の鍵 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 ろま中男3 制服美少女快楽地獄 漂浪の果てに
Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング 官能小説アンテナ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Girls Love Search Adult Novels Search
ライブドアブログ にほんブログ村

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ アダルトなび2 クリエイターコレクションR18 GAY ART NAVIGATION
成人向けランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top