Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1732
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 由美は、窓辺に立った。
 全裸で。
 観客がいないとわかっていることが、今はむしろ物足りなかった。
 出窓の下、鉢植えが置かれた窓台に両手を着く。
 窓ガラスは、開いたままだ。
 由美は、出窓の外に顔だけ突き出した。
 正面からの視線は無いが、真下の庭からは、由美の姿を見上げられる。
 首から下を出せば、裸が丸見えである。

「まだ寝てる」

 男の両脚は、長々と伸びたままだった。
 陽が当たらないので、目覚めないのだろう。
 由美は、さらに顔を突き出した。
 下から見上げれば、勃起した乳首まで、はっきり見えるはずだ。
 むろん、見上げる視線は無い。
 男の股間部まで、視界に入った。
 さっきと変わらない。
 下腹部が、静かに起伏している。
 すっかり寝入っているようだ。

「呑気なものね」

 顧客の庭先でオナニーをして、そのまま寝入ってしまう営業マン。
 海に面した静かな町では、こんな暮らしもあるのだろう。
 由美は、変な話、羨ましい気さえした。
 のどかで……。
 開放的で。
 誰も皆、道で出逢えば、声を掛け合う。
 そして……。
 その場で、性交する。

「それは、無いか」

 由美は、窓台に蹲うように身を屈めた。

「あれ?」

 男の股間からは、陰茎が零れ出ている。
 それは、さっきまでと同じだ。
 しかし、さっき覗いたときとは、微妙に違っていた。
 ピンクの芋虫めいた形状に変わりは無いが……。
 明らかに、さっきよりは膨れていた。
 魚市場で見るナマコのようだった。
 どうやら男は、不埒な夢でも見ているようだ。

「そういうことしか、考えないのかしら?」

 射精したばかりなのに。
 あまり人のことは言えないのだが……。
 それは棚に上げることにした。
由美と美弥子 1731目次由美と美弥子 1733




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/04/11 07:56
    • み「それでは、答えを言います」
      律「聞かなくていいわ」
      み「聞けぃ!」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201209231038536ec.jpg
      み「江戸で、開腹手術をしたんです」
      律「出来っこないでしょ。
       麻酔はどうしたのよ。
       麻酔もしないでお腹を切ったら……。
       あまりの激痛で、悶死しちゃうわよ」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015040512344806b.jpg
      み「どうやって麻酔したかは、忘れた」
      http://blog-imgs-49.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012041207394444a.jpg
      律「いい加減な女」
      み「とにかく、手術は成功したのです」
      律「あ、そう。
       作り物の話はいいわよ」
      み「この『東北』自体、作り話でんがな」
      律「盲腸と繋がるのが、結腸」
      み「進めますな」
      律「いちいち相手にしてたら、一向に進まないんだもの。
       どんどん続けます」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150405123435b10.jpg
      律「結腸は、大腸の中で一番長い器官よ。
       まず、盲腸と繋がる右の脇腹の上のあたりから、真上に向かいます。
       これが、上行結腸ね。
       長さは、約20㎝」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/04/11 07:56
    • 律「上行結腸が肝臓の下まで上がると……。
       今度は胃の下を真横に伸びて、左脇まで達します。
       この部分が、横行結腸。
       長さは、約50㎝」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201504051234331fd.jpg
      律「さらに今度は、体幹の左側を真下に向かいます。
       これが、下行結腸。
       長さは、約25㎝。
       さらにそこから、身体の中心部まで戻り……。
       直腸と繋がるわけ。
       直腸はまっすぐ下に向かってるから……。
       そこに繋がるには、真上からになるわけ。
       なので、この部分の結腸は、S字に湾曲してる。
       なので、S字結腸と呼ばれます」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015040512343136a.jpg
      ↑見事なS字クランク。場所不明。
      律「長さは、約45㎝」
      み「ベラベラとまくし立てましたな」
      律「チャチャを入れられたら、話が続かないから。
       それでは、ここで問題です!」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015040512345019b.jpg
      み「にゃんだとー」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150405123432dcc.jpg
      律「さっきの仕返しよ。
       ちゃんと聞いてれば、わかる問題です。
       結腸全体の長さを答えよ」
      み「覚えてられるか!」
       続きは、次回。
      P.S.本日は、午前中、出勤してきます。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/04/11 11:55
    •  そうかなあ、由美ちゃん。
       自分でも言っているように、「顧客の庭先でオナニー」「そのまま寝入ってしまう」。そんな奴……はともかく、へたすりゃ警察沙汰だよ。とても“普通の暮らし”とは思えないぞ。
       ともあれ、復活しようとするちんちん。
       どうなるのかなあ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/04/11 12:05
    •  医者じゃなくてジャーナリストだろ、主人公の男。
       手術なんてできるのか、『仁』ならともかく。
       道具はどうしたんだ。包丁(使うなら柳葉がお薦め)、裁ち鋏(または和鋏)、菜箸(火箸も可)などじゃ無理だろ。
       なんか、失敗して死んで元々、半ばやけっぱちでやったような……。
       ところで、華岡青洲が全身麻酔薬を完成、乳がん手術を行ったのは文化元年10月13日(グレゴリオ暦1804年11月14日)。
       話がこれ以前なら、麻酔は行いようが無かったのですが……。
       S字クランクは、自動車学校でも難所の一つ。脱輪し、行き暮れる?!お人は多い。
       45センチ!? そんなにあるのかS字クランク、じゃなくてS字結腸。図では短く見えるんだけどなあ。
       誰だ?この出題者。ひょっとしてジョーンズ?
       で問題その1「結腸全体の長さを答えよ」。
       単なる足し算だろ。
       それとも、引っかけか?

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/04/11 13:38
    •  主人公は、現代と江戸を行き来できるんです。
       で、現代に戻ったとき、友人の医者に、手術のやり方を聞いたんじゃなかったかな?
       麻酔やメスも、現代から持ち込んだんだと思います。
       盲腸の手術くらい、知識があれば出来るんでないの?
       S字結腸。
       けっちょー長いですね。
       ↓長さは、Wikiに書いてありました。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%85%B8
       ジョーンズって、誰じゃ?
       インディ・ジョーンズ?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/04/11 15:12
    • >友人の医者に、手術のやり方を聞いた
       「律」センセに「ご都合主義」って言われるな。
       あ、知りまへんか、ジョーンズ。
       サントリーのテレビCM(ウィスキーじゃなくて缶コーヒー)に出てくる、宇宙人のおっさんです。
       “アナタ、コタエナサーイ”画像に似てるけどなあ。
       インディ・ジョーンズはハリソン・フォードだろ。始めて見たのは、タイトルは忘れたけど(ええかげんなヤツ)、例の「トロッコチェイス」が出てくるやつです。
       こいつを最初に見た、というのは運がよかったなあ。もう、ぶっ飛びましたね。さすが、ルーカス&スピルバーグのコンビです。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2015/04/11 19:07
    •  ぜんぜん、知りません。
       スティーブ・ジョブズの間違いかと思った。
       インディ・ジョーンズ。
       面白かったですね。
       もう一度、見てみようか。
       本日、ブラタモリ、第1回です。
       土曜の7時半とは、期待のほどがわかります。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2015/04/11 22:35
    •  流れていないのかなあ、サントリーのCM。
       缶コーヒーの「BOSS」ですがね。こちらでは売れに売れています(ちょっとオーバー)、コーヒーも“宇宙人ジョーンズ”も。
       ところで誰なんだよ、“コタエナサーイ”画像のおっさんは。
       インディ・ジョーンズ。
       シリーズものの宿命といいますか、全てが面白いわけではありません。やはり初期のものですね。
       わたしのお薦め……『エイリアン』は①&②。『ターミネーター』はぶっちぎりで①、アイディアとシュワちゃんに拍手。『ダイ・ハード』は僅差で③。『バイオハザード』は①以外は駄作です。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は①しか見ていないし、『ハリ・ポタ』は全く見ていません。
       次回作が待たれるのは『アバター』。見るまでは、こんなに面白い作品だとは思いませんでした。いい方に裏切られる、珍しい経験です。前評判の高いものほど駄作が多いんですけどね。
       で、ブラタモリ、見ました。さすがの出来ですね。
       この手の番組(ほかにないけど、あえて言えば「紀行もの?」)としては出色のシリーズです。Mikikoさん、教えてくれてありがとー。
       今回は、現場が長崎・出島(他にもあったけど)というだけでね、もうね、なんて言うかね、言葉を無くしたよ。
       言いたいことや感想は山ほどあるんだけどね。
      ♪肥前長崎 港町
       異人屋敷のたそがれは……
       ブラタモ、次回はも一度長崎で、その次は金沢だそうです。今の時期、金沢番組は「もうええ」なんですけど、ブラタモは期待できるでしょう。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2015/04/12 08:06
    •  わたしは、CMを見ないので。
       生ではNHKしか見ませんし、録画した番組では、CMを飛ばしますから。
       “コタエナサーイ”画像のおっさんは……。
       無名の人じゃろ。
       素材画像のモデルです。
       出所は、見失ってしまいました。
       こんなに食いつかれるとは思いませんでしたので。
       それより、白目画像は、誰でしょう?
       ブラタモリ。
       ゆうべは、『京都編』の完全版を見ました。
       どこが新しい場面なのか、さっぱりわかりませんでしたが。
       『長崎編』は、今夜見るつもり。
       見たあとは、DVDにダビングします。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2015/04/12 09:57
    •  知らんよ。
       気色悪いからよく見ていないし。
       有名人なのか?
       ブラタモ「京都編」と「京都完全版」との違いは……
       完全版には予告編(レギュラー化と長崎編)がくっついている、それだけの違いのようです。隅から隅まで確認したわけじゃありませんがね。
       この確認作業をやっと終えたので、「京都編」を消去できるというものです。ディスク領域が少し空くなあ(前之園陽子)。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2015/04/12 12:46
    •  有名な映画じゃないですか。
       『京都完全版』。
       予告編だけで、25分も長くなるわけないでしょ。
       ↓「未公開シーンを加えた内容」と、ちゃんと書いてあります。
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150325-00000003-hatenan-l26

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2015/04/12 13:34
    •  知らん。
       未公開ブラタモ。
       いやあのね。
       知りたいのは「未公開シーンの内容」と、「どの位置に加えたか」やないですか。
       ま、どっちみち『不完全!版』を消してしまった今となっては、逆に♪知りたくないの~、ですね。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2015/04/12 18:14
    •  エクソシストではないか。
       ある意味、エポックメイキングとなった映画です。
       なんで、『完全版』の方を消してしまうのか、その了見がわからん。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2015/04/12 22:52
    •  いや、ちらっと「せやないかなあ」とは思ったんやけどね(後出しなら、何でも言えるわ)。
       首が回るとこだったなら、一発でわかったんだけどなあ(誰でもわかるわ)。
       ホラー映画『エクソシスト』ときますと、以前に書いたような気もしますが、最も印象に残っているのはホラー場面ではなく、作中音楽です。
       特に、女の子の母親が、大学からか病院からか、そのあたりははっきりしませんが、とにかく外出から自宅に戻る途中、落ち葉の舞い散る歩道を歩きます。確か、道は軽い下り坂だったように記憶していますが、曖昧です。道自体は欧米によくある、石畳の……。歩く母親の背景には、住宅の壁が続きます。
       で、母親の歩みにかぶせ、あの有名な音楽「エクソシストのテーマ」が流れるわけです。この場面自体は、恐怖とは何の関係もない、いわば日常の一シーンなのですが。
       しかしもちろん、娘の異状を気遣う母親の心中を忖度しますと、じわっと恐怖が染み透ってきます。音楽の美しさが、この恐怖をさらに盛り上げます。
       
       「エクソシストのテーマ」
       これに惹かれる方は多いようで、もちろんYou TubeにはUPされていますし、様々な観点から分析を試みる方も多いようです。
       映画『エクソシスト』。名作です。
       消えたブラタモ。
       前コメ、よう読まんかい。
       消したのは『完全版』ではなく『不完全版』だ。『完全版』を消すアホが何処におる!

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2015/04/13 07:43
    •  消したのは、『不完全版』だったのか。
       つまらん。
       寺嶋一根(イネ)さん、やっぱり可愛かったです。
       『長崎編』の前編、見ました。
       面白かった。
       長崎の町の平地が、ほとんど埋め立てで作られたってのは、初めて知りました。
       津波、大丈夫なのか?
       しかし、山の斜面での暮らしもタイヘンですよね。
       ほとんど、階段ばっかり。
       年をとったらどうするんでしょう。
       ていうか、デイサービスの送迎とか、出来ませんよね。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2015/04/13 11:30
    •  インクラインを案内してくれた方だっけ?
       坂の町長崎。
       エレベーターがあったよね。
       斜面に設置してあるからエスカレーターかな、と思ったけど、人の乗った籠が上下するんだから、斜めでもエレベーター、ということなんだろう。
       ああいうのを市内全域に張り巡らせば、お年寄りにはずいぶん楽になるんだろうけど、予算や土地問題もあるだろうし、なかなかそうはいかないんだろうね。
       “年寄りは引っ越せ”ということかな。
       埋められた出島。
       このあたりの事情は、何処も同じ、なんだろうね。
       今更発掘するくらいなら……と思いますが、これも一つの歴史なんでしょう。頑張ってください、学芸員の皆さん。
       自宅が洋館、という人がいたよね。
       羨ましいと思う半面、維持が大変だろうな、とも思います。どっちにしても、ビンボ人には縁のなさそうなお住まいでした。
      ♪ああ 長崎は今日も“雪”だった
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女夜伽物語 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話 未知の星
レズ画像・きれいな画像倉庫 官能文書わーるど 愛と官能の美学 新・SM小説書庫2
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 赤星直也のエロ小説 ましゅまろくらぶ 性小説 潤文学ブログ
萌木ケイの官能小説 恥と屈辱の交差点 官能的なエロ小説 羞恥の風
恥ずかしがりたがり。 誰にも言えない秘密 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ちょっとHな小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 変態小説 人妻熟女・エッチな体験告白集
潤文学 魔法の鍵 快感小説 人妻の浮気話 艶みるく
ぺたの横書き 女性のH体験告白集 調教倶楽部 出羽健書蔵庫
[官能小説] 熟女の園 Eros'Entertainment 18's Summer むね☆きゅんファンサイト
かめべや アダルト検索一発サーチ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
恥辱小説 淫界散歩 空想地帯 最低のオリ オシッコオモラシオムツシーン収集所

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 黒い教室 お姫様倶楽部.com 漂浪の果てに
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ライトHノベルの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
昭和のあの日あの頃 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
マルガリテの部屋 エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
riccia ただ貴女を愛したくて ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン
黒塚工房 リアル官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング にほんブログ村
エログちゃんねる 小説の匣
Girls Love Search 正しいH小説の勧め
イメチャログ 官能小説アンテナ
ネット小説ランキング GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング コミックルーム 少女禁忌区域
おたりんく Adult Novels Search 【携帯】女の子のためのн小説 十八禁恋愛私花集
萌駅 セックス・ノベル・ネット ぱっくりんく 【携帯】♂恋愛至上主義♀
ヌケルアダルト作品 Cyber あまてらす 厳選2chまとめ アダルト検索BBJapan
MEGURI-NET ぴあすねっとNAVI SindBad Bookmarks 【携帯】GL狂愛Rank

ランキング/画像・動画(31~50)
GAY ART NAVIGATION 創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】Lovely Venus アダルトなび2