Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1721
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「由美!
 わたしの由美!」
「犯して!
 わたしを犯して!」

 美弥子の手を、股間に感じた。
 しかしそれは、手の甲のようだった。
 指先は、美弥子自らの陰核を摘んでいるのだ。
 由美の陰唇に、導くために。

「あひ」

 陰核が潰された。
 しかし、指先の硬い感触ではなかった。
 美弥子は、自らの陰核を、由美の陰核に擦りつけて来たのだ。

「わひぃぃ」

 由美の両脚は、激しく美弥子の胴を締めつけた。

「あっ、かかか」

 美弥子の頚が、大きく頷いた。
 陰核による攻撃は、自らをも追い詰める両刃の剣なのだ。

「い、入れて……」

 由美は、捲るように尻を持ちあげた。
 背後から、誰かに見てほしかった。
 自らの肛門が、激しく息づくさまを。

「はぅ」

 美弥子が、何かを振り切るように頚を起ちあげた。
 陰核に密着する肉芽の感触が消えた。
 しかし、それは一瞬だった。
 代わって、陰唇の襞を滑り降りる感覚を覚えた。
 そして移動は、正確に膣口で止まった。

「いくよ」
「来て」

 美弥子の腰が煽られた。
 膣口に、突起を感じた。
 幼児の陰茎ほどの尖りは、むろん膣内を満たすことは出来ない。
 しかし由美は、何ものにも代えがたい充足感を得ていた。
 美弥子の肉体の一部を、自らの胎内に受け入れているのだから。
由美と美弥子 1720目次由美と美弥子 1722




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/03/27 07:27
    • 律「その一人が、あなたってことね」
      み「さいです。
       そして、そんな人は、きっとわたし一人じゃない。
       胃酸を抑えれば、軽快する人は必ずいる」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015032219015419d.jpg
      律「ま、いないとは言い切れないけど」
      み「そこで、相談なんじゃが」
      律「何の相談よ?
       消化器科も皮膚科も専門外よ」
      み「でも、病院には消化器科もあるんでしょ?」
      律「総合病院で消化器科が無いところなんてないでしょ」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150322190156543.jpg
      ↑これは、消火器違い。
      み「ファモチジン、横流ししてくれない?」
      律「は?
       処方されてるんでしょ?」
      み「大量に手に入れたいのじゃ」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150322190155862.jpg
      律「バカね。
       薬ってのは、たくさん量を飲めば、それだけ効くってもんじゃないの。
       適切な量を守らなきゃ、大変なことになることもあるのよ」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150322190158559.jpg
      ↑どうやったら、起きる前に飲めるんじゃ?
      み「わたしが飲むんじゃありまへんがな」
      律「誰が飲むのよ?」
      み「ファモチジンを、乾癬の薬として密売しようという計画じゃ」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201503221902151b3.jpg
      律「……」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/03/27 07:28
    • み「乗りまへんか?
       10倍くらいにして売るから、2割ほどバックしても良いぞ」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150322190153545.jpg
      ↑悪のカンガルー
      律「呆れてものも言えないわ」
      み「人助けでしょ」
      律「お金儲けじゃない」
      み「薬ってのは、安過ぎたら有り難みが無いの」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201503221902131f7.gif
      ↑朝鮮人参。妙に人間じみてますよね。
      律「ほんとに、どうしてそうバカなことばっかり思いつくのかしら。
       胃薬を密売しようなんて考えるの、あんただけよ」
      み「これで、乾癬が治る人もいるかも知れないのに」
      律「そんなら、ことの顛末を、ブログで正直に書けばいいでしょ。
       あとは、読んだ人の判断よ」
      み「儲からんではないか」
      http://blog-imgs-74.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150322190218446.png
      律「これで儲けたら、犯罪です」
      み「途中で気づいたんだけど……。
       ことの顛末は、すでにブロクにアップしてあった(こちら→http://mikikosroom.com/archives/2698001.html)」
      律「呆れた。
       それじゃ、ネタの2度売りじゃない」
      み「売ってないわい。
       どこからも原稿料、貰ってないし」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150308190204bc0.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/03/27 10:08
    •  美弥クリ。
       そして、胎内に潜り込もうと膣口めざし、由美陰唇の狭間を滑降する美弥デカクリ。
       いやらしいですねえ。
       うらやましいですねえ。
       こんないやらしいくり・まんこ。
       この世のものとは思えませんねえ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/03/27 10:12
    •  路面電車の復権をめざし、1980年に開発。広島電鉄(画像は多分これ)と長崎電気軌道で運用が始まったそうです。
       開発スポンサーは日本船舶振興会、いわゆるボート協会、競艇の元締めですね。初代会長は「一日一善」の故笹川良一。
      ♪戸締り用心火の用心 一日一回よいことを ニコニコにっこり日曜日『親を大切にしよう 一日一善!』」
       おー、久方ぶりの、神も恐れぬ駄洒落。
       消化器→消火器なんて、今どき子供もやらんぞ。一日一善!(なんのこっちゃ)。
       「大量に手に入れたい」画像。
       ひょっとして、ヤクの取引現場か? 一日一善!(なあんのこっちゃ)
       「朝起きる前注意書き」。
       起き上がる前、ということかな。つまり、布団の中では飲むな、と。
       その心はもちろん、行儀が悪いから。一日一善!(よっぽど気にいったな、おっさん。けど、たいがいにせえよ)。
       江戸期で高価な薬といいますと、朝鮮人参と相場が決まってましたが、効いたのかね、実際は。一度伺ってみたいものだ。
       えーと、杉田玄白……はちょっと昔過ぎるな。中川淳庵(早逝したぞ)、伊藤玄朴(眼医者じゃん)、大村益次郎(それは幕末の志士)、貝原益軒(ご存じ養生訓)、手塚良庵(治虫の曽祖父とか)、華岡青洲(どっちかというと外科医)、平賀源内(一応医者だけど)、緒形洪庵(大物過ぎねえか)、いっそシーボルト(国外退去じゃん)、えーい新出去定、これでどや(架空の人物じゃねえか、山本周五郎『赤ひげ』)。
      >律「それじゃ、ネタの2度売りじゃない」
       よっぽど困っとるな、「み」さん。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/03/27 20:44
    •  信号で止まるんですから、バスと変わらんではないか。
       バスなら軌道もいらないし、ずっと安あがりだと思いますが……。
       どんな利点があるんでしょう?
       江戸では、脚気が流行りました。
       “江戸患い”と呼ばれたそうです。
       江戸では、糠を削ぎ落とした白米を食べてたからです。
       むろん、現代のように、しっかりオカズを取れば、脚気になることなどありません。
       おそらく江戸時代は、漬け物程度のオカズで、白米ばかりワシワシ食べてたんでしょうね。
       当時は、原因が白米だなんてわかりません。
       白米を食べ続ければ、どんどん病状は悪化し、やがてはご臨終です。
       死病のひとつだったようです。
       米のとぎ汁を飲ませれば、いっぺんに治ったはずだそうです。
       2度売りであることを表明するだけ、良心的ではないか。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/03/27 23:42
    •  交通渋滞に巻き込まれるとどうしようもないではないか。
       路面電車の軌道内には原則、「一般車は入ってはいかん、通行禁止」だから(道路交通法第三章第二十一条)渋滞なんぞどこ吹く風、母のんきだね~、で走れるんだよ。気持ちいいぞう。
       残念ながら、「赤信号では路面電車も停止」ですがね。
       そういえば、新潟には路面電車が走っていないんでしたね。しかし、広島とか熊本とか、路面電車が幅を利かせている都市はまだまだあります。東京だって都電荒川線が走っています。そういう所へ車で行ったときにうろうろしないよう、しっかり覚えておきましょう。
       「一般車は、路面電車の『軌道敷内通行禁止』」。
       ただし正確にいいますと「軌道敷内に入って電車の邪魔しちゃ駄目よ」ですから、電車がいなければ入ってもお咎めなし。
       江戸患い。
       へえ、知りませんでした。そういうことがあったのも、もちろん名称もね。江戸期の庶民は、日本国中で玄米を食べてると思ってた。白米は武士専用だと。これはへえええ~、ですね。
       地方はともかく、江戸には医者なんてうじゃうじゃいたんだから、誰か気ぃ付かんかったもんかね。ま、これは医学というよりも植物学、栄養学の藩中(こう出たけど、こんな言葉あるのか)、いや範疇だろうから、当時の医者に気付けというのも無理か。
       死因が脚気の有名人は……、
       豊臣秀吉(脚気かどうかは不確定)、江戸期の第115代桜町天皇、江戸幕府第13代将軍徳川家定、同第14代家茂、家茂の正妻皇女和宮(ということは夫婦で脚気持ち)、幕末の薩摩藩重臣小松帯刀(幼少から病弱、明治3年満34歳で没、“惜しい人を亡くした”というやつです)、野中到・千代子夫妻(千代子夫人はご存知『芙蓉の人』、富士山頂で気象観測中、栄養不足により夫妻で脚気に)ただしこの二人は無事に下山し、脚気は治癒しました。
       えーと、念のため。脚気は食物中のビタミンB1不足が原因です(んなこた、わあっとるわい)。
       2度売り一件。
       「良心的」というよりも、“開き直っている”だけではないのか。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2015/03/28 08:04
    •  1999年まで、『新潟交通電車線』という路面電車が走ってました。
       ↓動画です。
      http://www.youtube.com/watch?v=GCLl5QV6_Ds
       でも、新潟市の中心部を走る電車じゃなかったんです。
       新潟市街と、JRの通らない郊外を結ぶ路線でした。
       だから、わたしは1度も乗ったことが無いんです。
       今思えば、乗っておけばよかった。
       白米の害。
       これは、明治までわからなかったんじゃないですか。
       “銀シャリ”で釣って兵隊を集めた陸軍で、脚気が蔓延したのは有名な話です。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2015/03/28 12:19
    •  白米禁止が法制で強制されるようになったのは、1939年(昭和14年)12月1日からだそうです。それまで脚気は、結核と並ぶ二大国民病と称され、年間1~2万人の死者が出ていました。
       脚気には「白米原因説」と「伝染病説」があり、明治期には「伝染病説」が主流だったとか。
       陸軍では、米飯(白米)過信・副食軽視の結果、脚気患者が増える一方だったそうですが、頑迷な海軍関係者は「伝染病説」に固執したとか。森林太郎(鴎外)もこの一人。
       一方、海軍。
       海軍軍医 高木兼寛は、明治初期、脚気は食物に原因ありと考え、タンパク主体の洋食に海軍食を切り替えた。で以後、海軍内における脚気患者は激減した。
       軍隊はさて置き、都築甚之助という医師が、明治末、米糠の服用が脚気に有効であることを見出し、さらに副食重視の食事を奨励したが、ほとんど顧みられなかった。
       これに続いて1910年(明治43年)、ビタミン研究の鈴木梅太郎、この人は医師ではなく農学者だが、米糠から脚気に有効な成分オリザニンを抽出。
       その後、すったもんだはあったが、1925年(大正14年)「脚気ビタミン欠乏説」が確定。
       で、1954年(昭和29年)武田薬品がビタミンB1内服薬「アリナミン錠」を開発・販売、脚気死亡者は以後激減した、と。
      ところが、1975年(昭和50年)ころ、脚気が再燃。これ は砂糖過剰の食品・インスタント食品、いわゆるジャンクフードの蔓延が原因、またアルコールの過剰摂取も原因とされている……。
       南極大陸に「高木岬」と名付けられた場所がある。
       ビタミンの研究により「日本疫学の父」「ビタミンの父」と称えられる高木兼寛(海軍軍医総監)の功績をたたえるものだそうな。
       有名な海軍カレー、先日もテレビでやっていたが、これも脚気の予防食として高木が取り入れた物とか。
       「新潟交通電車線」
       1999年4月5日に廃止。
       乗っときゃよかったのになあ。
       わたしの実家の近くを、「阪神電車北大阪線」というのが走っていましたが、1975年5月6日に廃止、61年の歴史を閉じました。
       阪神北大阪線。
       軌間1435mm。
       路線総延長4.3㎞。
       起・終点を含む駅数11。
       全線複線・全線電化。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2015/03/28 13:46
    •  石川英輔の『大江戸神仙伝』では……。
       江戸時代にタイムスリップした科学ジャーナリスト(?)が、その知識を活かして江戸人を驚かせます。
       その最たるものが、脚気の特効薬。
       実際には米のとぎ汁だったのですが……。
       死を待つだけだった脚気患者が、奇跡的に回復するわけです。
       これにより、“神仙”として奉られます。
       面白いですよ。
       新潟交通電車線。
       若いころは、電車になんかまったく興味ありませんでした。
       用もないのに乗るなんて、考えたこともなかったです。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2015/03/28 16:42
    •  なんか、『JIN-仁-』を思わせるようなエピソードですね。
       脚気の原因をよく知っていたなあ、と思いますが“科学”ジャーナリスト、というのが味噌なんでしょうね。『仁』の場合はペニシリンでした。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 熟女夜伽物語 ひとみの内緒話 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど 愛と官能の美学 未知の星 ましゅまろくらぶ
萌木ケイの官能小説 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 官能的なエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 ちょっとHな小説
羞恥の風 恥ずかしがりたがり。 変態小説 快感小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 空想地帯 恥辱小説 淫界散歩 妄想ココット
18's Summer 黒い教室 性小説 潤文学ブログ Eros'Entertainment
性転換・TS・女体化劇場 官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園 人妻の浮気話 艶みるく
潤文学 魔法の鍵 人妻熟女・エッチな体験告白集 ちょっとHなおとなのための…
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 調教倶楽部 淫鬼の棲む地下室
お姫様倶楽部.com アダルト検索一発サーチ 漂浪の果てに 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ライトHノベルの部屋 ぺたの横書き オシッコオモラシオムツシーン収集所 最低のオリ
空想の泉~The Fountain of Daydream~ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 誰にも言えない秘密
被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所 昭和のあの日あの頃 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 エピソードセックス
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia ただ貴女を愛したくて
ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン 黒塚工房 リアル官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
正しいH小説の勧め Girls Love Search
小説の匣 GL Search
官能小説アンテナ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング ライブドアブログ コミックルーム 【携帯】GL狂愛Rank
萌駅 セックス・ノベル・ネット 【携帯】女の子のためのн小説 【携帯】Lovely Venus
ぱっくりんく Cyber あまてらす SindBad Bookmarks ぴあすねっとNAVI
おたりんく 少女禁忌区域 GAY ART NAVIGATION MEGURI-NET
アダルト検索BBJapan GIX ヌケルアダルト作品 Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(31~50)