Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1707
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 厚い肉が、由美の顔面を受け止めてくれた。
 焦点が合わないほど目の前に、屹立した陰核があった。
 由美は、首を伸ばし咥えようとしたが……。
 僅かに届かなかった。
 しかし、上体を送る猶予は、もう残されていなかった。
 鼻先に、陰核が触れた。
 顔を煽ると同時に、大きく頷く。
 掛かった。
 鼻孔で、陰核亀頭を咥えこんだのだ。
 顔面を倒し、奥まで迎え入れる。
 ゆっくりと顔を上げる。
 奥まで入りこんだ陰核は、抜け落ちなかった。
 由美は、起こした顔面を彷徨わせた。
 あった。
 求めていたのは、鏡だった。
 自らの顔貌を確かめかった。
 鼻の穴に、陰核を咥えた姿を。
 その浅ましい女は、目の前の鏡の中にいた。
 うつ伏せに潰れ、両脚はガニ股に開いている。
 小さな尻が蠢き、尻たぶがはためいている。
 身体の下に潜りこんだ手が、自らの股間を苛んでいるからだ。
 もう、ゴールは見えていた。
 由美は顔を立て、鏡を凝視した。
 鏡の女が、小刻みに頷き始めた。
 視界が上下にブレる。
 由美は、鼻の穴で、陰核の挿出を始めたのだ。
 挿出と云っても、実際は、陰核の側面を覆う包皮が伸び縮みしているだけだろう。
 しかし、鏡に映る女は、片鼻が膨れた無様な顔で、その行為に忘我していた。

「変態!」

 声に出して罵った。
 鏡の女は、破顔した。
 そして、さらに激しく頷いた。

 ぶっ。

 陰核の入ってない鼻孔から、鼻汁が噴き出した。
 鏡の女は、それでも頷きを止めなかった。
 刹那……。
 股間の指先が、自らにとどめを刺した。

「が」

 鼻汁が振り子のように振りあがり、袈裟懸けに顔面を叩いた。
 鼻汁は、眼球の中央を斜めに過ぎっていた。
 しかし……。
 由美が、その筋を見ることは叶わなかった。
 すでに瞳は、瞼の裏側に吸いこまれていたからだ。
 由美の顔面は、陰核を鼻に咥えたまま、美弥子の股間に倒れた。
 やっとこれで、幸せな死体の仲間入りが出来る。
 幸せな……。
 由美の意識は、立ち上る尿臭の中に霧消した。
由美と美弥子 1706目次由美と美弥子 1708




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/03/07 08:14
    • み「わたしも、釣りに連れてってもらったことがあったけど……。
       やっぱ、臭いが強烈。
       しかも、ジイちゃんは、大きいミミズだと、ハサミで2つにちょん切ってつけるんだよ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150303200832576.jpg
      律「想像したくもないわ」
      み「ミミズは痛がって、ピンピンはねて、グルグル巻きになる」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201503032008314ad.jpg
      ↑チェンマイ名物、『サイウア(チェンマイ・ソーセージ)』。
      み「幼心にも、ミミズが気の毒でね。
       さらにそれから、針に刺されてでしょ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201503032008370b6.gif
      ↑あまりにも無残。イクラにしましょう。
      み「しかも、水の中に漬けられた挙句、魚に食われるのよ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150303200834b8c.jpg
      み「もう、フルコースの拷問って感じでさ。
       どんだけ悪いことしたら、こんな目に合うのかってほど。
       しかも彼らは、なに一つ悪いことなんかしてない。
       単に、一斗缶の中で土を食べてただけなのよ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150301184435e8c.jpg
      律「なんか、食欲、無くなってきた」
      み「助けてやれないことが不憫でね。
       そんな迷いながら釣ってるせいか……。
       一度、祟りにあったことがある」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/03/07 08:15
    • 律「ミミズの?」
      み「そうとしか思えない」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015030320085614d.jpg
      ↑ずばり『蚯蚓(みみず)神社』。
      み「ミミズを可哀想に思いながらも……。
       ジイちゃんに、針に付けてもらって釣ってたんだから」
      律「どんな祟りよ?」
      み「川っぷちの土手みたいなところで、斜面に座って釣ってたの」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150303200853c99.jpg
      ↑こんな綺麗なところではありませが、こんな感じのところです。
      み「たぶん、下の草が滑ったんだね。
       あれ?、って感じで、滑り台みたいに、そのまま川の中に滑りこんだ。
       でも、不思議と恐怖は感じなかった。
       モコモコのアノラック着てたから……。
       立ったまま、身体が水に浮いてたし」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150303200854c64.jpg
      ↑ここまでの余裕はありませんでしたが。
      み「でも、見上げるジイちゃんの顔が引きつってたのは、はっきりと覚えてる。
       背後の空が真っ青でね」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150303200851dee.jpg
      律「で、助かったわけよね。
       ここにいるんだから」
      み「うん。
       浮いてるうちに引き上げられた」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150303200835678.jpg
      み「でも、そこからが恥ずかしかったの」
      律「なんで?」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/03/07 10:22
    •  いや、鼻孔フェラと言った方がいいか、「浅ましい女」由美ちゃんの荒業。
      >破顔した
       笑む、微笑む、頬笑む、綻ぶ、……破顔一笑。
       欣快! 欣喜! 法悦! 匆匆! 狂喜! 恍惚!……有頂天!
       ということで、滞りなく由美ちゃんもいきました。
       幸せな予定調和です。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/03/07 10:32
    •  各体節(竹の節のような、筋目で仕切られた一区切り)ごとに、内臓がセットで揃ってます。いわば各体節が一つの体のようなものです。
       だから、ちょん切られてもさほど支障ありません。再生するしね。
       痛がっているようですが、単なる反射運動みたいなものです(わからんぞ~、ホントは痛がってのた打ち回ってたりして)。
       チェンマイの「サイウア」。
       なぜ巻いてあるんだろうね、演出か?
       釣りのエサ。
       図中のクロカワムシは、トビケラの一種「ヒゲナガカワトビケラ(髭長川飛螻蛄)の幼虫です。同じく図にある「ヒラタカゲロウ(蜉蝣の一種)」も幼虫です。
       カゲロウやトビケラの幼虫は、川底に生息する昆虫類で「水生昆虫」と総称されます。羽化期を迎えると、水面に浮かびあがると同時に脱皮し、羽が生えて成虫になり飛翔生活に移ります。
       わたしが関わったユスリカ(ハーレクインフライ)も同様の生活史を送る水生昆虫ですが、幼虫が生息する場所は、川底ではなく湖底です。
       参考文献:津田松苗『水生昆虫学』(名著です)。
             津田博士(故人)は元奈良女子大学教授。
             水生昆虫や陸水学の泰斗です。
       フライフィッシングに用いる疑似餌「フライ」は、これら水生昆虫の形態を模したもの、というのはよく知られていますね。
       信州の伊那地方では、カワゲラやトビケラなどの幼虫(当地ではザザ虫と称します)を佃煮にして食します。なんと缶詰にもなっています。
       ブドウ虫の幼虫は水生ではなく、ブドウを食害したりハチの巣に寄生したりする嫌われ者です。
      >み「祟りにあったことがある」
       祟りじゃ~っ! 八つ墓の祟りじゃぁ~っ!
       ミミズの漢字表記は蚯蚓ですが、音読みでは「きゅういん」だそうです。
       武士のたしなみ、水術、古式泳法。
       見てると、なんか不合理な泳ぎ方、という感じがしてなりません。「速さ」にこだわった崇りかなあ。
      >み「でも、見上げるジイちゃんの顔が引きつってた」
       当然でしょうね。
       孫を死なせては、親(孫の親、ジイちゃんの子)に合わす顔が無い。
       なんの顏(かんばせ)あって相まみえん。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/03/07 13:51
    •  あれは、ぜったいに痛がってました。
       「サイウア」が、巻いてあるわけ。
       長いままにしといたら、場所とって邪魔くさくてしょうがないでしょ。
       釣り餌のイクラ。
       針に刺したら、潰れて萎んでしまうんじゃないの?
       煮たイクラなのかな?
       古式泳法。
       頭に、刀や着物を載せて泳ぐわけですから……。
       水の上に、常時、頭を出してなきゃなりません。
       スピードは犠牲にせざるを得ないでしょう。
       あと、水音を立てずに泳ぐというのも、重要な要素じゃないですか。
       なお、わたしが唯一泳げるのは、犬かきです。
       あれも、古式泳法でしょうか?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/03/07 15:00
    •  ヴィクトリア・ブレイスアウトという、米国ペンシルヴェニア州立大の生物学教授(動物行動学博士)の著作に『魚は痛みを感じるか?』があります。一時新聞の広告欄によく出ていました。
       内容は、タイトルそのまんま。「痛み」とは何か、からのアプローチですね。ただし、わたしはまだ読み通していませんので、著者の結論はわかりません(なんのこっちゃ)。
       さあ、ミミズはどうなんでしょうね。
       場所取りサイウア。
       そもそも、長すぎるんだよ。
       潰れるイクラ。
       わたしは、イクラはさほど好きじゃないんで興味なし。
       それにしても、鮭鱒類のイワナやヤマメなんか、イクラで釣れるのかね。彼らにとっちゃ、同類の卵だろ。「なんちゅうことすんねん」で、寄って来ないんじゃないかね。
       古式泳法の一つに「のし」「のし泳ぎ」というのがあります。小学校のプール授業で教わりました。どこでどうなってこんな話になったのか覚えていませんが。
       「のし」は、おそらく「のす;伸す」が語源だと思いますが、“横泳ぎ”という感じですね。
       「犬かき」はれっきとした現代泳法だと思うぞ。
       黄門様の水戸藩ね。
       水術が盛んで、流派名を「水府流」と称し、門外不出の御家流。武家の子弟しか習うことが出来なかったそうです。
       水府流の鍛錬場は、藩内を流れ太平洋に注ぐ那珂川だったとか。
       で、この水府流をネタにした漫画(劇画か)があります。題して『ケイの凄春(せいしゅん)』。作者は『子連れ狼』の小池一夫・小島剛夕コンビ。傑作です。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2015/03/07 19:22
    •  雷魚は、痛みを感じない気がします。
       亀田郷では、雷魚も食べてました。
       叔父が、捕まえた雷魚を捌いてたのを目撃したことがあります。
       雷魚は、肉を削がれ骨だけにされても、バケツに放たれると悠々と泳いでました。
       犬は、何万年も前から泳いでたはず。
       犬かきは、古代泳法と呼ばれてもいいのではないか。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2015/03/07 21:07
    •  ワニの腕立て伏せ、というのがあったなあ。
       泳げる四足動物の泳法は、全て犬かきだそうです。
       なぜ他の泳法を用いないか。腕、じゃなくて前肢の、肩関節(でいいのか)の自由度が、人間のそれに比べ極端に低いからだそうです。つまり、クロールなんて無理、ということですね。平泳ぎくらいなら出来そうだけど。
       かんけーないけど、筒井康隆に『関節話法』(“間接”ではない)という短編があります。傑作です。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2015/03/08 08:02
    •  猿なら出来そうですけど。
       オランウータンのクロール、見てみたいです。
       ニホンザルも、温泉にばかり入ってないで、水泳も学習すればいいのに。
       動物は、顔を水面下に沈める泳法は、やらないんでないの。
       あ、カワウソなんかは違うか。
       筒井作品が、あまり海外で話題にならないのは……。
       言葉遊びが多いからでしょうかね。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2015/03/08 09:46
    •  ま、サル類の体は人間に近いでしょうからね、出来てもおかしくないでしょうがさて……。
       地獄谷のニホンザルがクロールをやれば、国外からの見物客はそれこそ押すな押すなでしょう。国民栄誉賞どころか褒賞ものだな。紫綬褒章あたりでどうだろう。
       関節話法。
       言葉遊びもそうなんだけど、やはり内容だよ。
       海外での評価ねえ。理解できないんじゃないの。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 レズ画像・きれいな画像倉庫 熟女夜伽物語
官能文書わーるど 愛と官能の美学 未知の星 萌木ケイの官能小説
赤星直也のエロ小説 新・SM小説書庫2 羞恥の風 恥と屈辱の交差点
ちょっとHな小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 快感小説 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 魔法の鍵 性転換・TS・女体化劇場 女性のH体験告白集
18's Summer 変態小説 潤文学 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所
性小説 潤文学ブログ 恥辱小説 淫界散歩 Eros'Entertainment 妄想ココット
むね☆きゅんファンサイト 黒い教室 漂浪の果てに 淫鬼の棲む地下室
ぺたの横書き アダルト検索一発サーチ 空想地帯 お姫様倶楽部.com
かめべや 出羽健書蔵庫 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHなおとなのための…

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
Girls Love Search GL Search
ライブドアブログ 官能小説アンテナ

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルトブログランキング コミックルーム 【携帯】GL狂愛Rank セックス・ノベル・ネット
ネット小説ランキング 【携帯】Lovely Venus 萌駅 少女禁忌区域
アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan Adult Novels Search 創作系サイト検索・KAGOME
おたりんく 百合姫ランキンク ぴあすねっとNAVI 十八禁恋愛私花集
【携帯】女の子のためのн小説 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)