Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1698
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ほら」

 由美は千穂の身体を抱えながら、美弥子の股間まで導いた。
 美弥子が、千穂の顔を迎えるように、自ら腰位置を動かした。
 ちょっと妬けた由美は、美弥子の顔を見あげる。
 美弥子の顔貌にはすでに、由美の心情を忖度する余裕は無いようだ。
 陰核を咥えられる期待に、瞳が膨らんでいた。
 太腿にはもう、ナメクジが這ったような筋が光っている。
 膣液を垂れ流しているのだ。
 由美は、千穂の肩を押した。
 千穂の顔が、美弥子の股間に近づく。
 千穂の両目が、焦点を合わせるために、中央に寄っていく。

「あっ」

 千穂の細い鼻先が、陰核に触れた。
 それだけで美弥子は、腰を崩しかけた。

「しっかりして」

 ビシッ!

 肉音が浴室に響いた。
 由美の手の平が、美弥子の尻を叩いたのだ。
 持ち重りしそうな尻肉が、ブルブルと震えた。
 それに呼応して、陰核がタクトさながらに上下した。
 千穂の瞳も、それを追って縦に振れる。
 振幅が徐々に収まり、瞳の上下動が止まった。
 刹那……。
 千穂は、金魚のように食いついた。

「あごぉぉぉぉ」

 美弥子の歓声だった。
 美弥子の下腹部に、脂肪を透いて腹筋が浮き立った。
 千穂の鼻は、美弥子の陰毛に埋もれている。
 完全に奥まで咥えていた。
 しかし、それからどうしていいか、迷っているようだ。
 瞳が、美弥子の腹部を泳いでいた。
 無理もない。
 美弥子の陰核は、幼児の陰茎ほどしかないのだ。
 フェラチオのような前後動は無理だった。
 ひょっとしたら、千穂の亡夫は巨根だったのかも知れない。
 由美は、千穂に顔を寄せた。

「吸ってみて。
 ちゅぱちゅぱ」

 千穂は納得したらしく、すぐに頬が窪んだ。
由美と美弥子 1697目次由美と美弥子 1699




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/02/22 07:46
    • 婦「そんなわけないわよ。
       “みず”の生えてるところは、湿地だから……」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201502181828585ef.jpg
      婦「うっかり踏み込むと、ズブズブっていっちゃうこともあるの」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218182912c66.jpg
      婦「葉を掻き分けながら、足元を確かめて近づくことね」
      み「にゃるほど」
      婦「この“みず”は“あおみず”と言って、柔らかくて癖が無いのが特徴。
       “みず”には、もう一種類あって、“赤みず”というの」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201502181829009e3.jpg
      婦「茎が赤いから、すぐわかるわ。
       こちらは、“あおみず”より適応力が高くて……。
       ちょっと湿った程度のところまで進出してる」
      律「これは煮物ですけど……。
       ほかに、どんな食べ方があるんですか?」
      婦「癖がないから、どんなふうにしても食べられるわ。
       生でもいけるのよ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218182854c65.jpg
      律「山菜を生で?」
      婦「お醤油を付ければ、十分美味しいわ。
       でも、お家で食べるなら、湯がくのが一番。
       薄皮を剥いて、お塩をひとつまみ入れた熱湯に入れ……。
       色が変わったら、上げて、水に晒すの」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/02/22 07:47
    • 婦「あとは、おろし生姜とお醤油でお浸しにしたり……。
       マヨネーズで和えても美味しいわ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015021818285610e.jpg
      ↑辛子マヨネーズ和え。
      律「あ、それ美味しそう」
      み「お酒のツマミに良さそうだね」
      婦「最高よ」
      律「食べるのは、この茎だけなんですか?」
      婦「基本的には、茎を食べます。
       でも、葉っぱは、天ぷらにすると美味しいわよ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218182913233.jpg
      み「それも、いただき」
      婦「あと、叩くと滑りが出るのよ。
       茹でた“みず”を、まな板の上で、包丁で叩く。
       そこにお味噌を加えて、さらに叩く。
       にんにくや生姜を入れてもいいわよ。
       もう、お酒のツマミに最高」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218182856447.jpg
      律「あー、飲みたくなってしまった」
      み「ゆうべ、あれだけ飲んだのに?」
      婦「どちらで、飲まれたの?」
      律「この近くの、『六兵衛』っていう居酒屋です」
      http://blog-imgs-61.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141101093300e7a.jpg
      婦「あら、通なお店をご存知ね」
      み「やっぱり、有名なんだ」
      婦「今回は、団体で来ちゃってるから、残念ながら行けないけど。
       大勢じゃ無理なお店でしょ。
       すぐ一杯になっちゃうんだから」
      み「でしたね」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/02/22 10:28
    •  千穂クンニ。
       敵娼!は、デカクリちんぽの美弥ちゃん。
      >「あごぉぉぉぉ」
       美弥ちゃんのよがり声ですが、断末魔の叫びにしか聞こえません。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/02/22 10:35
    •  よく聞きますが、ホントにあるのかね、底なし沼。
       地球を貫通して、ブラジルかアルゼンチンあたりに口を開けてたりして。
       ま、ゴシックホラーの定番です、底なし沼。横溝正史とかね
       若い頃山歩きをしていた時、尾根筋に湿地帯がありました。沈み込みそうでヤバそう。
       同行の男が「こういう時は標識の根元を歩けばええんや」と道端の標識付近に飛び移りました。途端にずぼっと胸のあたりまで埋まりこみよりました。
       ほっぽって置くわけにもいかないので、足元を探り探り近づいて引きずり上げたものです。
       人生、どこで足元を掬われるかわかりません。
      >婦「葉を掻き分けながら、足元を確かめて近づくことね」
       そのとぉ~り(財津一郎で)。
       「みず」は、赤と青。
       黄色はないのかなあ。
       アマダイには赤、白、黄があります(あやめ。さりげない番宣でした)。
       植物の赤や青のちがいって、わたしには、ぅわっかりますぅうえぇ~ん(これは誰だったかなあ)。
       山菜の王様「みず」。
      煮物もいけます、生でもいけます。もちろん炒めてもいけるんだろうなあ。
       湯がき「みず」の味噌たたき。
       こりゃあ、もちろん酒のあて。
       フキでやってみるかな。
       「六兵衛」さんをご存じ。団体で来てる。
       ほんとに何者なんだろうね、「婦」さん。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2015/02/22 12:26
    •  これは、以前に書きましたが……。
       痛快な話なので、もう一度。
       開高健が、外国で釣りをしたときの話。
       現地の案内人と、釣り場に向かってた。
       長靴が潜るほどの湿地帯を渡ってるとき……。
       開高さんは、女のあそこみたいだと冗談を言ったそうです。
       それまで無愛想だった案内人は、にわかに相好を崩し……。
       「ここにはまさしく、その名前が付いてる」と笑ったそうです。
       みず。
       スーパーに出るでしょうかね。
       今度、気をつけて見てみよう。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2015/02/22 15:37
    •  やはり長靴で泥地を歩いた人の話。
       歩くたんびに両脚の長靴が触れ合い、靴についた泥がしだい次第に上方にせりあがって、ついに靴の上端を越えたとか。
       なんか、書いたらさほど面白くないなあ。聞いた時は面白かったんだけど。
      >「ここにはまさしく、その名前が付いてる」
       それは何語で、んで、なんて云うんだろうね。
       男の連帯感を最も高めてくれるのは、Y談です。
       ちなみに関西語では「*#こ」ですね、女性のあそこ。

    • ––––––
      7. 淡雪
    • 2015/02/22 17:05
    • おひさしゅうございます。
      何度かコメントを試みましたが、はじかれてしまって、断念いたしました。
      さきほど違うハンドルでコメントを入れたら、ちゃんと入るのを確認しました。
      スマホから、どうして入れれないんでしょう。。。
      底なし沼。。。ほんとうにこんな風に立て札がある場所があるんですね。
      個人的にはチュパチュパは、ちょっときついかしら。。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/02/22 18:20
    • > ハーレクインさん
       長靴の件。
       長靴が触れ合ったからじゃなくて……。
       泥を踏むごとに、長靴に着いた泥が上に送られ、履き口を越えたんじゃないですか?
       釣りで使う、胴長という長靴があります。
       胸までゴムで覆われる長靴ですね。
       あれは、非常に危険なのだとか。
       水中で転ぶと、胴長に水が入り、起きあがれなくなるそうです。
      > 淡雪さん
       お久しぶりです。
       なんで、コメント出来なかったんでしょうね?
       90%以上が英数字のコメントは、入れられないようにしてありますが……。
       それ以外の制限はしてないんですけど。
       底なし沼。
       確かに妙な看板ですが……。
       「立入禁止」よりは、はるかに効果があると思われます。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/02/22 20:57
    • >Mikikoさん
      >泥を踏むごとに、長靴に着いた泥が上に送られ……
       いやあ、そうじゃなくてね、靴が互いに触れ合うから、だから踏み込む深さ以上に上がったんだね、泥。知らんで、聞いた話や。
       なんで面白くないかわかったよ。文章表現が下手だからだな、うん。
       胴長は、学生の時に散々使いました。
       釣りではありません。
       調査用のボートを岸に引き上げるときに使うんだね。
       仰せのとおり、確かに危険です。だから、胴長の履き口の高さよりも水深が深い場所で使ってはいけません(そんな奴おれへんやろ~;大木こだま)。
      >淡雪さま
       お久っ。
       元気してはったんですねえ、とっても嬉しいです。
       スマホをお使いですか(あたり前田のクラッカー)。
       わたしはいまだにガラケーです、たぶん死ぬまで……。
       しかし……「ガラケー」って、誰が思いついた言葉なんでしょうね。やはり生物学関係者かなあ。座布団1枚!

    • ––––––
      10. 淡雪
    • 2015/02/22 21:37
    • おかげさまで、元気にしておりました。
      自分の体のメンテナンスを今年は、真剣にしてみようかな。
      秘密の健康法は、いまも続行中です。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2015/02/22 22:15
    •  淡雪さま。
       えらく怪しげ。なぜかアラビアンナイト、『一千一夜物語』を思わせるような……。
       あの世界って、女性も男性も、精力絶倫(死語?)なんですよね。
       出だし近くの一編に↓こんなのありました。
       ことを終えた女性。お相手から離れ際に“お礼”のひとこと。
       「お上手ね」。
       なぜか鮮明に覚えております。
       それにしてもあの物語、ストーリーが入れ子の入れ子の入れ子……なんですよね。マトリョーシカも真っ青。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2015/02/23 07:36
    • > ハーレクインさん
       面倒でも、胴長ではなく、ウェットスーツを着用しましょう。
       ウェットスーツなら、そのままおしっこも出来ますし(うんこは出来ません)。
      > 淡雪さん
       坂東三津五郎さんが、亡くなりました。
       秘密の健康法、大いに興味があります。
       わたしは今、ミミズの乾燥粉末を飲んでます。
       ミミズは、血管の血栓を溶かす酵素を持ってるそうです。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2015/02/23 13:52
    •  高価ではないか。学生や大学が手を出せるものではないと思うぞ。ま、水産や海洋関係の学部・大学にはあるでしょうが。
       うちは理学部、ビンボだよ。胴長が精一杯です。
       知らなかったんだけど、よく用いる「ウェットスーツ」という用語。これは「スーツ内に外部の水が入る」タイプだそうです。水が入らないタイプを「ドライスーツ」と称するとか。要するに、ウェットは開放型、ドライは閉鎖型ということですね。
       もちろん着用者としては、ドライの方が快適でしょう。
       先日の何かのテレビ番組で「ドライスーツ」を知りました。
       ウェットスーツ内におしっこをする輩は……おそらくいるでしょう。冷えるもんなあ。
       わたしはシャワーをしながらおしっこをします。さすがに浴槽内ではしません。温泉など大浴場ではします。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2015/02/23 20:28
    •  ウェットスーツ内におしっこするのは、普通のようです。
       いちいち、陸に上がってられませんからね。
       わたしは子供のころ、浴槽内でおしっこしてました。
       今はもちろん、シャワーでもしません。
       大浴場でのおしっこは、ボケの始まりだと思います。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2015/02/23 21:37
    • >ウェットスーツ内におしっこするのは、普通
       やっぱりなあ。
       どうせあとで洗うのは自分だろうし、誰にも迷惑かけないよね。海もさほど汚れるわけじゃ高梨沙羅。
      >大浴場でのおしっこは、ボケの始まり
       いえ、確信犯です。
       そういえば、小学生の頃はプールでしたなあ、おしっこ。

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2015/02/24 07:28
    •  ボケたとき、ブレーキが効かないと思います。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ひとみの内緒話 禁断の体験 エッチな告白集 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
愛と官能の美学 官能文書わーるど 萌木ケイの官能小説 未知の星
新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 ましゅまろくらぶ おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
恥と屈辱の交差点 羞恥の風 ちょっとHな小説 官能的なエロ小説
恥ずかしがりたがり。 女性のための官能小説 快感小説 性転換・TS・女体化劇場

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 潤文学 女性のH体験告白集 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所
18's Summer 変態小説 ひめ魅、ゴコロ。 性小説 潤文学ブログ
Eros'Entertainment 恥辱小説 淫界散歩 空想地帯 魔法の鍵
むね☆きゅんファンサイト 黒い教室 漂浪の果てに ぺたの横書き
アダルト検索一発サーチ 妄想ココット お姫様倶楽部.com かめべや
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 最低のオリ 調教倶楽部 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 オシッコオモラシオムツシーン収集所 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
エピソードセックス あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!

wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
小説の匣 正しいH小説の勧め
Girls Love Search GL Search
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
官能小説アンテナ コミックルーム アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット
【携帯】Lovely Venus 萌駅 【携帯】GL狂愛Rank ネット小説ランキング
おたりんく Adult Novels Search 少女禁忌区域 ぴあすねっとNAVI
創作系サイト検索・KAGOME 【携帯】女の子のためのн小説 百合姫ランキンク アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!

ランキング/画像・動画(31~50)