Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1697
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 千穂の両脛が、空気を斬りながら起ちあがる。
 由美の指先が、容赦のないオーバルを描く。
 鼻面を引きずり回される陰核脚は、血を噴きそうなほどに充血し、軟骨のように凝っていた。

「イ……。
 イク」

 千穂は眼球を突出させ、彼岸に渡ることを由美に訴えた。
 由美の指が止まる。

「あぁっ。
 や、やめないで」
「不思議……。
 なんか、苛めたくなっちゃう」
「お願い……」
「由美ちゃん、わたしからもお願い」
「まぁ。
 2人がかり?
 ちょーっと、頭に来たかも。
 どうしようかな?
 2人で、オナニー対決してもらおうか?
 それも、イマイチだな。
 そうだ!
 美弥ちゃん、ちょっと、手を離して」

 由美は、美弥子の手の平を、千穂の太腿から剥がした。
 千穂の脚が、タイルに落ちる。

「美弥ちゃん、起って」

 美弥子は、千穂の背中を名残り惜しそうにしながらも、タイルに手を突き、よたよたと起ちあがった。
 脚が痺れたわけではない。
 興奮で、脚の力が萎えているのだ。
 この状態の美弥子は、由美の言うがままだった。

「千穂さん。
 美弥ちゃんの方を向いて」

 由美は、千穂の身体を回した。
 起ちあがった美弥子の前に、千穂は腰を落とした姿勢となった。
 千穂の視線は、たちまち美弥子の股間に縫い付けられた。
 無理もない。
 美弥子の股間からは、黒々と繁る陰毛を分けて、ウミウシの角めいた陰核が突出しているのだ。
 角は拍動に呼応し、小刻みに振れていた。

「咥えてみません?
 久しぶりじゃないですか?」

 千穂は、小刻みに頷いた。
 眼前の突起に目も心も奪われ、体裁を繕うことも忘れているようだ。
由美と美弥子 1696目次由美と美弥子 1698




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2015/02/21 07:45
    • 婦「本格的な登山じゃなくて、ハイキングに毛が生えた程度だけどね。
       友達に、山に生える山菜なんかに詳しい人がいてね」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140326063328b5a.jpg
      ↑山菜採りの必需品。熊よけの鈴。新潟では、ホームセンターで売ってます。
      婦「あ、今日も吟行に来てるのよ」
      律「銀行?」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015021808152938c.jpg
      み「先生、明らかに誤解してます。
       俳句の題材を求めて、名所旧跡なんかを訪ねることを、吟行って言うの」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218081517599.jpg
      律「あらそうなの」
      み「すみません。
       モノ知らずで」
      婦「でも、先生なんじゃないんですの?」
      み「あ、先生って言っても、学校の先生じゃなくて……。
       医者なんです」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120225195344541.jpg
      婦「まー、それはご立派な。
       お見逸れしました。
       あなたも、お医者さん?」
      み「そう見えますか?」
      婦「まったく見えません」
      み「ははは。
       初対面でなければ、『なんじゃそりゃ!』をかましてるとこでした」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218081511fbd.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2015/02/21 07:46
    • 律「今回は、どちらへ?」
      婦「八甲田山へ」
      み「死の彷徨ですか」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201502180815300ea.jpg
      婦「この季節なら、大丈夫ですわよ。
       今から吟行が楽しみ」
      律「“みず”が見つかるといいですね」
      婦「そうそう。
       その話でしたわね」
      律「この辺りでしか、採れないんですか?」
      婦「いえいえ。
       北海道から九州まで、全国に分布してるのよ。
       でも、暖かい地方では、よほど奥山に分け入らないとね。
       その点、ここらなら、ハイキング程度の山歩きでも出会えるわ。
       丈が高いから、遠くからでも見つけられるのよ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218081512d72.jpg
      律「茎が太いですものね。
       フキみたい」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2015021808151575c.jpg
      婦「そうね。
       高さは、60㎝くらいにもなるかしら。
       春に、クリーム色の可愛い花をつけるわ」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150218081513c4f.jpg
      婦「でも、うっかり駆け寄っちゃダメよ」
      み「食われるとか?」
      http://blog-imgs-79.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20150215185716dc6.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2015/02/21 09:20
    •  硬くなっていた、ということですな。
       あーあぁ、おあずけか。
       可哀想によう、千穂さん。ま、それもまたよし。
       それにしても、由美ちゃんってほんとにいじめ役が似合うなあ。
       で、千穂さん。
       美弥ちゃんのデカクリ相手に思い出しフェラ、と。
       この始末、どうつくんだろうね。
       千葉の夜は更けゆく……。
       あ、まだ昼間か。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2015/02/21 09:23
    •  いやあ、わざとだろ。
       かなりあざといけど。
       やはりなあ。
       八甲田山とくると、反射的に「死の彷徨」だよね。
       小説は新田次郎。
       映画は、脚本橋本忍、出演は高倉健、北大路欣也、緒形拳、栗原小巻、前田吟、大滝秀治、藤岡琢也、丹波哲郎、三國連太郎……錚々たるメンバーです。当時の日本映画界オールキャストという感じですね。
       1977年公開。上映時間169分という大作です。
       「みず」
       どう見てもフキだけど、フキよりは細い、のかなあ。穴は空いてるのかね。
       「山菜の王様」だそうです。

    • ––––––
      5. きりしま
    • 2015/02/21 09:59
    • 私も美弥子ちゃんのクリチンポフェラしてみたいです。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2015/02/21 12:30
    • > ハーレクインさん
       八甲田山死の彷徨。
       昔、テレビで見た記憶があります。
       「案内人殿に敬礼!」と言って、兵隊たちが村娘に敬礼するシーンが記憶に残ってます。
       言ったのは、高倉健だったのかな?
      > きりしまさん
       多彩な嗜好をお持ちですね。
       シーメールも、守備範囲ですか?

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2015/02/21 15:22
    •  筒井康隆が書いた、『八甲田山』のパロ作品です。
       六甲山は神戸の裏山、標高931m。東西に細長く伸びる(一応)山脈ですが、主脈上を道路が通っており、車がバンバン走り抜ける、どう間違っても遭難などおこりようもない市街地の山です。
       危ないのは、ばったりと猪に出くわす(イノシシは六甲名物、神戸市街にも結構出没します)くらいでしょうが、向こうから逃げていくでしょうね。
       
       この六甲山中で、男女ペアを無理やり「遭難」させたのが件の筒井作品。もちろんドタバタです。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2015/02/21 18:49
    •  1000メートル近くあるんですね。
       それでは、六甲おろしも吹き下ろすはずです。
       かんべむさしというSF作家がいましたが、まだ書いてるのでしょうか?
       彼は、新潟市にも住んでたことがあったと思います。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2015/02/21 19:48
    •  表題は、阪神タイガース球団歌「六甲颪」の歌詞、歌い出しです。成立・録音ではいろいろもめたとか。
       かんべむさしは、わたしの2学年上です。もちろんまだご存命。
       作風が作風ですので(小西得郎で;何と申しましょうか、おちゃらけSFとでも申しましょうか)あまり読んでません。初期の長編『サイコロ特攻隊』、同じく初期の短編集『決戦・日本シリーズ』くらい。要するに作家デビュー当初しか知らない、ということですね。
       最新刊がそれぞれ2010年、1990年ですから半分隠居のようです。
       略歴を読むと、生まれは金沢。小学校入学時に新潟市に、5年の時に大阪に転居したそうです。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2015/02/22 08:03
    •  素直に、輝かしい未来が信じられた時代だったんでしょうね。
       大阪万博とか。
       そう言えば、ハチャハチャSFというジャンルがありました。
       横田順彌。
       この路線は、さすがに追いていけませんでしたね。
       しかし、かんべむさし。
       隠居ですか。
       初期の印税だけで食べていけるんでしょうか?
       羨ましい話です。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2015/02/22 10:48
    •  ヨコジュンさんですな。
       さすがにこのお方は一冊も、短編の一編すら読んでおりません。
       まあ、いいか。
       「ハチャハチャSF」というのは、一説によりますと小松のおっちゃんのネーミングだそうです。
       夢は優雅な印税生活。
       「なにわの事もゆめの又ゆめ」

    • ––––––
      12. きりしま
    • 2015/02/22 11:35
    • 女装子も守備範囲ですよw

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2015/02/22 12:25
    • > ハーレクインさん
       星新一も小松左京も、今は亡し。
       星新一のショートショートの文体は、未来的でした。
       筒井康隆も、もう80歳だそうです。
      > きりしまさん
       やっぱり(笑)。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2015/02/22 15:43
    •  筒井も80歳ですか。
       あれだけの才人、まさかボケることはないでしょうが、人の世は生々流転。彼が逝くとき、日本SF界はまた新たな局面を迎えるのでしょう。
       1960年代、星、小松、筒井のいわゆる「SF御三家」から始まった日本SFの流れは、次々と新しい書き手と作品を産み出し、1975年に開催された第14回日本SF大会のテーマは「SFの浸透と拡散」でした。
       日本SFもここまで来たか、と思わせましたがこれが80年代に入ると、誰が言ったか知らないが「SFの変質と解体」、次いで「雲散と霧消」だと囁かれ、筒井が激怒したとか。
       ま、「変質解体」「雲散霧消」はともかく、「浸透と拡散」はさらに続くのでしょう。
       御三家の時代は60年代。この日本SFの黎明期から、日本や海外の作品に接することの出来たわたしは幸せ者でした。その「わたしの時代」はもう終わろうとしているのかもしれませんが(しばらく読んでいないよ、SF)、『ぼくらの時代』は絶えることなく、今後も続いてゆくでしょう。
    コメントする
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話 熟女夜伽物語 レズ画像・きれいな画像倉庫
官能文書わーるど 愛と官能の美学 未知の星 萌木ケイの官能小説
ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 官能的なエロ小説
ちょっとHな小説 緊縛新聞/杉浦則夫写真事務所 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 恥ずかしがりたがり。 快感小説 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
官能小説~ひめ魅、ゴコロ。 女性のための官能小説 変態小説 恥辱小説 淫界散歩
Eros'Entertainment 性小説 潤文学ブログ 空想地帯 妄想ココット
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 18's Summer 潤文学
性転換・TS・女体化劇場 出羽健書蔵庫 魔法の鍵 むね☆きゅんファンサイト
人妻熟女・エッチな体験告白集 漂浪の果てに 淫鬼の棲む地下室 調教倶楽部
空想の泉~The Fountain of Daydream~ アダルト検索一発サーチ お姫様倶楽部.com 被虐のハイパーヒロインズ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ライトHノベルの部屋 ぺたの横書き ちょっとHなおとなのための… 女性のH体験告白集
オシッコオモラシオムツシーン収集所 最低のオリ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
誰にも言えない秘密 アダルト官能小説快楽機姦研究所 昭和のあの日あの頃 被虐願望
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 エピソードセックス
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ riccia ただ貴女を愛したくて
ゾル少佐の官能小説館-新館 ドレイン 黒塚工房 リアル官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ Girls Love Search
GL Search アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
ネット小説ランキング コミックルーム ライブドアブログ セックス・ノベル・ネット
【携帯】GL狂愛Rank ぴあすねっとNAVI 少女禁忌区域 萌駅
【携帯】Lovely Venus Cyber あまてらす ぱっくりんく 【携帯】女の子のためのн小説
Adult Novels Search アダルト検索BBJapan GIX GAY ART NAVIGATION
SindBad Bookmarks MEGURI-NET 創作系サイト検索・KAGOME おたりんく

ランキング/画像・動画(31~50)
ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!