Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1656
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「でもね。
 酔っ払った男性客なんかが、時間を間違えるのか、わざとなのか……。
 女性の入浴時間に入ろうとして、トラブルになることもあったみたい」
「絶対、わざとだと思うな」
「千穂も、まだ若くて可愛いかったからね。
 変な目で見る客もいたようなの」
「それは、イヤだよね」
「そこで、経営者千穂は、すごいアイデアをひねり出したわけ。
 さて、それは何でしょう?」
「いいから続けて!」
「女性専用の宿にしちゃったのよ。
 それで、万事解決。
 お風呂は、いつでも入れるようになったでしょ。
 トイレは改修して、男女別だったのをひとつにした。
 パウダーコーナーまで付いた、広々とした綺麗なトイレに生まれ変わったの」
「ビフォーアフター!」
「それそれ。
 ま、女性専用にしちゃったことで、家族連れの客は失うことになったわけだけどね。
 でも、スタッフも客も女性だけって安心感が受けて、口コミで広がってね。
 若い女性グループとかで賑わうようになったの。
 今じゃ、夏休みなんか、予約で一杯になるほどだって」
「良かったじゃない。
 でもまさか、また『ところが!』じゃないでしょうね」
「それよ。
 あ、美弥子さん、ごめんなさい。
 あなたのコーヒー、半分以上飲んじゃった」
「どうぞ。
 わたし、あまり喉乾いてませんから」
「そう?
 じゃ、サンドイッチ、食べる?」
「あの。
 大丈夫です」
「早く『ところが!』の次を話して」
「宿を手伝ってくれてたのは、地元の子でね。
 高校生のころから、バイトで入ってたんだけど……。
 宿が年中繁盛するようになったから、高校卒業と同時に、そのまま従業員として就職したの。
 ほんとに、コマネズミみたいに働いてくれたんだって。
 気は利くし、地元の漁師なんかにも可愛がられて……。
 新鮮な魚の調達にも長けてた。
 千穂も、その子にすっかり頼ってたわけ」
「その子が、『ところが!』なのね」
「そうなのよ。
 ほんと、ドラマなんだけど……。
 駆け落ちしちゃったの」
「は?」
「相手は、海で知り合った東京のサラリーマンだって」
由美と美弥子 1655目次由美と美弥子 1657




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/12/26 07:22
    • 律「えーっと。
       どこかしら?
       汚い字ね。
       あ、ここだ。
       津軽鉄道の『金木』から『津軽五所川原』が、550円。
       JRの『五所川原』から、『青森』が、970円。
       合計、1,520円」
      http://blog-imgs-60.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141221102330b2f.jpg
      ↑当初の予定はこうでした。2時間もかかるんですね。
      律「2人で、3,040円かかります。
       だから、ここの津島さんの分が、2,600円ですから……。
       わたしたち、ぜんぜん損はしてません」
      老「それは、そうかも知れませんが……」
      律「ほら、Mikiちゃん、起きなさい。
       一人あたり、3,900円よ」
      み「ぐー」
      http://blog-imgs-60.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141221102333222.jpg
      律「寝るなと言うに!
       財布のありかはわかってるんですからね。
       このバッグでしょ。
       手で押さえるな!」
      http://blog-imgs-60.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141221102332938.jpg
      み「ぐー!」
      律「まだ、寝たふりするか。
       それじゃ、くすぐってやる。
       コチョコチョコチョコチョ」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201305240505368b2.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/12/26 07:23
    • み「うひゃひゃひゃ。
       やめれー。
       食うたものが出てしまうわ」
      律「出すな!
       金を出せ」
      http://blog-imgs-60.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141221102329008.jpg
      み「それじゃ、強盗でんがな」
      律「3,900円」
      み「はい、これ」
      律「何よ、これ?
       10円玉じゃないの」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141018183359eb3.jpg
      ↑ギザ十。
      み「小銭がある方が、何かと便利であろう?」
      律「そういう問題じゃないでしょ。
       早くしなさいって。
       みっともないから。
       ほら、そこに5,000円札があるじゃない」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120317094723668.jpg
      み「この5,000円とは、生涯を共にする契りを……」
      律「やかましい!
       よこせ」
      み「ひえー、強奪された。
       つ、釣り銭よこせ」
      http://blog-imgs-60.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141221102328e87.jpg
      ↑お釣りが出なかったのでしょうか?
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/12/26 11:02
    •  それは思い切りましたなあ、千穂さん。
       子供はどうなんだろうね、
       やはり女の子オンリーかなあ。
       男の子も、小さい子なら可、とか。
       銭湯の女湯に入れるくらいの男の子なら可、とか。
       ま、それはともかく、女性専用が受けて大はやりか、よかったなあ千穂さん。やはり女性にとっては安心なんだろうね。
       男をひっかけに来ようというギャルには敬遠されるだろうが。
       駆け落ちした有能な女性スタッフ。
       スタッフなんて書くとついあのお方を思い出すのだが、それは扨置き(さておき;こう書くらしいよ)、結婚だと思ったけどなあ。ま、結婚なら、相手がジモティならずっと続けられるか。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2014/12/26 11:04
    •  金木→(津軽鉄道)→津軽五所川原:550円、
       五所川原→(JR五能線)→川辺→(JR奥羽本線)→  青森:970円、
       計、一人あたま1,520円(ちーん;鉄道にレジは無いか)。
       ということでお二人さん、津島老の飲み代2,600円を奢っても440円の儲け(ちーん)。
      >律「金を出せ」
       「金をくれ」は安達祐実
      ギザ十。
       昭和33年発行のものは市場で100円だそうです。
      返却レバーに乗っかるカエルくん。
       本物かね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2014/12/26 19:54
    •  男児は何歳まで入れるのでしょう?
       もちろん、法律はないはずですが……。
       毛が生えたら無理だよね。
       それ以前でも、勃起させたら退場でないの?
       金木から青森は、接続が良い便でも、1時間40分くらいはかかるようです。
       バスでも、五所川原から青森まで、列車と同じくらいかかってますね。
       『津軽あすなろライン』を、ヒール・アンド・トゥで走るバスはないようです。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2014/12/26 22:18
    •  わたしは小学校低学年まで入ったいたように記憶しています。母親やそこらのおばちゃんの股間が黒々としていたのは鮮明に覚えています。
       「なんで黒いのん?」とは母親に聞きはしまませんでした。
       張り倒されそうな気がしましたし、特に疑問にも思いませんでしたから、「大人には毛が生えるんや」、という知識はあったようです。
      あれ?
       「津軽あすなろライン」にはバスも走るのか。また与太だよね。冬季には走れなくなるんだし。
       ま、どっちにしても、バスにヒール・アンド・トゥは無理。ペダル面が高いし、アクセルとブレーキの高さの差が大きいからねえ。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2014/12/27 07:56
    •  『津軽あすなろライン』のバス運転手は、靴のサイズが、38センチだそうです。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2014/12/27 09:50
    • ジャイアント馬場の足が16文(おお、懐かしの16文キック)、40㎝。そんな運転手、おらんやろ~。
       そもそも、運転席に入れないと思うぞ。
    コメントする   【由美と美弥子 1656】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ ちょっとHな小説 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集
官能文書わーるど 潤文学 新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ
恥と屈辱の交差点 変態小説 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 緊縛新聞 赤星直也のエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
SM~猟奇の性書~変態 性転換・TS・女体化劇場 Playing Archives 淫鬼の棲む地下室
恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 快感小説 魔法の鍵
[官能小説] 熟女の園 被支配中毒 女性のための官能小説 18's Summer
空想の泉~The Fountain of Daydream~ 調教倶楽部 アダルト検索一発サーチ 黒い教室
ひめ魅、ゴコロ。 HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き 女性のH体験告白集
かめべや むね☆きゅんファンサイト エピソードセックス 漂浪の果てに

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女の陰影 ライトHノベルの部屋 妄想ココット お姫様倶楽部.com
出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 最低のオリ 制服美少女快楽地獄
riccia オシッコオモラシオムツシーン収集所 Eros'Entertainment 性小説 潤文学ブログ
空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ ちょっとHなおとなのための… アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search GL Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ アダルトブログランキング 萌駅 アダルト動画まとめ
ネット小説ランキング おたりんく セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan Adult Novels Search Cyber あまてらす
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top