Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1601
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 マンションのエントランス前、大きく枝を広げたマロニエの影に入ると、ホッと人心地がついた。
 由美は張り詰めていた背すじを弛め、エントランスを潜った。
 管理人室などは無く、由美がひとりで出入りしても見咎められることは無かった。
 古めかしいエレベーターが、由美を待っていたように1階に降りていた。

 由美は、古いエレベーターが好きだった。
 何が好きかと云うと、匂いだ。
 何の匂いなのだろう……。
 機械油なのか、あるいは金属自体に匂いがあるのかも知れない。
 新しいエレベーターでは、不思議と嗅ぐことが出来なかった。

 渡されている合鍵で美弥子の部屋に入る。
 背中で重い扉が閉じる。
 エアコンを切って出たので、室内は蒸していた。

「ただいま」

 もちろん、返事はない。
 にわかに寂しさが突きあげた。
 美弥子を探すように寝室に入る。
 むろん、誰もいるはずはない。
 薄いカーテンが掛かっているので、部屋は薄暗かった。
 由美はベッドの夏掛け布団を剥ぎ、シーツに身を伏せた。
 美弥子の匂いがした。

「美弥ちゃん……。
 由美、寂しいよ」

 声に出してしまうと、気持ちを抑えられなかった。
 涙が、シーツを濡らした。

「どうしていないの?」

 理不尽な問いかけだとは、自分でもわかっている。
 美弥子のせいではない。
 ひとり残った自分が悪いのだ。
 でも今は、美弥子を恨んでみたかった。

 由美はベッドから身を起こした。
 水色のシーツに、涙の染みが落ちていた。
 水たまりのように見えた。
 ここに身を投げたら、美弥子のもとに行ける……。
 わけもない。

 由美はベッド脇に立ち、部屋を見回す。
 考えてみたら、ここにひとりでいるのは初めてかも知れない。
 今なら、何をしても美弥子に見咎められる心配は無い。
由美と美弥子 1600目次由美と美弥子 1602




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/10/10 07:29
    • 律「どこよ?」
      み「えーっと。
       予約のメールを、印刷してあったはず。
       あった。
       『ハイパーホテルズパサージュ』」
      律「すごい名前のホテルね。
       それって、ビジネスホテルなの?」
      み「そうだよ」
      爺「あぁ。
       いい宿をお選びですな。
       場所も、青森駅前ですね」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014100418490821b.jpg
      み「さすが、白タク。
       よく知ってるな。
       ひょっとして、契約してる?
       一人送りこんだら、いくらとか」
      爺「してませんがな。
       そういう怪しいホテルじゃありませんよ。
       楽天トラベルアワードを受賞してますから」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014100418490930a.jpg
       ↓2012年、2013年と、『東北エリア ビジネス・シティ部門』で、『お客さまアンケート大賞』を受賞してるホテルです。
      http://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/68192/CUSTOM/GW68192101010184336.html
      み「さすが、わたしも見る目があるな」
      律「知らなかったの?」
      み「知りまへんがな」
      律「じゃ、どうしてそこにしたのよ?」
      み「『まっぷる』に広告が載ってた。
       青森駅からも近かったしね」
      律「見る目もへったくれも無いじゃない」
      み「ホームページを見れば、いいホテルかどうか、たいがいわかります」
      http://www.hyperhotel.co.jp/index.php

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/10/10 07:30
    • 律「結果オーライのくせに」
      爺「そろそろ、青森市街に入りましたよ」
      み「おー。
       なかなかに都会ではないか」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201410041849136a2.jpg
      ↑新潟市より都会っぽいです。
      爺「やっぱり、東北新幹線が伸びたのが大きいですね」
      み「でも、青森市って、雪がスゴいよね」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141004184933a77.jpg
      爺「県庁所在地では、日本一でしょうね。
       一冬で、8メートル近く降るんですよ」
      み「そんなに!
       ビルごと埋まってしまうではないか」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141004184912024.jpg
      ↑ほんとに埋まってしまいそうです。
      爺「これは、累積の降雪量です。
       積雪量じゃありませんよ」
      み「なんだ。
       でも、それにしてもスゴいな」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20141004184910e93.gif
      ↑新潟市の、4倍以上です。このグラフを見ても、新潟市の降雪量が、近隣地域に比べて少ないのがわかります。
      爺「日本海を渡って来た湿った風が、八甲田山系にぶつかって、麓の青森に大雪を降らせるんです」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014100418493560f.jpg
      ↑青森市街のすぐ背後に聳える八甲田山。
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/12/30 12:07
    • 〔由美美弥〕1601回
      >エアコンを切って出たので、室内は蒸していた
       つけっぱなしで出れば、戻ったとき涼しいのに(宝田明子)。
      >ここに身を投げたら、美弥子のもとに行ける……
       かなり違うけど、杉浦日向子にそんなのあるよ、由美ちゃん
       
      >今なら、何をしても美弥子に見咎められる心配は無い
       何をするつもりなのだ、由美ちゃん。
       ま、あれしかないと思うが。
      〔東北〕979回
       今夜の宿は「ハイパーホテルズパサージュ」。
       パサージュはともかく、ハイパーって……。
       地図の上!の方に「観光物産館アスパム」ってあるよね。「青森観光物産館」のことだそうですが、アスパムって何じゃい、で調べましたところ……、
       Aomori(青森)
       Sightseeing(観光)
       Products(物産)
       Mansion(館)
      に由来するそうです。
       典型的なお役所ネーミングですな。
      >ひょっとして、契約してる?
      >一人送りこんだら、いくらとか
       滋賀県雄琴のソープ街。
       最寄りの駅はJR湖西線の「おごと温泉駅」ですが、駅から少しあります。で、電車で行った場合はタクシーに乗るのですが、このタクシーが店と契約しており、契約店に客を送りこもうとします。で、好みの店に行くために押し問答になるわけですね。
       雄琴温泉。近頃、ソープは次第に寂れ、通常の温泉宿が息を吹き返しつつあるようです。
       で、ホテルパサージュ外観。
       楽天トラベルアワード受賞はともかく、建物自体はともかく、外壁のカラーは何とかならんか。
       大都会青森市。
       ♪ああ果てしない
        夢を追い続け
        ああいつの日か
        大空かけめぐる……
       歌うはもちろんクリキン、クリスタルキングです。
       しかし海辺の大都会。神戸のようですね。
       ふーん、新潟市の降雪量って、ほんとに少ないんだね。金沢より少ないんや。
       風に飛ばされ、吹き過ぎていくそうですね。
       おー、青森の屋根八甲田山。
       「天は我々を見放した!」は、ご存知、映画『八甲田山』の名台詞。北大路欣也だったかな。
       原作は新田次郎『八甲田山死の彷徨』。
       筒井康隆に『六甲山死の彷徨』というパロがあります。
       いずれにしても、山を見くびると痛い目に遭いますぜ。
    コメントする   【由美と美弥子 1601】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top