Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1595
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ほんと、憎らしいくらいのおっぱいね」

 万里亜の手の平が、下から乳房を掬う。

「手の平に、持ち切れないわ。
 でも、あなたのおっぱいのスゴいところは……。
 ここよ」
「ひぃ」
「この乳首。
 これだけ大振りな乳房してると……。
 乳頭の突起が目立たない人も多いのにね。
 あなたの場合、口紅が突き出たみたい。
 ほら、コリコリ」
「ひっ、ひっ」
「しかも……。
 ずっと勃てっぱなし。
 変態さんよね。
 ほら、はいっていいなさい」

 万里亜が、さらに腰を突きつけた。
 女店員の温かい頭部が、陰核を押し潰す。

「はぎぃ」
「それ」
「はんが。
 はんがが」
「イキそう?
 顔を上げなさい。
 ほら」

 髪を掴まれた。
 持ちあげられる。
 されるがままだった。
 美弥子の頭部は、討ち取られた生首のように吊るされた。

「あらやだ。
 ヨダレ垂らしてる。
 だらしない子。
 ほーら、見てみなさい、ここ」

 万里亜は、iPhoneを握った手の人差し指を伸ばし、女店員の背中を指し示した。
 そこは、明らかに濡れ光っていた。

「どう?」

 今なら届く。
 美弥子は、iPhoneに手を伸ばした。

「おっと、危ない」

 一瞬遅かった。
 指先が掠めたiPhoneは、万里亜の頭上高く掲げられてしまった。

「油断一秒、なんとやらね。
 その長い腕は剣呑だわ。
 遠ざけないと」

 美弥子の髪から、万里亜の指が抜けた。
 美弥子は再び、女店員の背中に突っ伏した。
由美と美弥子 1594目次由美と美弥子 1596




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/10/01 07:25
    • み「もっと先の、下北半島の先っぽ……。
       ほれ、マグロで有名な……」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201409271016371f1.jpg
      爺「大間ですな」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140927101634b2b.jpg
      み「それそれ」
      爺「ありますよ。
       大間と函館の航路」
      み「あるんかい!」
      爺「大間からなら、函館まで、1時間半です」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140927101636623.gif
      み「ぜんぜん違うではないか。
       青森からと比べて、2時間以上節約できるじゃん。
       なんで、そっちに集約しないわけ?」
      爺「青森から大間まで行くには……。
       下北半島を、ぐるっと回らにゃなりません」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140927101611257.png
      爺「移動距離は、150キロになります。
       もちろん、高速道はありません。
       ルートによっては峠道もあります。
       時間にして、3時間かかるんです」
      み「にゃんと。
       それじゃ、青森からフェリーに乗ったほうが、1時間早く函館に着くわけか」
      爺「それに、フェリーなら休めますからね」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140927101613ff1.jpg
      ↑『青函フェリー』のカーペット席。運賃は、たったの1,540円。佐渡汽船は、一番安くても2,510円です。なぜじゃ!

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/10/01 07:26
    • 爺「下北半島に用事でもない限り、みんな青森から乗るでしょう」
      み「そもそも、青函連絡船ってのは、いつまで運行されてたの?」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140927101615d33.jpg
      ↑五色のテープが舞う全盛期の出航風景。
      爺「1988年。
       昭和63年です」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140927101617562.jpg
      み「おー、昭和の終わりだね」
      爺「バブルの頂点に向かって一直線のころです」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20121110105112f58.jpg
      み「連絡船が廃止になって、青函トンネルに移行したわけだよね。
       なんで、またフェリーが就航したわけ?」
      爺「新しく就航したわけじゃありませんよ。
       青函連絡船の前から、フェリーはあったんです」
      み「そうなの?」
      爺「青函連絡船の就航は、明治41年ですが……。
       民間の船が定期航路を開設したのは、江戸末期にさかのぼります」
      み「フェリーか?」
      爺「江戸時代にフェリーがあるわけないでしょ。
       民間の帆船です。
       明治6年には、当時の開拓使という官庁が、汽船を就航させてます」
      http://blog-imgs-66.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201409271016137b7.jpg
      ↑明治15年ころの絵。なんだか漁船みたいです。
      爺「その後、この航路を、今の日本郵船の前身の会社が引き継いだんです。
       連絡船が廃止になってからも、フェリーは運行され続けてます。
       いろいろ統廃合がありましたが、今も、2社のフェリーが就航してますよ」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2014/12/27 09:43
    • 〔由美美弥〕1595回
      >ほら、コリコリ
      >はいっていいなさい
      >顔を上げなさい
       やり放題にやられる美弥ちゃん。
       可哀想に……だけど楽しんでもいるんだよなあ。
       ほんとうに「変態さん」だなあ。
      〔東北〕973回
       マグロの大間。
       NHKの朝ドラの舞台にもなったよね。
       大間航路と青森航路。
       こうやって図にしてみると、違いは歴然だね。ま、青森が遠いというべきなんだろうが。
       大間からはもちろん北海道が間近に見えるそうです。
       ここから海を渡り、北海道、当時は蝦夷地ですが、に攻め込んだ安東氏という鎌倉時代の武将がいたそうです。攻め込んだというより、下北での所領争いに敗れてしょうことなしに蝦夷に渡った、ということのようですが。
       図中、浅虫水族館というのがありますね。浅虫といいますと、松本清張『点と線』にも出てきます。
       下北半島をぐるっと回るの図。
       青森湾、というより陸奥湾の出口を平舘海峡というんですね、知りませんでした。
       舘は函館の舘ではなく、津軽半島に平舘村という自治体があったからのようです。現在は町村合併で外ヶ浜町になっています。“平舘死して海峡に名を残す”。平舘は「たいらだて」です。
      >み「そもそも、青函連絡船ってのは、いつまで運行されていたの」
      >爺「1988年。昭和63年です」
       うーむ、後追いコメだからいいようなものの、本来なら、もろフライングだったなあ。
       それにしても新聞の見出し、
       「むせび泣く連絡船」
       「おやすみ“海峡の女王”」
       「かもめも泣いた最終便」
       「心に残る哀愁の汽笛」
       思いっきり、お涙ちょうだいやってますなあ。
       ♪お涙ちょうだいありがとう、はあがた森魚『赤色エレジー』。
    コメントする   【由美と美弥子 1595】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 潤文学 変態小説 赤星直也のエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ちょっとHな小説 羞恥の風 官能的なエロ小説
秘密のエッチ体験談まとめ 愛と官能の美学 女性のための官能小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 電脳女学園 官能の本棚

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ HAKASEの第二読み物ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のH体験告白集 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
18's Summer 濠門長恭の過激SM小説 アダルト検索一発サーチ 制服美少女快楽地獄
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 魔法の鍵 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
漂浪の果てに ぺたの横書き 最低のオリ 女の陰影
西園寺京太郎のSM官能小説 かめべや 出羽健書蔵庫 お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル
快感小説 Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング ライブドアブログ
官能小説アンテナ GL Search
ネット小説ランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング 正しいH小説の勧め にほんブログ村 セックス・ノベル・ネット
ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top