Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1563
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 万里亜の腰が、ゆっくりと退く。
 女店員の尻から、肌色のディルドゥが生まれていく。
 美弥子の持つディルドゥほどではなく、標準的なサイズだった。
 男性器を模した表面の凹凸が、つやつやと照り輝いている。
 女店員の、若い膣液だ。
 美弥子は、唾を飲みこんだ。
 女店員の内臓が分泌する粘液を見たことで、美弥子の股間も反応を始めていた。
 陰核が、芋虫のように身をくねらせながら膨れていくのが判った。
 思わず腰を引く。

「ほほほ。
 大室さん。
 わかってるわよ。
 あなたのお股が今、どうなってるか。
 だって、わたしもそうだもの。
 膨らんでくると、真っ直ぐ起ってられなくなっちゃう。
 ほんと、似たもの同士だわ。
 そうならないためには……。
 普段からノーパンでいるしかないの」

 万里亜は、そのまま腰を引き切った。
 女店員の膣口を抜け出たディルドゥが、尻の割れ目を舐めながら跳ねあがる。

「あぁっ」

 女店員が、喪失を訴えた。

「ほら、見て。
 これ」

 万里亜は、両手を女店員の腰から離し、上体を起ちあげた。
 そのまま腰を捻り、股間を美弥子に向ける。
 片手が、ディルドゥを掴んで引き下げた。
 局部を覆ってる黒いハーネスの上部が浮きあがった。
 ハーネスと下腹部に挟まれ、鶉の卵ほどの球体が覗いていた。
 万里亜の陰核だった。
 しかし表面は、照り輝くピンク色ではなかった。
 陰核包皮にくるまれているようだ。

「皮を剥いちゃうと、とっても保たないのよね。
 だから、長く楽しむために、わざと皮かむりにしてあるの」
「ふぅぅん」

 女店員が、尻を振り立てた。

「まぁ、はしたない。
 催促なんかして。
 ま、いいわ。
 若いんだものね。
 盛りがついてるお年ごろってことね」
由美と美弥子 1562目次由美と美弥子 1564




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/08/17 07:57
    • 爺「家族でくつろいだり、近所の人が寄って、お茶を飲んだりしたようです。
       お客様を大勢招いたようなときは……。
       ここで配膳とかもしたんじゃないでしょうか。
       そこが竈ですから」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2014081207242578c.jpg
      み「今なら仕出しを取るんだろうが……。
       昔は、みんなここで作ったんだろうね」
      爺「でしょうね。
       ここが、膳置き場になってます」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140812072428b5e.jpg
      み「どひゃー。
       何人分あるんじゃ」
      律「料理屋さんが出来るわね」
      爺「お客を招いたときは……。
       ここが、女性たちの戦場になったわけでしょう。
       でも普段は、のんびりとくつろげる場所だったようです。
       太宰も、ここで近所の友人たちと遊んでたみたいです」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201408120724575e9.jpg
      ↑竈から見た板の間
      み「そう言えば太宰って、この家で生まれたの?」
      爺「そうです。
       この家の竣工が、明治40年。
       太宰が生まれたのは、明治42年です。
       この隣の小間と呼ばれる和室で生まれてます。
       見てみますか?」
      み「どーれ」
      爺「あ、ちょっとその前に……。
       この隣の部屋に、面白いのが置いてあります」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2014/08/17 07:58
    • み「何にも無いではないか」
      爺「こちらですよ」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140812072422604.jpg
      み「あ、このコート、見たことある」
      爺「おー、太宰が着てたっぽいな」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201408120724595ff.jpg
      爺「これを着て、記念撮影することができます。
       いかがです?」
      み「にゃに。
       太宰が着たコートで?」
      爺「いえ、これは撮影用に用意されたものです」
      み「なんじゃ」
      爺「本物は、展示室に置いてあります」
      律「Mikiちゃん、着てみたら?
       少しは文豪っぽく見えるかも」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140812072501765.jpg
      ↑インバネスとも、二重回しとも、トンビとも云われたようです。シャーロック・ホームズも、このタイプを着てました。
      み「普段は見えないんかい」
      律「見えるわけないでしょ」
      み「あ、そ。
       それじゃちょっと、着させてもらうかな」
      爺「お取りしましょう」
      み「おー、かたじけない」
      爺「あなたは、どちらの方です?」
      み「どこに見えるかな?」
      爺「さっぱりわかりません。
       ひょっとして、江戸時代から来たのかと……」
      http://blog-imgs-69.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20140812072424bec.jpg
      ↑1863(文久3)年、ベアト撮影。もちろん、セッティングしたものでしょうが、江戸時代には違いありません。
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. 淡雪
    • 2014/08/17 12:38
    • 読みにくるのをずっとさぼってたら、もう私には手におえないような更新ぶりです。
      で、適当にこのあたりから、と、なかぬきで読み始めたら、結構回想シーンが出てきて懐かしく思いました。
      あんこだまとかほたるいかって、すごいことを相変わらず思いついて書いておられる。
      太宰の記念館何年か前に行きましたわ。
      お向かいが津軽三味線の演奏を聞かせてくれる施設でした。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2014/08/17 12:58
    •  手に負えないもなにも……。
       週5回、淡々と更新を続けてるまでです。
       ま、思いつくまま気の向くまま書き散らし……。
       けっこう楽しい人生だと思っております。
       ネタは、死ぬまでなくならないでしょう。
       斜陽館、行ったことあるんですね。
       うらやましい。
       わたしも、リアルの旅で行ってみたいです。
       しじみラーメン、美味しそうだよね。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2014/08/17 23:28
    • お久っ。
      淡雪さま。
      一体、何年ぶりなのでしょうか。
      うん、もう、いやあ。
      なんてお久なんでしょう。
      もう、淡雪さまという名前まで忘れかけていましたよ。
      書き散らす人生。
      お付き合いくだせえ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2014/08/18 07:36
    •  最近、淡雪さんがコメントを入れてくださったのは……。
       ↓1533回のこと。
      http://mikikosroom.com/archives/2673285.html
       先月の7月6日です。
       1ヶ月半ぶりですぞ。
       あーたも、応対されてたじゃありませんか。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2014/08/19 03:09
    • 1ヵ月半ぶり。
      わたしが応対したとな?
      うーむ、覚えがない。
      すまぬ、淡雪さま。
    コメントする   【由美と美弥子 1563】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 潤文学 変態小説 赤星直也のエロ小説
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき ちょっとHな小説 羞恥の風 官能的なエロ小説
秘密のエッチ体験談まとめ 愛と官能の美学 女性のための官能小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 電脳女学園 官能の本棚

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ HAKASEの第二読み物ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のH体験告白集 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
18's Summer 濠門長恭の過激SM小説 アダルト検索一発サーチ 制服美少女快楽地獄
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 魔法の鍵 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
漂浪の果てに ぺたの横書き 最低のオリ 女の陰影
西園寺京太郎のSM官能小説 かめべや 出羽健書蔵庫 お姫様倶楽部.com

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル
快感小説 Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング ライブドアブログ
官能小説アンテナ GL Search
ネット小説ランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング 正しいH小説の勧め にほんブログ村 セックス・ノベル・ネット
ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan
十八禁恋愛私花集 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top