Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1400
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「おまえも立つんだよ」

 奈緒美は、うつろな目を見開いたまま反応しなかった。
 由美の目が、テーブルに戻った。
 おそらく、投げつけるものを探したのだろう。
 しかし、テーブルの上は綺麗に薙ぎ払われ、愛梨のほかは何も残っていなかった。
 由美の手が、愛梨のキャミソールに掛かった。
 捲りあげる。
 細い背中が、剥きあげられていく。
 背骨が谷筋となり、影を沈めている。
 肋が、独立した生き物のようにうねった。
 裏返ったキャミは、腋の下で止まった。
 愛梨が再び抵抗を始め、脇を締めたのだ。

「まだ、素直じゃないようだね。
 そういう子には、お仕置きが待ってるんだよ。
 素直じゃなかったことを、心から後悔させてやるさ」

 由美の半身が開いた。
 片腕が、高々と掲げられたのだ。
 そのまま腕は、鞭の撓りとなって、振り下ろされた。
 残像を追い切れないほどのスピードだった。

 バシッ。

 肉を叩く音が、高らかに響いた。
 星が揺れ落ちそうだった。

「痛いぃぃぃ」

 由美の手の平にも、痛覚が走った。
 むろん、叩かれた愛梨の尻は、もっと痛いだろう。
 ほとんど肉の付いていない尻は、手の平が引いた後も、まだ小刻みに振れていた。
 白い肉の上に、みるみる手形が浮きあがる。
 再び片腕があがった。
 振り下ろされる。

 ビシッ。

「あひぃ」

 尻たぶの窪みが、翳を孕んではためいた。
 その窪みを鷲づかむように、真っ赤な手形が浮きあがる。
由美と美弥子 1399目次由美と美弥子 1401




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2014/01/01 08:40
    •  さてさて。
       2014年、本日開幕です。
       無事に歳が越せたことを、素直に喜びたいと思います。
       例年、お正月はゲストを呼んで、漫談をしていましたが……。
       今年はマジメに、わたしがピンで努めたいと思います。
       一昨年は1,000回、昨年は5周年と、イベントを控えたお正月が続きました。
       その年が明けたことに、身の引き締まる思いを感じてたものです。
       で、今年ですが……。
       奇しくも本日が、本編1,400回となりました。
       てことは、5月には1,500回の節目を迎えることになります。
       ほぼ同時に、6周年です。
       ま、いちおう節目ではありますが……。
       わたしの中では、イマイチ盛りあがっていません。
       なーんか、やっぱり、マンネリ感を否めませんよね。
       6年近く続けてきて、毎日が新鮮なんて方が、不思議なのかも知れませんが。
       モチベーションが微妙に低下してることは、自分でも自覚してます。
       でも、休もうとか、ましてや、止めようなどとは、これっぽっちも思ってません。
       これがわたしの生きる道、というとオーバーですが……。
       唯一の取り柄なんじゃないかという気はしてますので。
       考えて見れば6年前は、自分がこれほど文章を書き続けられる人間だとは、思ってもいませんでした。
       技術的な才能はさておき……。
       長く書き続けるという才能だけは、神さまが授けて下さったようです。
       これからも、呼吸をするように書いていけたらな、と思っています。
       と言いながら……。
       この文章、書くことが無くなっちゃいました。
       どうするかね。
       以下、思いつくまま、雑談的に進めます。
       まず、最初。
       小説の質について。
       最近特に、中身がスカスカになって来てるのではないかと、忸怩たるものがあります。
       じっくり地の文で書き込む場面が、少ないですよね。
       ともすれば、会話オンリーになってしまいます。
       楽なんだよね。
       ハカが行くんです。
       わたしの執筆時間は、朝の1時間くらい。
       しかも、火曜から金曜の4日間。
       早い話、週に4時間です。
       これだけで、週5回分の量を書くわけですから……。
       枚数を稼ぎたい。
       なので、どうしても、会話が多くなってしまうんですよね。
       会話だけで進めると、1時間に8枚くらい書けるときもあるんです。
       しかし……。
       この文を書いてて改めて思いましたが、何で1時間しか書けないんだろ。
       3時半に起きてるんですよ。
       でも、小説を書き始めるのは、4時15分ころか……。
       ヘタすれば、4時半近くになってしまいます。
       何してるってわけじゃないんですけどね。
       まずは、着替えですね。
       といっても、パジャマは着たままで……。
       その上に、いろいろ着こむわけです。
       わたしは、5本指靴下を履いて寝ますが……。
       朝は、その上から、さらにインナーソックスを履きます。
       ウェットスーツの素材で出来たソックスです。
       さらに、モコモコの防寒ズボンを穿き込みます。
       上は、カーディガンを羽織った上に、フリースのベストを着て……。
       さらに、綿入れを着込みます。
       そして極めつけは、手袋。
       USBのヒーターが付いた手袋です。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201312231006029ca.jpg
       ここまでで、結構な時間になります。
       あとは、目薬を挿して……。
       線香形のお香を灯します。
       トイレにも行きますね。
       いきなり、大が出ます。
       で、ようやく机に向かうわけですが……。
       まず最初は、次回投稿分の推敲から。
       画面ではしません。
       わざわざ印刷します。
       前にも書いたと思うのですが、わたしは縦書で執筆してます。
       印刷も、もちろん縦書です。
       なので、みなさんが読んでる『由美美弥』と、わたしが読んでる『由美美弥』は、ちょっと違うのかも知れません。
       あ、コメントは、横書きで書いてるんですよ。
       本編とコメントで、人格が違うみたいになるのは、ひょっとしたらこのせいなのかも。
       続きは、次回。

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2014/01/01 12:06
    • 誠におめでとうございます。
      しかし、元旦に合わせるとは、心憎い演出ですね。
      で、本年初頭の『由美美弥』。
      オープニングは、ちょうちゃく(携帯では変換できねー)シーンですか。
      頬だと思ったら尻ですか。
      ま、尻ならそんなに……。
      いやいや。欧米では子供の折檻は尻打ちが定番。やはり痛いんだろうなあ。
      頑張るんやで愛梨ちゃん。
      そのうち、気持ちよくなるからね。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2014/01/01 19:17
    •  みなさん、新年あけましておめでとうございます。
       東京では、15度くらいになったようですね。
       うらやましい限りです。
       新潟は、本日も飽きもせず、荒れてます。
       ハーレクインさんは、年始に行って、酔いつぶれてるようですね。
       お酒はほどほどにしましょう。
       わたしは、貰い物の純米大吟醸酒を飲んでますが……。
       やっぱり、お燗すると、イマイチのようです。
       これなら、寒梅の普通酒の方が美味しいかも。
       さて、年末ジャンボも見事に外れ……。
       今年も働かにゃならんようです。
       それでは、2014年、心の叫び。
       仕事、したくねー。
       お粗末。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2014/01/01 20:40
    • 本年もよろしくお願い申し上げます。
      >モチベーションが微妙に低下
      ふむ。
      人の成せる業。当然そういうこともあるでしょうね。
      でもそれはあくまで作者の内面の問題で、作品のテンションは維持されていると思いますよ。
      今後も、倦まず撓まず書き続けて下され。
      >止めようなどとは、これっぽっちも思ってません
      当然じゃ。
      わたしが死ぬ前に止めるなど、金輪際許さぬぞ。
      「会話オンリー」。
      結構じゃないですか。
      戯曲『センセイのリュック』って知っとるケ? 別に、枚数稼ぎの意図で書かれたものではないぞ。
      ま、今は小説バージョンのようだが。いずれまた……。いつになるかなあ。
      ははあ、これか。ヒーター付き手袋。
      しかしそんなに寒いのかね。部屋にストーブくらいあるんだろ。
      というわけで(どういうわけや!)、予定より早く家を出なければならなくなりまして、打ち込んだコメ原稿をプリントアウトして家を出ました。途中の車内で対『由美美弥』の分は携帯で送稿したんですが、それ以上は無理。今帰宅して、残り分を書き送稿しています。
      飲んではおりますが、酔い潰れてはおりません。年始に行った先で、原稿片手に携帯を操作するわけにもいかず、この時間になってしまいました。
      先さまでは「賀茂鶴の大吟醸」が出ました。残念ながら純米ではありません、アル添です(飲ませてもろとって文句言うな!)。先方の当主は日本酒に詳しくないようなので、ひとしきりウンチクを垂れてきました。嫌がられただろうな。
      ま、アル添の方が口当たりがいいのは確かです。
      >仕事、したくねー
      血涙の叫びですが、しょうがないですね。
      「働かざるもの食うべからず」。
      どうしても嫌なら、生活保護か結婚ですね。
      どうする?

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2014/01/02 08:23
    •  初期のころは、表現の仕方にまでこだわってたものです。
       新しいレトリックを見つけることに、喜びを感じておりました。
       今は、引き出しにある材料を、取っ替え引っ替え出して使ってる感じですかね。
       わたしが執筆する部屋にあるのは、オイルヒーターです。
       これが、なかなか暖かくならんのです。
       いちおう、起きる前に点くよう、タイマーをかけておりますが……。
       執筆開始時の室温は、10度くらいです。
       わたしが貰った純米大吟醸は、『出羽なんとか』という相撲取りみたいな名前でした。
       秋田のお酒なんでしょうね。
       秋田と新潟では、お酒の味がかなり違います。
       秋田のお酒は、関西に近いんじゃないでしょうか?
       甘口です。
       なんででしょうね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2014/01/02 09:41
    • 修辞法。修辞学。
      修辞。美辞。巧言。
      言葉のあや。
      もちろん、レトリックにこだわるのはMiki姐さんの持ち味で、わたしもそれに引きずり込まれたわけですが、でもこれだけの長編、常に新しいレトリックを注ぎ込むというのは至難の技でしょう。その点にこだわりすぎると疲弊しますよ。
      ときおり、ドカンとかます。これがかえって新鮮なのでは。
      それにやはり、小説の命はストーリーじゃないかなあ。
      こないだの、オレンジ爆弾に始まる「倉沢邸」の話。
      少し前ですが、高原貸別荘途上の「木洩れ日の小径」。
      ずっと遡って「黒いローファー」の少女。
      これが私のベスト3です。他にもいっぱいありますがね。
      で、今回の屋上話。
      「やられたー」という感じですね。
      まさかここで女教師が登場するとは。
      オイルヒーター。
      使ったことありませんが、北国では「役立たず」のような気がします。
      素早く温まるには「ガスファンヒーター」。これに勝るものは無いでしょう。わたしなんか足元に置いていますから、つけて数分であっちっち、ですね。
      「出羽桜」という酒がありましたが山形でした
      >秋田と新潟では、お酒の味がかなり違います
      そりゃあ、羽後と越後ではお国柄が全く違うでしょうからね。
      新潟には美味しそうな酒がたくさんあるじゃないですか。いいなあ。
      こんな春歌、あります。
      ♪正月や 正月早々やりたがるやりたがる
      振り袖姿で歌留多取り 歌留多取り
      二月以後もあります。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2014/01/02 11:45
    •  小説は、ストーリーが命。
       それを言われると、後ろめたーい気分になります。
       今回、褒めてもらった場面でも……。
       ストーリーを考えてから書いたシーンはありませんから。
       ガスファンヒーターは、ダイニングキッチンで使ってるので……。
       急速暖房の威力は、知ってます。
       でも、わたしの部屋がある2階までは、ガスが来ておらんのです。
       オイルヒーターは、マンションのような密閉性の高い部屋では有効でしょう。
       木造建築、特に和室には不向きです。
       唯一の利点は、換気の必要が無いこと。
       時間はかかりますが、16~18度くらいまで上がると、その室温をずーっと維持できます。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2014/01/02 12:30
    • 歯が命。
      ふむ、なるほど。
      わたし、年末に前の差し歯が取れちゃいまして往生しています。
      年明けからずっとマスクしてます。
      身内は「そんなんええやん」といいますが、わたしは「わしが嫌やねん」でずっとマスク。家人は笑とります。
      実は、今のわたしの仕事部屋。
      隙間風が吹くんです。
      どこからなのか未だにわかりません。寒いよう。
      またつけるか、ガスファンヒータ。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2014/01/02 19:17
    •  それを売りにした方が、予備校でも人気が出るのではないか?
       マスクの方が、よっぽど不気味だと思います。
       隙間風が入るなら、好都合じゃないですか。
       換気の必要が無いんですから。
       おたくのファンヒーター、サーモスタットが付いてないの?

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2014/01/02 20:32
    • やだ。
      サーモスタットはついてますが、取説を紛失したので使用法がようわからん。それに、好きな時に点・消火する方がいいんだよ。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2014/01/03 08:40
    •  設定温度を上下させるボタンが付いてるだけでしょうに。
       歯無しと話が違いますが……。
       最近、通販のカタログを読んでたら、ハゲ隠しの新アイテムが紹介されてました。
       頭皮を黒くする薬です。
       本来は、肌に塗って、日焼け効果を出す薬だったようです。
       大部分がハゲてる人が使うと、異様に見える気もしますが。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2014/01/03 10:32
    • そもそも温度設定の仕方がようわからんのですよ。
      26歳ころに禿げ始めて以来「ハゲを隠そう」と考えたことは一度もありません。
      自然が一番。別に、人に迷惑をかけるわけでなし。
      これを称してNatural Beauty。
      Black Beautyは『黒馬物語』。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2014/01/03 12:21
    •  前面か上に、デカデカとボタンが付いてるはずです。

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2014/01/03 13:14
    • あ、いや、ボタンはたくさん付いていますが、
      意味がよくわからんのですよ。
      使ってるのは起・終動ボタンだけです。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2014/01/03 19:08
    •  日本向けなら、日本語が書いてあるでしょうが。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2014/01/03 20:17
    • 意味を理解できなければ意味ない(ん?)でしょうが。
    コメントする   【由美と美弥子 1400】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 恥と屈辱の交差点
官能文書わーるど 電脳女学園 萌木ケイの官能小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 赤星直也のエロ小説 恥ずかしがりたがり。
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 新・SM小説書庫2 潤文学 ひめ魅、ゴコロ。

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
淫鬼の棲む地下室 ましゅまろくらぶ 空想地帯 Playing Archives
変態小説 人妻の浮気話 艶みるく 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
ぺたの横書き 18's Summer アダルト検索一発サーチ 濠門長恭の過激SM小説
SM~猟奇の性書~変態 女性のH体験告白集 Eros'Entertainment むね☆きゅんファンサイト
出羽健書蔵庫 快感小説 [官能小説] 熟女の園 女性のための官能小説
調教倶楽部 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ 妄想ココット

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
緊縛新聞 お姫様倶楽部.com 性転換・TS・女体化劇場 riccia
制服美少女快楽地獄 黒い教室 エピソードセックス 被支配中毒
女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 かめべや 最低のオリ
ライトHノベルの部屋 漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~
ちょっとHなおとなのための… オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望

渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め 小説の匣
ライブドアブログ アダルトブログランキング

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 おたりんく ネット小説ランキング
アダルト動画まとめ セックス・ノベル・ネット Adult Novels Search Girls Love Search
少女禁忌区域 アダルト検索BBJapan 絵描きさん.NET 創作系サイト検索・KAGOME
Cyber あまてらす ヌケルアダルト作品 GAY ART NAVIGATION クリエイターコレクションR18
ぱっくりんく 【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top