Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1398
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「た、助けて……。
 助けてください」
「ふっふっふ。
 いいね、その怯え切った目。
 でも、安心しな。
 取って食おうってわけじゃないよ。
 おや。
 おまえ、失禁してるね」
「い、いやぁ」
「ふふ。
 濡れた下着をつけてたら、夜風で風邪を引くよ。
 ほら、脱ぎな」
「いや。
 助けて」
「言うことを聞かないと……。
 この腕が、勝手に絞め殺しかねないよ。
 脱げって言ってるだろ」

 由美の片手は愛梨を押さえつけ、もう一方の手がスカートを潜った。
 再び現れた手には、ショーツが握られていた。
 鉋を引くように、一気に抜き取られる。
 手の平に、濡れた布地を感じた。

「ほら、見てみな。
 こんなに濡らして」

 由美の片手は、ショーツを愛梨の眼前に掲げた。
 水を吸ったショーツは垂れ下がり、持ち重りがするほどだった。

「言ってみな。
 わたしは、小便を漏らしましたって」
「助けて……」
「言ったら、助けてやるよ」
「わたしは……。
 わたしは、おしっこを漏らしました」
「おしっこじゃないだろ。
 小便だよ。
 わたしは、小便を漏らしました」
「わたしは……。
 小便を漏らしました!
 だから、助けて。
 助けてください」
「だからとは何だい?
 わたし相手に、取り引きしようってのかい。
 百年早いんだよ」

 由美の片手に力が籠もった。
 濡れたショーツが握り潰され、水滴が滴った。
 水滴は、時雨のように愛梨の顔に降り注いだ。

「いやっ」
「何がいやなんだい。
 自分の小便だろ。
 違うって言うのかい?
 それじゃ、見せてもらおうじゃないか。
 小便の出る穴を。
 その穴の周りが小便臭くないか、確かめさせてもらうよ」
由美と美弥子 1397目次由美と美弥子 1399




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2013/12/29 08:07
    • 食「『新津』からは、信越本線ですね。
       快速『くびき野6号』」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201312231646347c1.jpg
      ↑新津駅の『くびき野』。これは、17:19発の4号のようです。
      み「名前が付いてるような快速じゃ、お金取られるんじゃないの?」
      食「指定席だと指定席料金がかかりますが……。
       自由席なら、乗車券だけで大丈夫です。
       でも、検札はあるかも知れませんよ」
      み「どのくらい乗るの?」
      食「『新津』、20:11発。
       『直江津』、21:53着」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20131223164656062.jpg
      み「まだ新潟県か。
       よし、1時間42分、トイレに籠もるぞ」
      食「この時間だと、お酒飲んでる人もいるでしょうから……。
       トイレに立つ人もいるはずです。
       籠ってたりしたら、車掌さんに通報されますよ」
      み「うーむ。
       運を天に任せるしか無いか」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20131223164635f01.jpg
      ↑こちらは、グリーン席。これなら、金取るわな。
       検索をかけてみたところ……。
       検札は無いという情報がありました。
       定期券では、指定席に座れないんですが……。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013122316463698f.jpg
       高校生が、平気で指定席に座ってるそうです。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/12/29 08:10
    • み「『直江津』で、22時前か……。
       まだこの日、先があるわけ?」
      食「もちろんです。
       『直江津』では、29分の待ち合わせになります。
       立ち食いそば、食べます?」
      み「おぅっ」
      律「ぜったい胸焼けするわ」
      み「野菜ものが足りとらんよな」
      食「『直江津』の立ち食いそばは、食べたことがあります。
       あそこのは独特なんですよ。
       “食い鉄”の間でも、知られた存在です。
       そば、うどんの汁で、黄色い中華麺を食べる『和風中華』が有名です」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201312231646374d1.jpg
      ↑ネギは冷凍モノではなく、店内で刻んでるそうです。味は……。絶賛する人と、首を傾げる人、二手に別れるようです。
      http://www.youtube.com/watch?v=6tfQcRrrk-M
      ↑動画レポートがありました。どうも、改札の外にあるみたいですね。
      律「ますます胸焼けしそうね」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20131223164657ad2.jpg
      ↑安さも魅力! 値段は、十数年変わってないそうです。高校生なら、ぜったいこれだね。
      み「野菜ものはないの?」
      食「かき揚げなら、野菜ですよ」
      み「油を使ってない野菜!」
      食「あ、海のそばだから、確か“もずく”はありました」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20131223164639cae.jpg
      ↑もずくそば。ウズラの卵と天かすが、最初から入ってます。400円。これも名物だそうです。
      み「“もずく”は海藻だろ!」
      律「海の“もずく”って云うものね」
      み「それは、海の“藻屑”!」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/12/29 11:58
    • 拉致、監禁、脅迫などの際の定番のセリフですが、女教師さんの口から出ますと迫力ありますねえ。
      取って食われた方がましだったりして、愛梨ちゃん。
      >わたしは、おしっこを漏らしました
      >わたしは……小便を漏らしました
      こういうのを言葉嬲りっていうんだよなあ。
      いいねえ。
      まさに「ネコがネズミを嬲る」図ですなあ、女教師さん。
      愛梨ちゃんに降り注ぐおしっこ時雨。
      しっかり味わうんだよ、愛梨ちゃん。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/12/29 12:03
    • 旧頸城村(現上越市)が由来ですか。
      頸城鉄道というのがあったそうですね。
      路線総延長15.0km。
      軌間762mm(いわゆる軽便鉄道)。
      起・終点を含む駅数10。
      全線単線・全線非電化。
      1914年(大正3年)開業、1971年(昭和46年)全線廃止。
      雪で苦労し続けた路線だったようです。
      ま、こんなこと言っちゃなんですが、「くびき」といいますと反射的に軛を連想しちゃいますね。
      ほんとにややこしいなあ
      新潟の鉄条網、じゃなくて鉄道網。
      JR米坂線なんてのもあるのか。
      米沢駅(山形)-坂町駅(新潟)間、90.7km。
      起・終点駅を含む駅数20。
      全線単線・全線非電化。
      最急勾配25.0‰。
      軌間はもちろん1,067mm。
      車窓の風景はなかなかのものです。
      >検索をかけてみたところ……。
       検札は無いという情報がありました。
      そんな情報までネットに流れているのか。信用できるのかね。
      お、和風中華。
      JR姫路駅ホームの駅そばにもあります。結構有名。ひょっとしてチェーン店?。
      店名は、そのものずばり「えきそば」
      しかし、直江津の駅そば、和風中華290円は安い!
      カレーそばがあります、400円。わかってらっしゃる直江津駅そばさん。
      もずくそばねえ。
      わたしはもずくが苦手なんです。
      あの見かけがねえ、なんか水死体を思わせてね。水死体を見たことはないんだけどね。
      そういえば古歌に、川でおぼれ死んだ娘の長い髪が水に漂っている、なんて風景を詠ったのがあったなあ、忘れちまったい。
      もずく。
      まだ一度も食べたことありません。おそらく食べないまま人生を終えるでしょう。
      >律「海の“もずく”って云うものね」
      出ました、律せんせ会心のボケ(それほどでもないか)。
      風邪、ひいちゃいました。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2013/12/29 12:20
    • ぅわっかりました。ちゃんと記録してました。
      ●八雲さす出雲の子らが黒髪は吉野の川の沖になづさふ
      万葉集所載の人麻呂の歌でした
      しかし、どういう背景があるんでしょうか。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2013/12/29 13:25
    •  東頸城郡、西頸城郡、中頸城郡がありました。
       今は、市町村合併により、すべて消滅してます。
       “頸城”は、もともとは、新潟県の上越地方全域を指す地名だったようです。
       ちなみに頸城村は、中頸城郡にありました。
       ↓『くびき野』、検札が無い情報はこちらから。
      http://blogs.yahoo.co.jp/bb_fcy/31365572.html
       もずく。
       味に当たり外れがあります。
       マズいのは、ただ酸っぱいだけ。
       でも、美味しいのに当たると……。
       歯ごたえと滑りがなんとも言えません。
       じゅんさいみたいです。
       正月前に風邪を引くとは、精進が悪いですのぅ。
       せっかく、朝から飲んでもお咎めのないときなのに。
       春にまた入院しないよう、ごちういください。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2013/12/29 14:53
    • ほう、そんなに広い範囲を差す名称だったんですか。
      だから快速「くびき野」があり、「頸城鉄道」があったのも当然なんですね
      ほう。
      「JR全線乗り放題切符」なんてのがあるんですか
      有効期間が2週間程度。9,180円。
      三人で乗車、または3回に分けての乗車、可。
      ということは一人(1回)あたり3,060円。これはお買い得ですね。
      「酸っぱいもずく」。
      え、味が付いてるんですか、もずく。
      酸っぱいもずく、間違いなく吐き出すでしょうね、わたしは。
      風邪っぴき。
      もう何年も風邪なんて引いてなかったのになあ。
      「精進が悪い」。
      別に悪事も働いていないのになあ、飲んでるだけで。
      咳と鼻水と涙が止まりません。
      この秋、生まれて初めて発症した花粉症の影響もあるんでしょうがね。
      で、腹立つのは、風邪にも花粉症にも関係ないんでしょうが、肩こりがひどいんですよ、近ごろ。もはや激痛と言ってもいいくらいです。なんなんでしょうねえ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2013/12/29 19:21
    •  2011年で発売終了。
       でも、2011年からは、「秋の乗り放題パス」が発売されてます。
       料金も、7,500円に値下げ。
       10月5日~20日までの間の、連続する3日間が、乗り放題となります。
       ↓飛び飛びの日での利用や、複数人数での利用は出来なくなりました。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%89%84%E9%81%93%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%A8%98%E5%BF%B5%E3%83%BBJR%E5%85%A8%E7%B7%9A%E4%B9%97%E3%82%8A%E6%94%BE%E9%A1%8C%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B7
       肩こり。
       最近、わたしは無くなりました。
       理由はわかりませんが。
       先日、テレビで、肩こり解消の名医が紹介されてました。
       お医者さんではなく、歯医者さん。
       ↓顎関節症の研究から、開発された方法だとか。
      http://bi-plus.net/kenkou/10-second-stiffness-of-the-shoulders-personal-cure/
      http://currentdiary.seesaa.net/article/383669757.html
       逆療法で、キャッチボールとかはどうなんでしょう?

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2013/12/29 20:31
    • 全線乗り放題切符、なくなったんですか。
      それは残念無念、口惜しや。
      で、「秋の乗り放題」ねえ。
      JRもさすがにサービスしすぎと考え直したのかな。
      おーやMiki姐さん、肩こり解消ですか。
      それは慶賀。
      わたしは、涙目、鼻水、咳。
      で、肩こり。
      さらに加えて、しゃっくりが止まらなくなりました。
      なんだよう。
      いったい私が何をした!
      ヘレン・ケラー女史を凌ぐ五重苦。
      助けてくれ。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2013/12/30 08:04
    •  涙目は、わたしも1年を通しての症状になりました。
       特に、冬場は顕著です。
       寒風が当たると、涙がこぼれます。
       鼻水は出ませんが、鼻づまりはときどきあります。
       鼻孔拡張テープを貼ると、少し楽です。
       朝、剥がしたとき、テープの跡が残りますが……。
       30分もすれば消えます。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2013/12/30 11:52
    • なぜに樋口一葉。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2013/12/30 13:08
    •  『頭痛肩こり樋口一葉』は、井上ひさしの戯曲です。
       井上ひさしが主宰した『こまつ座』は、これで旗揚げ公演を行いました。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2013/12/30 16:20
    • へえー知りませんでした。
      わたしは、こっち方面は疎いんですね。
      井上ひさしで思いつくのは『ブンとフン』だけです。内容はもちろん知りません。
      村で一番の仲良しだった二人の男の子が、どういうわけか村で一番のいがみ合う仲になって喧嘩三昧。で、いろいろあって片方が村を出て遠くへ行くことに……。
      で、その別れのときに村に残る方が洩らすセリフ。
      「俺……これから先、誰と喧嘩すりゃいいんだ……」
      答えることが出来ず夜汽車に乗る相手。
      こんな漫画がありました。
      作品名はもちろん、作者も記憶にありませんが、印象的な作品です。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2013/12/30 18:44
    •  何と言っても、『ひょっこりひょうたん島』でしょうね。
       そういう漫画を発表できるってのは、いい時代でしたね。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2013/12/30 20:39
    • えっ、原作は井上ひさし!
      いやあ、知りませんでした!!
      これはまあ、何といいますか、いやあ、どうもその、ですね。
      えーと、以前に書きましたっけ。
      記憶はあやふやなんですが『未逃』(このタイトルもあやふや)という短編の漫画があります。
      どう言えばいいんですかね、とにかく、逃げなあかんのですよ。
      何かが追ってくるんですね。で、その追う速度が日に日に大きくなる。
      逃げる。
      走る、自転車、電車、新幹線、逃げろ逃げろ逃げろ。
      追いつかれたら世界が滅ぶという、わけわからん設定なんですね。
      「あすなひろし」だったかなあ。
      いやいや、覚えていませんがサスペンスタッチの作品でした。
      見たのは学生時代の喫茶店(GAROではありまへん)。漫画雑誌だったなあ。これも記憶に無し。
      とにかく、衝撃的な作品でした。
      も一度、見たいなあ。

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2013/12/31 08:29
    •  月曜から金曜まで毎日放送があったようです。
       後年の井上ひさしの遅筆ぶりを思えば……。
       よく遅れずに書き続けられたものですね。
       あすなひろしという漫画家は、初めて知りました。
       作品リストには、それらしい作品が無いようです。
       一種の不条理ものでしょうか?
       漫画ではありませんが、筒井康隆の『走る取的』を連想しました。

    • ––––––
      17. ハーレクイン
    • 2013/12/31 09:22
    • そうですね、まさに不条理もの。
      最後は逃げ切るんですけどね。米軍の戦闘機に乗って……。
      あ、違うか。何十年前に一回読んだだけだからなあ。記憶はあいまいです。
      も一度、見たいなあ。
      『走る取的』。怖いですねー。

    • ––––––
      18. ハーレクイン
    • 2013/12/31 09:46
    • 絵柄を思い返して探し直しましたところ、作者が違ってました。すんまへん。
      みやわき心太郎、1978年の作でした。
      「リイドコミック」に掲載。
      全9話ということらしいですがおかしいなあ。確か読みきりの短編だったと思うんだけどなあ。ひょっとして別の作品かな。
      でも、こんなタイトル、めったにないよね。
    コメントする   【由美と美弥子 1398】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top