Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1227
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美里は、両手で捧げるようにして、それを持ち上げた。
 テーブルの縁を越え、思っていたとおりの物が現れた。

「そう。
 あの日の美弥子さんは……。
 股間から、男性のシンボルを突きあげてた。
 あの日は、呪術から生まれた怪物みたいに見えて、ただただ怖ろしかったけど……。
 今は、あの日の化け物の正体がわかってる。
 もちろん、この双頭ディルドゥの存在を知ったから。
 でも、見れば見るほど、グロテスクよね」

 双頭と云っても、直線の両端に亀頭を有する形状ではない。
 そのディルドゥは、クワガタの顎のような形をしていた。
 いや、正確に言えば馬蹄形だが……。
 もっとも近い形は、“布団挟み”だろう。
 ベランダに布団を干す時、風で飛ばされないよう、上から押さえる器具だ。
 その布団挟みと同じく、ディルドゥは、基部を一つにしていた。
 根元は、樹木に出来る肉瘤のように盛りあがっている。
 むろんそれは、陰嚢を模した意匠だろう。
 そしてその瘤から、2本の男根が突き出ているのだ。
 ひと所から生えた男根は、互いに背きながら反りあがっている。
 しかし先端部では、再び亀頭が接していた。
 クワガタの顎が閉じた形だった。
 美里は、反り返る男根を、それぞれの手で握った。
 そのまま、眼前に掲げる。
 閉じた大顎の中に、美里の顔がすっぽりと収まって見えた。
 美里の口角が上がった。

 カン。

 バネ音が響いた。
 2つの亀頭が、わずかに離れた。

 カンカンカン。

 美里の両腕に引き離され、クワガタの大顎が開いた。

 このディルドゥは、高校時代、1人の女教師から受け継いだものだった。
 その女教師は、美弥子の在学中に亡くなっていた。
 従って、形見と言ってもいいだろう。
 もちろん、正式に渡されたものではない。
 美弥子が、遺品の中から黙って持ち出したものだった。
 誰かの手に渡ることが、忍びなかった。
 なぜならこのディルドゥに、美弥子はバージンを捧げたのだから。
 いったい幾度、犯されたことだろう。
 このディルドゥを装着した女教師に。
 ディルドゥの肉色には、高校時代の愛憎が染みついているのだ。

「さて、これを着ければ、準備完了よ。
 いったい、どんな魔法が起きるのか……。
 じっくりと見届けさせてもらうわ」
由美と美弥子 1226目次由美と美弥子 1228




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2013/05/04 08:00
    • 老「ま、そんなところじゃろ。
       そこの宮司といろいろ話をするうち……。
       椿にまつわる悲しい物語を聞くことができた」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130428191305cc1.jpg
      み「ほー」
      老「聞きたいか?」
      み「そんなでも……」
      老「何でじゃ?」
      み「悲しい物語は、苦手なの。
       あの田沢湖の辰子姫みたいなんでしょ?」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201304281913054bb.jpg
      老「おー、あれを覚えておったか」
      み「昨日のことだろ。
       忘れたら、アホじゃ」
      老「なんと。
       昨日のことであったか。
       わしにはなぜか、2年くらい昔のことに思える」
      み「わたしにもそう思える」
      老「ま、1つ聞いたのなら、もう1つ聞きなされ」
      み「どういう理屈じゃ」
      老「1話300円でどうじゃ」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201304281913066e8.jpg
      み「金取るのかよ!」
      老「ま、よろしい。
       貸しにしておこう。
       田沢湖の話と、椿神社の話。
       2話で、36万円になります」
      み「なんでじゃ!」
      老「あとで請求書を送ります」
      み「いらんわ!」
      老「昔々……」
      み「語らいでいい!」
      老「黙って聞かんしゃい」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201210211021210c4.jpg
      み「金は払わんぞ」
      老「金の亡者め」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013042819130625e.jpg
      み「どっちが!」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/05/04 08:01
    • 老「まぁ、良い。
       特別サービスで語って進ぜる。
       オマケに、冥界行きの切符も付けよう」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2013042819130501c.jpg
      み「いらんと言っとろうが!」
      老「交易船が、この海を往来しておったころのこと……。
       船乗りというのは、港々で非常にモテた。
       板子一枚下は地獄という稼業じゃ。
       いくら稼いでも、金はあの世まで持っていけん。
       で、たまに陸に上がると、荒い金を使った。
       こんな男が、遊郭でモテないわけがない」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130428191324da6.jpg
      み「あ、そういう話は、新潟にもあるな。
       昔の港近くに、湊稲荷(みなといなり)神社ってのがあるけど……」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201304281913244e8.jpg
      老「ほー」
      み「そこに、願掛け高麗犬ってのが鎮座してる」
      http://blog-imgs-48.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130428191306834.jpg
      み「高麗犬が回るんだよ」
      http://www.youtube.com/watch?v=oicCDv6t8rw
      ↑子供が回してる様子。子供にとっては、かなりの重労働のようです。
      老「ほー。
       コマ回しじゃな」
      み「茶化すな」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/05/04 09:18
    • えーと。
      もうようわからんようになった。読者失格だなあ。
      美里が双頭ディルドウのことを知ったのはいつだっけ。『由美美弥』に登場した早々の頃だと思うんだけどなあ。
      ま、それはともかく、今から美弥ちゃんにディルドゥを装着しようというのか、美里よ。美弥ちゃん、嫌がって抵抗するだろ。
      いや、そうでもないか。こういう状況になると、結構やすやすと相手の言いなりになるのが美弥ちゃんって子なんだよなあ。やはり、天性のMなんだろうか。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/05/04 10:13
    • >老「ま、そんなところじゃろ。
      どんなところなんだろう、でまたもや前回を読み返しちまったよ。どうも作者のテクに乗せられてるなあ。
      ま、それはともかく、前回のヒキは「夏泊の椿神社の開基は鎌倉時代」。で、「そんなところじゃろ」とつながるわけか。納得。
      お、お懐かしや、辰子姫の像。どこのだあ。
      田沢湖畔のは立像だったと思ったが。
      なんかコペンハーゲンの人魚姫に似てるぞ。
      >老「なんと。
       昨日のことであったか。
       わしにはなぜか、2年くらい昔のことに思える」
      >み「わたしにもそう思える」
      慣れあい漫才(そんなのあるのか)は止めてくれ。
      そうか、マスミンに出会ってからでももう2年になるのか。
      『由美美弥』開始が5年前、『東北』スタートは3年前。長くなったもんだ、「遥けくも来つるものかな」。
      って、ちょっと待て。
      んじゃ『由美美弥』5周年が間近じゃんか。作者は気づいておるのか!
      1話300円。
      ええ商売ですのう、ご老人。しかし、こんな画像、何の意味が……。
      てなことを言ってるとなんと、2話で36万円!
      それはもう、オレオレ詐欺だぞマスミン。
      しかし、金の亡者くん(ちゃん、かな)。いい表情だのう。さりげなく出してる足先がまたいい。なんか他人のもののようにも見えるぞ。
      将来は俳優か詐欺師だな。
      >オマケに、冥界行きの切符
      「み」さん「み」さん。
      護衛にイザナキくんかオルフェくん雇いなはれ。安う斡旋しまっせ。
      「宵越しの銭はもたねえ」のは江戸っ子だけではない、船乗りもか、なるほどー。
      吉原だと、この画像から煙管の雨が降ってくるんだよな。
      港稲荷神社(いろいろあるのう、新潟)の回る狛犬、じゃなくて高麗犬。
      動画の女の子、なんやかんや言いながら3周も回しておったぞ、コマ回し。帯は解いておらんかったが、麦わら帽子が鬱陶しかったな、と。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2013/05/04 13:21
    •  4つあるそうです。
       わたしが載せた画像は、御座石神社のもの。
       下半身が、龍になってます(うんこではない)。
       さぞかし歩きづらかったことでしょう。
       5週年は、もちろん気づいておる。
       が、なーんのイベントもございません。
       本日は、ホームセンターに買い物に行ってきた。
       ものすごい車で、駐車場の入口が大渋滞。
       一気にうんざりモードになってしまった。
       やっぱり、休みの日はチャリに限ります。
       今日は、風が強くて無理でした。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2013/05/04 18:48
    • 御座石神社(ござのいしじんじゃ)は、田沢湖畔にあって「辰子姫」を祭る神社。御利益は「美貌成就」「不老長寿」。
      御座石神社は諏訪湖にもあるそうな。こちらの祭紳は「高志沼河姫命(こしぬなかわひめのみこと)」
      なんだよ
      5周年記念イベントは無しかよ。
      ま、去年も1000回記念企画は華々しくやったけど、4周年記念はあっさりスルーだったな。
      じゃ次の記念イベントは2000回まで待たんならんのかい。かなり先だな。
      連休にホームセンターやスーパーなんぞに行くもんやおまへん。大混雑になるのは目に見えてるわな。特に大勢のガキどもが走り回るので危なくてしょうがない。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2013/05/04 19:38
    •  なして、「高志沼河姫命(こしぬなかわひめのみこと)」なんて祀ってるんだ?
       この姫さま、新潟県糸魚川の奴奈川姫だろ?
       1000回記念企画なんて、何かやったっけ?
       明日は、ようやく5月らしい気温になりそうです。
       窓にサンシェードを取り付けなければ。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2013/05/04 22:57
    • 高志(越)の沼河比売(ヌナカワヒメ)が、出雲の大国主(オオクニヌシ)に求婚されて承諾し、生まれた子供が建御名方命(タケミナカタノミコト)。
      建御名方が姫川を遡って諏訪まで行き、信濃は諏訪大社の祭紳になったとされています。
      諏訪の御座石神社は、諏訪大社の摂社(本社に縁の深い神をまつる神社)であり、諏訪神社の祭紳・建御名方命の母・沼河比売を祭るのが諏訪の御座石神社、ということらしいです。
      沼河比売は越後から信濃まで、息子を訪ねてくるんでしょうね。
      田沢湖の御座石神社とは何の関係もおまへん。
      > 1000回記念企画なんて、何かやったっけ?
      とぼけおって。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2013/05/05 08:01
    •  糸魚川の翡翠の女神。
       翡翠製の勾玉は、縄文中期から作られており……。
       青森の三内丸山遺跡や北海道南部で出土する翡翠が、糸魚川で産出されたものであることがわかってるそうです。
       縄文時代から、翡翠の交易があったわけですね。
       諏訪湖周辺にも糸魚川産の翡翠が届いていたということでしょう。
    コメントする   【由美と美弥子 1227】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 レズ画像・きれいな画像倉庫 禁断の体験 エッチな告白集 ひとみの内緒話
愛と官能の美学 潤文学 秘密のエッチ体験談まとめ ましゅまろくらぶ
ちょっとHな小説 官能文書わーるど 羞恥の風 新・SM小説書庫2
官能的なエロ小説 恥と屈辱の交差点 電脳女学園 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 萌木ケイの官能小説 Playing Archives 変態小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく SM~猟奇の性書~変態 空想地帯 調教倶楽部
Angel Pussy 週刊創作官能小説 ひめ魅、ゴコロ。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥ずかしがりたがり。
緊縛新聞 女の陰影 性転換・TS・女体化劇場 [官能小説] 熟女の園
女性のための官能小説 アダルト検索一発サーチ 魔法の鍵 性小説 潤文学ブログ
妄想ココット Eros'Entertainment ぺたの横書き 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 快感小説 被支配中毒 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
HAKASEの第二読み物ブログ かめべや ちょっとHなおとなのための… 被虐のハイパーヒロインズ
ライトHノベルの部屋 空想の泉~The Fountain of Daydream~ むね☆きゅんファンサイト riccia
女性のH体験告白集 エピソードセックス お姫様倶楽部.com 漂浪の果てに
最低のオリ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所 被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH

羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ
プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
小説の匣 官能小説アンテナ
正しいH小説の勧め にほんブログ村
ライブドアブログ Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ GL Search Adult Novels Search アダルトブログランキング
おたりんく ネット小説ランキング Cyber あまてらす セックス・ノベル・ネット
GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集 クリエイターコレクションR18 少女禁忌区域
萌駅 アダルト検索BBJapan アダルトなび2 創作系サイト検索・KAGOME
【携帯】GL狂愛Rank 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!




<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top