Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1180
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


「おぉっと。
 まーた、妄想にのめり込んじゃってた。
 でも、川上先生良かったわ。
 落っこちたのが、わたしの妄想の中で。
 もし本当だったら、その綺麗なお顔が潰れちゃってたもの。
 ね?
 ふふ。
 でも、ほんとにやってあげようか?
 逆さ吊り。
 ここに、加勢してくれる生徒たちはいないけど……。
 双子のウィンチという、強い味方がいるんですもの。
 どう?」
「岩城先生、ほんとに助けて」
「乳首おっ起てながら、よく言うわ。
 わたしの妄想聞いて、興奮したんでしょ?
 ほんとに全裸授業、やってみる?
 なんとか言いなさいって。
 乳首、捻ってあげるから。
 ほら」
「ぎぇぇぇ」
「あら、いい声。
 萌えてきちゃうわ。
 あの張り型付けて、突っこみたくなっちゃう。
 さ、言いなさい。
 あの女王さまは、誰なの?」
「知らない。
 ほんとに知らない人なの!」
「まだ言うか!
 じゃ、その声で助けを呼びなさいよ。
 あの女王さまに。
 助けに来てって」
「岩城先生!
 ほんとのことなの」
「あら、理事長。
 お目覚めでしたの?
 じゃ、もう一度だけ、聞いてあげようかしら」

 あけみ先生は、川上先生を突き放すと、理事長の横たわる畳に向き直った。
 ゆっくりと歩み寄っていく。
 わざとお尻を振りながら。
 裸電球の作る陰影が、尻たぶで踊ってた。

「ひとりぼっちにして、ごめんなさいね。
 こんな格好じゃ、オナニーも出来ませんものね。
 それじゃ、最後のチャンスよ。
 あの女王様は、誰なの?
 おっしゃい!」
「知らないって言ってるでしょ!」
「あら。
 そんな口、利いていいわけ?
 ご自分の立場が、わかってらっしゃらないようね。
 そういう悪い子の乳首は、捻りあげてあげます。
 ぎぅぅぅぅ」
「いぃぃ」
由美と美弥子 1179目次由美と美弥子 1181




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2013/02/27 07:26
    • み「だらしないやつ」
      食「あ、あれがチゴキ崎ですね」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130223194304d90.jpg
      み「誤魔化しおって」
      律「あ、灯台」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201302231943030d6.jpg
      食「チゴキ崎灯台です」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130223194303e96.jpg
      ↑位置図
      食「昭和29年に設置されました」
      み「♪おいら岬の~」
      食「♪灯台守は~。
       ずいぶん古い歌、知ってますね」
      み「中学の時……。
       『オイラーの定理』っての、出てきたでしょ」
      食「数学ですね」
      み「数学だっけ?
       化学じゃなかった?」
      食「多面体の定理だったと思います」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130223194304cac.jpg
      み「ま、いいや。
       中身は覚えてないから。
       覚えてるのは、教師の寒いギャグ」
      律「何よ?」
      み「そのまんまだよ。
       オイラーの定理って、言ってから……。
       さっきの歌、歌ったの」
      律「『♪おいら岬の~』?」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2013/02/27 07:26
    • み「誰も知らないっつーの。
       教室中、しーんとしちゃってね。
       そのバカ教師、最近の生徒は、年々ノリが悪くなってくるとか言ってさ。
       早い話、その歌を知ってる年代じゃなくなってきただけじゃない。
       それに気づかないで……。
       ずーっと毎年、おんなじギャグかましてたってこと」
      律「Mikiちゃんは知ってたわけ?」
      み「わたしはずーっと、ジジババの部屋で育ったからね。
       懐メロには造詣が深いのだ。
       いつごろの歌だと思う?」
      律「江戸時代?」
      み「そんなわけないだろ!
       戦後すぐくらいだよ」
      食「確か、昭和32年です。
       木下恵介監督による映画『喜びも悲しみも幾歳月』の主題歌ですね」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201302231943245a9.jpg
      み「なんでそこまで知ってる?」
      食「あの映画に出てくる灯台を巡ってみたことがありますから」
      み「どこが舞台なんですか?」
      食「辺地に点在する灯台を……。
       転々としながら駐在生活を送る燈台守夫婦の25年に渡る物語ですからね。
       舞台となった灯台は、10箇所くらいありましたよ。
       そうそう、佐渡の弾崎灯台もありました」
       ↓それでは、ダイジェスト版を御覧ください(主題歌の歌唱は、若山彰)。
      http://www.youtube.com/watch?v=xJjWPfmoF78
      み「あれ?
       ずいぶん高いとこに登って来たね」
      食「これこれ、これですよ。
       ここからは……。
       白波が砕ける岩場を、上から俯瞰するアングルが続くんです」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20130223194303295.jpg
      み「津波が来たら、逃げ場が無いのぅ」
      律「またそういうことを言う!」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2013/02/27 11:14
    • ああそうか。
      つい妄想だということを忘れてしまって“あぶなあぃ”なんて叫んじゃったよ。
      ま、妄想といえば、物語なんてそもそも妄想だよね。
      『由美美弥』本編自体が壮大な妄想。その妄想の中でのあけみセンセの妄想が『放課後』。その中であけみセンセは更に妄想する。
      どこまでも続く妄想の連鎖、妄想の入れ子……。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2013/02/27 11:19
    • 岩館駅を出た「リゾートしらかみ」くまげらくん。
      やってきましたチゴキ岬。
      チゴキ岬には灯台が。
      灯台ときますと……。
      オイラーの定理というのはたくさんあるようですが、「食」くんの言っているのは『オイラーの多面体定理』ですね。
      多面体というのはいわゆる立体図形のことで“誰がこんなん思いついたんや!”と言いたくなるくらい、無茶苦茶多くの種類があります。
      立方体(サイコロ型)が最もシンプルですが、これは「正多面体」の一種で、正式には「正六面体」といいますね。
      オイラーの定理は、正六面体の場合、
         頂点の数(8)-辺の数(12)+面の数(6)=2
      となるわけですね。
      “で、せやからいうて、それがどないやっちゅうねん”と言いたくなります。
      Wikiの「多面体」の記事を見ると、図&動画付きで紹介されていますが、頭がくらくらしてくること請け合いですぜ。
      「オイラー」の定理は「♪おいら岬」の定理。
      “おいら岬はどこにある?”と、いい勝負だな。
      「遥かなる人生の旅路に滲む、こみあげる感動! 溢れる詩情
       海の音を枕に夢を結び
       風雪の中に人生を捧げ
       光りなき孤島に
       生活を奏でた二十五年…」
      聞いていただきましょう『喜びも悲しみも幾年月』。歌うはもちろん若山彰!
      ♪おーいらみぃさーきのぉ~ とーだいもぉりぃはぁ~

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2013/02/27 20:10
    •  『♪妻と二人で~』。
       てことは、単身赴任じゃなかったわけね。
       やっぱり、交代要員がいなかったから……。
       灯台を離れることが出来なかったんでしょうか?
       妻も、仕事を手伝ってたんでしょうね。
       でも、妻の方には、手当は払われないよね。
       あ、旦那の給料に加算されてるか?
       しかし……。
       訪ねる人も無い、半島の先端。
       テレビも無い。
       妻と2人。
       やることは、ひとつだよな。
       灯台守は、子沢山だったんでしょうか?
       ていうか、買い物とかどうしてたんだろうね?
       おかずは海で釣れるにしても……。
       米は調達しなきゃなるまい。
       あの時代に、自家用車なんてあるわけないしね。
       食料品の補給部隊でもいたんだろうか?
       子供の通学も、どうしてたんだろう?
       そのへんのとこ、映画見ればわかるんでしょうか?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2013/02/27 21:53
    • 見ましたが、ほとんど記憶にありません。
      唯一覚えてるシーンは、まだ小さい子供が病気になった。当然医者など近くにいない。どうしようどうしようと子供を抱きしめ、おろおろする母親。外は吹雪……。
      子供は助かったはずです。
      今なら単身赴任も有りうるでしょうが、当時は夫婦が一緒は当たり前。となると、妻は灯台の保守・点検も手伝いました、と、このあたりはUPされた動画に出てきます。
      子供は確か男・女の二人だったはず。ほんとに、学校はどうしてたんだろうね。
      あ、動画には卒業祝いらしきシーンが出てきます。
      買い物はねえ、確かに大変だよね。
      半島の先端ならまだしも、♪離れ小島、への赴任もあった。自給自足、は無理だろうから、ほんとにどうしたんだろうね。やっぱり補給部隊かなあ。
      兵站(へいたん)線の確保が勝敗を分ける、ほとんど戦争だね。
      映画『喜びも悲しみも幾年月』。
      もう一度見てみようかな。
      そういえば、『幾年月』とは関係ないけど、「灯台守」って歌があったなあ。
      ♪こおれる月かげ 空にさえて
       真冬の荒波 寄する小島(おじま)
       思えよ灯台 守る人の
       尊きやさしき 愛の心
      ♪はげしき雨風 北の海に
       山なす荒波 たけりくるう
       その夜も灯台 守る人の
       尊きまことよ 海を照らす

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2013/02/28 07:52
    •  もう一度見ても、答えが見つかるとは思えませんね。
       ドキュメンタリーならまだしも……。
       作り物じゃね。
       原作は無く、木下監督が脚本も書いたそうです。
       食料調達の方法とか、子供の通学方法とか、監督自身、気づかなかったのかも知れませんね。
       誰か、そういう視点からリメイクしてくれないかね。
       もちろん、若い夫婦の青姦シーンも盛りこんで。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2013/02/28 08:45
    • 今もいるんですかね。
      常駐というか、住込み、という意味ですけど。
      日本の場合、ほとんどの灯台が普段は「無人」なんじゃないかなあ、と思うんだけど、よくわかりません。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2013/02/28 19:55
    •  最後に残った長崎県五島市の女島灯台が無人となり、日本から灯台守はいなくなったそうです。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2013/02/28 20:29
    • 長崎の女島といいますと、釣り人の聖地、男女群島の一つですね。
      そっか。灯台があるのか。
    コメントする   【由美と美弥子 1180】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top