Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0988
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ここ、何に使われると思う?
 似たようなとこ、見たことない?
 ほら、ホテルなんかのイベントホール。
 大きな結婚式とかに使われるスペースよ。
 ここも、パーティなんかを開くために作られたみたい。
 確かに、落成式の日には、外部からお客さんがたくさん来てたけど……。
 その後は、聞かないわね。
 ここが使われたって話」

 先生は、パンプスの靴音を木霊させながらわたしを先導した。
 わたしの内履きは、床のタイルでキュルキュルと音を立てた。

「部室は、この上。
 エレベーターもあるけど……。
 こっちの方が、いいでしょ」

 先生は、壁際に廻らされた階段を上り始めた。
 金色の手すりが細い木柵の上に渡ってて、柵の隙間からもホールを見下ろせる。
 階段は、ホールの膨らみに沿ってカーブしてるから……。
 上ってるうちに、目眩がしそうだった。

 2階に上がると……。
 でもあれ、2階って云うのかな?
 ホールは、もっと高くまで吹き抜けになってるの。
 そのホールの真ん中くらいの高さのとこに、バルコニーみたいなのが付いてる。
 階段の行き先がそこ。
 そのバルコニーからホールを見下ろしたら、ほんとに目が回りそうになった。
 そんなに高いわけじゃないのにね。
 中途半端な高さってのが、むしろ怖いのかも知れない。

 そのバルコニーに背を向けると、広い廊下が伸びてた。
 床には、ペルシャ模様みたいな絨毯が敷かれてる。
 なんか、豪華客船みたいな雰囲気だった。
 乗ったことないけど。

 先生は歩きながら、廊下の突きあたりを指差した。

「あの扉が、理事長室」

 先生の脚は、突きあたりの少し手前で立ち止まった。

「写真部の部室はここよ」
由美と美弥子 987目次由美と美弥子 989




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/06/03 07:27
    • み「江戸以前じゃないの。
       水戸から伝わったのか?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120603125704965.jpg
      食「その可能性は、おおいに大です。
       なにしろ、初代久保田藩主・佐竹義宣は……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094125560.jpg
      ↑肖像画だそうですが……、顔がわからんだろ!
      食「水戸から来たんですから」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094224614.jpg
      み「そうなの?」
      食「元々は、常陸の国54万石の城主でした」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201205280942263a7.gif
      食「でも、関ヶ原の戦いで、徳川方に加担しなかった祟りで……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094127905.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2012/06/03 07:28
    • 食「1602年、21万石の秋田に転封されたんです」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012052809422504d.jpg
      み「左遷ってこと?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094228fbf.jpg
      食「そうです」
      み「それで、水戸納豆が伝わった?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201205280942446c9.jpg
      食「自然に考えれば、そうですが……。
       逆の面白い説もあるんですよ」
      み「どんな?」
      食「秋田に転封されるとき……。
       義宣は、水戸の美人を、みんな秋田に連れて来たんだそうです。
       それで、秋田には美人が多くなり……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012052809422709c.jpg
      ↑1953年、木村伊兵衛撮影(モデルさんではありません。大曲の田んぼで農作業をしてた人だそうです)
      食「逆に、水戸には少なくなった」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012052809412985c.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2012/06/03 07:29
    • み「ほんまきゃー?」
      食「で、美人をごっそり連れてきた見返りに……。
       水戸には、桧山納豆を伝えた」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094130e2d.jpg
      み「美人と納豆じゃ、割に合わんじゃないの。
       水戸って、そんなに美人が少ないの?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012052809412866a.gif
      食「さぁ。
       行ったのは、1,2度ですけど……。
       そんな感じはありませんでしたけどね。
       あ、納豆の伝播には、もう一説あるんです」
      み「言ったんさい」
      食「八幡太郎義家って、ご存知ですか?」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094243d4f.jpg
      み「聞いたこと、あるような……」
      律「日本史の女王じゃなかったの?」
      http://blog-imgs-36.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110416201250a4f.jpg
      み「かつての栄光じゃ」
      食「何です、それ?」
      み「いいから、続けて」
      食「八幡太郎義家、すなわち源義家ですが……」
      http://blog-imgs-53.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120528094126384.jpg
      食「どういう人か、ご存知ですか?」
      み「いいから、続けて!」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2012/06/03 10:27
    • イベントホール。
      床はタイル張り……。
      バルコニーに至る壁際の階段……。
      もしかして“天国への階段”か。
      これまで天国への階段を上ったのは……。
      1964年イギリス映画。
      レッド・ツェッペリン。
      白川道。
      栗本薫。
      小林まこと。
      大竹しのぶ。
      松本隆。
      そして……。
      棚橋美里。
      バルコニーから続く広い廊下……。
      廊下にはペルシャ絨毯……。
      深まる謎、高まるサスペンス。
      何をたくらむ、あけみセンセ。
      写真部部室で里ちゃんを待つものは……。
      里ちゃん、今日の名台詞。
      >中途半端な高さってのが、むしろ怖いのかもしれない。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/06/03 11:27
    • 『東北』の画像。
      1枚目が落ちてまっせ。
      ここには水戸のどんな画像が……。
      ん? 水戸?
      あれま、軽いフライングだなあ。
      んでも、納豆とくれば反射的に水戸だよね。
       (反省の色、無し)
      おー。
      納豆のモニュメント。
      水戸さん。
      気持ちはわかるが、気持ち悪いぞ。
      えー。
      常陸の国、鹿島の水郷って、昔はこんなにすごかったのか。
      ♪潮来花嫁さんは 潮来花嫁さんは舟でゆく
       月の出潮を ギッチラ ギッチラ ギッチラコ
       人のうわさにかくれて咲いた
       花も十八嫁御寮
      佐竹氏が、関が原で西軍につき、結果的に秋田に“左遷”されたのは、初代義宣公の深謀遠慮があったとか。
      つまり、佐竹氏は五十四万石の大大名で、しかも外様。そんな巨大な外様大名が、常陸という、江戸のすぐそばにいるなど德川にとっては剣呑そのもの。
      どっか遠くに飛ばしたいが、佐竹氏が関が原で東軍についていれば、家康もまさか転封させるわけにはいかない。
      ならば、いずれ難癖をつけて取り潰しを狙ってくるだろう。
      それくらいなら、石高を大幅に減らされ、秋田というど田舎(秋田の人、ごめん)に飛ばされても、潰されるよりはまし。
      義宣公はこのように考えた……。
      いやあ、切れる人の先読みというのは凄いですなあ。
      参考文献。
      岩明均氏『雪の峠』
      水戸美人は、佐竹さんが秋田に根こそぎ連れ去った。
      たしかに……「水戸」という都市には、「美人」という単語はいかにも似つかわしくないような……(水戸の人、ごめん)。
      そうか、そういう歴史的背景があったのか。
      佐竹の殿サンも殺生なこと、しはるで。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/06/03 13:25
    •  名前のリストは、さっぱりわからぬ。
       生きてる人もいるよね。
       東北の1枚目。
       ご指摘ありがとうございました。
       さっそく、再アップしました。
       大した画像じゃありませんけど。
       都の貴族たちは……。
       絵巻に残ってるように、目の細いおたふく顔だったそうです。
       それに対し、東北の蝦夷は……。
       彫りの深い、ヨーロッパ系の顔をしてたとか。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/06/03 15:34
    • ふぉっふぉっふぉ。
      白糠、あ、いや、知らぬか。
      ♪知らざあ言って聞かせやしょう
      もちろんWiki発、天国行き。
      ……………………………………………………………………
      ●『天国への階段』イギリス映画。1964年公開。
       第二次大戦中、戦闘機で飛行中に被弾し、なんとか帰還しようとする男(デヴィッド・ニーヴン)の無線を、アメリカ軍婦人部隊の兵士(キム・ハンター)が受信。死を目前にしながらウィットを失わない男に、女は懸命の励ましを送る。
       やがて機は英国近海に墜落。落下傘で脱出した男は、海岸に泳ぎ着いて女と巡り合うが……。
       男の臨死体験をモノクロの“天国”で表現し、生と死の意味、戦争の虚しさを強く訴える作品。
      ●『天国への階段』イギリスのヘヴィメタロックバンド、レッド・ツェッペリンの代表作。
       1971年リリース。
       4/4拍子、イ短調。演奏時間8分。三部構成の雄大な曲想。
       単一の要素を何度も繰り返しながら次第に楽器数が増え、クライマックスに至る構成は、ラヴェル『ボレロ』を思わせる。
       歌詞の冒頭に「輝く物はすべて黄金だと信じる淑女が、天国への階段を買おうとしている」と。
      ●『天国への階段』ハードボイルド作家、白川道(とおる)氏の作品。2001年発表。
       復讐譚。
       2002年、TVドラマ化。
      ●『天国への階段』ご存じ、栗本薫の短編。
       レッド・ツェッペリン『天国への階段』をモチーフにした風俗小説。
       1988年、TVドラマ化。
      ●『天国への階段』漫画家、小林まこと氏の作品。
       2004年講談社で単行本化。
       「処女のまま死んだ主人公があの世で性に目覚める……」という内容。
       小林氏は新潟市出身。代表作は格闘漫画「1・2の三四郎」。
      ●『天国への階段』女優、大竹しのぶのアルバム。
       1994年、日本ビクターよりリリース。
      ●『天国への階段』作詞家、松本隆氏の著書。
       1993年、講談社より発表。
       松本氏の作品は恐ろしく多いが、有名どころでは、
       イモ欽トリオ「ハイスクールララバイ」
       太田裕美「木綿のハンカチーフ」
       KinKi Kids「ガラスの少年」
       桑名正博「セクシャルバイオレット№1」
       近藤真彦「スニーカーぶるーす」
       桜田淳子「リップスティック」
       寺尾聰「ルビーの指輪」
       トランザム「ビューティフル・サンデー」(訳詞)
       中原理恵「東京ララバイ」
       中森明菜「二人静」
       松田聖子「赤いスイートピー」
       森進一「冬のリヴィエラ」
       山口百恵「赤い絆」
       ザ・リリーズ「好きよキャプテン」
      ……………………………………………………………………
      以上、松本氏の作詞作品以外は、観たことも聴いたことも読んだこともありませぬ(なんじゃい!)。
      栗本薫以外はご存命ですね。
      レッド・ツェッペリンは、1980年、メンバーの一人、ドラマーのジョン・ボーナムの事故死によって、同年12月に解散しています。
      しょうゆ顔vs.ソース顔(もう死語じゃねえか)。
      日本人のルーツは、南方系と北方系で異なりますからねえ。
      佐竹氏のルーツ、関東はどっちなんだろう。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2012/06/03 20:03
    •  こういうのを……。
       「人のふんどしで相撲をとる」と云うのではないか。
       松田聖子の「赤いスイートピー」は、いい曲です。
       この歌を例にとって……。
       松田聖子は、“い”の発声が非常に上手いという評論を読んだことがあります。
      http://www.youtube.com/watch?v=2Z5zIFoGcg0

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2012/06/03 20:50
    • 「人のふんどしで相撲をとる」
      ちょっと違うぞ。
      「一を聞いて十を知る」
      うーむ、も一つだな。
      松田聖子はあまり好きじゃないんだよ。
      やはり、中森明菜だな。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2012/06/03 21:55
    •  インキンが伝染るので止めましょう。
       中森明菜は、歌詞がぜんぜん聞き取れん。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2012/06/03 22:17
    • は吉田戦車。
      そういえば、廻しを共有する高校相撲部、てのがありましたな。
      「歌詞が聞き取れない」のも持ち味だ。
      そういえば、ドラマなんかでも台詞が聞き取れない役者がおるなあ。何度聞き直してもわからない。
      あれはどうかと思うぞ。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2012/06/04 07:33
    •  耳が遠くなったからじゃないの?

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/06/04 22:45
    • このごろ、どうもTVの音が聞き取りにくうて、
      って、やかましわ、ほっとけ。
      はい、これが大阪名物、海苔ツッコミ。
    コメントする   【由美と美弥子 0988】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
レズ画像・きれいな画像倉庫 未知の星 ひとみの内緒話 愛と官能の美学
ましゅまろくらぶ 官能的なエロ小説 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 秘密のエッチ体験談まとめ 潤文学 ちょっとHな小説
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 赤星直也のエロ小説
羞恥の風 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
緊縛新聞 SM~猟奇の性書~変態 空想の泉~The Fountain of Daydream~ 性転換・TS・女体化劇場
快感小説 Playing Archives 恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer かめべや ぺたの横書き
黒い教室 女性のための官能小説 調教倶楽部 魔法の鍵
女の陰影 妄想ココット お姫様倶楽部.com エピソードセックス
女性のH体験告白集 被支配中毒 ひめ魅、ゴコロ。 [官能小説] 熟女の園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ちょっとHなおとなのための… 漂浪の果てに riccia Eros'Entertainment
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ アダルト検索一発サーチ
むね☆きゅんファンサイト 出羽健書蔵庫 ライトHノベルの部屋 制服美少女快楽地獄
オシッコオモラシオムツシーン収集所 空想地帯 被虐のハイパーヒロインズ アダルト官能小説快楽機姦研究所
被虐願望 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋

あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 おしっこ我慢NAVI ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
黒イ都 ひよこの家 エロショッカー軍団 エッチな体験談・告白
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
厳選2chまとめ おかず動画アンテナ
エログちゃんねる 人気ブログランキング
正しいH小説の勧め 小説の匣
官能小説アンテナ にほんブログ村
Girls Love Search ライブドアブログ

ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search 萌駅 アダルトブログランキング おたりんく
アダルト動画まとめ ネット小説ランキング セックス・ノベル・ネット 【携帯】GL狂愛Rank
Adult Novels Search 少女禁忌区域 Cyber あまてらす クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan ぱっくりんく





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top