Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0879
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「このテーブルが、邪魔なんだよな」

 香純は、グラスが載ったままのテーブルを、両手で押しやった。
 脚先にフェルトでも付いているのか、テーブルは、音もなくフローリングを滑った。

 弟の前には、大きな空間が開けた。
 その空間を、ソファーが挟んでいる。

「愁くん。
 お客さんたちに見せてあげて。
 恥ずかしがって動かないみたいだから……。
 こっちから、ご披露にあがるのよ。
 健康な男子の、生殖能力を」

 香純は弟の腕を引き、叔母の前に立たせた。
 叔母は、滑稽なほど仰け反った。

「律子。
 見える?
 ダメよ、目を逸らしちゃ。
 ほら、愁くん、もっと前」

 香純が、弟の背を押した。
 弟の膝が、叔母の膝に触れるほど近づいた。
 叔母は、背もたれに貼りついて喘いでいる。

「見えるでしょ?
 先っぽの穴から、露が湧いてるのが。
 これが、先走り汁。
 触ってみて」

 叔母の頭が、大きく左右に振れた。
 洗い髪が持ちあがるほどの勢いだった。

「ほんっとに、いい年してネンネなんだから。
 愁くんも、この綺麗なお姉さまに触ってほしいのにね。
 ほらもう、露が零れそう」

 香純が身を屈めた。
 伸ばした腕が、弟の前に回った。
 香純の腕は弟の影になり、由美からは見えなかった。
 しかし、その指先が、弟の亀頭に伸びていることは明らかだ。

「可愛いちんぽが、もう我慢できませんって。
 姉ちゃんが零してあげる。
 ちょん」
「あ」

 弟が裏返った声をあげた。
 尻たぶが大きく窪んだ。
 同時に、叔母が大きく身じろいだ。

「ははは。
 律子のローブにかかった。
 うーん。
 白いローブにしたのは、失敗だったね。
 これじゃ、ちんぽ汁がかかっても、見えないもの。
 先走りは粘性がないから、すぐに吸われちゃうし。
 律子。
 愁のちんぽ汁、もう裏まで透ってるよ。
 腿に感じない?」
「ひ」

 叔母は息を引くと、ローブの裾を持ちあげた。
 よほど動転したのだろう、ローブの前が割れ、太腿の奥まで覗いた。
由美と美弥子 878目次由美と美弥子 880




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2012/01/02 07:43
    • み「はい。
       それじゃ、話を進めますよ」
      律「2012年の展望ね」
      み「今年は何と言っても……。
       『由美美弥』1,000回ですね」
      律「いつごろ?」
      み「6月後半」
      律「何かやるの?」
      み「なーんも考えてない」
      律「何で?」
      み「だって……。
       イチローが、1,000本安打で大騒ぎした?」
      律「大きく出ましたねー。
       イチローと比べる?」
      み「単なる通過点よ」
      律「でも、イチローだって……。
       プライベートでは、お祝いしたかもよ?」
      み「えー。
       そんなタイプには見えない」
      律「奥さんが、ワインとか買ってたんじゃない?」
      み「1,000本安打のときは、まだ独身でしょ」
      律「そうだっけ?」
      み「たぶん。
       よし!
       それでいこう」
      律「それって何よ?」
      み「今言ったじゃない。
       ワイン買うって」
      律「高いワインでも買うの?」
      み「ま、ワイン以外のお酒だね。
       ワインは、舌に自信がないもの。
       たぶん……。
       値段相応の味は、感じられないと思う」
      律「じゃ、何よ?」
      み「当然……。
       日本酒でしょう」
      律「大吟醸とか?」
      み「そうだね。
       自分へのご褒美ってことで……。
       ちょっとおごっちゃおうかな。
       あ、そうそう。
       日本酒に関しては……。
       みなさんにひとつ、宣言があります」
      律「何ごと?」
      み「3月18日の日曜日。
       『新潟清酒達人検定』を受験します!」
      律「おー。
       スゴいじゃない。
       級とかあるの?」
      み「金、銀、銅の3段階。
       わたしが受けるのは、初級の『銅の達人』ね」
      律「なんだー。
       どうせなら、『金』を受けようよ」
      み「いきなり『金』は受けられないの。
       『銅』を取った人でなければ、『銀』の受験資格が無いし……。
       『銀』を取った人でなければ、『金』は受けられない」
      律「へー。
       じゃ、『金』を取るまでには、3年がかりってこと」
      み「『金』は、ちっとやそっとじゃ取れないよ。
       少なくとも、わたしにはムリ」
      律「受験前から弱気じゃない」
      み「『金』には、利き酒があるの。
       相当難しいみたい」
      律「ふーん。
       じゃ、『銀』止まり?」
      み「『銀』も……。
       かなり難しいみたい」
      律「これも、利き酒?」
      み「それは無い。
       ペーパー試験だけだけど……。
       蔵人でも、合格点取るのは難しいって」
      律「じゃ、結局、『銅』止まり?」
      み「いいじゃない。
       銅だって、立派なメダルよ。
       今年は、オリンピックイヤーでもあることだし……。
       春先にメダルを取って、勢いをつけて……」
      律「1,000回を目指す?」
      み「そうそう」
      律「落ちたら?」
      み「イヤなこと言わないで。
       落ちることなんか、考えてません」
      律「スゴい自信ね」
      み「現実から目を逸らすのは、得意なんです」
      律「威張るな」
      み「で、その合格祝いを取っておいて……。
       6月の1,000回で、大いに祝いたいわけよ」
      律「大吟醸?」
      み「あのさ、“貴醸酒”って知ってる?」
      律「なによまた。
       お正月から。
       イヤねぇ」
      み「予想通りの誤解してますね。
       頭の上に、モンモンとした映像が浮かびあがってますよ」
      律「だって!
       そう言ってるじゃないのよ」
      み「わたしが言ってるのは、貴醸酒(きじょうしゅ)!
       騎乗位ではありません!」
      律「なによそれ?」
      み「“貴く醸した酒”と書くわけ」
      律「どんなお酒?」
      み「聞いて驚くな」
      律「見て驚け?」
      み「いらんこと言わんでいい!
       よいかね、チミ。
       日本酒は、何から作られるか言ったんさい」
      律「お米でしょ」
      み「もう一つ、大事なものは?」
      律「……。
       ビフィズス菌?」
      み「違う!
       ほんとに医者か?
       水よ、お水。
       お酒は、お米と水から造られるの。
       しかしながら!
       この貴醸酒と云うのは……。
       水の代わりに、お酒を使うのです」
      律「へー。
       そんなことして作れるんだ」
      み「作れるけどね。
       コストがバカにならない。
       ほとんどタダの水の代わりに、お酒を使うわけでしょ。
       しかも、その製法は、『延喜式』に記されている『しおり式』というもの。
       “おり”は、何度も繰り返すことを意味してるの。
       醪(もろみ)を漉した酒に、蒸米と米麹を入れて再び醗酵させて漉す。
       これを幾度も繰り返すわけね。
       あ、そうそう。
       ヤマタノオロチを、樽に入れた酒で酔っ払わせたでしょ?
       あのお酒、なんて名前か知ってる?」
      律「……。
       松竹梅?」
      み「バカもん!
       その酒を、『八塩折之酒(やしほをりのさけ)』と云う。
       つまり、『しおり式』で造られた貴醸酒ってことよ。
       ともかく、原材料も高く、手間もかかるお酒なわけ」
      律「どんな味?」
      み「知るかい。
       飲んだことないもの。
       だから、飲んでみたいって言ってんの」
      律「やっぱり、お燗して飲んだりするわけ?」
      み「お燗には適さないんじゃないかな。
       普通の日本酒とは、かなり違うみたいだから。
       色はね、琥珀色だって。
       で、甘くてとろーっとしてるんだって」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111231115453232.jpg
      律「何で甘いわけ?
       お砂糖でも入れてるの?」
      み「普通の日本酒の甘みは、ブドウ糖から来てるんだけど……。
       貴醸酒の甘みには、貴腐ワインと同じグリセリンが含まれてるそう」
      律「ふーん。
       そんなに甘いんじゃ、お燗には向かなそうね」
      み「乾杯酒なんかに使われるんじゃないかな。
       もし、自宅でじっくり飲むとしたら……。
       やっぱ、オンザロックでしょうね」
      律「うん。
       それは、イケそう」
      み「1,000回記念は、ちょうど夏だし。
       貴醸酒のオンザロックで、お祝いしたいわけよ」
      律「なるほど。
       でもその前に、検定に合格しなきゃね」
      み「う」
      律「それではみなさん!
       本年もよろしくお願いします」
      み「その締めは、わたしのセリフ!」
      律「ほれ、続けてどうぞ」
      み「くっそー。
       本年も、よろしくお願いします!」

    • ––––––
      2. ハーレクイン
    • 2012/01/02 08:06
    • うーむ。
      香純は、愁くんちんぽで律子叔母さんを嬲って、楽しんでおるのではあるまいな。
      律子さんもなあ。
      ちんぽ見るのは初めてでもあるまいに。
      そもそも医学部の授業で、じっくり堪能(?)しているはずだが。
      いちいち過剰に反応するから、嬲る方はいよいよ調子に乗る。
      吠えつく犬は、怖がって逃げる子を余計に追いかけるのだよ。
      由美美弥コンビはどうかな。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2012/01/02 08:58
    • おー。
      Mikikoさん、「新潟清酒達人検定」お受験!
      いやあ、凄い。
      頑張って下せえね。
      Mikiko’s Roomの名誉が掛かっておりますからな。
      「鼎の軽重」が問われるわけです。
      落ちることは決して許されませぬぞ。
      どおだ。
      こんだけプレッシャーをかけておけば「現実から目をそらすのは、得意」などと呑気なことは言うておれまい。
      頑張れ! Mikiko!!
      ”きじょうしゅ”で変換すればやはり「騎乗種」と出たよ。
      “きちょうじょうぞうさけ”で変換して“重・造”を削除、で、やっと「貴醸酒」だ。
      いやあ、知らんかった。「水の代わりに酒で酒を醸す」か。
      何ちゅう罰当たりな、と思うが、「一体アルコール度数はどのくらいになるんや」という興味もありますなあ。
      ま、そんなに変わらんと思うが。
      グリセリンねえ。
      グリセリンって甘いのか。知らんかった。
      浣腸に使うのは知っておるがの。
      ま確かに、ブドウ糖と同様、炭水化物(糖類ともいう)の一種ではあるがな。
      1,000回か。
      この圧倒的な数字の前には、誰しも立ち尽くすしかない。
      楽しみにしております。
      盛大にお祝いしましょー。
      今、NHK「さわやか自然百景SP」を見ながらこれを書いています。
      この番組、放映開始以来500回になるそうです。
      名作ですよね。ナレーションがしつこくないのがいい。
      今回のSP版は、ゲストが登場して喋っておりまして、少しうるさいですが。
      女性で、世界で初めてエベレスト登頂に成功した田部井淳子さんが出ておられました。
      まだ現役なんですねえ。重畳重畳。頂上(ん?)

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2012/01/02 12:04
    •  「新潟清酒達人検定(http://www.niigata-sake.or.jp/torikumi/kentei/)」の公式テキスト、『新潟清酒ものしりブック』に載ってました。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2012010211441504a.jpg
      楽天ブックス→http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/025ceb89.3859455a/?url=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f%25E6%2596%25B0%25E6%25BD%259F%25E6%25B8%2585%25E9%2585%2592%25E3%2582%2582%25E3%2581%25AE%25E3%2581%2597%25E3%2582%258A%25E3%2583%2596%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF-%25E6%2596%25B0%25E6%25BD%259F%25E6%25B8%2585%25E9%2585%2592%25E9%2581%2594%25E4%25BA%25BA%25E6%25A4%259C%25E5%25AE%259A%25E5%2585%25AC%25E5%25BC%258F%25E3%2583%2586%25E3%2582%25AD%25E3%2582%25B9%25E3%2583%2588%25E3%2583%2596%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF-%25E6%2596%25B0%25E6%25BD%259F%25E6%25B8%2585%25E9%2585%2592%25E9%2581%2594%25E4%25BA%25BA%25E6%25A4%259C%25E5%25AE%259A%25E5%258D%2594%25E4%25BC%259A-9784861324253%2fitem%2f6861005%2f
       このテキスト代が、1,680円。
       受験料が、3,150円。
       合計、4,830円。
       しかも、日曜日(試験日)が半日潰れる。
       落ちるわけにはいかん。
       いまのとこ、試験勉強は、朝の電車の中だけ。
       正味、7分。
       これで、受かるかなぁ。
       ま、落ちても、ウンチクだけは残るだろうし……。
       グリセリンの語源は、ギリシャ語の「glykys(甘い)」だそうです。
       ちなみに、グリセリンから作られるニトログリセリンも甘いのだとか。
       ウソかホントか知りませんが……。
       発破作業の飯場では、ニトログリセリンを酒のツマミにしてたとか。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2012/01/02 12:47
    • ははあ、なるほど。
      検定の公式テキストなのか『新潟清酒ものしりブック』。
      そんで、ネットで覗いても答えが載っておらんのか。
      ふむ。
      ということは、これを丸暗記すれば合格確実というわけだ。
      丸暗記はお手の物だな、Mikiはん。
      あ、いや、「日本史だけの女王」さま。
      >ま、落ちても、ウンチクだけは残る……
      まあだそんなお気楽なことを。
      落ちることは許さぬぞ。
      「たとえ天が許しても、美少女仮面ポワトリンが許しません!」
      ニトロを酒のツマミ。
      わはは、面白い。
      爆死覚悟の酒宴かあ。盛り上がるやろなあ
      誰が最後まで呑み続けられるか、究極のチキンレースだな。
      ニトログリセリンといいますと思い出すのは、
      イヴ・モンタン主演の映画『恐怖の報酬』。
      油田火災の消火用に、ニトロを現場に運ぶ仕事を請け負った4人の食い詰め男たち。
      安全装置もなあんもないおんぼろトラック2台で、ど田舎のでこぼこ山道を命がけで行く野郎ども。さあ、はたして……という、無茶苦茶わかりやすいパニック巨編。
      面白いよ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2012/01/02 13:11
    •  日本酒づくりの工程は、どうしてこうまで複雑なのだ!
       2度読み返したが、さーっぱりわからん。
       ワインのような「当たり年」が、日本酒にないのは……。
       原材料の出来の違いなど、複雑な工程の中で吸収されてしまうからだそうです。
       夕べは、“生もと”の吟醸酒を飲んだぞ。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120102130200e70.jpg
       モンドセレクション金賞受賞のお酒。
       アル添だけどね。
       秋田産です。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120102130332860.jpg
       こないだの山廃のような酸味は無かった。
       日本酒度は+3なので、やや辛口のはずですが……。
       やわらかな甘みを感じました。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2012/01/02 13:40
    • 日本酒造りの工程が何故複雑なのか。
      もう、ご存じとは思いますが、それはアルコール発酵を行う酵母菌(主演女優)が、コメの主成分であるデンプンを直接には原材料にはできないということ。麹黴(助演女優)が、デンプンをブドウ糖に変えてやる必要がある、という点に根本的な要因があります。
      いわゆる「並行複発酵」ですね。
      つまり、主演女優と助演女優の絶妙のやり取り・掛け合いから生み出される華麗な舞台が日本酒。
      この舞台の脚本・演出を担うのが杜氏。
      舞台監督である杜氏が、どのような演技を女優陣に要求するか。
      ここに日本酒造りの工程の複雑さが生じるわけですね。
      参考文献。
      Mikiko’s Room読者の部屋。
      HQ『日本酒を飲もう! Ⅰ~Ⅳ』
       (だあから、番宣はよせって)
      しかしこれも、少し改訂したいところだなあ。
      くどいようだが、せっかくの吟醸(精米歩合59%、ま吟醸としてはぎりぎりだな)に、何故アル添するかなあ。
      モンドセレクションでは、アル添の有無は評価の対象にならんのかのう。
      ま、しかし。痩せても枯れても生酛系。
      じっくり味わって下され。
      燗酒が美味い季節になりました。

    • ––––––
      8. 海苔ピー
    • 2012/01/02 13:49
    • 試験日は3月18日で合格通知はいつ頃来るのかな?
      無理せずに程ほどに頑張ってね♪
      年下の彼女を襲うけど上手反撃されてます。
      この間こんな事を言われて
      「のりさんの私が好きなとこは、例えばいつもぎゅーってしてくれて撫でてくれる優しい手。私の言ったことに柔らかい声で笑ってくれる唇。まっすぐ私を見てくれる目。そんなのりさんが私は大好きです( *´ ▽ `* )のりさん好き好きちゅっちゅしっぽぶんぶん♪」
      「キュン死にしちゃうよ!」
      「 私の一世一代の大告白ですwのりさん死んじゃやだwすりすりちゅっちゅ♪ 」
      て、感じで弄ばれてるの…
      リアじゃなく遊びだと判ってても楽しくて、しばらくは止める事は出来そうに無いです。

    • ––––––
      9. しく太郎
    • 2012/01/02 16:01
    • あけおめです[i:63951][i:63889]
      2012も宜しくお願いします[i:63889][i:63889](*^-')

    • ––––––
      10. 淡雪
    • 2012/01/02 19:47
    • 今年も、どーぞよろしく。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2012/01/02 20:17
    • > ハーレクインさん
       並行複発酵。
       教科書に出ておった。
       その教科書によれば、アルコール添加は……。
       『発酵中の香気成分が酒粕に移行するのを防止し、香りや味の成分を清酒中にとどめて高い香気を放ち後味の良い酒を造る目的で行われる』そうです。
       確かになーんか、キレの悪い文章だよね。
       ちなみに、精米歩合の全国平均は、67%。
       これに対し、新潟県の平均は、58%。
       新潟県では、平均で吟醸以上ってことですね。
      > 海苔ピーさん
       しっぽぶんぶん……。
       キュン死に……。
       許容力ありますね。
       わたしなら、ヘッドロックから椰子の実割りに移行してるかも。
       ぜったい、ペニバン突っこめ。
       合格発表については……。
       あえてその日を伏す。
       不合格の場合は、何事も無かったことにせねばならんからな。
      > しく太郎さん
       おめでとぅ!
       2012年、お互い、いい年にしようね。
       昇り龍で行こう!
      > 淡雪さん
       おめでとうございます。
       お正月っていうと、淡雪さんの初コメを思い出します。
       今年もよろしく!

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2012/01/02 20:41
    • 新年あけましておめでとうございます。
      お元気なご様子。欣快至極に存じます。
      本年も、なにとぞよろしくお願い申し上げます。
                              HQ拝

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2012/01/02 20:44
    • 私が何故、アル添をここまで忌み嫌うのかと申しますと、世界レベルでの酒の定義では、アル添酒は「リキュール」の範疇に含まれるからなのです。
      リキュールとは、蒸留酒に果汁やハーブなどの「副材料を添加」した酒類、と定義されます。
      つまり、「酵母菌のアルコール発酵によって得た本来の酒類」としては扱われないのです。
      ここなのですよ。
      仮にアル添によって“より良い酒”ができたとしても、それはもはや、「米と水のみを原材料とする本来の日本酒」ではないのです。
      どうか、心ある蔵元には、ここのところをわかっていただきたい。
      “国内だけで売れればそれでええんや”と開き直られるのなら、何も申すことはありませんが……。

    • ––––––
      14. もんぷち
    • 2012/01/02 21:14
    • あけましておめでとうございます!!
      今年もmikikoずるーむに来るのを楽しみにしています。
      今日から初売りですが、売上は微妙でした。
      あ、元旦の日の朝、10年ぶりくらいに偶然私の干支の動物を生で見ました。
      目の前を元気よく走っていきました。
      普段見ることがないので、驚きましたが、縁起がいい気がして嬉しかったです。
      辰は生では見られませんね。干支の中では、辰が唯一実在しない動物でしょうか。
      みなさまのこの一年が素晴らしい年になりますように。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2012/01/02 21:46
    • 新年、明けましておめでとう御座います。
      本年もよろしくお願い申し上げます。
      えー、もんぷちさんの干支の動物って何でしょう。
      「元気よく走って」「普段見ることがない」というのがヒントなんでしょうが。
      ま「寅」ではないですわなあ。
      「巳」でもないし。
      あ「亥」ですかあ!

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2012/01/02 22:59
    • > ハーレクインさん
       ふむ。
       いくら綺麗ごとを言っても……。
       水増しならぬ、酒増しが目的なんでしょうね。
       アルコールを添加するのではなく……。
       日本酒を添加すればいいのにね。
       あ、それじゃ、酒増しにならんか。
       イノシシが街中を走ってたら、ニュースになるぞ。
       料理屋から逃げたのか?
       正解は、ネズミと見た。
      > もんぷちさん
       おめでとうございます。
       初売り、ご苦労さまでした。
       微妙な売り上げねー。
       わたしは今日、大型スーパーに行きましたが……。
       思いのほか人出が少なく、驚きました。
       年末は混んでたんだけどね。
       お正月は家でゆっくりという人が増えたんだろうか。
       今年もよろしく!

    • ––––––
      17. もんぷち
    • 2012/01/03 07:25
    • 大きなねずみが一匹だけ、道路を全速力で駆けていきました。
      mikikoさま、HQさま、みなさま、今年もよろしくお願いします。

    • ––––––
      18. ハーレクイン
    • 2012/01/03 07:49
    • うーむ。
      「子」だったか。
      「亥」だと面白かったのになあ。
      可愛いねずみさん。
      今年もよろしくお願いします。
      また近々、お越しくださいね。

    • ––––––
      19. Mikiko
    • 2012/01/03 08:38
    •  新年早々、大当たり~。
       気分がいいわい。
       しかし……。
       そのネズミ、もんぷちの店から飛び出したんじゃあるまいな。
       だとしたら、縁起悪いぞー。
       ネズミが船から逃げ出すと、その船はほどなく沈むそうですから。

    • ––––––
      20. 海苔ピー
    • 2012/01/03 08:45
    • 「合格発表については……。
      あえてその日を伏す。
      不合格の場合は、何事も無かったことにせねばならんからな。」
      だから言わないとね♪
      多分、その頃には忘れてるかもしれないから教えて…
      うふふ…♪
      いい感じでプレッシャーになるでしょ♪
      言いたく無ければ別にいいよ♪
      ネットで調べたらわかるしね♪

    • ––––––
      21. Mikiko
    • 2012/01/03 08:57
    •  少々気が早いが、合格祈願のカール『ウカール』を買ってしまった。
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20120103085206a41.jpg
       準備万端じゃ。
       勉強以外は。
       合格発表は、いつごろだったかなぁ?
       たぶん、秋ころだったと思いますよ。

    • ––––––
      22. ハーレクイン
    • 2012/01/03 09:05
    • なんでそんなにかかるのだ
      我々の全国模試では」、必死のパッチで採点その他もろもろの作業をこなし、半月後くらいには結果発表だぞ。
      「新潟清酒達人検定」さん。
      もちっと気合を入れて下され。

    • ––––––
      23. Mikiko
    • 2012/01/03 09:13
    •  バカ正直かね~。
       ボケてるに決まってるだろ!
       わたしなら、不審に思ったことは、即検索かけますがねー。
       そもそも昨日のコメントで……。
       合格祝いを取っておいて、1,000回記念(6月)と一緒に祝うって書いたではないか。

    • ––––––
      24. 正直一途HQ
    • 2012/01/03 09:25
    • なんでそんなに性悪なのだ!

    • ––––––
      25. Mikiko
    • 2012/01/03 09:43
    •  こちらには、騙すつもりも謀るつもりもなかったんですがねー。
       まさか、真に受けられるとは思いもしませんでした。
       海苔ピー、どう思うね?
       このおっさん。

    • ––––––
      26. ハーレクイン
    • 2012/01/03 10:29
    • 木村vs.力道山戦で、結果的に“勝った”のは力道山だったしなあ。
      謀略・裏切り・騙し・嘘……真っ正直な格闘家は、百戦錬磨のショーマン・興行師にコロッと足元をすくわれるのだよ。
      これは、男女の道、女女の道でも同じではないかのう。
      男男の道は知ったことではないがな。
      どう思うね?
      海苔ピーさん♪

    • ––––––
      27. 海苔ピー
    • 2012/01/03 12:08
    • 色恋沙汰は騙される方が阿呆に決まってる!
      大体なぁ!合格発表は3週間ぐらいやでぇ~♪
      遅くても3ヶ月以内やでぇ~♪
      HQさんが阿呆なだけや♪

    • ––––––
      28. Mikiko
    • 2012/01/03 12:31
    •  ごくごく正当なジャッジが下されたようです。
       ほんまにあのおっさん、大阪人なんでしょうかね?
       よく今まで生きてこれましたよね。
       合格発表は、4月6日です(カレンダーに、“O”しないように)。
       マークシートだから、採点も何も無いわな。

    • ––––––
      29. ハーレクイン
    • 2012/01/03 12:34
    • 阿呆はわたしか♪
      ま、今まで多々身に覚えはあるが。
      海苔さんやMikiはんにかかれば、小指の先で一捻りされるのう♪

    • ––––––
      30. 海苔ピー
    • 2012/01/03 13:19
    • カレンダーには丸しないけど、携帯のスケジュールにはアラーム付きで設定しときます♪

    • ––––––
      31. Mikiko
    • 2012/01/03 13:31
    •  試験場の、シーンとした雰囲気が苦手でね。
       自分が、トンデモナイことをやらかすんじゃないか……。
       そういう恐怖がつきまとって止まないのじゃ。
       芸人体質かのぅ。
       なお、検定試験の当日と前日には、「にいがた酒の陣2012」が開催されます。
       試験場と酒の陣は、同じ建物の中(朱鷺メッセ)。
       受験票を提示すると、酒の陣の試飲チケットが、通常2,000円のところ、1,000円でご購入できます。
       車で行ったら飲めないしな。
       どうするかな。

    • ––––––
      32. ハーレクイン
    • 2012/01/03 14:06
    • Mikiはんは芸人体質か。
      んじゃ、今年はさらに踊ってもらおう。
      何処へ行く『由美と美弥子』。
      地獄の果てまででもお供しますぜ。
      そおいえば「にいがた酒の陣」、昨年は開催中止だったんだよな。
      原因はもちろん震災の余波。
      今年はめでたく開催か。
      >どうするかな
      って、「電車で行って飲み倒す」に決まっておろうが。
      >試験場のシーンとした雰囲気
      って、
      飲んでから受験するという輩も多いんじゃないか。
      酔いどれ受験生たち。
      試験場、酒持込み可、だったりして。
      べろべろの奴が一番成績よかったりして。
      楽しそうだのう。

    • ––––––
      33. もんぷち
    • 2012/01/03 15:43
    • mikikoさん大正解♪
      HQさんドンマイです!
      うちの店からじゃないですよん(^^;)))
      mikikoさんはウサギでしたよね?
      ウサギを見に行って合格祈願したらいいかもですよ。
      効果あるか!って突っ込まれそうですけど(笑)
      みんな飲んべえの試験会場、楽しそうですね。

    • ––––––
      34. ハーレクイン
    • 2012/01/03 19:33
    • パソ前に突っ伏して、今まで寝ておりました。
      家人はおらぬ。何処へ……。
      そうそう「み」さんは「卯」さんでしたよね。
      合格祈願!
      ほんとに皆に合格してほしいものです。
      頑張れ、受験生諸君。
      センター試験は目の前だ!
      もんぷちさんも、がんばれ! 

    • ––––––
      35. 海苔ピー
    • 2012/01/03 19:47
    • ショータイム
      テスト中に女性が
      一人、シーンとした会場から抜け出しコッコッと足音を響かせて廊下を歩いている。
      フッと視線を上げるとトイレの扉が目に入った。
      彼女にはちょっと変な癖がある。
      シーンとした会場にいると何故か便意を模様してしまうという変な癖が…
      更に人は言えない性癖が…
      便意を模様した彼女は出し終わると…
      彼女自身の便意の匂いに興奮状態になった彼女は陰核に指を這わし始める。
      もう、その指を止めることが出来なかった。
      どれくらいの時間が経ったか判らない彼女だった。
      廊下からガヤガヤと話声が聞こえる。
      彼女は話声に耳を傾けるとテストの内容の話をしている様だ!
      ハッとした彼女は時計に目を向けるとテストの終了時間を回っていた。
      彼女の悪い癖によって解答用紙の半分も書かずにテストの途中で抜け出した彼女は勿論…
      彼女はこの癖のせいで何度、泣く羽目になった事か。
      end

    • ––––––
      36. Mikiko
    • 2012/01/03 20:07
    • > ハーレクインさん
       酒の陣の開始時間は、10:00。
       試験の開始時間は、10:30。
       一杯ひっかけてから受験するのは……。
       ちょっと無理かなぁ。
       試験終了後の楽しみにしてる人は、大勢いるでしょうね。
       皆が合格するんなら、試験する意味が無いぞ。
      > もんぷちさん
       おー。
       お店からじゃなくて、よござんした。
       都会のオフィス街ってのは、ネズミにとって快適な環境なのかもね。
       試験当日は、ミッフィーちゃんの縫いぐるみを連れていこうかな。
       ま、あと2ヶ月半も先のことなので……。
       みんな忘れてるでしょう。
       わたしだけは忘れないようにせねばならぬが。
      > 海苔ピーさん
       なるほど。
       そういう場面は、人ごとではないな(015回のコメント参照)。
       あの実体験から……。
       美弥子に下剤を飲ますというシーンを思いついたのかも知れん。
       しかし……。
       「便意を模様す」って、どんな模様じゃ?

    • ––––––
      37. 海苔ピー
    • 2012/01/03 20:29
    • 携帯で打ったから様判らんのだよ♪
      模様したてでるもん。
      もようした?
      もよおした?
      あれ?どちら?

    • ––––––
      38. ハーレクイン
    • 2012/01/03 20:54
    • もよお・す【催す】
      が正解のようですね。
      広辞苑第六版
      さそい出す。ひき起こす。
      例 源氏物語[夕霧]「山おろしいとはげしう…
      大方の空に-・されて干る間もなくおぼし嘆き」。
      例 平家物語「君も臣も感涙を-・されけり」。
      例 「尿意を-・す」
      例 「眠けを-・す」
      >皆が合格するんなら、試験する意味が無いぞ
      んなことはない。
      資格検定なら、一定以上の点を取れば全員合格もありうる。
      今はねえ……大学入試もこのような状況になりつつあるのだよ。
      なんせ、大学自体の統・廃合が実際に行われている時代だからのう。
      ま、それ自体を嘆く必要はないのだが、受験生諸君の勉学意欲がなあ。削がれるわなあ。
      まいずれ、予備校自体なくなったりして。
      さあ!
      とりあえず、明日から仕事じゃ。

    • ––––––
      39. 海苔ピー
    • 2012/01/03 21:18
    • 模様じやなくて催すだなぁ!
      なんか変て思っても携帯は面倒くさいな~!
      携帯生活はやっぱり厳しいです。
      あの話はMikikoさんのコメントを元に書きました。
      こんなヘマならしても可笑しくないと思います。

    • ––––––
      40. ハーレクイン
    • 2012/01/03 21:52
    • 携帯からの投稿は自由度を大幅に縮めますよね。
      わたしも、パソと足が同時に壊れた昨年5月のほぼ一カ月間。
      この点は痛感しました。
      やはり非常用に、ノートなど何らかのサブ機器を用意しておくべきなんでしょう。
      が、HQ、貧乏人の悲しさ。とーてーそおんな余裕はありません。
      最近は、携帯の方を解約しようかと考えておるくらいです。
      うーむ。今年の懸案事項の一つはこれだな。
      「静かな会場は…」
      いけまっせ海苔さん。
      Mikiko’s Room新連載「海苔ピーのお部屋」
      火曜日の連載枠、いつでも明け渡しまっせ。

    • ––––––
      41. Mikiko
    • 2012/01/03 22:05
    • > 海苔ピーさん
       やっぱ、“もようす”で変換してたんじゃないか。
       携帯で文章を打つのは、ほんまに苦行じゃよ。
       日本語にとっては、もっとも向いてないアイテムなんじゃないか?
       電車の中でも、延々と打ってる子がいるが……。
       あの時間、本を読んだら、どれだけためになるか。
       “しっぽぶんぶん”とか、打ってるのかね。
       わたしは、試験を忘れて耽れるほど、豪胆ではない。
       公衆トイレで、したことはありますがね。
       ミュージアム系の施設では、落ち着いて出来ます。
      > ハーレクインさん
       近ごろは……。
       たいがいの私大は、新潟でも受験できるようです。
       昔は、都立大駅や学芸大駅で降りて途方に暮れる受験生がいたそうですが。
       国立大の地方受験ってのは、無いのかね?
       縄張り上、難しいか。
       試験場、貸さないのかもね。
       ノートパソコンの型落ち品なら、安く買えます。
       わたしは昨年、3万円弱で入手しました。
       海苔ピー連載の暁には……。
       誤字脱字チェックを委託します。

    • ––––––
      42. ハーレクイン
    • 2012/01/03 22:34
    • 今どき、親が本を読まんのだから子供が読むけないわな。
      いや、そうでもないか。私の親は両親とも読まんかったなあ。
      やはり本人の持って生まれた資質か。嘆かわしいことじゃ。
      「しっぽぶんぶん」は本年初頭にして、本年最高のギャグではなかろうか。
      ま、私大はねえ。
      学生集めに真剣に取り組んでいる。
      地方受験など今どきあたりまえじゃ。
      うちでも九州の大学とかに受験会場として貸してますしねえ。
      助成費(“じょせいひ”で変換したら女性日と出たよ)もどんどん上がってるようですし、国公立大も少し危機感を持たんと未来はないかもしれんぞ。
      うーむ、ノート三万か。
      真剣に考えてみるかな。
      しかし、モバイル性については携帯の独壇場だわな。
      実は先ほど「さあ、寝るか」で寝床に入って、最後に携帯を覗いたのだよ。もちろん、みきこずるーむ(すまぬ英字入力めんどくせえ)をな。
      そしたらみきはんの投稿が入っておったので、寝床を抜け出してこれを書いておる。
      家人は「何事?」と胡散臭げな眼で見ておった。
      もう眠ったようだがな。
      寝床にまで持ちこめる機器は携帯しかないわなあ

    • ––––––
      43. 海苔ピー
    • 2012/01/03 23:42
    • 信じられないな~!
      しっぽぶんぶんがギャグて…
      ありえない!
      絶対に阿保だ!
      カワイイじゃん♪
      癒やされるじゃん♪
      愛情表現方法じゃん♪
      エロ小説しか読んでないから
      萌え萌え出来ないんだよ!
      いろんなGLを読んだ方がいいよ♪

    • ––––––
      44. 還暦過の酔いどれ親爺
    • 2012/01/04 02:20
    • 「しっぽぶんぶん」
      実は“ギャグ”と打ちつつ、危ないなあとは思っておったのだよ。
      「愛情表現」という語を思いつかなかったのだ。たいがい酔うておったのでな
      許されよ。
      「子犬がちぎれそうなほど尻尾を振っている情景」を考えればいいのだな。承知。
      ごめんごめん。
      “この酔っぱらいめ!”と罵ってくれていいよ。
      ところで、GLって何ですかあ。

    • ––––––
      45. 海苔ピー
    • 2012/01/04 03:33
    • GLはガールズラブ♀×♀
      BLはボーイズラブ♂×♂
      NLはノーマルラブ♂×♀
      です。

    • ––––––
      46. Mikiko
    • 2012/01/04 07:26
    • > ハーレクインさん
       私大にとって受験料は、主要な収入源のようですから……。
       試験の出前くらい、何でもないんでしょうね。
       そーか。
       よくよく考えたら、国立大はセンター試験だった。
       独自に地方受験なんてする必要、無かったんだ。
       スマフォなら、外付けキーボードを繋げるらしいです。
       しかし……。
       GLを知らずにうちに来てたとは……。
      > 海苔ピーさん
       解説、ご苦労さまです。
       “しっぽぶんぶん”には、大いに感心しました。
       使うあては、ありませんけど。

    • ––––––
      47. ハーレクイン
    • 2012/01/04 09:32
    • >海苔ピーさん
      有難う。
      覚えておきます♪
      >Mikikoさん
      ま、確かにセンターは受験生の地元だけど、二次試験はその大学まで行くしかない。二次も地元で受けられたら、やはり受験生の負担は減ると思う。経済的にも精神的にもね。
      >GLを知らずにうちに来てたとは……。
      よいではないか。
      「聞くは一時の恥、聞かぬは末代の恥」じゃ。
    コメントする   【由美と美弥子 0879】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top