Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0874
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「思えば、それまでつっ起ってたほうが不思議なんだよ。
 白目剥いてるんだから。
 眉が阿修羅像みたいに捻じあがって、口元は怒ったように結ばれてた。
 憤怒の形相ってやつね。

 大見得を切るように首が揺らぐと……。
 衝立みたいに、上体が倒れた。
 呆れたことに、巨乳ちゃんの顔も、愁のちんぽに突っこんだんだ。
 クラス委員に握りしめられたちんぽは、まだ天井を向いてた。
 巨乳ちゃんのほっぺたに、ちんぽが突き刺さった。
 ……ように見えたけど、さすがにそうはいかないね。
 顔が鞠みたいに弾んだかと思うと、そのまま巨乳ちゃんの身体が裏返った。
 愁の脇に、仰向けに転がったの。
 愁と巨乳ちゃんの白い腹が、アジの開きみたいに並んだ。
 向きは逆だったけど。

 スゴい光景だったね。
 死体が3つ。
 だって、みんな白目剥いてるんだもん。
 巨乳ちゃんは、鼻まで垂らしてた。
 半開きの唇から、白い歯が覗いて……。
 その狭間には、舌が見えた。
 舌だけが、ピクピク動いてた。
 その顔の隣に、愁のちんぽ。
 クラス委員に握られたまま、まだ、おっ起ってた。
 そうそう。
 それも、ピクピク動いてたっけ。
 巨乳ちゃんの舌と愁のちんぽは……。
 見えない糸で繋がれてるみたいだった。
 その見えない糸を、クラス委員の真っ白な目が見つめてた。
 涎垂らしながらね。

 愁も、ほんとに気持よさそうに、白目剥いてたよ。
 可愛い顔は、巨乳ちゃんのマン汁でドロドロだったけど。
 でも、ボクは本望ですって表情してたわね。
 そう。
 その顔の隣には、巨乳ちゃんのおまんこ。
 黒々と広がる三角の陰毛からは、生々しい肉色が覗いてた。
 殻の割れたウニみたいにね。

 結局、わたしひとりが取り残されたわけよね。
 でも、あの光景を見れたのは、わたしひとりなのよ。
 3つの死体を見下ろしながら……。
 着てるものをかなぐり捨てたわ。
 もう、興奮の坩堝ね。
 ひとりひとりの白目の前で、まんこ剥き広げて見せた。
 もちろんその後は、立ちオナよ。
 両脚を、思い切りガニ股に開いてね。
 3つの死体の周りをよたよた歩き回りながら、ほしいままにまんこを嬲った。
 もう、あっという間だった。
 肛門から槍を突き入れられるような絶頂が、脳天まで貫いた。
 一瞬にして意識が吹っ飛んだ。

 ふふ。
 愁くん、思い出した?
 あのときのこと」
由美と美弥子 873目次由美と美弥子 875




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/12/26 06:13
    • み「確かに、その2つの条件を満たせるのは……。
       魚沼みたいな地域しか無いだろうね。
       でも、そもそも何のために『雪晒し』は行われるわけ?」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112241127520df.jpg
      老「一言で云えば、布の漂白じゃな。
       黄ばみが抜け、染料の色が鮮やかに浮かび上がる」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011122411275198d.jpg
      み「どういうカラクリよ?」
      老「陽の光により……。
       表層の雪が溶け、水蒸気となる。
       日光と雪からの反射光、両方向からの強い紫外線を受けると……。
       水蒸気中の酸素分子(O2)が、酸素原子(O)に分解される。
       この酸素原子(O)が、酸素分子(O2)と結合すると……。
       オゾン(O3)に変化するわけじゃ」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112241127321b0.jpg
      老「このオゾンに、漂白効果があるんじゃな」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111224112731f7a.jpg
       ↑の仕組み解説は、付け焼刃かつ理系素養ゼロのため、大いに怪しいです。
       きっとハーレクインさんが、補足訂正してくださるでしょう。
       でも、『オゾン漂白協会(http://www.ozone-bleach.com/jp/)』なるものまで存在してますから……。
       ちゃんと証明された効果だと思います。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/12/26 06:14
    • み「へー。
       昔の人って、そんなことまでわかってたんだ」
      老「ま、理屈はわからなくても……。
       効果は理解してたじゃろ」
      み「でも、3月の『雪晒し』。
       ほんとに嬉しいだろうね。
       雪に閉ざされた長い長い冬が終わって……。
       さんさんと陽光が降り注ぐ。
       その光の中で……。
       一冬かけて織りあげた反物を、雪に晒す」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112241127316eb.jpg
      律「なんか、わかるわ」
      み「春の喜びは、新潟市民にだってあるけどさ。
       新潟市あたりじゃ、3月に雪なんか無いからね。
       残ってたとしても、汚ねーし。
       『雪晒し』なんて、とーてームリ」
      律「なんで汚いの?」
      み「雪の解けた道端は、犬のうんこだらけ」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111224112752fa2.jpg
      律「どうしてよ?
       犬は、雪があると、うんこしないの?」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111224112731d3b.jpg
      み「そんなわけないだろ!
       雪のある間は……。
       うんこの後始末をサボる飼い主が多いってこと」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011122411273297f.jpg
      み「足で雪を被せて……。
       そのまんま立ち去るわけよ」
      律「それは、いけないわねー」
      み「雪が解けると……。
       それがみんな出てくるわけだよ」
      律「とっても、『雪晒し』なんてできないわね」
      み「『クソ晒し』だよ。
       ところで……。
       何で小千谷縮の話してんの?」
      老「また、忘れたのか。
       これじゃよ、これ」
      http://blog-imgs-35.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201112241127324c0.jpg
      み「あ、お刺身のツマ」
      律「布海苔、でしたよね」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/12/26 07:14
    • 魔女2(巨乳ちゃん)、愁くん、魔女3(クラス委員)の体勢。
      途中でわからんくなったと思うたが、きちんと把握しておった。よおしよし。私は立派な読者じゃ。
      んで、やはり魔女1(香純)は取り残されたか。
      後追い自殺か、あんたは。
      あっという間に立ちオナでいったとなあ。
      >愁くん、思い出した?
      の一言で現実に戻すか。ふーむ。
      メモメモφ(.. )。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/12/26 08:12
    • 「酸素(元素記号O)、通常はO2(酸素分子)として大気中、および生物体内に広く存在する」は、実はもともと生物にとって“猛毒”の物質なのだよ。
      数十億年前の原始地球の大気には酸素は存在せなんだ。だから、地球に初めて生じた生物たちは、酸素という毒物に曝されることなくのんびりと生活しておった。
      ところが! 
      自ら食物を作り出す「光合成」という離れ業を成す生物(ま、植物)が出現したことで、地球に酸素(O)という“毒物”が蓄積されていくようになった(「光合成」の産物として酸素(O2)が生じる、はわかるわの。小学校の理科でやるぞ)。
      で、この後の生物の進化は、「“毒物”酸素」にどう耐えるか、耐えた者が勝ち組、という歴史になったのだよ、明智くん。
      これは知らんだろうなあ。
      で、だ。地球大気に大量に蓄積された酸素(O2)は、自然に反応してオゾン(O3)という物質を生み出した。こいつは酸素(O2)よりさらに強力な“毒物”。
      であるから、殺菌効果が非常に大きく、医療、食品、農業などの分野で広く用いられるようになった。
      で、漂白だが。
      そもそも「漂白」とは、布や衣類に付着した細菌類が分泌した様々な色素を取り除く作業を言う。
      この色素は洗ったくらいでは落ちないので、化学的に分解するしかない。
      このための、色素分解効果を持つ物質が「漂白剤」で、市販されている漂白剤には「酸素系」と「塩素系」がある。
      “混ぜたらあかん”の両者だな。
      で、オゾンはいわば“酸素のかたまり”だから、酸化作用による漂白能が大きいわけだ。つまり酸素系漂白剤の代表格、ということだな
      魚沼縮の「雪晒し」はこれを利用したものということになるの。
      「雪晒し」
      大変な作業ではあろうが、一面、楽しい作業ともいえるのでは。
      春が来た。
      日射しは燦々。
      雪はあるが、もうさほど冷たくはない。
      雪上に曝す縮織りの布は、一家に富をもたらしてくれる。
       (頼むぜ、鈴木牧之さん)
      田植えも近いぞ!
      春が来た!!

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/12/26 19:48
    •  わたしの説明で、とりあえずオッケーということですかね?
       オゾンは、臭いがするそうです。
       そもそもオゾンは、ギリシャ語で“臭い”を意味するそうです。
       どんな臭いなんでしょうね。
       空気清浄機などでは、オゾン臭がすると云いますけど。
       あの臭いなら、嫌いじゃないですけど。
       布には着かないんでしょうか?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/12/26 20:13
    • (ガクッ)だわ。
      >わたしの説明で、とりあえずオッケーということですかね
      まあね。
      うーむ。やはり
      オゾン生成の化学反応まで踏み込むべきだったか。
      しかし、そんなの書いても誰もわからんぞ(私も含めて)。
      O+O2→O3 でよろしいんじゃないでしょうか。
      オゾン臭は布には付きません。御心配なく。
      なんでや! 言われても困りますがのう。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/12/26 20:21
    •  そこから、話が膨らむんでないか。
       ま、漂白の見返りに臭いが着いたら……。
       雪晒しなんて、誰もしませんわな。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/12/26 20:34
    • どーも話題のポイントがずれておるのう。
      このへんが文系と理系の違いなのか。
      この話題は、ずっと以前に女性同僚講師(世界史)と語り合ったことがあるが……。
      結論はもちろん出んかった。

    • ––––––
      9. もんぷち
    • 2011/12/26 20:37
    • HQさんのコメントを読んでからマスミンの話を読んだら、超すんなり頭に入りました!
      人の理解を早める&楽しい言い回しで知識になるよう導ける事、本当にすごいですね。
      mikikoさまの、文字の重なりから無限の世界を造り出せる技術も本当にすごいです。
      コメント欄ではためになる話も多く、ちょいちょい日常で会話に出すと「へぇー!」って言ってもらったりします。
      「どこからそういう話を知ったの?」と聞かれると一瞬詰まりますが(笑)
      昔の人達の知恵もすごい!
      雪の上に放置してたら、色も感触も良くなってる!
      みたいな偶然の産物なんでしょうか?
      大事に織った大切な織物だから試行錯誤して雪の上に乗せるところに行き着いたんでしょうか?
      私も「あの人はすごい」「さすがやん」って言われる人になりたいです。
      今日は大晦日&初売りにむけて今年最後の休日です。
      今年は性的に楽しいことなんてみじんもなかった…(-_-)彼女とは2ヶ月か下手すれば3ヶ月に一回のHのみ。
      倦怠期でも無いんですけど、12年も一緒にいるとこんな風になっちゃうんですかね。
      みなさまの一年はどんな感じでしたか?

    • ––––––
      10. もんぷち
    • 2011/12/26 20:51
    • 今、放課後のむこうがわにお邪魔してきました。
      ハイハイって這い這いなんですね、びっくり!
      みんな知ってるのかしら。
      写真を見てると、誰も使ってない校舎の匂いがよみがえるようです。
      人が動いて空気をかき混ぜることで、建物も街も生きるんでしょうね。
      春、溜まった犬のふんは誰が片付けるんですか?
      区役所?近くの家の人?

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/12/26 21:00
    • お久っ。
      何か月ぶりでしょうか。
      >HQさんのコメントを読んでからマスミンの話を読んだら、超すんなり頭に入りました
      ううっ。嬉しいです。
      「み」さんがなかなか理解してくれませんのでねえ。少し自信を無くしていたところでした。ありがとー。
      >「どこからそういう話を知ったの?」と聞かれると一瞬詰まります
      いやあ、わたしもねえ。
      栗山米菓の「ばかうけ」を家人が近所のスーパーで買ってきたとき、思わず「おっ、ばかうけやん」と口走ってしまい「なんであんたがせんべの名前なんか知ってんの!」という家人の厳しい追及に、あたふたしたことがあります。
      >12年も一緒にいると……
      いやあ、何も申し上げますまい。
      わたしは家人と30年近くの付き合いになりますが、それなりの緊張感はいまだにあります。
      今年は、PCと足の故障で、さんざんの一年でした。
      寒いですねえ。
      また近々、ぜひお越しくださいね。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/12/26 21:20
    • えええーっ。
      知りませんでした。
      そんな場面あったかなあ、で読み直したんですけどわからんかった。
      第何回ですか?

    • ––––––
      13. もんぷち
    • 2011/12/26 22:07
    • 14の回でした。
      HQさんのお話は、いつも分かりやすくて面白いです。学生時代、こんな授業だったら、楽しかっただろうなと思います。
      足の不調、今もまだ続いていらっしゃいますか?
      体が万全じゃないと、色んなことも楽しめないし、しんどいですよね。
      (お酒は別かしらん)
      来年こそはいい年になるといいですね。
      それなりの緊張感…詳しく聞きたいです(^^;)))

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2011/12/26 23:06
    • えー、足は完治しました。
      酒は相変わらずですがね(困ったもんだ)。
      緊張感ってのは……要するに……んー、どおいえばええのでしょうか、
      「お互いがまだ自分の相方だと認識している」ということでしょうかね。
      「このやろう大概にせえっ」と思う時もありますし、家人もそうでしょう。
      そんなん、長く一緒に暮らしてれば当然でしょう。
      でもそこで「んなら出てけっ!」「よっしゃ、出てくわ!」となれば終わりですが、なんでか終わりにならないんですよねえ。なんでなんですかねえ。
      長い年月のうちに培われた“言葉にできない絆”と言うしかないのでは。
      体の関係はもう全くありませんが(これは私のせいです)。
      えー、「投稿予備ファイル」に収めていたネタ。
      お正月前後に使おうと思っていたのですが、出しちゃいましょう。
      えらく唐突ですが、
      作詞・作曲 木下忠司
      歌唱 若山彰『喜びも悲しみも幾年月』
      ♪(一番)俺ら岬の燈台守は
       妻と二人で沖行く船の
       無事を祈って
       灯(ひ)をかざす灯をかざす
      ♪(四番)星を数えて波の音(ね)聞いて
       共に過ごした幾年月の
       喜び悲しみ
       目に浮かぶ目に浮かぶ

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/12/27 07:53
    •  朝起きたら、コメント通知メールがたくさん来てて、何事かと思った。
      > ハーレクインさん
      > この話題は、ずっと以前に女性同僚講師(世界史)と語り合ったことがあるが……。
       そもそも、この話題ってのが何なのか、さっぱりわからん。
       布に、オゾンの臭いが着かないって件か?
       しかしそれは、語り合うような問題じゃないよな。
       答えは、科学的に導き出せるでしょうから。
       サイトを読み返さなくても……。
       ある語句が、そのページで使われてるか、知る方法があります。
       ページが表示されてる状態で、「Ctrl+F」。
       検索窓が開かれますので、そこに探したい語句(『這い這い』など)を入力して「Enter」。
       語句があれば、カーソルがそこに飛んでいきます。
       しかし……。
       正月に、『喜びも悲しみも幾年月』で何の話をしようとしたんだ?
      > もんぷちさん
       おー。
       押し詰まったところで、ようやく来てくれましたね。
       『東北に行こう!』では……。
       わたしも初めて知った、「目からウロコ」という知識を書いてます。
      > コメント欄ではためになる話も多く、ちょいちょい日常で会話に出すと「へぇー!」って言ってもらったりします。
       こういうふうに使ってもらえると、嬉しいなぁ。
       お店の人にとっては、これから、1年で一番忙しい週になるんですね。
       わたしも、29日までは仕事です。
       お正月、お店に行く予定は……。
       無いなぁ。
       犬のフンは……。
       誰も片付けませんねー。
       やがて風化し……。
       風が、さらって行きます。
       しかし……。
       『ハイハイ』が『這い這い』であることを知らんかったという件には……。
       唖然としました。

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2011/12/27 08:16
    • 「語り合った」テーマは、その直前にある“文系と理系の違い”についてです。
      そうか。検索機能ってあるのか。知らんかった。
      Wordにあるのは知っておったが。
      『喜びも……』は、もんぷちさんのためにもう使ってしまったからなあ。
      ま、Mikikoさんとのお付き合いも長くなったなあ(と言ってもまだ1年とちょっとですが)、てな感じの感慨を述べようかな、と思っとったのですがね。

    • ––––––
      17. Mikiko
    • 2011/12/27 19:48
    •  なぜ、雪晒しをした布にオゾン臭が着かないのか、考えてみました。
       いろいろ調べてみると……。
       オゾン(O3)ってのは不安定な分子で、常温だと16時間で酸素(O2)に戻るんだそうです。
        2(O3) → 3(O2)
       つまり、雪晒しをしたとき、たとえオゾン臭が着いたとしても……。
       酸素に戻れば消えてしまう、ってことじゃないでしょうか?
       『喜びも悲しみも幾歳月』ねー。
       確かに、ブログ運営の機微に通ずるものがあるかも知れません。
       実はわたし、昔のコメントログが読めないんですね。
       今は来てもらえなくなった人のログが残ってるから。
       その人と楽しく応対してたことを思い出して、切なくなるんですね。
       ハーレクインさんが来なくなったら……。
       そうとう長期間のログが読めなくなってしまいます。
       まだ死なないでくださいね。

    • ––––––
      18. ハーレクイン
    • 2011/12/27 20:20
    • お教えしなかったわけではありません。調べるのがめんどくさかっただけです(おい!)。
      そうではなくて、ま、単純に、オゾンは気体ですからねえ。すぐに大気中に拡散してなくなってしまうやろ、と考えただけ。そんなん当たり前やん、ということで書かなかったんですね。書かなかった言い訳、こういうことでどうでしょう(おい!!)。
      「昔のコメログ読めない」管理人さんならではの思いですねえ。
      まだ死ぬつもりはありません。
      Mikikoさんが「『由美美弥』も『旅行倶楽部』ももう飽きた、や~んぴ(大阪・幼児語;やめた)」と言ってブログを閉鎖するまでは、頑張るつもりです。
      来年は少し減酒に挑戦するかな。“昼間は飲まない”とかね。

    • ––––––
      19. Mikiko
    • 2011/12/27 20:28
    •  気体だからか。
       おならの臭いは残らないが……。
       うんこの臭いは残ると云うことでしょうか。
       昼酒は……。
       週2回くらいなら、いいんじゃない?
       勤務日が隔日ってのが、良くないと思う。
       毎日が、休みの前日か、休みの日になっちゃう。
       わたしなら、毎日飲んじゃいますね。

    • ––––––
      20. ハーレクイン
    • 2011/12/27 20:41
    • おー、面白え。
      勤務日が隔日。
      ふむ。来年はどうなるかなあ。
      更に仕事が減ってさらに休日が増える、といういう可能性も。
      ということは更に酒量が増える可能性も。
      「昔のコメログを読まない」件。
      年に数回くらいは読み返して、懐かしい方々を偲ぶ、というのもええもんではなかろうか。

    • ––––––
      21. Mikiko
    • 2011/12/28 07:33
    •  うらやましいのぅ。
       と言って、わたしの給料が半分になったら……。
       とても暮らしていけんわい。
       年金が出るまでは、ずっとフルタイムで働かにゃならんのかね。
       切ないです。
       コメログを読み返す時間は、しばらく取れそうにない。
       ゆっくりと読み返せるようになるのは……。
       年金暮らしになってからかな。
    コメントする   【由美と美弥子 0874】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top