Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0851
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美弥子が、由美の頭越しに両手を突いた。
 巨大な乳房が、顔の真上から下がった。
 乳首は、棗の実を立てたように尖っている。
 由美は、腹を空かせた子牛のように吸いついた。
 一心に吸い立てる。
 微かに、塩辛い汗の味がした。

「ダメ……。
 そんなにしたら、イッちゃうから」

 美弥子の片手が、浮き上がった由美の肩をデッキまで押し戻した。
 唇から、乳首が離れる。

「ふぅん」

 由美は抗議の鼻声を上げたが、それ以上乳首を追おうとはしなかった。
 乳房のあわいから見える眺めに魅了されたのだ。
 由美の無毛の性器の上に、美弥子の股間が翳されていた。
 黒々と繁った陰毛からは、肉芽が突き出している。
 真っ赤に膨れあがり、盛りのついた犬のペニスのようだった。

 美弥子が身じろぎをし、体勢を整えた。
 腰を矯めるように持ち上げると、ゆっくりと煽った。
 美弥子の陰核が、由美の陰核を押し潰す。

「あきゃぁ」

 由美は声帯を開き、思うさま嬌声を放った。
 誰に聞かれてもいいと思った。

 美弥子は、再び腰を離した。
 2人の性器は離れても、粘液の糸が互いを繋いでいた。
 糸が伸びきるより先に、美弥子の腰が戻ってきた。
 一打目よりも、僅かにスピードが加わっていた。
 しかしまだ、押し圧てるといった動きだ。
 美弥子は、着地した陰核に更に圧迫を加えた。
 互いの恥骨が互いの陰核を押し挟み、潰していた。
 由美は、懸命に密着部分を覗いた。
 美弥子の腹が、ふいごのように起伏していた。
 腹肉が持ち上がるとき、僅かに結合部が覗いた。
 重なった恥骨の狭間から、美弥子の肉芽が突き出ていた。
 陸に打ち上げられた小魚のようだった。
由美と美弥子 850目次由美と美弥子 852




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/11/25 06:25
    •  江戸の吉原……。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082449b3d.jpg
       京都の島原……。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082521523.jpg
       そして、大阪の新町。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111230824472da.jpg
       これが、日本三大遊郭と呼ばれたそうです。
       『ここに砂場ありき』の碑は、新町南公園ですが……。
       そのすぐ近くにある新町北公園には……。
       『だまされて来てまことなり初さくら(千代女)』の碑が建ってます。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111230825284af.jpg
       お話を、続けます。
      律「でも、東京で食べたお蕎麦と、見た目が似てるわ」
      み「東京のどこよ?」
      律「虎ノ門」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082448e46.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/11/25 06:26
    • 律「すぐ近くで学会があって……。
       お昼に案内されたの。
       木造三階建ての、スゴく古いお店」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082449ea8.jpg
      老「あの店が建てられたのは……。
       確か、大正12年(1923年)ですな」
      み「よく、そんなことまで知ってるね」
      老「日本史の女王は……。
       1923年で、何も思いつかんかな?」
      み「ん?
       あ、関東大震災!」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082453a5e.jpg
      み「それじゃ、震災直後に建て替えられたってことか」
      老「いやいや。
       震災は9月じゃぞ。
       あれだけの店が、その年のうちに建つわけが無い。
       あの店は、震災直前に出来ておったのじゃ」
      み「てことは……。
       震災でも壊れなかったってわけ?
       木造の三階建てなんでしょ?
       真っ先に潰れそうだけどね」
      老「蕎麦屋専門の大工が建てたからの」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082521827.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/11/25 06:26
    • み「へ?
       蕎麦屋しか建てない大工なんていたの?」
      老「いたようじゃな。
       蕎麦屋大工と云った。
       蕎麦屋の天井は、船底天井と云う特殊な形状をしておるからの」
      み「どんな形?
       天井から船底が下がってるみたいな?」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111230825275e0.jpg
      老「逆じゃ。
       真ん中が高くなっておる。
       船底を逆さにしたような形状じゃな」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082527c3c.jpg
      み「専門の大工が、それを作ったってわけね」
      老「震災の揺れにも、ビクともしなかったそうじゃよ」
      み「蕎麦屋だけ建てて食べていけるってのが、スゴいよね」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082447f6d.jpg
      み「大正時代って……。
       今よりも、はるかに豊かな時代だったんじゃないの?」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111123082528def.jpg
      ↑大正時代の『浅草花屋敷』
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/11/25 09:55
    • さあ、本格的に始まりました、由美美弥オンステージ。
      >誰に聞かれてもいいと思った
      いい覚悟だ、由美ちゃん。
      美しい木目に、
      木漏れ日の揺れる、野外デッキ。
      ただよう木の香り。
      降り注ぐ夏の陽光。
      吹き渡る高原の風。
      ふり仰げば、
      林の梢を透かし見る何処までも青い空。
      そして……。
      放恣に絡み合う一対の妖精。
      由美を犯す美弥子。
      美弥子に犯される由美……。
      いやあ、もう言葉はない。
      “天涯の交合”てのはどうだ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/11/25 10:17
    • 『だまされて来て……』
      あー、びっくりした。
      千代女が騙されて遊女に売られてきたかと思った。
      前回の「新町遊郭跡」の地図には、新町北公園内に「新町九軒桜堤の跡」がありますね。この桜を詠った句ですね。
      「まさかまだ咲いてるわけないやん、と半信半疑で見に来てみれば、見事に咲いていた今年初めての桜花……」てとこかな。
      関東大震災はもちろん知ってるが、1923年までは覚えとらんかった。
      この年の7月、HQ母出生。
      蕎麦屋専門の大工ぅ?
      「蕎麦屋大工」いやあ知らなんだ。
      「船底天井」知らなんだ。
      大正……。
      激動の時代でありましたが、
      「大正ロマン」「大正デモクラシー」「ダダイスム」の時代でもありましたな。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/11/25 20:15
    •  蕎麦屋で天井を見上げた記憶はありません。
       子供のころ、ばあちゃんの部屋で寝てました。
       もちろん、天井は板張り。
       安い板を使ってたせいか、節目がたくさんありました。
       夜、眠れずに見上げてると……。
       やがて、節目が目玉に見えてきて……。
       まわりに広がる雨漏りの染みが、オバケの姿に変わります。
       思わず布団を被ったものです。
    コメントする   【由美と美弥子 0851】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
変態小説 ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 潤文学
新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Angel Pussy 週刊創作官能小説 羞恥の風
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 官能の本棚 女性のための官能小説
Playing Archives 官能的なエロ小説 電脳女学園 ぺたの横書き

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 黒い教室 恥と屈辱の交差点 性小説 潤文学ブログ
人妻の浮気話 艶みるく HAKASEの第二読み物ブログ お姫様倶楽部.com 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵 空想地帯
濠門長恭の過激SM小説 淫鬼の棲む地下室 被虐願望 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
18's Summer 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 制服美少女快楽地獄 女の陰影

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 最低のオリ むね☆きゅんファンサイト
櫻坂ゆかりの官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング セックス・ノベル・ネット
アダルトブログランキング ネット小説ランキング
ライブドアブログ GL Search
Girls Love Search Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
にほんブログ村 おたりんく ヌケルアダルト作品 成人向けランキング
アダルト動画まとめ 十八禁恋愛私花集 アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top