Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0838
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 半泣き顔であたりを見回していた美弥子だったが、ようやく覚悟を決めたらしい。

「わかった」

 トランクを手放すと、美弥子は身を屈め、脇の藪を覗いている。

「藪に入るつもり?」
「だって……。
 道の真ん中じゃ出来ないよ」
「藪は止めた方がいいよ。
 虫がいるから」

 美弥子の上体が跳ね起きた。
 美弥子の虫嫌いは、尋常ではなかった。

「あのクリちゃん見たら……。
 ぜったいに刺すと思う」
「イヤよ!」
「きっと、パンパンに腫れちゃうよ」
「止めて!」
「だから……。
 ここでしなって」

 べそを掻きながら立ち竦んでいた美弥子だが、突然トランクを引きずり始めた。
 諦めて戻るのかと思ったが、そうではなかった。
 トランクを立てたまま、道を塞ぐような角度に据えた。
 どうやらトランクを、目隠しの衝立にするつもりらしい。

「考えたね。
 その前にしゃがめば、後ろからは見えないよ。
 こっちは、わたしが塞いであげる」

 由美は、美弥子の正面に立った。

「お願いね」

 美弥子はトランクを振り返りながら、その場にしゃがみ込んだ。
 しかし、スカートはたくし上げないままだ。

「由美ちゃん……。
 向こうから見えちゃう」

 美弥子は、由美の後ろを見通していた。

「わたしもしゃがもうか」

 由美は、美弥子と向かい合ってしゃがんだ。
由美と美弥子 837目次由美と美弥子 839




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/11/06 07:22
    • 老「泊まれるところなど、数えるほどしかないからの。
       大型バスでの、日帰りツアーのようじゃ」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111104195257d5c.jpg
      み「ほとんど、お金が落ちないんじゃない?」
      老「かも知れんの」
      み「わたし、混んでるとこ苦手だから……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626200924890.jpg
      み「見物は無理かも」
      律「そうね。
       路線バスしか無いところじゃ……。
       帰りの足が心配よね。
       旅館なんて、取れないだろうし」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011110419525961f.jpg
      ↑街中には、こちらの1軒だけのようです(http://www.touhoku.com/kagaribisou.htm)
      み「西馬音内に、知り合いとかいない?」
      律「いるわけないでしょ」
      み「本町通りの二階家の窓が……。
       きっと特等席だよな。
       お酒飲みながらさ。
       あー、一度でいいから、そんな夏を過ごしてみたい」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111106072421733.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/11/06 07:25
    • 律「西馬音内にお嫁に行けば?」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011110419525687f.jpg
      み「なるほど、その手があったか。
       でも嫁が……。
       酒飲みながら見れるかな?」
      律「集まった親戚とかの接待で、てんてこ舞いかも」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011110419525869f.jpg
      み「だよな。
       そのシチュだけは……。
       ぜったいに避けたい。
       うーむ。
       何か、手がないものか……」
      律「本気で考えこまないの」
      み「そう言えば……。
       何の話から、盆踊りになったんだっけ?」
      律「お蕎麦じゃないの?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022104223661.jpg
      み「よく覚えてますねー」
      律「お蕎麦には、興味があるからね」
      老「それでは……。
       続きを語ってよいかな?」
      み「許可する」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011110419525633e.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/11/06 07:25
    • 老「いちいち偉そうじゃな。
       まあ、よい。
       この西馬音内で、農家の七男坊に生まれた弥助には……。
       生来、放浪癖があったんじゃな」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201111041953199f0.jpg
      老「ひょっとしたら、亡者踊りを見たせいかも知れんの」
      み「あの彦三頭巾を、子供が見たら……。
       心の奥まで食い込むよね」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111104195320999.jpg
      律「そうね。
       夢に見るかもね」
      み「ナマハゲもそうだけど……」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011021119573405e.jpg
      み「秋田って、トラウマになりそうな行事が多いんじゃないの」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111104195258a40.jpg
      老「続けてもよいかな?」
      み「許可する」
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011110419525633e.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/11/06 08:04
    • そうか美弥ちゃん、虫は苦手か。
      それは残念。
      では野外うんこは無理だのう。
      ん?
      どうも位置関係がも一つわからぬ。
      美弥ちゃんは、やってきたバス通り側をトランクで塞いだのか。
      そして、バス通り側にお尻を向けてしゃがむと。
      んで、その反対側に美弥ちゃんと向かい合う形で由美ちゃんがしゃがむ。
      これで、ええのか?
      ということは、二人はおしっこをかけあう体勢というこということに……。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/11/06 09:04
    • おー、バスガイドさん。
      秋田中央交通のガイドさんもよかったが、このこもよさげな娘じゃのう。
      “混んどる”はもうわかった!
      そうだな。
      西馬音内の嫁さん。
      ガキどもをひと夏預けられた安土の嫁さん(我が叔母じゃ)より大変だろうな。
      「許可印」は大阪税関、桜島出張所。
      鹿児島ではないぞ(ん? 引っ掛けかあ)。
      大阪環状線・西九条駅から分岐し、大阪湾へ向かう支線「桜島線」の終点が「桜島駅」。この近くに大阪税関の桜島出張所があるのだ。
      「桜島線」は総延長わずか4.1km。途中駅は2つ。
      かつてはほとんど貨物線の様だったが、沿線にユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJができて、大きく様変わりした。終着の「桜島駅」の一つ手前に「ユニバーサルシティ駅」が新設され、USJの玄関口になった。往時に比べ大変な賑わいじゃ。
      そういえば「桜島線」は「ゆめ咲線」という愛称で呼ばれるようになっておるのう。
      終着駅の桜島駅を利用するのは、今はほとんどがUSJの職員。日中は閑散としておる。
      よかったー。
      「み」さん、蕎麦を忘れてなかったか。
      一瞬考えたのち、不覚にも笑ってしまったぜ。
      「放浪」→「琺瑯」か
      トラウマの画像。
      加工か?

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/11/06 12:44
    •  そんなにわかりにくい?
       自分の頭の中には映像が見えてるので……。
       ついつい端折ってしまうのかも知れない。
       気を付けねばならぬな。
       「許可印」には……。
       何の意図もありません。
       そうか。
       税関だったのか。
       何の出張所かと思ってた。
       トラウマの画像は、拾いです。
       あんな加工をする技量、わたしにはありません。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/11/06 12:44
    •  コメントをお読みになっている方は、すでにご存知かと思いますが……。
       ハーレクインさんから、作品をお寄せいただいております。
       夏実(第61章『脅迫者』から第63章『百鬼昼行』に登場)を主人公にした、サイドストーリーです。
       すでに、木曜日には『八十八十郎劇場』を掲載させていただいており……。
       更新のない日は、火曜日のみ。
       ということで、今週の火曜日、11月8日からの連載とさせていただきます。
       送っていただいてるのは、最初の3回分ですが……。
       面白いですよ。
       乞うご期待!

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/11/06 16:35
    • 判子の縁に CUSTOM HOUSE とあります。これが「税関」。
      この単語はゴルゴ13で覚えました。
      正体不明の敵に命を狙われたゴルゴ。
      その正体を暴くため、スイス銀行に預けてある自分の全財産を懸けようとするゴルゴ。
      以下ゴルゴと銀行の頭取との会話です。
      ゴ「全額引き出す。トラベラーズチェックに換えてくれ」
      頭「な、何百万ドルを全てですか」
      ゴ「俺には税関(カスタムハウス)も検査(インスペクション)もない」
      このゴルゴのセリフで覚えたんですね。税関の英語 CUSTOM HOUSE。
      で、ゴルゴが目星をつけた相手はイスラエルの元秘密諜報員。
      これを炙りだすため、第二次大戦中のドイツの戦闘機メッサーシュミットを2機、連合軍側の輸送機ダグラスDC8を1機、などなどとんでもない買い物に全財産をはたき、壮大なフェイクを仕掛けるゴルゴ……。
      何かのってきたぞ。
      ついでに、裏世界のなんでも調達屋の爺さんとゴルゴとの会話。
      ゴ「まず……メッサーシュミット109を2機」
      爺「ゴホッ(飲みかけのウィスキーを吐いた、あんたはあぶさんか)
        そ、そんなものがこの世にあるとでも……」
      ゴ「チェコ空軍に改良型があるはずだ。それを手に入れて塗り替えろ」
      爺「まったく……あんたって人は」
      ゴ「次にダグラスDC8を1機。各機の優秀な搭乗員、エキストラ20人。
        コスチュームはすべて大戦中のものを用意する。
        マッチ一箱に至るまでな」
      爺「ガッシャーン(手に持っていたウィスキーの瓶を床に落とした音。もったいねえ)
        わ、悪いことは言わん、やめた方がいい。
        これは一匹狼のやる領分の仕事じゃあない。
        やめるべきだ。あんたらしくない」
      ゴ「俺は自分が納得できるようにしたいだけだ」
      爺「き、聞かせてくれ、一言でいい。
        歴史を25年前に戻す理由は」
      ゴ「…………」
      爺「ハーケンクロイツ(ナチスドイツの紋章、鉤十字)を復活させようという理由は」
      ゴ「…………」
      爺「相手は……ユダヤ人だな」
      ゴ「すべて……俺自身が生きるための賭けだ」
      と長々書きましたが、現物は手元にありません。
      記憶をたどって書きましたが、そんなに大きな間違いはないはずです。
      自分でも「よう覚えてたな」と思いますが、それだけ印象の強い作品だったんでしょうね。
      作品タイトルは「最後の間諜 虫(インセクト)」だったかなあ。これは怪しいです。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/11/06 18:02
    • 「桜島」とくると、一般にはまず「鹿児島」でしょうからね。
      府外の人は「え、大阪に桜島?」と驚かれるようです。
      夏実サイドストーリー。
      Mikikoさんに「面白いですよ。乞うご期待!」と持ち上げていただきましたが、どの程度の出来なのか、自分では全く判断付きません。出来は期待なさらないようにお願い申し上げます。
      今年3月の初めころでしたか、うっかり「裏夏実を書く!」と宣言してしまったのが運のつき。サイドストーリーがこんなに大変だとは思いませんでした。まあ、なんとか書き上げてMikikoさんとの約束を果たせ、ほっとしております。
      で、Mikikoさんのコメでは、「夏実の登場は第61章『脅迫者』から第63章『百鬼昼行』」とありますが、厳密にいいますと夏実の初登場は第56章『Sentimental Journey』の549回です。この回にも目を通しておいていただきますと、より興趣が増すと思います(番宣はよせ!)。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/11/06 20:22
    •  よく、そんなに詳しく覚えてたね。
       何回も読み返したんじゃないの?
       ってことは……。
       ズバリ!
       その『ゴルゴ13』は、ラーメン屋に置いてあったでしょう!
       新刊がほとんど補充されない店なので……。
       油が染みた古い巻を、何度も読み返してた。
       どう?
       裏夏実。
       「面白い」とは言ったものの……。
       わたしも3回分しか読ませてもらってないので、先のことはわかりません。
       でも、出だしは、いい雰囲気です。
       ほっとしておらんと……。
       次作にとりかからんかい!

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/11/06 21:04
    • >その『ゴルゴ13』はラーメン屋に置いてあったでしょう
      これは残念ながらブッブーです。
      持ってたんですよゴルゴ。文庫版の第1巻から最新刊まで。当然何回か読み返しています。
      で去年の引っ越しのおり、家人から「書籍を処分せよ」との下命があり、持っていく分と処分する分を交渉して決めたんですね。で、まさか専門書や小説は処分できるはずもなし、処分したのはコミックのほとんどでした。この中にゴルゴも入ってたんですね(無念じゃ)。
      “ラーメン屋”で油じみた古い巻を何度も読んだのは「巨人の星」でした。
      次回作って、ちょっと待ってくれい。
      まだ夏実のけりもついておらんのに……。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2011/11/06 21:59
    •  残念。
       実は、ラーメン屋で『ゴルゴ13』を読んでたのは、わたしなんです。
       しかし内容は、まったくといっていいほど覚えておらん。
       「俺の後ろに立つな」、くらいですかね。
       処分しないで、ラーメン屋に寄付すればよかったのに。
       そうすれば、通って読めるでしょ。
       ケリをつけてから送ろうとするから、大仕事になる。
       2,3回分書いたら、連載始めちゃえばいいんだよ。
       あとは、どーにかなるものです。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/11/07 00:22
    • わたしはせこいですからね。ブックマート(古本屋、新潟にはないかな)に売り払いました。
      >2,3回分書いたら、連載始めちゃえばいいんだよ
      しかしそうなると、締め切りに追われることになるしなあ。
        (おお~、プロ作家みたいじゃねえか)
      管理人さんみたいな才能もないし、ストックもないし、開き直りもできんしのう。
      ま、しかし。
      途中で破綻してもケセラセラかな。アマチュアなんだし。
      いよいよとなれば「作者急病のため休載します」。
      わはは。
      ま、構想だけは考えておきます。
    コメントする   【由美と美弥子 0838】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top