Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0835
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 由美は踵を返し、扉の向こうの気配を探った。
 どうやら、待ち人はいないようだ。
 扉を細めに開け、外を確認する。
 誰もいない。
 由美は、もう一度女性を振り向いた。
 女性の肩に手を掛け、大きく揺さぶる。
 目蓋の下で眼球が動くのを確認すると、由美は身を翻して扉を出た。

 走るような早足で通路を抜け、座席に戻った。
 座ると同時に、トイレの使用中を示すランプが点灯した。
 由美は、ひやりとした。
 人が入ったのだろうか?
 いや、そんなことは無いはずだ。
 もし誰かが扉を開けたとしたら……。
 そこには先客がいるわけだ。
 そのまま中に入り、鍵を締めるということはあり得ない。
 鍵を掛けたのは、目覚めた女性だろう。
 今となっては、そう信じるほかはない。

 美弥子は、まだ眠ったままだった。
 由美は、美弥子の膝を揺すった。
 甘えるような小さな呻きと共に、ようやく美弥子は目覚めた。

「おはよう」

 由美が笑いかけると、美弥子は慌てて両脚を閉じ……。
 恥じらうような笑みを返した。
 なんだか新婚旅行のようだと、由美は思った。

「今、何時?」
「もう降りる時間だよ」
「え?
 そんなに?」

 美弥子は上体を反らせ、後ろを振り返った。

「おトイレ?」
「うん」
「使用中だね。
 時間的にも、ちょっと無理かな。
 我慢できそう?」

 美弥子が顔を寄せて来た。

「て言うか……。
 穿いてないじゃない。
 落ち着かないのよ」

 どうやら、トイレでショーツを穿きたかったらしい。
 しかし、諦めてもらうほかは無いようだ。
 チャイム音と共に、降車駅がアナウンスされ始めていた。
由美と美弥子 834目次由美と美弥子 836




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/11/02 07:27
    • 老「ばかもん。
       美的概念を述べておるのじゃ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111030105053499.jpg
      み「いい歳して、言い訳しないの。
       で、衣装は二種類って云ったよね?
       もう一つは?」
      老「彦三(ひこさ)頭巾じゃ」
      み「“ずきん”って、頭に被る頭巾?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111030105055a27.jpg
      老「そうじゃ」
      み「ますます時代劇だね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011103010501047c.jpg
      ↑これは御高祖(おこそ)頭巾
      み「どんな頭巾なの?」
      老「歌舞伎や文楽に、黒子という介添え役がおるじゃろ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111030105009cd7.jpg
      老「あの黒子の頭巾に似ておる。
       実際、歌舞伎の舞台を見た人が……。
       黒子をヒントに考案したとも云われとる。
       そのとき黒子が介添えしておった役者が、坂東彦三郎だったことから……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110301050073c9.jpg
      老「彦三頭巾と名付けられたらしい」

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/11/02 07:27
    • み「“ひこさ”って、そういう字を書くのか。
       黒子の頭巾って、顔の前に布が垂れてるじゃない」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110301050094e4.jpg
      み「透けてるの?」
      老「真っ黒じゃ」
      み「前が見えないじゃないの」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110301052054e1.jpg
      老「彦三頭巾には、目のところに、穴が2つ開いておるんじゃ。
       頭に、豆絞りの手拭いを巻いて留める」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111030105053490.jpg
      み「“豆絞り”って、どういう意味なの?」
      老「柄じゃよ。
       白地に紺の水玉模様じゃな」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011103010505423f.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/11/02 07:28
    • み「あぁ、あのドット模様ね。
       あれを“豆”に見立てたわけか。
       頭巾は……。
       黒なのよね?」
      老「黒い布が、帯のあたりまで垂れておる」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011103010505529e.jpg
      み「なんか……。
       不気味な感じなんですけど」
      老「初めて見た子供は、泣くかも知れんな。
       確かに、ぎょっとするような出で立ちじゃが……。
       じっと見ていると……。
       あの世に引きこまれそうになるな」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111030105015eec.jpg
      老「頭巾姿は、亡者を象徴しているとも云われる。
       『西馬音内盆踊り』が、“亡者踊り”とも云われる所以じゃな」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111030105104972.jpg
      み「お盆に帰ってきた亡者が、一緒になって踊ってる?」
      老「踊りの輪の中には、この世のものではない者も、混じっておるかも知れんな」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011103010500853d.jpg
      み「怖わー」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/11/02 08:00
    • 由美ちゃん、大活躍だったな。
      車内で、美弥ちゃんと水色女、二人のオナニーをプロデュース。
      自分ではできず(あれがホームランだったらなあ)。
      それにしても水色女、この後どうするんだろ。
      由美美弥。
      今日の名台詞。
      >由美「なんだか新婚旅行のようだ」

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/11/02 08:34
    • >み「衣装は二種類って云ったよね」
      んなこと云ったかなあマスミン、で調べてみたら2回前(833回)、東北277-3/3で確かに仰せだな。
      >老「大きく分けて、二種類の衣装がある」
      これだな。
      なんせ話題が豊富だからなあ。
      話の流れがわからんくなるわ。
      >老「頭に、豆絞りの手拭いを巻いて留める」
      豆絞りの手拭い!
      和風猿轡(さるぐつわ)の定番じゃねえか。
      ボールギャグもええが、この手拭いをきりきりっと絞って女性に噛ます猿轡。
      ええのう。
      別に柄は何でもええと思うが、なんで「豆絞り」に決まってるんだろうな。
      これはもう、一種の「お約束」だな。
      で、ボールギャグなんかだと、涎がたらたら零れだす。これも捨てがたいがのう。
      「豆絞り」の場合、手拭いが女性の涎を吸ってしっとり、じっとり濡れてきおる。あたかも、責められる女性の涙を一緒に吸ったようにのう。
      ええのう。
      「西馬音内盆踊り」は“亡者踊り”!
      >老「踊りの輪の中には、この世のものではない者も、混じっておるかもしれん」
      うーむ、確かに。
      盆踊りはもともと、あの世から戻ってくる死者を供養するための行事だからなあ。
      踊り好きで陽気なばあ様の霊の一人や二人、混じっていてもおかしくないかもしれんのう。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/11/02 20:12
    •  ボールを使ったギャグ、ではないんですね。
       モノは知ってましたけど……。
       そういう名称であることは、初めて知りました。
       さーて、明日から4連休じゃ。
       今日はあんまり嬉しいので、ネットで純米大吟醸を注文してしまった。
       もっとも、一合瓶だけど。
       525円でした(送料無料)。
       休み中に届くかなぁ。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/11/02 23:27
    • >モノは知ってました
      ほんまかあ。
      とんでもない勘違いしてへんよなあ。
      あのプラ製の、中空の、穴がいっぱいあいたボールでっせ。
      これを女性の口に噛ませて、付属の紐をうなじの後ろで結んで止める。
      穴から涎がたらたらと……。
        gag〔名詞〕さるぐつわ(猿轡) 〔動詞〕さるぐつわをかける
      ま、“ボールを使ったギャグ”はお約束のボケだが……。
        gag〔動詞〕(芸人が)ギャグを言う。
      4連休かあ。
      うらやましい、つったら怒られるよなあ。
      「普段いっぱい休んでるやつが何言うねん!」
      こちらは見事にカレンダー通り。
      純米大銀525円か。
      送料無料で商売になるんかなあ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/11/03 07:26
    •  ↓ボールを使ったギャグは、こちら。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111103064127da4.jpg
       わたしが買ったのは、“純米大銀”ではなく、“純米大吟”ね。
       現在、セブンネットショッピング(http://www.7netshopping.jp/all/)は、送料無料キャンペーン中。
       どんな買い物にも、送料がかからないんです。
       ↓購入したのは、こちら。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111103064838335.jpg
       てっきり備前(岡山)の会社と思ってましたが……。
       調べてみたら、京都でした(http://www.tamanohikari.co.jp/)。
       ↓思い切って、こっちにすれば良かったかな。
      http://blog-imgs-47.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011110306572211a.jpg

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/11/03 08:39
    • 大銀、なんちゅう酒、少なくとも日本にはないぞ。
      大吟大吟。
      (中国にも韓国にもないと思うぞ)
      おー。
      玉の光酒造さん「純米大吟醸玉の光」
      なんで岡山と思いはったのだ?
      ひょっとして「雄町」からかあ。
      「雄町」は岡山県を主産地とする酒造好適米。
      最も主要な好適米は兵庫県産の「山田錦」。
      酒造好適米の米質には色々ありますが「大粒であること(精白作業がやりやすい)、「タンパク質含有量が少ない(雑味が出にくい)」などですね。
      雄町や、山田錦はこれらの特徴を兼ね備え、多くの酒蔵で用いられています。
      玉の光酒造さんは「純米」にこだわる酒蔵さん。
      売れてますよお。
      こちらでは、そこらのコンビニにも置いてあります。
      もちろん純米吟醸。
      アル添酒・普通酒を作ってはるかどうか……わかりませんが、あっても少量でしょうね。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/11/03 12:49
    •  なんか、相撲取りみたいな名前ですね。
       ↓わたしが購入したページでは……。
      http://www.7netshopping.jp/drink/detail/-/accd/2101959971/subno/1
       『備前雄町』という表示がありました。
       “雄町”が酒米の名称であることは、ぜんぜん知らなかったので……。
       岡山のお酒だと思ったわけ。
       純米大吟醸、まだ届きません。
       で、ついつい今日は、バーボンを買って来てしまった。
       ゆうべ、『刑事鬼貫八郎』の再放送を見てたら……。
       夜遅くまで机に向かう鬼貫さんに……。
       奥さんが、「一杯だけよ」と水割りを持ってくる恒例シーンがありました。
       鬼貫さんは糖尿で、お酒を制限されてるんですね。
       一口飲んだ鬼貫さんのノドが、ぐびりと動くのを見て……。
       久しぶりに、ウィスキーを飲みたくなったんです。
       バーボンは、学生時代を思い出す味です。
       当時は格好つけて、バーボンばっかり飲んでたんですね。
       今、飲みながら書いてます。
       考えてみれば、グラスで飲むのも久しぶりだな。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/11/03 13:55
    • 若いころはよく飲んだなあ。
      あの独特の香りがいいんだよね。
      一番好きなのはジム・ビーム、それからアーリー・タイムズかなあ。
      有名なワイルド・ターキーは何か口に合わない。
      私の中ではハードボイルド→バーボン、何ですよね。
      「探偵」にはバーボンがよく似合う。
       「刑事鬼貫八郎」
       知らんなあ、初めて聞いた。
      作者すら記憶にないのだが(おそらくコーネル・ウールリッチか、ウィリアム・アイリッシュ。この二人は同一人物だが)、若いころに読んだハードボイルドにこんな粗筋のがあります。
      ある殺人事件の犯人として逮捕され、死刑になった男。その後これは誤認逮捕で、犯人は別の人物であることが判明する(ひどい話や)。しかし、いわゆる「一事不再理」でどうすることもできぬ。
      もちろん警察は手を引くしかないのだが、ここに一人、正義感に燃える刑事が「許さん!」とかなんとか桃太郎みたいなセリフを吐いて、この真犯人を付け回す。今でいうストーカーだな。しかしもちろん始めの殺人事件ではどうすることもできぬ、闇討ちするか。それでは意味がない。この刑事、法による裁きを受けさせたいのだよ。
      で、肝心のその方法がうろ覚えなのだが、この刑事、真犯人を徹底してストーカーしてプレッシャーをかけ、ノイローゼ状態に追い込み、ついに別の殺人事件を起こさせることに成功する。被害者は刑事自身。で、かの刑事、薄れゆく意識の中で勝利を確信する……。てな感じなのですがね。
      うーむ。書いていて、なんか違うなあと思えてきたぞ。どうもかの刑事、自らを被害者にしたのではないような気がしてきた。
      んならどやねん。わからぬ。覚えていない。無念じゃ。
      何とかもう一度読みたいものだがのう。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2011/11/03 14:06
    •  まさにその、『Early Times』。
       学生時代も、よく飲みました。
       安いよね。
       今日は、1,150円でした。
       スコッチとの味の違いはわかるが……。
       バーボン同士では、さっぱりわからん。
       鬼貫八郎を演じるのは、大地康雄。
       リアリティ、ありまくりです。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/11/03 14:36
    • どちらかといいますと「味」よりも「香り」の違いの方が顕著ですね。
      だから“口に合わない”というよりも“鼻に合わない”と言うべきかなあ。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2011/11/03 20:25
    •  わたしの鼻は、バーボンを嗅ぎ分けることなぞ出来ませぬ。
    コメントする   【由美と美弥子 0835】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top