Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0828
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 由美は、腰の脇にあったトランクを、美弥子の隣に移した。

「サングラス取って」

 美弥子の困り顔が見たかった。
 しかし美弥子は、嫌々をするように頸を振った。
 口元が歪んでいた。
 すでに、平静な表情を繕えないのだろう。
 この素顔を曝したら、乗客に不審を抱かれるかも知れない。

「仕方ないなぁ。
 じゃ、そのままでいいけど……。
 シートに凭れて、スカート捲って」

 美弥子は、もはや言いなりだった。
 小動物のようにおどおどしながら、背中をシートに着けた。
 スカートに伸びた指が、震えていた。
 手の甲には、まったく血管が浮いていない。
 蝋細工のような長い指だった。
 その指先が、裾を摘んだ。

 この日の美弥子は、プリーツスカートを穿いていた。
 まさか、車内でこんなことをするために選んだわけではなかろうが……。
 捲り上げるのには打ってつけだった。
 いつものタイトスカートでは、こうはいかない。

 裾を摘んだ指先が、ゆっくりと移動する。
 豊かな太腿が、次第に姿を現す。
 夏の陽を浴びた太腿は、まぶしいほどに白かった。

 布地はすでに、脚の付け根まで捲れあがっていた。
 しかし、肝心の股間が見えない。
 2本の円柱のような太腿が、ぴったりと揃っていた。
 膝頭がくっついているのだ。

 膝を割らせたかったが、顔が離れてしまったので、言葉で伝えるわけにいかない。
 由美は、自分の膝を割って見せた。
 もちろん、乗客の目に触れないよう、一瞬だったが。
 しかし美弥子は、由美の意図を察したようだ。
 口元が、への字に歪んでいた。

 由美は、スカートを引き上げる手振りをした。
 美弥子の指に摘まれた布地が、腸骨まで捲れ上がった。
 けぶるような陰毛が現れた。
 由美は、もう一度膝を割って見せた。
 美弥子はベソを掻きながら、膝を割った。
 陰核が、跳ね起きた。
 子犬のペニスのように赤剥けた陰核が、脈を打って振れていた。
 完全に勃起しているのだ。
由美と美弥子 827目次由美と美弥子 829




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/10/23 07:36
    • み「そう言えば、お昼の『石焼き鍋』も、出してたな」
      律「牛か、おまえは」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110220937370a5.gif
      律「↑こんなに可愛らしくないでしょ!」
      み「自分が吐き出したんだから、汚くないもんねー。
       あ、美味し~。
       先生も食べてごらん。
       ほれ、あ~ん」
      律「出したやつは、いりません!
       こっちをいただくわ」
      http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111016115313221.jpg
      み「あ~。
       人の器から勝手に取った!」
      律「ほんとだ。
       これは、美味しいわね。
       煮過ぎたと思ったけど……。
       固くなってない」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011102209373625e.jpg
      老「それが、比内地鶏の特徴のひとつじゃな。
       加熱しても、固くなりすぎることが無いんじゃ。
       もちろん、適度な歯ごたえもある」
      み「やっぱり、ブロイラーとは違う感じだよね。
       味が濃いもの」
      老「濃厚な脂の旨味もまた、特徴のひとつじゃな」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022093736f86.jpg
      律「おネギにスープが染みて、美味しいこと」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022094220389.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/10/23 07:37
    • 律「レンジでチンするだけの手抜き鍋とは大違い」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201108131042001bf.jpg
      み「それは、誰のことを言っておるのだ」
      律「ほら、お皿が空いたら、舞茸入れてあげるわよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111016103525727.jpg
      み「おー。
       レンジでチンには、これも入ってなかった」
      律「プリプリして美味しそうよ。
       早く食べてごらんって」
      み「まーた、味見させようとしてるな。
       毒キノコじゃないんだからね」
      律「わかってるわよ。
       そんなら、わたしが食ーべよっと」
      み「ダメー。
       わたしが先!
       ふがっ。
       ふがっ」
      律「また、出す!
       どうして出すのよ」
      み「あぢぢぢぢぢ。
       おのれ……。
       また熱いことを知ってて勧めたな」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110116122458cbd.jpg
      律「お鍋から取ったばかりなんだから、熱くてあたりまえでしょ」
      み「くそー。
       どぶろく、ちょうだい」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022093738c38.jpg
      律「ダメよ。
       残りは、あたしのなんだから」
      み「舌がビリビリするぅ」
      律「だから、“お冷や”もらえば?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111022093738ced.jpg
      ↑カレーのスプーンは、なぜ“お冷や”に入って出てくるのか?
      み「やだ。
       水なんか飲んだら、割り勘負けする」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/10/23 09:47
    • 由美ちゃんの「美弥ちゃんいたぶり企画」。
      その1は“車内オープンショウ”。
      美弥ちゃんの「子犬のペニス陰核」はすでに勃起済み。
      いやいや、トイレに行く前から勃起してたな。
      ほんとは自分からそうしたい、と思ってるのに“知性と教養”が邪魔してできない。
      何をって、美弥ちゃん。
      「白日の下での恥ずかしいこと」でんがな。
      由美ちゃんに命令されて“しかたなく”してるんだ、と自分を納得させれば、どんな恥ずかしいことでもできるよな、美弥ちゃん。
      よかったなあ。
      美弥ちゃんのスカート、今日はプリーツ。
      >車内でこんなことをするために選んだわでではなかろう
      >捲り上げるのにはうってつけ
      すげえ、ご都合主義みたいなんですけどお。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/10/23 10:17
    • >律「レンジでチンするだけの手抜き鍋とは大違い」
      >み「それは、誰のことを言っておるのだ」
      いやあ、そんなこともありましたなあ。
      やはり、お値段がまるきり違うんでしょうなあ。
      いくらなんだろうね、秋田川反漁屋酒場さんのきりたんぽ鍋。
      あの、酒のラインアップから考えると、お高いんでしょうなあ。
      ほれ、以前ご紹介の、大阪寝屋川市の、あれなんてったっけ、きりたんぽ鍋を食わせる店。
      あそこの値段も半端やなかったからなあ。
      そおいえば、淡雪さま。
      行かはったんかなあ、偵察に。
      それにしても「み」さん。
      学習せんお人ですなあ。
      お昼の「石焼き鍋」。
      先ほどの「比内地鶏」。
      んで「舞茸」。
      猫舌ゆえに吐き出すこと日に三度!
      普通猫舌の人は、食べ物を口に入れるとき慎重になるのが習い性になっていると思うが……。
      やはり、無類の食い意地のなせるわざなのかのう。
      今どき、スプーンをお冷のコップに入れて出すカレー屋なんて、見たことないぞ。
      少なくとも大阪では。
      しかし……。
      こんだけ美味そうなきりたんぽ鍋の画像を見ていながら、最後のカレーの画像に「美味そう!!」と感じてしまう。
      自分でも、よっぽどカレーが好きなんだなあと、改めて感じ入ったよ。
      安上がりHQ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/10/23 13:13
    •  どこがご都合主義なんだよー。
       高原の別荘地に、タイトスカート穿いて行くと思うか?
       そっちの方が、不自然でしょうが。
       当然、リゾートっぽい服装していくの!
       あのカレーの画像は、こちら(http://mohisid.blog134.fc2.com/blog-entry-83.html)のページから拝借しました。
       福島県いわき市にある「玉半食堂」さん。
       黄色いカレーに福神漬。
       ソースをかけて食べるようです。
       お冷やに入れたスプーンは、“ねらい”でしょうね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/10/23 16:11
    • あ、そおか。
      リゾートファッションか。
      白いひらひらのプリーツのワンピにサンダル、頭には麦わら帽子。
      定番ですなあ。
      これはしつれいしました
      リゾートとくるとこの歌。
      NHKの超長寿番組「みんなのうた」で覚えました。
      『みずうみ』
      作詞:山川啓介
      作曲:グリーグ
      歌唱:大貫妙子
      原曲「ソルヴェイグの歌」に日本語の歌詞をつけた歌です。
      ♪湖の 入江に立てば 波がつぶやく
       そこにはもう 少女の頃の君はいないと
       風に舞って水に落ちた 白い帽子 
       濡れた服をしぼってくれた 優しい夏
       あいたいのは あなたよりも そばかす気にしてた日の私
       少年は鳥にならずに 大人になって
       私は水鏡の中 私を探す
       誰にだって 一度だけの夏があるの
       それは恋と気付かないで 恋した夏
      そういえば、由美美弥のファッションで帽子ってあんまり出てこないよね。
      夏実ちゃんの「キャップ」くらいではないか。
      で、帽子とくればこれ。
      『ぼくの帽子』
      西条八十
       母さん、僕のあの帽子どうしたでしょうね?
       ええ、夏、碓氷から霧積へゆくみちで 谷底に落としたあの麦藁帽子ですよ
       母さん、あれは好きな帽子でしたよ
       ……………………………………
      大阪ミナミに「自由軒」という洋食屋(! こう表現するのが一番しっくりくる)があります。
      ここの一押しメニューがその名も「名物カレー」
      このネーミングでメニューに載っています。
      どんなんかなあ、といいますと、乱暴な言い方をしますが、
      「カレーとライスを調理段階で混ぜ込んでしまった、一見ドライカレー風」というところでしょうか。
      味はこってり、食感は柔らか目。
      こんもりと盛り付けしたカレーライスの中央をくぼませ、卵黄をトッピングしてあります。
      驚くほどおいしい、というわけではないのですが、なんがなし昔の“古き良き時代”を思わせるような味です(どんなんや)。
      『夫婦善哉』の織田作之助が贔屓にしていた、が店とカレーの謳い文句です。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/10/23 16:25
    • 福島の「玉半食堂」さんを書き忘れた。
      はじめ、“半玉”食堂さんと読んでしまったぜ。
       (半人前の芸者か!)
      いやあ、店構えと言いメニューと言い、泣けてきますね。
      子供の頃の「食堂」ってみんなこんな感じでしたね。
      このレトロさは、自由軒どころやないな。
      カレーがまた泣かせる。
      そおだよなあ。
      子供の頃はカレーにソースをかけてたよなあ。
      「玉半」さんのは中濃ソースですが、我々はウスターソースでした。
      なつかしいなあ。
      HQ「おーい、夕食はカレーにしようや」
      HQ妻「今頃言うても遅いわ、今夜はサンマや」

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/10/23 20:21
    •  週に2回くらい食べます。
       朝食ね。
       レトルトカレーです。
       温めません。
       冷たいまま、ご飯にかけます。
       食べ方は……。
       ハーレクインさんが書かれた「自由軒」そのもの。
       ご飯とルーをまんべんなくかき混ぜるんです。
       カレールーをまとったご飯粒が、一粒一粒確認できるようになります。
       「一見ドライカレー風」という表現は、よくわかります。
       なんで、こんなことをするかと云うと……。
       猫舌のわたしにとって……。
       冷たいカレーは、ご飯を冷ますための兵器なんですね。
       カレーを使わない日は……。
       冷蔵庫で冷やした生卵を混ぜるか……。
       鮭茶漬けを載せて、水道の蛇口から水をぶっかけます。
       あ、レトルトカレーのいいところを、もう一つ。
       具がほとんど無いことです。
       わたしは、ルーが好きなので……。
       具がゴロゴロしてるカレーは、苦手なのじゃ。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/10/23 22:44
    • >レトルトカレー……冷たいまま、ご飯にかけます
      >冷蔵庫で冷やした生卵を混ぜる……
      >鮭茶漬けを載せて、水道の蛇口から水をぶっかけます
      いやあ、Mikikoさん。
      ほんとに、筋金入りの猫舌なんですねえ。
      御愁傷様です。
      今夜の我が家の献立は……、
      サンマの塩焼きの大根おろし添え。
      小松菜とシメジの和え物。
      キュウリのお新香。
      ワカメとネギの味噌汁。
      で、サンマといいますと、何といってもこれ。
      『秋刀魚の歌』
      佐藤春夫
       あハ禮
       秋かぜよ
       情あらば傳へてよ
       ―― 男阿りて
       夕餉にひとり
       さんまをくらひて
       思ひにふける と
       さんま さん万
       其が上に青きみかんのすを志たゝらせ
       さんまを食ふハ其の男がふる里の習ひなり
       ………………………………………………
      原文持ってませんし、ネット上の表記も様々ですので、JR紀伊勝浦駅前の春夫の歌碑の画像を引き写しました。ただ、漢字の素養がありませんので、読めない漢字はかな表記にしました。
      間違ってる文字もあるかもしれません。
      で、今夜のサンマは食らい尽くしました。
      今、和え物の残りとキュウリをあてに飲んでおります。
      家人は「明日が早い」と、とっくに寝ちゃいました。
      秋じゃのう。

    • ––––––
      10. 海苔ピー
    • 2011/10/24 02:12
    • 先日からお笑いライブの非売品の券があるから行こうと誘いがありました。
      2時からの公演でしたので、昼・夜を食べて帰ろうと言う事で昼前に家を出て、5時半には帰宅しましたが
      帰宅後、疲れて横になったの覚えているのですが
      その後、9時過ぎまでの記憶が無いのです。
      思いっきり爆睡した様です。
      今頃、目が冴えて過ぎて寝れないなんて・・・
      早い夕食だったので、今頃になってお腹が空いてきたよ!
      チョコパイが食べたいので・・・
      マクドナルドまで行って来ようと思います。
      海苔ピーも猫舌でよく熱々のチョコパイで口の中を火傷します。
      でも、美味しくて熱々のチョコパイを食べてしまう。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/10/24 07:35
    • > ハーレクインさん
       健康的な夕食ですね。
       これで酒さえ飲まなければ……。
       カンペキなんですけどね。
       佐藤春夫は大好きな詩人で……。
       これまでも、「水辺月夜の歌」は何回かご紹介してます。
       もちろん、「秋刀魚の歌」も知ってます。
       ………………………………………………
       あはれ、人に捨てられんとする人妻と
       妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
       愛うすき父を持ちし女の児は
       小さき箸をあやつりなやみつつ
       父ならぬ男にさんまの腸(はら)をくれむと言ふにあらずや。
       ………………………………………………
       この、「人に捨てられんとする人妻」というのは……。
       当時、谷崎潤一郎の奥さんであった千代さんのことです。
       後に春夫は、谷崎と離婚した千代と結婚してます。
      > 海苔ピーさん
       なぜ……。
       ダイエットに成功しないのかが……。
       この文章には、如実に描かれてますね。
       夜中の2時にチョコパイを買いに行く人間が……。
       痩せてたまるか!
       日本人の健康のため……。
       飲食店の深夜営業は、禁止すべきなんじゃなかろうか。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/10/24 10:58
    • >Mikikoさん
      わたしも家人も、こてこて料理はあまり食べなくなりました。
       (じじむさいのう)
      ほっとけ。健康にはええんじゃ。
      確かに、これで酒さえ飲まなければのう……。
      しかし、「人はパンのみにて生くるに非ず」というありがたいお言葉もある。
      ●人の世にたのしみ多し然れども 酒なしにしてなにのたのしみ(牧水)
      春夫、谷崎と、千代さんの間の「細君譲渡事件」は有名ですが……。
      何をすんねん、という感じなのですが色々あったんでしょうねえ、お三人の間には。
      ま、他人が口を出すことでもありませんわなあ。
      ただ、男女間の縺れでいつも犠牲になるのは、子供ですねえ。
      「父ならぬ男にさんまの腸をくれむと言ふ……」
      うぅ。涙なしには読めんわ。
       …………………………………………
       あはれ
       秋風よ
       汝こそは見つらめ
       世のつねならぬ かの団欒(まどい)を
       いかに
       秋風よ
       いとせめて
       証せよ かの一ときの団欒ゆめに非ずと
       ……………………………………………
      >海苔ピーさん
      「午前2時の熱々のチョコパイ」って食べたことないのですが、美味しそうですねえ。
      ま、私の「午前2時の熱燗」と同様、健康とダイエットには良くないでしょうね。
    コメントする   【由美と美弥子 0828】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星
潤文学 官能の本棚 変態小説 羞恥の風
新・SM小説書庫2 [官能小説] 熟女の園 Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
赤星直也のエロ小説 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説
官能的なエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女性のための官能小説 ぺたの横書き 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集
空想地帯 アダルト検索一発サーチ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ HAKASEの第二読み物ブログ
濠門長恭の過激SM小説 18's Summer お姫様倶楽部.com 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 黒い教室 性小説 潤文学ブログ
制服美少女快楽地獄 女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫
Mikiko's Roomの仮設テント 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
淫鬼の棲む地下室 むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
セックス・ノベル・ネット 官能小説アンテナ
GL Search 成人向けランキング
アダルトブログランキング Adult Novels Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
ライブドアブログ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 ぱっくりんく
十八禁恋愛私花集 GAY ART NAVIGATION アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
創作系サイト検索・KAGOME アナル動画まとめ 正しいH小説の勧め アダルト動画まとめ






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top