Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0821
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 もう、我慢出来なかった。
 口元にあった手の平が、真下に下りていく。
 カーペットまで下りた手の平を、陰核の下に添える。
 たなごころに溜まった白濁液の上に、赤い肉の橋が架かった。
 陰核が、身ぶるいするように震えた。
 手の平が、獲物に襲いかかるように、陰核を捉えた。

「あひゃ」

 陰核に精液を塗りまぶす。
 真っ赤な陰核は、たちまち白い胞衣を纏った。
 飛び散った精液が、陰毛に白い露を結んでいた。

 陰核を摘み、小刻みに引く。
 陰核が伸びるたびに、肛門が引き絞られた。

「もうダメ……。
 イ、イク」

 美弥子は、鏡を凝視した。
 陰核を小刻みに上下させる姿は、男がオナニーしているようにも見えた。

 美弥子の左手の平が、乳房を下から持ちあげた。
 指先は、乳首を摘んだままだった。
 そのまま、乳首を宙に吊り上げる。
 乳首は、美弥子の口元まで伸ばされた。
 美弥子は顔ごと振り倒し、乳首を咥えた。
 唇を送り、深く迎える。
 硬く尖った乳頭が、前歯の狭間に捕らえられた。

 美弥子の動きが、一瞬止まった。
 陰核は腹部に押しつけられ、縮んだ状態だった。
 歯先の感覚を確かめながら、上目で鏡を睨む……。
 刹那。
 美弥子の右手が、タクトを振るように跳ねた。
 陰核が、思い切り引き延ばされる。
 同時に、前歯が乳首に食いこむ。

「ぎ」

 全身が踊りあがり、乳首を離れた顔が天井を向いた。
 天井が、ゆっくりと後退する。
 上体ごと真後ろに傾いているのだ。
 スロー映像を見るように、背中がカーペットに着地した。
 カメラがぶれ、視界が揺れた。
 両脚が真っ直ぐに伸び、天井を指しているのが見えた。
 爪先では、10本の指がすべて開いていた。
 視界が、天井から後ろの壁に移った。
 瞳が、上瞼に隠れようとしているのだ。

 美弥子の捉えた最後の情景は、ベッドに横たわる由美だった。
 由美の顔は、こちらを向いて倒れていた。
 両瞼が半眼に開いている。
 そのあわいに、瞳は無かった。
 真っ白な双眸に吸いこまれるように……。
 美弥子の意識もまた、消失した。
由美と美弥子 820目次由美と美弥子 822




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/10/14 07:27
    • み「さーて、次は何飲もうかな」
      律「ちょっと、もう飲んじゃったの?」
      み「1合なんて、あっという間じゃない」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111009095403300.jpg
      律「味わって飲みなさいよ。
       高いんだから」
      み「案外セコい女だね。
       じゃ、今度は味わって飲むから……。
       先生の分けてちょうだい」
      律「イヤよ。
       自腹で注文しなさい」
      み「けちー」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110918101500d6f.jpg
      み「お嫁に行けないよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011100909540578a.gif
      律「わたしは行けないんじゃなくて……。
       行かないんです。
       その言葉、丸々お返します」
      み「わたしは……。
       行ってもいいけど」
      律「あら、そうなの?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201110090954044ce.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/10/14 07:28
    • み「全面的に食べさせてくれて……。
       でもって、家事もしなくていいんならね」
      律「旦那さんに家事までやらせるわけ?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111009095403379.jpg
      み「別にしなくていいよ。
       母と同居すれば、母がするから」
      律「で、あんたは……。
       働きもせず、家事もしないってわけ?」
      み「左様じゃ」
      律「あんただけ、遊び暮らすわけ?
       そんなこと、天が許すか!」
      み「許してよー」
      律「たとえ天が許しても……。
       美少女仮面ポワトリンが許しません」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111009095404153.jpg
      み「古るー」
      律「あんただって、知ってるじゃない」
      み「遊び暮らしたりなんか、しませんよ」
      律「何すんのよ?」
      み「小説を書く」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201106122027198aa.jpg
      ↑小説家と云うと、なぜかこのイメージ(坂口安吾です)
      み「毎日投稿できるよ」
      律「はいはい。
       それだけは、立派だけどね」
      み「そういう奇特な人、おらんもんかね?
       先生の病院にいない?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111009095402542.jpg
      律「そんなバカ、いるか!」
      み「じゃ、ほかを探すか……」
      律「宝くじ買うほうが、まだ確率は高いわね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20111009095416979.jpg
      み「ちぇ。
       何で人は働かにゃならんのかね。
       たった一度きりの人生なのに……。
       切ない。
       くそ。
       やけ酒飲みたくなってきた。
       マスミン、次のお勧めは?
       あ、ちょっと、あの人何飲んでるんだろ?」

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/10/14 08:41
    • 美弥ちゃんは自分の乳首を咥えられる、うらやましい人だったなあ。
      万人の望み(だと思うが)。
      セルフクンニ! 、
      セルフフェラ!
      母さん、僕のちんちん、どうして自分で咥えられないんでしょうね。
      >「ぎ」
      かあ。
      いまさらですが、今日の名シーン。
      >両脚が真っ直ぐに伸び、天井を指しているのが見えた
      >爪先では、10本の指がすべて開いていた

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/10/14 09:18
    • 「み」さん。
      ろくろく味わいもせず飲んじまったのかよう「秋田飛良泉」。
      ま、確かに、はじめの一合なんてあっちゅう間だよなあ。
      だから、最初は安い酒からはいらんと……
      >お嫁に行かない
      嫁さん食べさせてやって(これくらい楽々)、
      さらに飲ませてやる亭主はおると思うぞ。
      嫁さんの母さんが家事やってくれるんならな。
      ある意味、理想的な家族でないかい。
      しかし、崩壊する危機はたくさんあるがな。
      崩壊の危機。
      ①母が身罷る(えんぎでもねえ、ごめん)。
      ②婿と母が出来てしまう(そんなエロ小説、あったぞ)。
      ③子供ができる(どっちの子供や!)。
      ま、確かに。
      小説家に、まともな家庭人はめったにおらんよな。
      美少女仮面ポワトリン。
      まあ~ったく知らぬ。
      Wikiで確認したよ。
      1990年、フジテレビ系列で放映された特撮テレビ番組。
      原作はなんと、あの石ノ森章太郎!
      ポワトリンとはフランス語で「胸」!
      決めゼリフは、
      「愛ある限り戦いましょう。命、燃え尽きるまで。美少女仮面! ポワトリン!!」
      「たとえ○○が許しても、この美少女仮面ポワトリンが許しません!」

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/10/14 20:26
    •  飛良泉の「秋田泉」です。
       実際に飲んでないんだから……。
       味わいもせずに飲んじゃった、ということにするしかないわなぁ。
       どんな味か、書けないもの。
       でもたぶん……。
       飲んでも、わからんでしょうけど。
       「秋田泉」を味わったという記事を探してみましたが……。
       はなはだ少ないです。
       こちらの方は、飲んでらっしゃいますが……。
      http://u-mao2.cocolog-nifty.com/lerepas/2010/01/index.html
       感想は、「美味い!!」とだけ。
       と思ったら、飲食店情報にあった。
      http://gourmet.sakelog.jp/shops/menu/54139
       「心地のいい甘味と軽快な酸味とのバランスがよく、上品な味わい」とか。
       さっぱりわからん。
       甘くて酸っぱいってことか?
       マッコリみたいだね。
       でも、こっちのブログでは……。
      http://eaussie.info/2010/08/
       「すっきりした口当りの辛口」となっておるぞ。
       どういうこっちゃ?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/10/14 20:44
    • 苦労されましたのう。
      人の五感のうち、味覚と嗅覚は特に言葉で表現するのが難しい感覚ですからねえ。
      酒の味の鑑定なんてのは個人差が常に付きまといます。
      例の、全国新酒鑑評会も、あくまで目安なんですね。
      酒は嗜好品。
      自分が美味いと思ったものを飲めばいいわけです。
      ただし、酒の客観的評価基準である「精米歩合」と「アル添の有無」。
      これを無視してはただの思い込みになりますぞ。
      ご紹介の三つのサイトさんのうち、ケン太さんのご感想が一番正解に近いと思いますよ。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/10/14 22:33
    •  つらつら考えるに……。
       自分はお酒を、「美味い」と感じたことがあるのだろうか。
       例の超熟酒も、ほかの日本酒に比べて「飲みやすい」とは思いましたが……。
       「美味い」とまでは、どうかな。
       例外は、汗をかいた後の夏のビールですが……。
       あれも、喉の渇きが感じさせている気がします。
       確かに、美味い不味いは、絶対的なものではないのかも。
       味は、体調や精神状態と呼応しているものなのかも知れませんね。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/10/14 23:30
    • >つらつら考える
      って、えらいばばくさい表現じゃのう。
      参考文献。
      広辞苑第六版
      つら‐つら
      〔副詞〕つくづく。よくよく。念入りに。
      >自分はお酒を、「美味い」と感じたことがあるのだろうか
      これこれ。
      いまさら何を言うのじゃ。
      ここはコメの世界。
      小説世界ではないぞ。
      あ、だからこその独白か。
      >美味い不味いは絶対的なものではない
      んなことは当然ではないか。
      何度でもいうが酒は嗜好品。
      自分が「美味い」と思えば、それがその人の至高の酒じゃ。
      ま、私の場合。
      「酔うための酒」と「味わうための酒」は、明らかに別物であるがな。
      毎日「味わうための酒」を飲みたい。
      そんな罰当たりな真似は「美少女仮面ポワトリン」が許してくれぬわなあ。
      しかあし!
      酔うための酒も時に至高の酒となる。
      それは、酒を飲み、酒と話し、人と飲み人と話す。
      その時々の中に垣間見る、まさに至高の一瞬なのだろうかのう。
      おっさん、酔うとるやろ。
      おう。
      酔うとるぞ。
      酔わん奴はアホじゃ。
      人生の半分もわかっておらぬわ。
      わが師、牧水は、
      「酔うための酒」に、人の世の至高の喜びを見出した稀有なお方じゃ。
      ●それほどにうまきかとひとの問ひたらば 何と答へむこの酒の味(若山牧水)
    コメントする   【由美と美弥子 0821】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
変態小説 ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 潤文学
新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Angel Pussy 週刊創作官能小説 羞恥の風
愛と官能の美学 秘密のエッチ体験談まとめ 官能の本棚 女性のための官能小説
Playing Archives 官能的なエロ小説 電脳女学園 ぺたの横書き

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 黒い教室 恥と屈辱の交差点 性小説 潤文学ブログ
人妻の浮気話 艶みるく HAKASEの第二読み物ブログ お姫様倶楽部.com 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ 恥ずかしがりたがり。 魔法の鍵 空想地帯
濠門長恭の過激SM小説 淫鬼の棲む地下室 被虐願望 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
18's Summer 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル
快感小説 かめべや 制服美少女快楽地獄 女の陰影

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 最低のオリ むね☆きゅんファンサイト
櫻坂ゆかりの官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング セックス・ノベル・ネット
アダルトブログランキング ネット小説ランキング
ライブドアブログ GL Search
Girls Love Search Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
にほんブログ村 おたりんく ヌケルアダルト作品 成人向けランキング
アダルト動画まとめ 十八禁恋愛私花集 アダルト検索BBJapan 正しいH小説の勧め







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top