Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0801
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美弥子は頸をもたげ、鏡を凝視した。
 そこには、深海魚のように目を剥き拡げた女がいた。
 口一杯に布地を頬張っていた。
 呼吸を貪るため、鼻孔が大きく開いている。
 美弥子は、頭上に片手を回した。
 頭頂に前腕を置き、額から手の平を垂らす。
 長い指先が、鼻下まで届いた。
 指先を鈎形に折り、鼻孔に掛ける。
 そのまま、吊り上げた。
 縦長に引き延ばされた鼻孔を、鏡に映す。
 自分の顔でありながら、抱きしめたいほど愛おしかった。
 醜く歪み、苦痛を訴える顔は、どうしてこうまで愛しいのか。

『美弥子……。
 そろそろイキたいんだろ?
 いいんだよ。
 見ててあげるから……。
 思い切り浅ましく、イッてごらんよ』

 空中に揺らぐ両腿を、乳房の脇まで引きつける。
 鼻を吊り上げた片手を外し、折り曲げた膝裏に、両肘を内側から掛ける。
 そのまま、肘を張った。
 これ以上ないほどに、股間部が開けていた。
 赤剥けて天を指す陰核。
 脂身のように蕩けた陰唇。
 皺を伸縮させて呼吸する肛門。
 美弥子のすべてが、宙に曝されていた。

「見て……。
 美弥子のイヤらしいとこを、全部見て」

 頭を持ち上げ、鏡を凝視する。

『見てるよ。
 さあ、イッてごらん』

 右の肘から先が、クレーンアームのように動いた。
 陰核を目指した指先が、その脇をすり抜けた。
 向かった先は、陰唇だった。
 指先が、泥濘に潜りこむ。
 熱かった。
 ラードの溶ける坩堝のようだった。

 熱い油を、指先に絡める。
 引き上げた指先はネラネラと光り、湯気を立ちあげていた。
 その指先が、陰核に触れる。

「あく」

 頸が仰け反った。

 人差し指から薬指までの3本を、陰核に添える。
 親指を反対側から迎え、陰核を挟む。
 小指は、ぴんと立てていた。
 指先に力を籠める。
由美と美弥子 800目次由美と美弥子 802




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/09/16 07:25
    • 律「愚痴ってもしょうがないでしょ。
       政治家が言うには、“未曾有の国難”なんだから。
       お話を戻しましょう。
       江戸時代まで、あと何年?」
      み「えーっと、7年か」
      律「ベスト10までいっちゃったけど……。
       いっそのこと、江戸前の蔵元、みんな出しちゃえば」
      み「そういうの、“江戸前”って云わんだろ。
       でも、それもそうだね。
       マスミン、並べちゃってちょうだい。
       江戸前蔵。
       第11位!」
      老「東京都千代田区、豊島屋本店。
       同じく、慶長元年(1596年)創業」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011091304550724b.jpg
      み「おー。
       東京からランクインですね。
       これがホントの江戸前だ」
      律「江戸前って、どういう意味なの?」
      み「本来は、江戸城の前ってこと。
       昔は、江戸城のすぐ前まで海だったの」
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2010121017285942c.jpg
      ↑赤い線が、昔の海岸線
      み「そこで捕れた魚が、江戸前よ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110828201043eaa.jpg
      み「ランキングを続けます。
       第12位!」
      老「山形県米沢市、小嶋総本店。
       慶長2年(1597年)創業」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110913045508859.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/09/16 07:26
    • み「まだあるのかよ。
       第13位!」
      老「東京都渋谷区、養命酒製造。
       慶長7年(1602年)創業」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110913045520c68.jpg
      み「養命酒って、あの薬用養命酒?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110913045506978.jpg
      老「そうじゃよ」
      み「ばあちゃんの部屋の茶箪笥にあった。
       薄暗い和室に、年代物の茶箪笥」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110913045507303.jpg
      み「養命酒の瓶が、妙に似合ってたな。
       思い出すなぁ。
       子供のころ、せがんで飲ませてもらったもんだ。
       小ちゃいコップで飲むんだよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110913045506c4c.jpg
      み「そんなに古い会社だったとはね。
       まさか、渋谷にあったとは思わなんだ」
      老「ここだけが、日本酒ではない酒造所じゃな」
      み「まだ続くわけね。
       それじゃ、第14位!」
      老「高知県佐川町、司牡丹酒造。
       慶長8年(1603年)創業」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011091304550837c.jpg
      老「ここまでが、江戸以前になる」
      律「すご~い。
       14軒も」
      み「ま、トップの春日大社は別格だから……。
       事実上は、13だけどね。
       でも、古い酒蔵が、ここまで残ってるとは思わなかった」
      老「酒の需要は……。
       いつの時代も、途切れることが無かったということじゃな。
       当主が道楽したり、投機に手を出したりさえしなければ……。
       続けて来れた商売と云えるじゃろ。
       昔は今と違って、酒の種類がなかったからの」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/09/16 09:16
    • 入魂のオナニ―。
      お、陰唇・膣口でいくのかと思ったら、
      やっぱり陰核だよなあ。
      小指だけ参加させてもらえないのか、可哀そうによう。
      由美美弥、
      今日の名言。
      >>醜く歪み、苦痛を訴える顔は、どうしてこうまで愛しいのか

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/09/16 10:53
    • 律子センセ。
      “江戸前”と“江戸前”おもろいぞ。
      って、どう区別すりゃええんや。
      「江戸時代以前」と「江戸城の前」か。
      またも出ました!
      「江戸時代以前の江戸城の前」の地図。
      え~と、要するに、かつての海岸線は山手線と考えていいんだよなあ、タモリさん。
      んだから、江戸川区、江東区、中央区、品川区、大田区(大森区+蒲田区)は海の底。
      え~。
      養命酒って、酒なん?
      もし「吟醸・養命酒」なんてのがあれば、長生きできそうだなあ。
      司牡丹は知っとるぞ。
      醸造精神(なんだあ?)は、も一つのようだがな。
      老「酒の需要は……。
       いつの時代も、途切れることが無かったということじゃな……」
      そうですね、マアスミン。
      「人類の歴史は酒の歴史」ですよねえ。
      あれ? これ誰の言葉やろ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/09/16 20:07
    •  「薬用養命酒を飲んで運転すると飲酒運転になるのですか?」
       という、Q&Aが載ってました。
      http://www.yomeishu.co.jp/yomeishu/faq/faq02.html
       あの小さなコップの規定量を飲んだだけなら……。
       大丈夫のようです。
       栄養ドリンクにだって、アルコールが含まれてるそうですからね。
       もちろん、養命酒を1本空けて運転したら……。
       間違いなく、酒気帯び運転になるでしょう。
       「人類の歴史は酒の歴史」
       うーむ。
       誰の言葉でしょうね。
       「人の歴史は酒の歴史」
       これは、HQの言葉だろ?

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/09/16 20:53
    • アルコール含量は14%らしいですね。
      これは立派な酒ですなあ。
      1本あけたら、酒気帯び運転云々以前に、べろんべろんになって運転どころじゃなくなるでしょうね。
      「人類の歴史は酒の歴史」
      うーむ。
      だあれも言うとらんのか。
      そうか、深い言葉じゃのう。
      今日もたいがい酔うたのう。
      ●酒飲み本性違わず
      ●酒は天の美禄
      ●酒なくて何の己が桜かな

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/09/16 22:34
    •  それこそ、腐るほどありますね。
      ●女と酒は二ごうまで
      ●お酒飲む人、花ならつぼみ、今日もサケサケ、明日も咲け
      ●酒を飲むのは時間の無駄、飲まないのは人生の無駄
      ●目の前の酒は必ず飲んでおけ。次も飲めるとは限らないのだから
      ●酒に罪はない、泥酔する人間に罪がある
      ●勘定は酔っている時に払え。シラフの時に払わされる勘定ほどバカらしいものはない
      ●人生やっても駄目なことばかり、どうせ駄目なら酒飲んで寝よか
       わたしが気に入ったのはこれ。
      ●そして、言葉が溢れだす

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/09/16 22:51
    • 色々あげて頂きましたが。
      ●目の前の酒は必ず飲んでおけ。次も飲めるとは限らないのだから
      これかなあ。
      いやあ、今、大概飲んどるからなあ。
      やはりこれではないのか。
      ♪酒は呑め呑め 呑むならば
       日本一(ひのもといち)のこの槍を
       呑み取るほどに呑むならば
       これぞ真の黒田武士
      そして……言葉が、溢れ出す。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2011/09/16 22:58
    •  これって、槍を呑む歌だったのか!
       初めて知った。
       こういうのを、ムリヤリと云うのではなかろうか。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/09/17 01:27
    • 豊臣秀吉子飼いの武将、福島正則。
      大酒のみで酒癖悪し。
      筑前国福岡藩、黒田氏の武将、母里太兵衛が、正則に「飲み干せば何でも褒美を取らす」と大盃に注いだ酒を勧められた。
      この酒を見事に飲み干し、約束通り、正則が秀吉から拝領した自慢の槍(日本号)を貰い受けたという。
      つまり正則からいえば、家宝の槍を呑み取られたという、そういうエピソードが「黒田節」にあるんですな。
      なーんや。そんなんやったら、儂でもでけるわ(HQ)

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/09/17 02:03
    • ●女と酒は二ごうまで
      なあんか意味わからん。
      二合くらい、あっちゅう間や。
      と思ったら、
      あ~っ。
      打ちながら気づいたわ。
      女の「にごう」は「二号」やな。
      三号はややこしなるからやめとけと、有難いお教えやな。
      ふむ。
      酒なら三合でも四合でもいけるがのう。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2011/09/17 07:27
    •  そういう意味の“呑み取る”か。
       インドの大道芸人みたいに、ほんとに呑むのかと思った。
       この歌詞、子供のころは、“蚤取る”と聴いてて……。
       サルの歌かと思ったものです。
       昔、中村あずさという女優がいて……。
       妻子ある男優との不倫がバレたとき……。
       スポーツ新聞に、「あずさ2号」と書かれたとか。

    • ––––––
      13. 大道芸人HQ
    • 2011/09/17 09:59
    • 刀や脇差ならまだしも、
      槍が呑めるかい!
      ♪8時ちょうどの
       あずさ2号で……。
    コメントする   【由美と美弥子 0801】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
Angel Pussy 週刊創作官能小説 電脳女学園 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2 ちょっとHな小説 潤文学
官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 変態小説 Playing Archives 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 人妻の浮気話 艶みるく 18's Summer 恥ずかしがりたがり。
女性のための官能小説 アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ 空想地帯
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 魔法の鍵 女性のH体験告白集
出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ 被虐願望 淫鬼の棲む地下室
ひめ魅、ゴコロ。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 お姫様倶楽部.com 濠門長恭の過激SM小説
おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 最低のオリ ライトHノベルの部屋 女の陰影
被支配中毒 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
快感小説 レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所

アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング アダルト動画まとめ
おたりんく Girls Love Search
GL Search 萌駅

ランキング/画像・動画(11~30)
少女禁忌区域 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 Adult Novels Search 十八禁恋愛私花集
にほんブログ村 Cyber あまてらす 創作系サイト検索・KAGOME クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ぱっくりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top