Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0796
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「はひぃ。
 わひっ」

 この姉なら、驚くことでもないだろうが……。
 全裸になっていた。
 いや、正確に言えば、首輪だけは纏っていたが。

 洋式便器は、扉に対し、横向きに設置されていた。
 姉は、その便器に向い合って立っていた。
 前屈みの姿勢だった。
 トイレのタンクに、両手を突いているらしい。
 大振りな乳房が、便器の上で揺れていた。
 美弥子の乳房とは違い、姉のそれには硬度が無かった。
 柔らかなゼリーのように、震動に合わせて揺れていた。
 そう、姉の身体は、規則的に震動していたのだ。

 姉の腰から後ろは、扉壁の向こうになって見えない。
 しかし震動は、その見えないコーナーから生み出されているようだった。
 姉の背中に、尻から生まれたらしい波紋が打ち寄せていた。

「あぁっ。
 もっと!
 もっと!」

 それに応えて、震動が激しさを増した。
 姉の乳房が、踊り狂った。
 同時に、湿った音が立ち始めた。
 たちまちそれは、オクターヴを高めた。

 パンパンパンパンパンパンパンパンパン。

 何の音かは、姉の姿勢を見れば明らかだった。
 姉は、後ろから犯されているのだ。
 背後に隠れる人物の腰が、姉の尻を高らかに打ち鳴らしている。

 美弥子は、バッグを鳩尾に抱きしめた。
 踵を返さなければならない。
 そう思いつつも、両脚は、釘を打ちつけられたように動かなかった。

「大室さん……。
 見て……。
 犯されてるわたしを見て」

 姉が顔を真横に振りあげた。
 乱れた髪が、頬を半分隠していた。
 髪の合間から僅かに覗く唇が、うわごとを繰り返していた。

「見て……。
 後ろから交尾されてるわたしを……。
 見て」
由美と美弥子 795目次由美と美弥子 797




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/09/09 07:31
    • み「はいはい。
       何の話だったっけ?」
      律「お酒の銘柄。
       読み方でしょ」
      み「あ、そうだった。
       マスミン。
       どう、『ひりょうせん』?」
      老「長々と講釈してくれたが……。
       ハズレじゃ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011090410583547d.jpg
      み「じゃぁ……。
       飛良泉(ひりょういずみ)?」
      老「いいかげん、肥料から離れなさい。
       しかし、かなり惜しい」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110904105835fc5.jpg
      ↑間違い方が一貫しており、感心させられます
      み「なるほど。
       『泉』は“いずみ”でいいわけね。
       ずばり!
       飛良泉(とびらいずみ)!」
      老「うーむ。
       逸れてしまったのぅ」
      み「え~。
       降参。
       教えてよ」
      老「これは……。
       飛良泉(ひらいずみ)と読む」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110904105847d9b.jpg
      み「読めんだろ!」
      老「それでは、解説しよう」
      み「せんでいい」
      老「お前さまも、長々と喋ったではないか。
       しかも、酒の場にふさわしくない話を」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110904105838eb7.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/09/09 07:32
    • み「それじゃ、解説聞く代わりに、このお酒おごって」
      老「普通、解説を聞くほうが奢るものじゃ」
      律「Mikiちゃん、お聞きしましょう」
      み「じゃ、先生おごって」
      律「どうして、自腹で飲もうとしないのよ?」
      み「だって。
       1合、980円だよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110904105836853.jpg
      み「もし、口に合わなかったら……。
       ショックが大きすぎるよ」
      律「じゃ、1杯だけ頼んで、半分こしよう」
      み「一合の半分って……。
       五勺?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110904105836dd3.jpg
      み「せこー」
      律「せこいのはあんたでしょ!」
      み「まあいいや。
       聞いてあげるから、語ったんさい」
      老「お許しが出ましたかな?」
      み「特に許す」
      老「いちいち偉そうじゃな。
       まぁ、いい。
       この酒蔵の創業は、長享元年」
      み「“ちょーきょー”と言われてもねー」
      律「日本史の女王じゃなかったの?」
      http://blog-imgs-36.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110416201250a4f.jpg
      み「年号まで覚えてるかい。
       ま、明治より前であることは確かだね」
      律「あたりまえでしょ!」
      み「そうだなー。
       江戸中期くらい?」
      老「ぜんぜんハズレじゃ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110904105837ad5.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/09/09 08:31
    • 奴隷姉がディルドウを持ってるわけないんだから……。
      あれ?
      今どこにあるんだ、ディルドウ。
      んーと、女教師の由美ちゃんか!
      えー。
      ということで、だれとやってるんだあ。
      奴隷姉。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/09/09 09:35
    • >>ここは
      「冬のんなた」の撮影で
      ぺ・よそじゅそさんが
      らーめそを食べた店です
      カタカナをすべてひらかなで書いてみました。
      たしかに、見事に一貫しておりますなあ。
      生徒には「こういうことにも気をつけろ」と教えますがね。
      あと、「シ」と「ツ」とかね。
      どうも生徒は真剣に聞かないようです。困ったものじゃ。
      文章で答える場合はともかく、記号で答える場合は間違いなく『×』されるのだが……。
      飛良泉は“ひらいずみ”
      大当たり!!
      つっても、証拠がないなあ。
      Mikiはんに“これでどや!”とメールしとけばよかったかなあ。
      ま、「ひらいずみ」を変換すれば「平泉」の次に「飛良泉」と出るがな。
      しかしなんで秋田で“ひらいずみ”なんだあ。
      世界遺産とはかんけ―ないのか。
      「み」さん「み」さん。
      大吟は絶対美味い。思い切って注文しなはれ。
      純米かどうかわからん、というのがひっかかるがの。たぶん、ちゃうやろな。
      それにしても、五勺で490えんかあ。
      一舐め100えんということだな。
      たしかに、高いのう。
      とりあえず飛良泉を飲むとして、もっと安い酒はおまへんのか、秋田川反漁屋酒場さん。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/09/09 22:50
    •  ただいま帰還した。
       帰り際、突然飲み会になってしまった。
       昼食を食べてない身、ウマい中華だからとの言葉に釣られ……。
       ついつい、ついて行ったのだが。
       なんと、このクソ暑いのに、冷房も入っておらん。
       おかげで、ビールが美味かったが。
       料理の方は、取り立ててウマいというほどでもなかった。
       ただ、量だけはベラボーに多かった。
       若い男は、こういうのをウマいというのだろうか。
       記号で答えるって……
       “ツ”まで選択肢のある問題なんて、あるのか?
       まさか、“いろは”順で作ってるんじゃなかろうね?
       “あいうえお”とでは、“ツ”は、どっちが先になるんだ?
       酔っ払った頭では、ちょっと判然とせん。
       明日は、母を連れて、農家に葡萄を買いに行かねばならんのに。
       酒気帯び運転に、なるよなぁ。
       ほー。
       吟醸酒。
       そんなに美味いのか。
       実は、吟醸酒のもらいものがあるのだ。
       まさしく、1合入りの瓶。
       『越の寒中梅』、純米吟醸。
       新潟県産米、100%。
       精米歩合、55%(もったいない)。
       たった1合じゃ、いろんな飲み方を楽しむわけにはいかない。
       冷やで飲むべきか、燗をつけるべきか……。
       秋の夜の、悩みは深し。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/09/10 00:58
    • 学生の頃、大学の近くには食べ物屋がわんさとあったが、わざわざ少し離れた場所(なんせグラウンドの向こう側だからな)にある定食屋によく行った。
      お気に入りは「ナスの味噌炒め定食」
      味もいいのだが、とにかくその量。
      測ったわけではないが、直径30㎝はあろうかという丸皿に、まさにてんこ盛りにされた「ナス味噌」
      一体、ナスは何個使われてたのだろう。
      ご飯はどんぶり飯。
      味はともかく、量に関しては、大学近辺で間違いなく№1。
      人気店だった。
      昼時に行くと絶対に満員で待たされるので、あえて時間をずらして行ったものだ。
      若いころは「味より量」
      これだ。
      >>“ツ”まで選択肢のある問題
      ないよ、めったに。
      そうやって生徒に喚起を促すのではないか!
      「カナ一つにも注意を払え」と。
      んなことをいえば、選択肢記号に“ン”があるわけなかろ。
      あーっ、それであいつら、真剣に聞きよらんのか!
      “あいうえお”では“シ”が先、“ツ”が後、
      “いろは”では逆に“ツ”が先、“シ”が後だ。
      知ってますう?
      今の子って、“いろは”を知らないんですよお。
      小学校でも習わないんだって!
      どうなっておるのだ。この国の国語教育は!
      ほ~。
      母上の好物は葡萄ですか。
      以前『本を読む女』というTVドラマがあって、
      たしか甲州の葡萄園の娘が主人公だった。
      なかなかユニークな展開のドラマだったよ。
      『越の寒中梅』って、なんか怪しそうなネーミングですのう。石本酒造……じゃないんだろうね。
      冷か燗か。
      この季節は確かに迷いますが、吟醸ならどちらでも美味いはず。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/09/10 01:09
    • 前コメでご紹介したTVドラマのタイトルは、
      『夢見る葡萄~本を読む女~』だった。
      主人公のキャストは菊川怜。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/09/10 07:52
    •  わたしも好物で、東京にいたとき、昼食によく食べました。
       サラリーマン向けの店だったので、そんなに大盛りじゃなかったけど……。
       ひき肉が絡んでて、美味しかった。
       けっこう、しっかりした味付けだったから……。
       あれを、大皿一杯食べたら、間違いなく塩分摂り過ぎだよな。
       いろは歌は、いろいろと面白いんだけどね。
       7文字ずつ区切って、最後の一文字をタテに読むと……。
      いろはにほへと
      ちりぬるをわか
      よたれそつねな
      らむうゐのおく
      やまけふこえて
      あさきゆめみし
      ゑひもせす
       「とかなくてしす(咎無くて死す)」となることは、有名。
       葡萄は、主に使い物です。
       わたしは、あまり好きじゃない。
       味は、嫌いじゃないんです。
       ワイン、大好きだしね。
       生の葡萄は、とにかく、食べるのがメンドクサイ。
       皮や種は、そのまま呑みこんじゃいますが……。
       それでも、一粒ずつ取るのが鬱陶しい。
       梨くらいの大きさで、一粒だけ成る葡萄って、無いもんかね?
       確かに、『越の寒中梅』という名称は、ちょっと胡散臭いよね。
       造ったのは、小千谷市にある新潟銘醸(http://www.sake-no-choja.com/)という酒蔵。
       『長者盛』という銘柄が有名。
       幻の酒米「亀の尾」を使った、純米吟醸酒もあるようです。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110910074955182.jpg

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/09/10 09:21
    • わたしも苦手。
      子供のころめんどくさいんで種ごと飲み込んでたら、母親に「お腹から葡萄が生えるで!」と脅かされ、本気にしたものだ。
      >>梨くらいの大きさで、一粒だけ成る葡萄って、無いもんかね?
      グレープフルーツがあるやないか(笑)
      「亀の尾」か。
      まだ栽培されてるんや。
      たしか、山形県で復活したんだよな。明治の頃だっけ?
      高いんやろなあ。亀の尾の純米吟醸。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/09/10 12:40
    •  抵抗は無いのだが……。
       歯にあたってジャリッと砕ける感触だけは、いつ味わってもよろしくない。
       種を噛みたくないので、果肉に歯型を付けるくらいで呑みこんでしまう。
       種を取って食べさせてくれる下僕がほしいものじゃ。
       グレープフルーツは、いったいなぜグレープなんだ?
       わたしは嫌いじゃ無いけど、母はまったく食べない。
       高血圧の薬を飲んでる人は、食べちゃいけないそうです。
       「越の寒中梅『亀の尾』純米吟醸」は……。
       たまげるほど高価ではありません。
       一升瓶で、4,200円。
      楽天市場→http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/025ceb89.3859455a/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fnagataya%2f434505%2f%23434505

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/09/10 13:43
    • あのデカい果実が、葡萄の房と同じような感じで鈴なりに実るので“ブドウのような果実”→グレープフルーツ、となったらしいです。
      純米吟醸「亀の尾」は一升4200円。
      ふむ。
      精米歩合がそれほど高くないのかなあ。
      酒造米「亀の尾」は栽培に手間がかかるので、高価だと思うのだが……。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2011/09/10 13:52
    •  グレープフルーツの由来は、成ってるところを見なきゃわからんわけか。
       うちのベランダに、グレープフルーツが1鉢あります。
       種を吐き出したら、芽を出したんですね。
       生命力は、異様に強いようです。
       でも、日本の気候では、実を付けることは出来ないみたいですね。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/09/10 15:57
    • 種子の発芽率は異様に高いらしいです。
      よくジョークで「スイカの種を庭に吐き散らしとけば、来年はスイカ畑や」というのがありますが、グレープフルーツではこれがジョークやないんですね。
      グレープフルーツの本体は、数m~十数mに達する常緑の亜高木です。種子から発芽して結実するまでには数年かかると思いますが、ま、日本では無理かな。亜熱帯原産だからな。
      沖縄やったらいけるんやないかな。
    コメントする   【由美と美弥子 0796】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
愛と官能の美学 官能の本棚 官能的なエロ小説 電脳女学園
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 羞恥の風
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 新・SM小説書庫2
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 出羽健書蔵庫 変態小説
空想地帯 性小説 潤文学ブログ 黒い教室 最低のオリ
むね☆きゅんファンサイト お姫様倶楽部.com 潤文学 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ HAKASEの第二読み物ブログ 淫鬼の棲む地下室 魔法の鍵
快感小説 濠門長恭の過激SM小説 ぺたの横書き 制服美少女快楽地獄
女の陰影 被虐のハイパーヒロインズ 櫻坂ゆかりの官能小説 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 恥ずかしがりたがり。 ひめ魅、ゴコロ。
漂浪の果てに [官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
GL Search ネット小説ランキング
おたりんく アダルトブログランキング
セックス・ノベル・ネット Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 萌駅
ぱっくりんく 成人向けランキング Adult Novels Search 十八禁恋愛私花集
正しいH小説の勧め アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top