Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0790
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あがががが」

 顎が、外れたように落ちていた。
 細い三日月の視界に、空が見えた。
 瞳が、上瞼に隠れようとしているのだ。
 しかし、その姿勢では、心地良い喪神に凭れることは叶わなかった。
 たちまちバランスを崩し、美弥子は前にのめった。

「あっ」

 相臀から両手を前に回し、身体を支えようとしたが……。
 両手の平が突いたのは、精液の塊だった。
 ジェル状の粘性を保ってはいたが、むろん美弥子の身体を受け止めるまでの応力は無い。
 美弥子の両腕は、精液を突き抜いた。

「あぁっ」

 後ろから、美里が支えようとしたようだったが……。
 間に合わなかった。
 美弥子は、顔面から精液に突っ伏した。
 栗の花が、脳内に散華する。
 美弥子は、両腕を真下に突き出した。
 もちろん、地面に手を突くためだった。
 しかし、その瞬間は訪れなかった。
 美弥子の身体は、精液に抱き止められていた。
 中空に浮くように、両脚が地面を離れた。
 片脚が遅れて離れたせいか、左右のバランスが崩れたようだ。
 美弥子の身体は反転し、顔が上を向いた。

 目を見開いても、スライム状の精液が視界を閉ざしていた。
 しかし、明るかった。
 陽の光が、真上からあたっているようだ。
 精液は、固まりかけの寒天のように、キラキラと輝いていた。
 不思議と息苦しくなかった。

 美弥子は、全身の緊張を解いた。
 精液の揺りかごに、身を委ねる。
 心臓の鼓動だけが聞こえた。
 自分の心音のはずだが……。
 遠くから聞こえるようにも思えた。
 懐かしい響きだった。
 そうか……。
 ここはきっと、母の胎内に似ているのだ。

 美弥子は、微睡むように目を閉じようとした。
 その時、視界を何かがよぎった。
 美弥子は、もう一度目を見開いた。
 細い糸状のものが、無数に蠢いていた。
 精液の中を、尾を振って泳いでいる。
 明らかに生きていた。
 答えは、ひとつしか見つからない。
 精子だ。
由美と美弥子 789目次由美と美弥子 791




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/08/31 07:35
    • み「今はさ……。
       ひとつの家に、大人の人数分だけ車があって……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201108272023548d1.gif
      み「家の車庫から車に乗れば、どこにでも行けるわけだよね」
      律「新潟は、典型的な車社会なわけね」
      み「車を持たなきゃ、生きて行けないね。
       免許が無ければ、就職も出来ない」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110827202327040.jpg
      み「町中の商店街は、ことごとくシャッター通りで……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110827202328503.jpg
      み「お店は、郊外の大型スーパーだけになっちゃったからね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110827202328428.jpg
      ↑イオン新潟南
      律「運転できないお年寄りとかは、どうすんの?」
      み「わたしの住んでるあたりだと……。
       区が、大型スーパーを通るバスを運行してる」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201108272023559b4.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/08/31 07:36
    • み「それでもまだ、江戸時代から続く露天市もあるし……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201108272023264a3.jpg
      み「農家の人が毎朝行商に来るから、比較的便利なんだよ」
      律「あ、知ってる。
       トラック乗って来て、お店開くのよね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110827202327e41.jpg
      み「あれは、八百屋さんとかがやってるんでしょ?」
      律「違うの?」
      み「農家の人が、朝採った野菜を軽トラに積んで来て……。
       一軒一軒、売って回るのよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011082720232656e.jpg
      律「そりゃ、便利だわ」

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/08/31 07:36
    • み「また、脱線したな。
       何の話だっけ?」
      律「車社会」
      み「それそれ。
       江戸時代って、今と似てたんだよ。
       家の裏から舟に乗れば……。
       どこにでも行けたんだから。
       行こうと思えば、信濃川から海にだって出れたわけだからね」
      律「舟社会ね」
      み「はは。
       上手いこと言う。
       つまり当時は……。
       川が、道路の役目をしてたってわけよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110827202353a23.jpg
      ↑ベトナムです
      律「それで……。
       重量物を運搬するには、舟が一番便利だったってことね」
      み「そう」
      律「で、“肥やし舟”が存在したってわけか。
       お百姓さんが集めてたのよね。
       収集料金って、どのくらいだったんだろ?」
      み「いくらだと思う?」
      律「うーん」
      み「今の“うーん”は、洒落のつもり?」
      律「違うわよ。
       そうね……。
       一両くらい?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201108272023539c8.jpg
      み「阿呆か!
       ほら、マスミンが笑ってるわよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201108272023557a7.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/08/31 09:43
    • 精液の海を漂う美弥子……。
      シュールで美しい情景だなあ。
      由美美弥
      今日の名言
      >>そうか……。
      >>ここはきっと、母の胎内に似ているのだ。
      胎児の頃の記憶があるという人がいる、という話がありました。
      ほんまかなあ、と思いますが、いやいや、あってもおかしくない、とも思います。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/08/31 10:22
    • 「区が、大型スーパーを通るバスを運行」かあ。
      大阪市には、通常の市バス以外に、きめ細かく地域内を運行し、特にお年寄りが役所や病院、買い物に行くのに便利なように、という似たような発想の公営バスが運行されています。料金はどこまで乗っても100円。普通の市バスの半額です。
      その車体の色から「赤バス」と称しています。
      発想はいいのですが、住民には不評、乗車率は低いようで、よくカラで走っています。
      なぜ不評なのか。
      運行頻度が低いのと、“きめ細かく運行”が災いして、むちゃくちゃ時間がかかる、というのが原因です。
      発想はよかったんだけどね。うまくいかんよなあ。
      運行頻度を上げるほどの予算はないだろうし、“きめ細かく”をやめたら、そもそも何のための「赤バス」や、ということになってしまうしねえ。
      うまくいかんよなあ。そのうち廃止になるんやないかな。
      「農家の人が、朝採った野菜を軽トラに積んで来て……。一軒一軒、売って回るのよ」
      江戸期の行商、棒手振りと同じだな。
      新潟って、ほんとに「水の都」だったんだなあ。
      かつては、近郊の大量輸送に最も適した交通機関、舟。
      トラックが出現し、舟の役割が終わったとき、「水の都」の繁栄は過去の夢になったのだな、新潟は。
      大阪もな。八百八橋(はっぴゃくやはし)は、過去の夢だ。
      ●露と落ち露と消えにし我が身かな浪速のことは夢のまた夢(秀吉)

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/08/31 19:43
    •  昨年の大雪のとき、区バスに乗りました。
       JRも新潟交通のバスも、まったく動いてなかったので。
       なぜ、区バスが動いてたかというと……。
       市民病院行きの経路だったからです。
       病院を通る経路は、優先して除雪されるんですね。
       で、市民病院から、新潟駅行きに乗り替えるというウルトラCを思いついたわけです。
       しかし……。
       乗ってしばらくして、大後悔。
       とにかく、部落の細道のようなとこに、ことごとく入っていくわけです。
       乗ってる身としては、同じところをグルグル回ってるようにしか思えない。
       直線で行けば、15分くらいの距離を……。
       1時間半くらいかかったんじゃないでしょうか?
       ほかにまったく移動手段が無い人でなければ、ぜったいに乗らないでしょうね。
       この日、会社に着いたのは……。
       午後2時を回ってからでした。
       明治11年に新潟を訪れたイザベラ・バード(紀行作家)は……。
       新潟の堀割を“運河”と呼び、賞賛したそうです。
       信濃川から迷いこんだ鮭が、背びれを立てて泳いでいたとか。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/08/31 19:56
    • 裏夏実、登場人物が一人増えてしまった。
      おかげで山場が一つ増えた。
      ま、これは今日一気に書き上げたので問題ないのだが……。
      今日1日で12枚書いたよ。書けば書けるもんだな。
      まだ、書けそうな気がする。
      それはともかく、先に行ってまた同じようなことになったらどうしよう。いつまでも終わらんくなる。
      今回だって、夏実が、登場人物(半分創作)の思いを受け入れなかったことから派生し、新たな人物の登場になったのだ。
      ま、幸い、おかげで裏夏実、初の濡れ場が書けたがの。
      うーむ。
      登場人物が勝手に動き出す、とはこういうことなのかなあ。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/08/31 20:08
    •  わたしは、1日に12枚も書いたことなんか無いもの。
       「いつまでも終わらんくなる」ってのは……。
       まさに、「由美美弥」書いてるわたしと一緒。
       そういうもんです。
       しかし……。
       やっと、初の濡れ場って……。
       今まで、何書いてたんだ?

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/08/31 20:28
    • 何書いてたって言われても……。
      夏実って誰だあ、ということだな。
      可愛い子だなあ。
      んでもって、登場人物すべてが愛おしいなあ。
      書くって、こういうことなんだな。
      今までも書いたことはあるんだがな。
      主人公が無機質のものばかりだったからなあ。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/09/01 07:45
    •  いろいろやっかいです。
       わたしもそうなんだけどね。
       本来、作者ってのは神様で……。
       はるかな高みから糸を垂らし、登場人物を操る存在であるべき。
       で、無慈悲な試練や不幸を仕掛けて、登場人物を虐めたりするわけだ。
       でも、愛しくなると、可哀想なことが出来なくなっちゃうんだよね。
       ま、プロ作家じゃないんだから……。
       好きなように書きましょうよ。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/09/01 09:26
    • 以下、Wikiからの抜粋。
      1831-1904
      英国の女性紀行作家。
      1878年(明治11年)、東京-日光-新潟-北海道、また神戸-京都-伊勢-大阪を旅し「日本奥地紀行」などを著述。
      バード曰く、
      「世界中で日本ほど婦人が危険にも無作法な目にも合わず、まったく安全に旅行できる国はない……」
      う~ん、今はどうかな。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/09/01 10:01
    • 今、思い返してみれば、私の作家(?)としてのデビュー(?!)は高校生の時。
      同級生に、半ば無理やり読ませたSFもどきの、2枚にも満たない小品でした。
      読者(?)の評価はなんもなし。
      初めて読者がついた(!)のは浪人生の時。
      大阪の淀屋橋、というか中之島というか、に大阪府立中之島図書館があります。
      府立図書館のメインは東大阪市に移転してしまいましたが、かつてはこの中之島が、大阪府のメイン図書館でした。
       (『星に生まれたもの』を見よ!)
      んで、ここの自習室が大阪の受験生の自習室のメッカだったんですね。
      勉強もせんのに、ここの自習室に通っていれば、なんとなく勉強しているような錯覚に陥ったのです。
      そういう意味で、中之島、というのは受験生の聖地でした。
      んで、ここのトイレの個室の壁に書いたのだよ。エロ小説を。
      さあ、何枚分くらいあったろうのう。
      山場だけ、主人公の造形もへったくれもなし。
      ただただ「ああん、いいわ、気持ちいいわ、いくいくいく」なあんてのを書いただけなのだが。なんと、読者がついたのだよ。
      翌日その個室に入ると、私の作品(!)の脇に「続きを書け!」との“作者へのお便り”が。
      いやあ、嬉しかったよ。あの喜びは「書く」経験のない人にはわからぬだろうなあ。
      んで、書きましたよ、もちろん。Part2を。
      枚数からいうとpart1の倍はあったかなあ。
      んで、さらに翌日、ドキドキわくわくしながら件の個室に入りますと……すべてはペンキで塗りつぶされて消されておりました。“作者へのお便り”も含めてのう。
      む、無念じゃ。
      さらに書き込む気力もなく、悄然と図書館を引き上げたのを覚えております。
       (んったく、受験生が勉強もせんと……)

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2011/09/01 19:57
    •  そんな経験があったなら……。
       どうして、エロ文道に進まなかったのかね。
       ひょっとしたら今ごろ、大家になってたかも知れないのに。
       わたしの若いころは、自意識過剰のカタマリで……。
       エロ小説なぞ、よう書けませんでした。
       考えてみれば……。
       素人には、トイレの壁くらいしか発表の場が無かったんだよな。
       まさか、自作を自由に発表できる時代が来るとは……。
       誰も考えもしなかったでしょうね。
       今、トイレの落書なんて、無くなったんじゃないか?

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2011/09/01 20:26
    • 学者さんになりたかったのだよ。
      あの、白衣。
      あれが着たくて着たくてのう。
      しかし考えてみれば、学生時代はピンク映画館に入り浸り、愛読書は団鬼六と千草忠夫。
      どう考えても学者さんになれるわけはない。
      せいぜい予備校の講師だな(わはは)。
      うーむ。
      道を間違ったかのう。
      ま、しかし。
      人生は一度だけだ。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/09/02 06:28
    •  お茶の水博士になりたかったわけか。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011090206270962f.jpg
       でも、もしなってたとしても……。
       アトムじゃなくて……。
       ダッチワイフを造ってたかもね。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110902062709107.jpg

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2011/09/02 08:57
    • 第1次南極越冬隊が実際にダッチワイフを持って行ったかどうかは、いまだに謎に包まれているようですが……。
      小松左京『復活の日』
      全世界が新種ウィルスにより死に絶え、極寒の南極大陸の各国観測隊のみが生き延びた世界……。
      わずかな女性隊員が、男性隊員全員を相手にする、というシステムが出来上がった。
      もちろん女性全員の同意を得たうえで。
      次世代の子供をつくる、という目的も踏まえて……。
      それでも、男性隊員一人当たり、数か月に1度しか機会はない。我慢できん奴はどうするのだ。
      そこに、最高責任者(名前忘れた)の檄が轟く。
      曰く、
      「マスでもかいてろ!!」
      それにしても、画像の「特殊用途愛玩人形」。
      むっちゃ可愛いじゃねえか。
    コメントする   【由美と美弥子 0790】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
愛と官能の美学 官能の本棚 官能的なエロ小説 電脳女学園
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 羞恥の風
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 新・SM小説書庫2
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 出羽健書蔵庫 変態小説
空想地帯 性小説 潤文学ブログ 黒い教室 最低のオリ
むね☆きゅんファンサイト お姫様倶楽部.com 潤文学 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ HAKASEの第二読み物ブログ 淫鬼の棲む地下室 魔法の鍵
快感小説 濠門長恭の過激SM小説 ぺたの横書き 制服美少女快楽地獄
女の陰影 被虐のハイパーヒロインズ 櫻坂ゆかりの官能小説 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 恥ずかしがりたがり。 ひめ魅、ゴコロ。
漂浪の果てに [官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
GL Search ネット小説ランキング
おたりんく アダルトブログランキング
セックス・ノベル・ネット Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 萌駅
ぱっくりんく 成人向けランキング Adult Novels Search 十八禁恋愛私花集
正しいH小説の勧め アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top