Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0764
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 センチコガネは列を成し、競うように歩んでいた。
 脚の鉤爪が、地面の埃を巻き上げている。
 彼らが一直線に向かう先は……。
 無論、美弥子の産み落とした大便のほかにない。

「確か、うんちを切り取って、球にするんだよね」
「普通のセンチコガネなら……。
 そうでしょうけどぉ。
 コイツらは、特殊な習性を持ってるんです」
「どんな習性?」
「見ればわかりますぅ」

 群の先頭が、とうとう大便に到達した。
 前脚を大便に掛け、身を起こした。
 しかし、それ以上登ろうとはしなかった。
 最後尾の脚は、地面に着いたままだった。

「ほら、始まりますよ」

 センチコガネは、身体を煽り始めた。
 腹部を、大便に向けて振り始めたのだ。

「何してるんだろ?」
「よーく見てください。
 うんちに何か挿しこんでるでしょ」
「あ」

 美弥子は、昆虫に詳しいわけではなかった。
 小学生のころ、図鑑で見た程度だ。
 しかし、このセンチコガネの形態が尋常で無いことは、乏しい知識からでも判った。
 下腹部から、角のようなものが起ちあがっているのだ。
 黒光りしながら反り返る角は、カブトムシのそれを思わせた。

「産卵してるの?」
「違いますぅ。
 こいつらは、ぜんぶオスですぅ。
 ペニスで産卵するわけ無いでしょ」
「じゃ、何でそのペニスを、うんちに挿しこんでるわけ?
 しかも、挿したり抜いたり」
「もちろん……。
 セックスしてるんですわ。
 温かいうんちに抱きついて……。
 気持ち良くなってるんです」
「それじゃ、セックスじゃなくて、オナニーじゃん。
 不毛なヤツら」
「そんなこと言ったらいけませんわ。
 オナニーは、豊かなイマジネーションを持つものだけに許された……。
 至福の行為なんですから」
由美と美弥子 763目次由美と美弥子 765




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/07/25 06:16
    • み「似たようなもんだわい。
       やぁやぁ、菅江真澄!
       ここで逢うたが百年目。
       盲亀の浮木優曇華の花咲く今月今夜のこの月を……。
       僕の涙で曇らせてみせよう」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011062420092107a.jpg
      律「Mikiちゃん……。
       お湯あたりしたんじゃない?」
      http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011070209574871c.jpg
      み「この人、江戸時代の人だよ」
      律「恥ずかしいこと言わないでちょうだい。
       救急車呼ばれるわよ」
      み「寒風山から、ずっとつきまとわれてるんだって」
      律「わたしは初対面だけど」
      み「最初の時は、時間を止めてたからね。
       帰りのバスでは、夢の中に出てきた」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011072120262040d.jpg
      律「いいかげんにしなさい。
       ほんっとに、頭どうかしたんじゃないの」
      老「面白い娘さんじゃ。
       はて。
       御新造さんだったかの?」
      み「すっとぼけおって。
       わたしが独身のことくらい、知ってるくせに。
       何しろ、毎朝のオナニー、覗いてたんだからね。
       い、痛い痛いっ。
       先生、なんで耳引っ張るのよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110721202621787.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/07/25 06:16
    • 律「ほんとに怒った。
       冗談が過ぎるわ。
       耳が千切れないうちに、座りなさいよ」
      み「痛い痛い。
       耳なし芳一じゃないんだから」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110721202622993.jpg
      み「あ~痛て。
       平家の亡霊級の馬鹿力」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110721202623ca2.jpg
      律「うるさい。
       すみませんね、せっかく席譲ってくださったのに。
       普段は、これほど馬鹿じゃないんですけど。
       ほんとに、お湯に当たったのかしら?」
      老「ほ~。
       『華のゆ』ですかな?」
      律「え?
       どうしてわかるんです?」
      み「やっぱり覗いてたなー」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201107032021210bd.jpg
      [打消]み[/打消]律「こら!
       まだ云うか」
      老「実は……。
       覗いておりました」
      律「え!」
      老「というのは、もちろん嘘ですが……。
       わたしも、さっきまで『華のゆ』を利用しておりましてな。
       休憩室で休んでると……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110703202107c89.png
      老「お2人の元気な声が聞こえて来ました。
       そのときと、同じお声のようでしたでな」
      律「まー。
       シャーロック・ホームズみたいですわね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201107212026230d2.jpg
      律「でも、恥ずかしいわ。
       何しゃべってたのかしら。
       この人、でっかい声出してたから」
      み「わたしのせいかよ!
       しかし……。
       休憩室で、わたしらの声を聞いてるのに……。
       ここに先回りして飲んでるってのは、どういうわけ?」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/07/25 10:52
    • 喫茶店の裏庭のセンチコガネは、メスがおらんのか。
      それは気の毒だ。
      こういう場合、一部の個体が性転換して……、という手があるのだが。
      食べ物である糞をメスに見立ててのオナニーか。
      まさに不毛の行為だな。
      ヒトのオスの中には、糞の替りに蒟蒻を使うという輩がおるが……。
      由美美弥。
      今日の名科白。
      ウサギ「オナニーは、豊かなイマジネーションを持つものだけに許された……。至福の行為なんです……」

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/07/25 11:43
    • 「み」さんの突込みを、軽くあしらう菅江真澄翁。
      さすがの貫録。
      今回は律子先生にも語るつもりかな。
      金色夜叉、井上陽水、耳なし芳一、平家蟹……。
      今日も盛りだくさんの引っ張りネタ。
      極めつけは、ドイル「まだらの紐」。
      没落貴族の館におこる惨劇!
      巧妙に仕組まれた密室殺人!
      被害者が残した「まだらの……紐」の言葉!
      謎が謎を呼ぶ猟奇ミステリー!
      さあ! まだらの紐の正体は……って、表紙の挿絵に描いてあるでねえか。
      挿絵画家が、本編のネタばらしをしてどうする!!

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/07/25 19:44
    •  中学のときハマりましたね。
       独特の雰囲気があって、止められなくなりました。
       長編の題名は、すべて覚えてます。
       「緋色の研究」「四つの署名」「バスカヴィル家の犬」「恐怖の谷」。
       でも、やっぱり短編が面白かったなぁ。
       「まだらの紐」「踊る人形」「赤毛組合」「唇のねじれた男」。
       内容はほとんど飛んでるけど……。
       題名は、頭に残ってますね。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/07/25 21:01
    • 最初に読んだのは「赤毛連盟」。
      そのどんでん返しの鮮やかさに、あっけにとられたのをよく覚えています。
      熱狂的なホームズファンをシャーロキアンというそうですね。

    • ––––––
      7. 海苔ピー
    • 2011/07/25 21:33
    • み「こら!まだ云うか」
      これて「律」のセリフだよね!
      あら探ししてるんじゃないよ!
      イケズしてるんじゃないよ!

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/07/25 21:43
    • 私もそこんとこ、突っ込もうと思ったんですけどね。
      なんか嫁いびりをする舅みたいな気分になって、控えました。
      海苔ピーさんなら小姑かあ。
      海苔「まあた間違いよって、だら(金沢語;アホ)な嫁じゃ」
      Miki「いやん、もう、いけずぅ」

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2011/07/26 06:23
    •  大歓迎です。
       自分で読み返してても、細かいミスは取り切れませんから。
       さっそく、取り消し線を入れさせてもらいました。
       『紙上旅行倶楽部』にアップするときは、取り消し線を外させてください。
    コメントする   【由美と美弥子 0764】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2
潤文学 官能文書わーるど ちょっとHな小説 変態小説
赤星直也のエロ小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 秘密のエッチ体験談まとめ
官能的なエロ小説 Playing Archives 官能の本棚 女性のための官能小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 電脳女学園

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恥と屈辱の交差点 女性のH体験告白集 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
人妻の浮気話 艶みるく 黒い教室 HAKASEの第二読み物ブログ 18's Summer
恥ずかしがりたがり。 空想地帯 アダルト検索一発サーチ むね☆きゅんファンサイト
ぺたの横書き 魔法の鍵 制服美少女快楽地獄 濠門長恭の過激SM小説
西園寺京太郎のSM官能小説 お姫様倶楽部.com かめべや 女の陰影
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 出羽健書蔵庫 淫鬼の棲む地下室 最低のオリ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
被虐願望 被虐のハイパーヒロインズ 平成な美少女ライトノベル 快感小説
漂浪の果てに Mikiko's Roomの仮設テント 櫻坂ゆかりの官能小説 ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる アダルトブログランキング
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
ライブドアブログ Adult Novels Search
GL Search ネット小説ランキング
Girls Love Search おたりんく

ランキング/画像・動画(11~30)
セックス・ノベル・ネット にほんブログ村 ヌケルアダルト作品 正しいH小説の勧め
成人向けランキング アダルト動画まとめ アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top