Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0755
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「美味しい!
 でも、スッゴくヤラしい味。
 こんなの飲んだら……。
 赤ちゃんでも、オナニー始めちゃうよ」

 美里は、お乳のシャワーを全身で浴び始めた。
 身体中に塗りたくる。
 瞬く間に、美里のフォルムは白濁していった。

「あっひぃ」

 美弥子の脳内で、制御弁が吹き飛んだ。
 乳房を離れた両手が、総身を撫で回す。
 腰がひとりでに動き出す。
 美里めがけ、腰を突き上げた。
 怒張しきった陰核が、虚空を突き刺す。
 右手の指が滑り降り、陰核を摘んだ。
 火傷しそうに熱かった。
 鼓動していた。
 摘んだ陰核を、振り立てる。

「あひゃひゃ」

 腰が砕けた。
 辛うじて堪えたが、腰は大きく落ちた。
 和式便器に跨がる姿勢だった。
 その姿勢を取った刹那……。
 興奮が便意となって下腹部を襲った。

「あぁっ。
 うんち!
 うんち漏る!」

 美弥子は、哀願の瞳を上向けた。
 幼いころ、母を見あげた視角だった。

「いいよ。
 うんちしてもいいよ」

 慈悲の言葉が降ってきた。
 美弥子は、その言葉に凭れた。
 肛門が、大きく口を開いた。
 重く湿った破裂音が聞こえた。
 肛門の溜め息のようだった。
 しかし、肛門が吐いたのは、息などではなかった。
 大便だ。
 美弥子は、股間を覗きこんだ。
 驚いた。
 思いもよらぬ太さだった。
由美と美弥子 754目次由美と美弥子 756




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/07/13 07:33
    •  さて、というわけで……。
       東京大学に留学したトルコ人学生、ヌスレット・サンジャクリさんも、大憤慨したお一人。
       彼は、厚生省に直訴するなどして、改名運動を起こしました。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201107092006164c4.jpg
      ↑左から2人目がサンジャクリさん(当時の厚生大臣・渡部恒三氏らと)
       トルコ大使館も、これを支持しました。
       というのも、実害を被ってたからです。
       不敬にも、「トルコ大使館」という名前の店が存在したそうで……。
       本物の大使館に予約の電話が入ったりして、大迷惑してたとか。
       で、この運動は、マスコミに大きく取り上げられることになりました。
       結果、横浜市の業界団体が、“トルコ風呂”の名称を用いないことを決議。
       新名称を公募し、“ソープランド”と決定したわけです。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011070920061454d.jpg
       1984年のことでした。
       ちなみに、お隣の韓国では……。
       日本のトルコ風呂に、いたく感銘を受けた人物が……。
       本国に帰り、同じような形態の性風俗店を開きました。
       名称は、そのまんまトルコ風呂(トッキータン)。
       日本のトルコ風呂が“ソープランド”に名称を変更した後も……。
       韓国では、ほったらかしでした。
       怒ったトルコは、政府直々に抗議を申し入れました。
       トルコ国内では、性風俗街を“コリアンストリート”と呼ぼうというキャンペーンまで行われたそうです。
       で、さすがの韓国政府も重い腰を上げ、公衆衛生法が改正され……。
       トルコ風呂は、“蒸気風呂”と名称を変えたのです。
       日本に遅れること、13年。
       1997年のことです。
       さて、この改称問題においては……。
       別の問題が発生しています。
       すなわち、“トルコ風呂”という名称が使われてたころの……。
       小説やマンガ、映画などが、販売できなくなってるんですね。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110709200615e92.jpg
       それでも、小説やマンガなんかは、文章やセリフを書き換えたりすれば、出版できます。
       でも、映画はほぼ無理。
       特に、タイトルに“トルコ”の名称を用いた作品は……。
       ほぼ視聴不可能になってるようです。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110713073425667.jpg
      ↑腕組みの男性は、梅宮アンナのお父さん

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/07/13 07:35
    •  これについては……。
       ちょっと、考えさせられますよね。
       “ダッコちゃん”や“ちびくろサンボ”と同じく……。
       オーバーランなんじゃないでしょうか?
       焚書坑儒に通じる臭いを感じてしまいます。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110709200632a1a.jpg
       ま、“トルコ風呂”の場合……。
       特定の国名が明示されてるから、問題が深刻だったんでしょうけどね。
       しかし……。
       “トルコ風呂”時代に書かれた作品内の記述を……。
       当時存在しなかった“ソープランド”という名称に書き換えるというのは……。
       大いに疑問ですよね。
       ちょっと、話題が重くなってしまいました。
       お話を続けます。
      律「へ~。
       独特の雰囲気があるわね」
      み「だよね。
       どうする?
       踏みこんでみる?」
      律「とってもその勇気はないわ。
       ここでお見送りするから……。
       Mikiちゃん、行ってらっしゃい」
      み「わたしだって、無理だよ」
      律「新潟には、無いの?」
      み「あるけどさ。
       細い路地に、細々とね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201107092006142fc.jpg
      ↑新潟市古町にある『昭和新道』
      み「ま、昼間しか覗いたことないけど。
       事前に調べてきた資料では、8軒だった」
      律「なんで、そんなことまで調べて来たのよ」
      み「川反を調べてたら、出てきたんだよ」
      律「ここって、何軒あるのかしら?
       8軒よりありそうだけど」
      み「資料によると、21軒だった(http://lewd.sakura.ne.jp/lib/soapland/)」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011070920061619f.jpg
      ↑大阪がないのは、なぜじゃ?
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/07/13 08:38
    • 美弥ちゃんはオナニーでいくのか。
      あれ?
      美弥ちゃん、鏡の国ではうんちしなかったっけ。
      溜まってたんだ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/07/13 10:01
    • トルコ人留学生、ヌスレット・サンジャクリ氏。
      えらいおっさんやな。
      歳、いくつなんやろ。
      わはは。
      トルコ「トルコ大使館」
      大胆不敵というか……おもろい。
      お~、若かりし日の梅宮のとっつぁん。トルコ嬢10人斬りか。
      それにしても、白馬童子の山城新伍が「怪猫」と「失神」の両方に出とるなあ。
      「全国のソープランド街一覧」
      さすが東京・吉原、ぶっちぎりの154店。
      つづいて岐阜・金津園の66店、川崎・堀之内の64店……。
      関西では、神戸・福原の50店、さすがの滋賀・雄琴41店……。
      なんで大阪がないねん、で調べてみました。
      なんと、大阪府を含めリストにない府県は、条例でソープの営業が禁止になっています。知らなかった!
      ま、もともと大阪はソープランド「街」というほど店舗が密集してたわけではなかったんですけどね。
      それでも結構あったし、お世話になった。
      そうか、もうないのか……。
      残念なことじゃ。

    • ––––––
      5. 海苔ピー
    • 2011/07/13 17:58
    • ソープランドは無くても、他のが有るからね!
      書いて良いのかな?
      月曜から書きたくてウズウズしてるネタ有るんだけど…

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/07/13 18:41
    • かいて!
      溜めると体に悪いよ!

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/07/13 19:53
    • > ハーレクインさん
       ヌスレット・サンジャクリ氏は、1954年生まれ。
       今年、57歳ですね。
       ハーレクインさんよりは、だいぶ年下ですから……。
       それほど“えらいおっさん”ではありません。
       1984年に改名運動を起こしたときは、30歳だったんですね。
       なるほど。
       大坂には、ソープが無いのか。
       ソープって、たぶんだけど、初期投資額が莫大だよな。
       銀行が、貸してくれるんだろうか?
       それとも、持ち金のある人が開店するのか?
       テレクラなら、女の子さえいれば商売始められるけどね。
      > 海苔ピーさん
       下品な酔っぱらいの尻馬に乗るわけではないが……。
       風俗店ネタには、これ以上深入りしないので、ぜひ書いてください。
       どんなのがあるんだろ?
       まさか……。
       母乳バーの反対で、男がカウンターの向こうにいるんじゃないだろうね?
       フレッシュ代わりに、精液出すとか。
       行きたくないのぅ。

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/07/13 21:43
    • 1984年というと私は35歳。サンジャクリ氏とは5歳違いだから「だいぶ年下」ということはありません。
      「下品な」ってなぜかなあ。
      ボクにはよくわかんないや。
      「フレッシュ代わりの精液」
      こういうのが下品だと、
      ボク、思うんだけど。

    • ––––––
      9. 海苔ピー
    • 2011/07/14 00:32
    • ソープランドは無くても飛田があるやなぃか!
      いわゆる赤線ですは今も昔ながらの風情を、どうにか残して健在してます。
      19から20代前半の話です。
      あれは春先で
      まだ、厚目の上着が必要だった時期かな?
      時間は3時過ぎでした。
      ちょうど、その日は男物の厚目の上着を着て、少し汚れたジーンズに迷彩柄のスニーカーに黒のキャップを深めに被り、レンズが紫色のサングラスをかけてました。
      その当時は超ロングストレートの髪を無造作に後ろに1本に括り、深緑のトンボのチャリに乗り、飛田のド真ん中の道を颯爽と飛ばして走ってると立ちん坊のオバチャンが自転車の前に立ちはだかります。
      自転車のカゴを握りしめて
      一言
      「にいちゃん!綺麗な子いるで~!」
      店の中を指を指して言われた!
      店の中には、綺麗にはほど遠い40代のオバサンが若作りして、店先に座って手招きしてた。
      思わず目が点になった。
      仕方が無いからキャップをあげて、立ちん坊のオバチャンに最高の微笑みと共に睨み付けたら、オバチャン焦って動揺してた。
      その時期に40代中頃の綺麗なお姉様に恋い焦がれて週3の割合で店通いしてた。
      実は酔っ払った、そのお姉様に海苔ピーはファーストキスを奪われました。
      その日はお姉様はそんなに酔っ払ってなくて、私も周りも気を抜きまくってました。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/07/14 02:17
    • >海苔ピーさん
      しかし、若い娘さんが、よく飛田(とびた)を知ってはりますなあ
      飛田の雰囲気は、まさに仰せのとおり。
      ただ、
      「立ちん坊のオバチャンに最高の微笑みと共に睨み付けた」
      「40代中頃の綺麗なお姉様に恋い焦がれて週3の割合で店通いしてた」
      このあたりのつながりが、よくわかりませえん。
      722回、東北に行こう!(CLXⅢ-2・2)の5枚目の画像について。
      Mikikoさんは
      「遊郭……今どきそんな街があるかい」
      とおっしゃってましたが、どっこい、あるのですよ。
      大阪には。
      大阪市西成区・釜ヶ崎。
      西日本一のドヤ街であり、「警察が何ぼのもんじゃい」と暴動がおこる街、釜ヶ崎。
      この“かま”に隣接する街、飛田、飛田新地。
      いまだに大正年間の“最後の遊郭”の香りを色濃く残す街。
      売春防止法もなんのその、ソープランドが消滅させられた後も、しぶとく法の裏をかいくぐり、おそらく日本最後の“売春宿”として生きる街。
      ソープでもなく、ヘルスでもなく、“ばいしゅん”“しょうふ”の街、飛田。
      最後に行ったのは、さあ、もう何年前になるかのう。
      何かの宴会の流れで、野郎ども数人と行った。
      やり手婆さんに引っ張り込まれて入った玄関先、上り口の間の椅子に座っておったのは、薄いピンクのネグリジェを纏った天女のような子(たいがい酔うておったのだよ)。
      飛田。
      風呂もシャワーも何もない。
      上がった6畳間に敷かれた布団になだれ込み、さあ、何をどうしたのか、何がどうなったのか、しかとは覚えておらぬ。
      フェルメールが来た「天王寺美術館(正式には大阪市立美術館)」は、飛田、釜ヶ崎のすぐ隣にある。
      大阪だのう……。

    • ––––––
      11. ハーレクイン
    • 2011/07/14 06:02
    • なでしこジャパン。
      3-1でスェーデンを撃破、今大会メダル確定とともに決勝進出。
      おめでとう!
      いやあ、あらためて、こんな強いチームだとは思っていなかったよ。
      FIFAランク5位のスェーデンを格下扱いだった。
      前半開始10分、つまらないパスミスで1点先取されたが、その10分後に1点を返し同点。
      後半、さらに2点を奪い、焦りと疲れの見えるスェーデンを翻弄して、終了ホイッスル。
      決勝戦は対アメリカ。
      がんばれ、なでしこ!

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2011/07/14 07:57
    • > なでしこジャパン
       まずは、おめでとうございます。
       まさか、3-1で勝つとは思いませんでした。
       朝からハラハラするのは嫌なので、見てませんでしたが……。
       こんな結果になるなら、見れば良かった。
       メダルは決めたので、もう失うものはありませね。
       決勝は、のびのびとプレーしてほしいです。
      > ハーレクインさん
       もうひとつ考えたのが……。
       サラダバー。
       黒服の店員が、脇に控えてて……。
       ドレッシングかけてくれるんですね。
       もちろん、股間から。
       直飲みも可、だと思います。
       なるほど。
       売春宿が機能してる街なら……。
       ソープなんて必要ないってことか。
      > 海苔ピーさん
       あなた、やっぱり小説書くべきです。
       いや、小説の形ではなくて……。
       実録レポートみたいな方が、リアリティ出るかも。
       実体験物は、リアリティとディテールが命ですからね。
       わたしに書けないものが、海苔ピーには必ず書けると思う。
       トライしてみません?

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/07/14 09:28
    • サラダバーねえ。
      黒服が大勢必要だと思うぞ。
      なにせドレッシングの連発はできないからな
      AVで「連発もの」があります。
      女の子、または男女ペア、またはビアンペアを真ん中に据えて、まわりをぐるっと男たちで囲む。
      まわりの男たちは自分のを扱きまくり、いきそうになった者から中央に進んで女の子にザーメンをかけていく。
      女の子は次第に真っ白のドロドロに……。という、ばかばかしいものです。
      女の子が「かけられて嬉しいわ、気持ちいいわ、たまらないわ、ザーメンって好き」という感じをどこまで出せるか、で作品の値打ちが決まります。
      もちろん男の連発は効きませんから、20連発なら20人、30連発なら30人の男どもが必要になります。
      この男たちの出演料は極めて安いそうです。
      あ、そうか。
      連発が効かない、ということは……。
      男は「火縄銃」や!!
      ご意見、お聞かせください。
      マッチロックさん。

    • ––––––
      14. Mikiko
    • 2011/07/14 19:45
    •  数人の兵隊が、荒野に取り残されたそうです。
       荒野には、放牧されてたのが野生化したのか……。
       羊の群れがいました。
       やがて日が暮れると……。
       大陸の夜は急激に冷え、立っていられないほどになりました。
       兵隊のひとりが、羊に目を付けました。
       ぬくぬくとした毛をまとってます。
       彼は、大人しそうな羊を選び、その下にもぐりこみました。
       すると、顔に生暖かい膨らみが触れました。
       乳房です。
       乳首に吸いつくと、お乳が出ました。
       寒さに加え、空腹も満たしてくれるのです。
       彼は、ほかの兵隊たちに呼びかけました。
       それを聞いた兵隊たちも、おのおの羊の下にもぐりこみ……。
       一晩を過ごしました。
       お乳でお腹を満たし、羊毛の下でぐっすり眠った兵隊たちは……。
       気持ちのいい朝を迎えました。
       でも、ひとりだけ浮かない顔の兵隊が。
       聞くと、お乳の出が悪かったそうです。
       懸命に吸いたてても……。
       一晩に数回しか出なかったとか。
       それも、ヒドく不味かったとのこと。
       その羊を覗きこんだひとりが、素っ頓狂な声をあげました。
      「おい。
       この羊、オスだぜ」
       気の毒な羊は、げっそりと痩せ細ってたそうです。

    • ––––––
      15. ハーレクイン
    • 2011/07/14 20:14
    • そうか、羊のは不味いんや。
      しかし、一晩に数回とは。
      この羊君、結構頑張ったんでないかい。
      ま、連発とは言えんが。

    • ––––––
      16. Mikiko
    • 2011/07/14 20:19
    •  少し脚色しましたが……。
       わたしの創作ではありません。
       どこかの国の笑い話だったと思います。
       気の毒な羊くんは……。
       朝日が黄色く見えたことでしょう。

    • ––––––
      17. ハーレクイン
    • 2011/07/14 20:29
    • 頑張った翌朝は「朝日が黄色く見える」とはよく聞きますが、ほんとなんですかね。「黄色」ってどんななんですかね。
      私はそんなに頑張ったことありませんから、わかりません。

    • ––––––
      18. Mikiko
    • 2011/07/15 07:30
    •  光が青く見えるそうです。
       効いてる間は、この状態なので……。
       薬効が切れたときが、よくわかるんだとか。

    • ––––––
      19. ハーレクイン
    • 2011/07/15 12:27
    • バイアグラって、なんか危なそうな。
      光が青く見えるって……。
      なんか、LSDみたいな薬効でないかい(やったことないけど)。

    • ––––––
      20. Mikiko
    • 2011/07/15 20:31
    •  房事のあと、太陽が黄色く見えるというのと……。
       何か関係があるんだろうか?

    • ––––––
      21. ハーレクイン
    • 2011/07/16 00:25
    • 関係なかろ。
      黄色の補色は紫でっせ。
      青の補色は橙色(オレンジ色)。
      少おしずれとる。
      しかし、「房事」とはまた、奥ゆかしい。
      大和撫子だのう。

    • ––––––
      22. Mikiko
    • 2011/07/16 07:20
    •  せっかく、大発見だと思ったのに。
       あと、閨房とかね。
       こういう趣きのある日本語は、ぜひ伝えていきたいものです。

    • ––––––
      23. 海苔ピー
    • 2011/07/16 18:13
    • 目の疲れによって起こるのではないのかな?
      車のヘッドライトや灯台など靄がかかると黄色ぽっく見えるのと同じ原理じゃないのかな?
      徹夜明けの麻雀や徹夜のテスト勉強明けなどでも、よく疲労感を出す為に太陽が黄色が見える表現をするしね!
      実際、目の疲労が酷いと太陽は黄色に見えました。
      目が疲れている時て案外、涙目の事が多いですよね!
      その時て物が霞んで見えますよね!
      セックス後・真っ最中の目て案外、目に水分が潤っていて物が霞んで見えますよね!
      霞んで見える事が目の水分(涙)によって潤っていると言う部分が同じと考えると・・・
      目の水分(涙)によって、光の屈折角度が変わり太陽が黄色に見えるて事にならないのかな?

    • ––––––
      24. Mikiko
    • 2011/07/16 20:30
    •  太陽が黄色く見えるって、普通なんじゃないの?
       わたしは、いつも黄色く見えるけどな。
       気持良くなると涙を零す女性は、実際いるようです。
       海苔ピーも、その系統なのかね。
    コメントする   【由美と美弥子 0755】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
愛と官能の美学 官能の本棚 官能的なエロ小説 電脳女学園
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 Angel Pussy 週刊創作官能小説 羞恥の風
萌木ケイの官能小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 新・SM小説書庫2
Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 出羽健書蔵庫 変態小説
空想地帯 性小説 潤文学ブログ 黒い教室 最低のオリ
むね☆きゅんファンサイト お姫様倶楽部.com 潤文学 女性のH体験告白集
アダルト検索一発サーチ HAKASEの第二読み物ブログ 淫鬼の棲む地下室 魔法の鍵
快感小説 濠門長恭の過激SM小説 ぺたの横書き 制服美少女快楽地獄
女の陰影 被虐のハイパーヒロインズ 櫻坂ゆかりの官能小説 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 恥ずかしがりたがり。 ひめ魅、ゴコロ。
漂浪の果てに [官能小説] 熟女の園 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 riccia
調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場

エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋 あおいつぼみ 葵蕾
エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説 羊頭狗肉
ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
GL Search ネット小説ランキング
おたりんく アダルトブログランキング
セックス・ノベル・ネット Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ ヌケルアダルト作品 にほんブログ村 萌駅
ぱっくりんく 成人向けランキング Adult Novels Search 十八禁恋愛私花集
正しいH小説の勧め アダルト検索BBJapan GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top