Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0746
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あぁっ」

 ウェイトレスが、悲鳴のような声をあげた。
 激しく動かしすぎて、陰茎が抜けてしまったのだ。
 ウェイトレスは、宙に躍った陰茎を慌てて掴んだ。
 しかし、再び挿入する猶予は無かったようだ。
 握り閉めた陰茎を、激しく扱いた。

「あぎゃ」

 亀頭から、濃白色の精液が噴き出した。
 小指ほどもある太い液体の柱が、宙に起ちあがった。
 ウェイトレスの腰が振れると、精液の柱は投げ縄の姿によじれた。
 生を吹きこまれた縄の軌跡が、美弥子の顔面を襲った。
 美弥子に、逃れる意図は無かった。
 自ら顔を突き出し、精液を迎えた。
 熱い柱が、顔面を打つ。
 栗の花の香りが、華やかに弾けた。

「あきゃ。
 ぅわきゃっ」

 ウェイトレスは、全身を煽りながら、止めどなく射精を続けた。
 精液は、さまざまな軌跡を宙に噴きあげた。
 美弥子は上体を振り、そのことごとくを顔面に受けた。
 自らを汚す悦びが、脊椎を刺し貫いていた。
 肛門を締め付けていないと、脱糞しそうだった。

「あが。
 あがが」

 ウェイトレスの顎は、外れたように垂れ下がっていた。
 間歇泉めいて噴き上げていた精液は、ようやく勢いを失いつつあった。
 もはや身を屈めても、美弥子の顔までは届かなかった。
 美弥子の胸に最後の飛沫を残すと、美里の背中を名残のように汚した。

 ウェイトレスの身体が静止した。
 大きく見開いた眼に、瞳は無かった。
 洞穴のような口が、虚空に開いていた。
 股間の亀頭からは、まだ精液が噴き零れていた。
 精液は、握り閉めた陰茎を、鑞涙のように伝っていた。
由美と美弥子 745目次由美と美弥子 747




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/07/01 07:29
    • み「お~。
       気持ちいい。
       アルキメデス、アルキメデス。
       お湯が溢れるぅ。
       極楽、極楽……」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110603201550ddf.jpg
      律「ほんと、いいお湯」
      み「でもさ……。
       よく見ると、やっぱ少しヘンだよ。
       壷に入ってるのって。
       ほら、あれみたい」
      律「なによ?」
      み「映画であったじゃん。
       壷に入れられる女」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626114941ddb.jpg
      律「そんな映画、あった?」
      み「手足切られて、壷に入れられるんだよ。
       中国の映画」
      律「あぁ、『西太后』ね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626114942afc.jpg
      み「子供のころ、テレビで予告編やってて……。
       すっげー、怖かった」
      律「そうか……。
       あれこそが、壷なのよ。
       わたしたちが入ってるのは、瓶(かめ)じゃないの?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201106261150117b6.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/07/01 07:30
    • み「そうなの?
       壷と瓶って、どう違うのよ?」
      律「口がすぼまってるのが、壷でしょ?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201106261150125c9.jpg
      み「じゃ、これは『壷風呂』じゃなくて……。
       むしろ、『瓶風呂』ってこと?」
      律「そうなるわね」
       ちなみに。
       「はなまるマーケット(TBS)」では……。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201106261149436d6.jpg
       口の直径と、胴体の一番太い箇所の直径を比べて……。
      ・壷(つぼ)・・・口の直径が3分の2未満
      ・瓶(かめ)・・・口の直径が3分の2以上で蓋がある
      ・鉢(はち)・・・口の直径が3分の2以上で蓋がない
       としてたそうです。
       そんなら……。
       『鉢風呂』が正解になっちゃいそうだぞ。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626114944b4b.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/07/01 07:31
    • 律「お湯が茶色いから……。
       なんか、お出汁が出てるみたいよね」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626115623b56.jpg
      み「瓶(かめ)茹でか?
       よく、マンガとかであったよね。
       ジャングルに入った探検隊が……。
       土人に掴まって、茹でられるシーン」
      律「今、土人とか言ったら、ダメなのよ」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626115011db2.jpg
      み「なんて言うのよ?
       人喰い人種?」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626114943b38.jpg
      律「もっと悪いでしょ!
       ダッコちゃん人形でさえ、製造できなくなったんだから」
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110626114944798.jpg
      み「なんでダメなの?」
      律「腰ミノとか付けてるのが、差別的だってことじゃないの?」
      み「差別意識なんか、ぜんぜん無いのにね」
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/07/01 09:03
    • 美弥ちゃんvs.ウサギの顔射対決。
      射出量と香りで、ウサギの勝ち、かな。
      それにしてもウサギめ。
      とうとう、お客さんを差し置いて、先にいっちゃったよ。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/07/01 09:50
    • 映画「西太后」。
      あったねー。
      1984年、中国・香港合作。
      あの、両手両足を切り落とされて壺に入れられたのは、西太后のライバル、麗后。
      かわいそうによう。
      両手足を切断されて短い義肢をつけられ「人間犬」として飼育される、というエピソードが、永井豪「バイオレンス・ジャック」にあったな。
      壺・瓶・鉢の定義ねえ。
      こういうのにこだわる人と、「どうでもええやんけ」という人がいるんだよな。
      性格が出るのかなあ。
      私は結構こだわります。
      ニューギニアのお二人がつけているのは、ちんちんカバーで「ゴサガ」といいます。
      結構ファッション性もあって、こだわる人は顔に届くほど長大なものにしたり、様々な飾りをつけたりするそうです。
      参考文献。本田勝一「極限の民族:ニューギニア高地人」
      ダッコちゃんねえ。
      私らが小学生のころかなあ、大流行したのは。
      二の腕に抱き着かせるんだよね。んのまま外出する人も多かった。ええ大人でも!
      そういや、カルピスだったよな。
      長いこと商品に付けてた「黒人マーク」がやり玉に挙げられ、中止になったのは。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2011/07/01 20:32
    •  大昔の人かと思ってたら……。
       けっこう近年なんですね。
       生まれたのは、日本では幕末の1835年。
       亡くなったのは、1908年(明治41年)。
       この時代なら、麻酔手術も行われてたんでしょうかね?
       まさか、麻酔無しで、手足切らないよね。
       想像しただけで、気絶しそうです。
       二の腕ってのは、やっかいな用語なんですよね。
       辞書(三省堂・大辞林)を引くと……。
      (1)肩から肘までの間の部分。
      (2)肘と手首との間の腕。
       違うことが並べて書いてあります。
       もともとは、(2)だったらしいです。
       肩から肘までは、一の腕と称されてたとか。
       でも次第に、一の腕が死語化し……。
       二の腕が、肩から肘までを表すようになったんだとか。
       小説で使おうとして、どっちだか分からなくなることが、よくありました。
       ヘンなペニスケース、発見。
      http://blog-imgs-34.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110701203015e78.jpg
       狭いとこは歩けないよな。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/07/01 22:26
    • >>西太后は結構近年の人……。
      そらそや。
      中国最後の王朝「清」の9代皇帝の妃やからな。
      清朝第12代皇帝が、「ラストエンペラー」の愛新覚羅 溥儀(あいしんかくら ふぎ)
      1912年(明治45年)2月12日、ラストエンペラーが退位した(させられた)その時、4000年の長きにわたる「中国」の歴史に幕が引かれた。
      西太后没後、わずか3年3か月後のことである。
      参考文献。浅田次郎「蒼穹の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」
      麻酔術は、古代中国(もちろん紀元前)にすでに行われていたというが(あくまで伝説)、世界最初の麻酔手術は、日本の華岡青洲(和歌山の誇り)が、江戸期後期の1804年におこなったもの、とされている。
      せやから、西太后が思い遣りのある人やったら、麻酔をかけて手足切断を行った可能性はあるな。
      せやけど、思いやりのある人なら、いかに憎いライバルとはいえ、手足を切ったり、壺に押し込めたりはせんわな。
      >>二の腕ってのは、やっかいな用語
      そうか。ほんとにやっかいだな。
      私は(1)肩から肘までの間の部分、の意味で使いました。
      今はこの使い方が優勢やないかな。
      あれ。これ、何の話や。
      と思ったら、ダッコちゃんやったな。
      >>変なペニスケース
      変とはなんだ!
      実用は問題やない。
      ペニスケースは男の誇り(または見栄)じゃ!

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/07/01 22:57
    •  なんとなく、三国志のころの人だと思ってた。
       世界史は弱いのです。
       日本史の女王なので。
       麻酔なしに、手足を切り落としたりしたら……。
       激痛で死んじゃうんじゃないかね?
       二の腕の件。
       どこのシーンか忘れましたが……。
       肘から手首までを指す名称として使った覚えがある。
       やっぱ、前腕と上腕ってふうに書き分けるべきなのかね。
       でも、二の腕って、語感がいいんだよね。
       ペニスケース。
       外したとき、ぜんぜんサイズが違ってたら……。
       かえって馬鹿にされると思うがのぅ。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/07/01 23:38
    • 日本史は、中国史と切っても切れぬと思うが。
      >>麻酔なしに手足を……。
      間違いなくショック死だな。
      願わくば、できるだけすみやかに死なれんことを……。
      >>二の腕
      由美美弥、ざっと見てみました。
      どちらか不明という場合が多いようですが、「肩-肘」「肘-手首」の両方が使われていますな。
      テニスに「二の腕返し」という技がありますが、こちらは「肘-手首」ですね。
      >>ペニスケース
      いいんだよ。
      それが男の矜持というものじゃ。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/07/02 06:56
    •  やっぱり、部位が混乱してたか……。
       「二の腕返し」は、ゴルフでも使われるようです。
       でも、“二の腕ダイエット”の「二の腕」は、明らかに上腕だし。
       いっそ、由美美弥で「一の腕」を復活させるかな。
       矜持と見栄は、大違いだと思うが。
    コメントする   【由美と美弥子 0746】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
愛と官能の美学 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
Angel Pussy 週刊創作官能小説 電脳女学園 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 萌木ケイの官能小説
ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2 ちょっとHな小説 潤文学
官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 秘密のエッチ体験談まとめ 羞恥の風
恥と屈辱の交差点 変態小説 Playing Archives 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
[官能小説] 熟女の園 人妻の浮気話 艶みるく 18's Summer 恥ずかしがりたがり。
女性のための官能小説 アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ 空想地帯
制服美少女快楽地獄 ぺたの横書き 魔法の鍵 女性のH体験告白集
出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ 被虐願望 淫鬼の棲む地下室
ひめ魅、ゴコロ。 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 お姫様倶楽部.com 濠門長恭の過激SM小説
おしっこ我慢NAVI かめべや 妄想ココット むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
黒い教室 最低のオリ ライトHノベルの部屋 女の陰影
被支配中毒 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
快感小説 レズ画像・きれいな画像倉庫 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
SM~猟奇の性書~変態 緊縛新聞 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
漂浪の果てに 被虐のハイパーヒロインズ 空想の泉~The Fountain of Daydream~ オシッコオモラシオムツシーン収集所

アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 マルガリテの部屋
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 黒塚工房
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 女性作家専門官能小説
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 黒イ都
ひよこの家 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング アダルト動画まとめ
おたりんく Girls Love Search
GL Search 萌駅

ランキング/画像・動画(11~30)
少女禁忌区域 セックス・ノベル・ネット アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング
正しいH小説の勧め ヌケルアダルト作品 Adult Novels Search 十八禁恋愛私花集
にほんブログ村 Cyber あまてらす 創作系サイト検索・KAGOME クリエイターコレクションR18
GAY ART NAVIGATION ぱっくりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top