Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0710
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 姉が、足幅を拡げた。
 密着していた太腿に、隙間が出来た。

「ほら、見える?
 ヤラシイ液が、内腿に流れてるでしょ」

 それは、美弥子の席からも、はっきりと確認できた。
 軟体動物が這ったような滑りが、シーリングライトを返して光っていた。

「弄りたい?」

 姉が、うなずいた。

「ふふふ。
 オナニーも、許可制にしたのよ。
 わたしが許さない限り、触らせないの」

 変われば変わるものだ。
 美弥子は、美里と姉の顔を、交互に見直した。
 しかし、これが本来の性癖だったのかも知れない。
 子供のころは、1歳の年の差が、思いがけないほどの体格差と、精神年齢の差を生んでいた。
 姉が妹に対し支配的な立場となったのは、2人にとっては自然の経緯だったのだろう。
 大人になってからは……。
 体格差はあるものの、精神面では対等になった。
 しかし、何事も無ければ、その役回りのまま、一生を過ごしていたかも知れない。
 だが、この姉妹には事件が起きた。
 あの、美弥子のマンションでの出来事により……。
 一気に、役柄の転換が起きたのだ。

 姉の表情は、妹に支配されつつも、憩うているようにさえ見えた。

「じゃ、オナニーさせてあげようかなぁ。
 でも、観客がわたしと美弥子さんじゃ、物足りないでしょ?
 美弥子さんには、ディルドゥ突っこまれてるとこまで見られてるんだからね。
 今さら、オナニーくらい見せたってねぇ」

 美里は、美弥子に微笑みかけた。
 自分の役どころを見つけ、心底楽しんでいる表情に見えた。
由美と美弥子 709目次由美と美弥子 711




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/05/11 07:31
    • み「白鳥座の『アルビレオ』が……。
       オレンジとブルーの二重星なんだよ」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201105071030524d7.jpg
      律「なんだ、そういう意味。
       それじゃ、ユニフォームの色、変えられないわね。
       でも、そもそも何で新潟が白鳥なわけ?」
      み「今日は、いやに絡むね。
       もう飲んでるんじゃないの?」
      律「塔に酔ったのかしら。
       とことん聞きたい気分」
      み「新潟スタジアムのすぐ北側には、鳥屋野潟っていう沼地があって……」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103051942.jpg
      み「ここが、白鳥の越冬地になってるんだ」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103119f9e.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/05/11 07:31
    • み「あと、スタジアムの周りは、田んぼだらけなんだけど……」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011050710311945b.jpg
      み「よく白鳥が、落ち穂を拾ってる」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201105071031181d3.jpg
      み「あ、そういえば……。
       新潟スタジアムの愛称が、『ビッグスワン』なんだよ」
      律「白鳥が来るから?」
      み「スタジアムの形が……。
       羽を広げた白鳥に見えるってことからみたいだけど……」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103117627.jpg
      み「どうやったらそう見えるのか、はなはだもってホタテ貝」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103051f69.jpg

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2011/05/11 07:32
    • 律「それを言うなら、“ますますもってホタテ貝”でしょ」
      み「誰が言ったんだっけ」
      律「筒井康隆よ」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103117843.jpg
      律「“暑さ寒さも胃癌まで”とか」
      み「よく知ってるね」
      律「中学に入ったころ、よく読んだ。
       あと、こういうのもあったな。
       ちょっと耳貸して」
      み「ひょぇ。
       くすぐって~」
      律「なに喜んでんのよ。
       耳寄せて。
       “短小包茎夜河を渡る”」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103048e73.jpg
      み「わはは。
       あったあった」
      律「でもさ。
       白鳥が渡来してる時期って……。
       サッカー、やってないんじゃないの?」
      み「ごもっともです」
      律「妙に低姿勢ね」
      み「川崎フロンターレの名前を聞いたからかな」
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103049106.jpg
      律「どういうこと?」
      み「ヘビに睨まれたカエルってやつ。
       すごく相性が悪いんだよ。
       滅多に勝てない」
      律「へ~。
       そうなの?」
       調べてみたら、これはわたしの思い違いでした。
       J1での対戦成績は、5勝6敗で、ほぼ互角。
       J2時代なんかは、大きく勝ち越してました。
       なんで、こんなイメージを持ってたんだろ?
       新潟が勝てないのは、浦和レッズでした。
      http://blog-imgs-33.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110507103050d2b.jpg
       J1での対戦成績が、1勝12敗。
       レッズには、やたらと選手を引き抜かれるし……。
       なんか恨みでもあるのか?
       続きは、次回。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/05/11 08:35
    • う~~~~~む。
      では、奴隷姉は今まで極悪を「演じて」きたということか。
      う~む。
      で、今はその束縛から解放され、すくなくとも里/ミサとの関係においては、いわば本来の自然な振る舞いをしておると……。
      心ならずも主従関係を逆転させられたわけではなく、あるべき姿に立ち戻って至福の境地にあるというのか。
      そうか、これは祝福すべき状況なのだな。
      由美美弥。今日の名言。
      >>姉の表情は、妹に支配されつつも、憩うているようにさえ見えた

    • ––––––
      5. マッチロック
    • 2011/05/11 09:26
    • >Mikikoさん
      姉と妹の関係が逆支配になったというのには感心させられました。
      その心理状態が知りたいところです。
      もっとも女性の気持ちの謎解きは永遠のテーマなのですが・・・。
      最初に「ビッグスワン」を見たとき、私はどう見ても白鳥に
      見えず、シュークリームのてっぺんをかじった状態にしか見えませんでした。
      でも、ホタテ貝と言われれば確かにホタテ貝にも見えますね^ ^
      ホタテのバター炒めが食べたくなりました。
      白鳥の大編隊の写真・・・。
      う~~む。
      コメントなんて書けばいいのだろう・・・・・・
      ただひたすら絶句。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/05/11 09:34
    • 新潟スタジアムの形状が「羽を広げた白鳥に見える」かどうかはともかく、純白の屋根が印象的な競技場ではありますな。あの屋根は開閉式ではなかったですよね。
      アルビレックス新潟。
      そうかレッズには分が悪いか。
      浦和レッズ。
      正式には、浦和レッドダイヤモンズ。
      1993年のJリーグ発足当初からの参加チームの一つ。
      親会社は三菱重工業。
      観客動員数はリーグトップの優良チーム。
      確かにJ1での対戦成績は新潟の1勝12敗。ぼこぼこにやられておる。
      名前負けしてるんじゃねえのか。
      レッズは1度だけJ2に落ちとるよな(2000年)。この年は2勝2敗の五分。得失点差は新潟の+1。
      勝てない相手じゃねえんだ。
      頑張れ、白鳥の王アルビレックス。
      筒井康隆氏の迷言で覚えているのは「短小包茎……」だけでした。まだまだいっぱいあると思いますが。

    • ––––––
      7. 淡雪
    • 2011/05/11 11:39
    • 最高級有機質肥料!
      大便を食うてみたいと思ったことがある・・・だったかな。
      衝撃的でした。
      ちょうど、件のまんがの回し読みが繰り広げられていた高校の教室で、その本も回ってきました。
      男子生徒のなかに一人混じって、いろいろないたずらをやらかしておりましたな。
      特別待遇で。
      最近、高校時代の仲良しの男子たちに、御呼ばれすることが多くなってきています。
      ファンミーティングと彼らは呼んでいますが、おばさんに何の用なんでしょうね。
      若いおねーちゃんの相手は最近疲れるらしいんですよ。
      ほたては、オーブントースターで、殻を受け皿に、バター醤油焼きが美味しいと思います。
      里ちゃんは、やはり、あわわの頃の性癖が根っこに残っていて欲しいです。(願望

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/05/11 12:05
    • >淡雪さま
      ありません。
      筒井康隆です。
      いやあ、「最高級有機質肥料」。
      ほんとに有名だな。
      ま、あれだけの内容だからな。
      ひょっとして、筒井作品人気投票でもやったら、短編部門のぶっちぎりの1位だったりして。
      淡さま。
      やっぱり女王様だったんですねえ。
      ええなあ。
      でも。
      その女王様を独り占めするのは……誰にも出来なかったんでしょうね。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2011/05/11 20:06
    • > ハーレクインさん
       新潟スタジアムの屋根は、観客席の上だけです。
       サッカーは野球と違って、雨でも試合やりますからね。
       ただわたしは……。
       自転車で行ける距離にありながら……。
       一度も見に行ったことがありません。
       今年は、一度行ってみようかな。
       いっそ、レッズ戦にしようか。
       負けても、そんなに悔しくないだろうから。
      > マッチロックさん
       白鳥は、スタジアムのフィールドに降りたりしないんでしょうかね?
       ま、芝だけですから、エサは無いけどね。
       あのスタジアムの形状は……。
       贔屓目に観れば、「ヴィーナスの誕生」のシャコ貝(?)に見えなくもない。
      > 淡雪さん
       「最高級有機質肥料」、やっぱり印象に残りますよね。
       筒井氏は、実際に自分のうんこを……。
       皿の上で、ナイフとフォークを使って、腑分けしてみたそうです。
       奥さんは、ついに気が狂ったと思ったとか。
       あの小説、内容を知らせず、友人に読ませたことがあります。
       大いに非難されました。
       高校時代の淡雪さんは……。
       告白されなかった期間が、3ヶ月空いたことは無いそうです。
       その美貌は、近隣の高校まで鳴り響いていたとか。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/05/11 21:15
    • >>告白されなかった期間が、3ヶ月空いたことは無い
      >>その美貌は、近隣の高校まで鳴り響いていた
      という、Mikiko情報。
      いやあ、さすがといいますか、只者ではありませんなあ。
      その超絶美少女が猥談にふけり、エロ漫画を愛読してはったわけですから。こらあ男子の間の人気は想像を絶するものだったんでしょうね。
      いまだにファンクラブが会合をもつ、というのも納得です。
      しかし……高校生当時の淡雪さまに、一度お目にかかりたかったものです。

    • ––––––
      11. 淡雪
    • 2011/05/12 10:57
    • あれーー。ほんとだーー。康孝って変換してるわ。
      ちゃんと確かめてないの、丸出しだわね。えへへ。
      わたくしは女王様ではありませんでした。
      どちらかというと、なじんでいたんじゃないかしら。
      自分以外全員男子でも、平気なんですわ。
      お一人様でも、全然OK!
      どこかで一人で食事するのも、基本的には平気です。
      群れないと寂しい人ではないけど、男子に囲まれて逆ハーレムという気分でもないのですわ。
      高校時代独り占めされてましたわよ。
      ダイスキな男の子がいました。
      なんというか、その状況は現在でも同じかもしれません。
      残念ながら超絶美少女ではありませんでしたが、誰にでも手の届きそうな極普通の容貌のほうが、案外モテルのかもしれません。
      玉砕した人々の手紙、プレゼント(時代ですわね。笑)は、彼氏がいちいちチェックしておりましたので、今思えば、残酷なことをしていたものです。
      バチ当たりそう。ごめんなさい。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/05/12 14:01
    • ふ~む。
      そうですか。
      いわゆる女王様(どういう女王様や)ではないと。
      王か、それとも孤高の騎士か。
      で、かつ独り占めされておられたと……。
      ふううむ。
      どうも、私などにはとうてい、てにおえるお方ではありませぬなあ。
      Mikiko’s Roomでお目にかかれなければ、こうしてお話しすることもなかったと、いうことですね。
      >>極普通の容貌のほうが、案外モテル
      これは一面、真実かも……。
      私自身でいいますと(お前のことは参考にならんぞ)。
      あ~、え、まあ「№1は、はじめから『こら無理や』と敬遠し、№2ないしそれ以下(これは失礼な言い方やなあ)に、おつきあい願おうと」いう傾向がありましたね。なんか、いじましいような感もありますが。
      ちなみに、私の相方は「極普通以下」です(わはは)。

    • ––––––
      13. 淡雪
    • 2011/05/12 16:49
    • 携帯から久しぶりにコメントいれます。
      奥様のことをそんなふうにおっしゃるの?
      ハーレクインさま、心にもないことをおっしゃる。
      わたしはマニア受けするのか、しつこい(≧ω≦)人が多かったです。
      本人は誰にコクられたかも、全く覚えてないのに、彼氏は時系列にフルネームで言える。らしいです。
      思えば、彼氏も相当マニアックですよね。
      涼しい顔して、そのじつ、ほの暗い嫉妬の炎に身を焼いて(笑)
      なんだか知らないうちに、いつも報告するようになってしまってたのです。
      そこのところの流れも、昔の話なので、すっかり忘れました。
      今では駅から家までの道じゅん忘れないようにするのがやっと[e:447]

    • ––––––
      14. ハーレクイン
    • 2011/05/12 19:31
    • 「マニア受けする」、といいますかどういえばいいのか、オーソドックスな「男の感性」にあう、といいますか……う~む。うまく言えぬな。
      こういうのはどうでしょう。まず、お聞きください。
      野坂昭如、黒の舟歌
      ♪男と女の間には 深くて暗い川がある
       だれも渡れぬ川なれど エンヤコラ今夜も船を出す……
      男が川のこっち側で、女が向こう側だとすると、淡雪さまは“こっち側”のお方ではなかろうかと思ったのですよ。
      んで、淡雪さまと「彼氏」さんとは、当然しょっちゅう逢っておられたわけで、んでもって「彼氏」さんは、「ほの暗い嫉妬の炎に身を焼いて」いたと……。
      ん~。しかし、淡雪さまが向こう側におられるよりは、はるかに気持ちが楽だったのではなかろうかと思いますよ。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/05/12 19:53
    •  携帯からこれだけ打てれば、大したものですよ。
       ちなみに現在、「Mikiko's Room」の読者は……。
       携帯からが55%、PCからが45%。
       完全に逆転してます。
    コメントする   【由美と美弥子 0710】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
潤文学 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 変態小説
愛と官能の美学 ちょっとHな小説 官能の本棚 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
HAKASEの第二読み物ブログ アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ 女性のH体験告白集
ぺたの横書き 被虐願望 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のための官能小説 お姫様倶楽部.com 空想地帯
出羽健書蔵庫 魔法の鍵 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
快感小説 むね☆きゅんファンサイト 制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント
ろま中男3 秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SM・お仕置き小説ブログ 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
漂浪の果てに Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Adult Novels Search ヌケルアダルト作品

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search ネット小説ランキング 少女禁忌区域 おたりんく
成人向けランキング アダルト動画まとめ ぱっくりんく Cyber あまてらす
クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top