Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0673
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「体育教師は、よろけるように起ちあがった。
 膝が震えてるのが、はっきりと見て取れた。
 見あげると、べそを掻きそうな表情してたね。
 でもそれが、激しい興奮のせいだってのは、一目で判った。

 促すように、指先で性器を開いて見せた。
 表情が崩れた。
 半分泣きながら、指先がジャージのファスナーに這い上った。
 指先が、おこりみたいに震えてた。
 ファスナーのスライダーが、摘めないほどだったよ。

 震える指でファスナーを引き下ろすと……。
 あとは速かったね。
 もう、かなぐり捨てる感じさ。
 ジャージの上を脱ぎ捨て、Tシャツを抜き上げ……。
 たちまち指は、ジャージの下にかかった。

 一瞬ためらったけど……。
 崖から飛び降りそうな顔して、一気に引き下ろした。
 内履きと一緒に、ジャージを踏みつけて脱いだ。
 よろけっぱなしだったけど、なんとか立ってたよ。
 残るは、スポーツブラとショーツだけ。

 お腹が、ふいごみたいに起伏してたね。
 けっこう肉付きが良くて……。
 ショーツのウェストに、脂肪が乗りあげてたよ。
 でも、脂肪の下には、腹筋が浮いて見えた。

 乳房も見事だった。
 子供が着けるみたいな、ハーフトップのブラしてたけど……。
 乳房が布地を突き上げて、立体的なフォルムを造ってた。
 同僚の美術教師が見たら、驚喜したろうね。

 体育教師は、両腕を胸前で交差させると……。
 ブラを一気に捲り上げた。
 重たそうな乳房が、転げ出た。
 茶褐色の乳首が、斜め上に突き出てたね。
 脈を打ちそうなほど、勃起しきってるんだよ。

 さて、残るは1枚。
 ブラとセットみたいな、スポーツショーツだった。
 ボクサータイプのやつ。
 色気も何も、あったもんじゃなかったね。
 でも、色だけはピンクだったんだよ。
 その股間が滲んで……。
 陰毛が透けて見えた。
 大陰唇が肉厚らしくてね。
 布地に性器の形が、はっきりと刻まれてた。
 スリットが、谷間になってわかるほどだったよ」
由美と美弥子 672目次由美と美弥子 674




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/03/20 08:06
    • 老「915年の平安噴火は……。
       日本で起こった有史以降の噴火としては、最大級の規模じゃったらしい。
       被害は広範囲に及んだ。
       そして……。
       その被害が及んだと考えられる地域と……。
       三湖伝説が分布する地域が、みごとに重なるんじゃよ」
      み「スゴいじゃないですか!
       それって、おじいさんの新説ですか?」
      老「そうじゃ!
       と言いたいところではあるが……。
       残念ながら、受け売りじゃ。
       1966年に、平山次郎と市川賢一という人によって論文になっておる(『1000年前のシラス洪水』)」
      み「へ~。
       てことは、その噴火で十和田湖が出来たんですよね?」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110318203122dd6.jpg
      老「それは……。
       違うようじゃ」
      み「え~。
       それじゃ、三湖伝説と合わないじゃないですか。
       八郎太郎が変じた竜が、915年の噴火を表してるとすれば……。
       そのときに、十和田湖が出来たことになるじゃないですか」
      老「十和田湖は、ひとつの噴火で出来たわけじゃないんじゃ。
       湖を作っている噴火口は、いくつもある。
       いちばん外縁を作った噴火は、3万年から2万5先年前と云われておる。
       中湖と呼ばれる一番深い部分が出来たのは、5,400年前の噴火じゃ」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201103182031214fa.jpg
      老「この噴火で、外縁のカルデラに溜まってた湖水が、真ん中の火口に流れ込んだんじゃな」
      み「うーん」
      老「ほっほ。
       考え込んでしまったな。
       そろそろ、三湖伝説の続きを話しても良いかの?」
      み「あ、お願いします。
       なぜ、八郎太郎が八郎潟に来ることになったのか」
      老「青森県の三戸郡に、斗賀村というところがあった。
       今は、南部町の一部になっておるがの」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110318203120ffb.png

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/03/20 08:07
    • 老「そこの神社の別当の家に、男の子が生まれ、南祖丸と名付けられた。
       幼いころから利発で、神懸かりめいたこともするため、神童と呼ばれるようになった。
       17歳になった南祖丸は、名を南祖坊と改め、諸国行脚の旅に出た」
      み「南祖坊って、お坊さんみたいな名前ですね。
       神社の子なんでしょ?」
      老「だから、別当の子じゃ」
      み「なんです、それ?」
      老「難儀じゃの。
       『別当』とは、神社に属しつつ……。
       仏教儀礼を行う僧侶のことなんじゃ。
       神仏習合の結果生じたものじゃな。
       続けて良いかの?」
      み「お願いします」
      老「さて、その南祖坊が……。
       諸国を巡り巡って、熊野大権現を33回目に参詣したおり……。
       『この草鞋が切れた場所が終の棲家になる』との神託を受け、鉄の草鞋を授ったそうじゃ」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011031820312136f.jpg
      老「南祖坊は、再び全国を巡り歩いたが……。
       鉄の草履はいっこうに切れない。
       しかし、古里に近い十和田湖まで来たとき……。
       とうとう、草鞋が切れた。
       そのとき、南祖坊は76歳になってたそうじゃ。
       で、神託に従い、ここを終の棲家とすることにしたわけじゃが……。
       そこには、竜に姿を変えた八郎太郎が住んでおった。
       そこで南祖坊は、八郎太郎に戦いを挑んだ」
      み「ちょっとぉ。
       修行を積んだお坊さんが、なんでいきなり戦いを挑むんです?
       もっと平和的に解決できませんかね」
      老「『そこで2人は仲良く暮らしました』では、物語にならんのじゃよ」
      み「でも、竜VSお坊さんじゃ、勝ち目は無いんじゃないですか?」
      老「なんの。
       南祖坊は、鉄の草履を履いて諸国を行脚した修験者じゃ」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110318203123c60.gif
      老「並の法力ではないぞ。
       八郎太郎を前に、自らも竜に変じた」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110318203120d8a.jpg
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/03/20 08:36
    • ハーフカップのスポーツブラにボクサーパンツか。
      ま、確かに色気はないのう。
      う~む。
      これだけでは体育教師、
      専門はわからぬが……
      それにしても、さすがというか、立派な体だのう。
      >>美術教師が見たら驚喜
      お、この後、美術教師も登場かあ。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/03/20 09:20
    • お~。
      話は一旦青森に飛ぶのか。
      三戸郡戸賀村、八戸市の近くだな。
      熊野大権現の鉄の草鞋ねえ。
      緒も鉄なのかなあ、針金みたいに。
      だとすると、痛くて歩けぬと思うが。
      そういえば“金(鉄)の草鞋で探せ”って諺があったな。
      空手や柔道の日常の鍛錬話に、よく「鉄下駄」がでてくるが。
      あんなの、ほんまにあるのかなあ。
      「巨人の星」の伴宙太も愛用しておったが。
      しかし、この南祖坊のやりくち、
      神仏に仕えるものの所業とは、とても思えんな。
      せっかく八郎太郎の竜が、誰に迷惑かけることもなく(ま、十和田湖をつくるときは大迷惑をかけたが)、ひっそりと暮らしていたところに。
      「神の御託宣じゃ、この湖はわしがもろうた、お前は出てけ」
      要するに南祖坊の言い分はこういうことだろ。
      押し込み強盗も同然じゃねえか。
      いや、神を楯に取っておるだけ、余計質が悪いわ。
      頑張れ、負けるな、八郎太郎。
      しかし、お話ではこういう場合、たいがい負けちゃうんだよなあ……。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2011/03/20 12:52
    •  ハーフトップじゃ。
       ↓こういうやつ。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110320124134514.jpg
       タンクトップの上半分なので……。
       ハーフトップと云います(和製英語)。
       頭から被って着脱します。
       鉄下駄は、ネットでも普通に買えるようです。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110320124851094.jpg
      販売サイト→http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/025ceb89.3859455a/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fgood-choice%2f0246-99-0053%2f

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/03/20 16:31
    • 目にもきたかHQ。
      う~む。
      確かに、本編、体育教師のブラは「ハーフトップ」とあるのう。
      何ゆえ「ハーフカップ」と……。
       (だから目にきたんだって)
      いやいや、思うに。
      「ハーフカップ」はよう知っておる。乳の上半分が見えて色っぽいからのう。
      それに対し、
      「ハーフトップ」、知らぬ。お初にお目にかかります、だわ。
      この差が出たのであろ。
      目で“ハーフ”まで見た時点で、大脳としては“話題はブラ”との前提のもと、半ば反射的にハーフ『カップ』と判断して、両手の指先に『kappu』と打て、と命令してしもうたであろう。
      Mikiはんの画像を見ると、この「ハーフトップ」、“上半身を半分被う”という意味だと思うが。
      なんぼ和製英語でもこれはひどかろ。
      体の一部をさす場合の「トップ」って、“頭のてっぺん”という意味だと思うが……。
      しかし、改めて反省すれば、
      「ハーフカップ」は色っぽい。
      >>色気も何もない
      という本編の記述と矛盾するわのう。
      まま、それはともかく体育教師。
      ハーフ『トップ』ブラにボクサーパンツ。
      これでボクサーシューズを履いたとしたら、まるっきり女子ボクサーではないか。
      階級はどのあたりになるのかのう。
      ほんとに、色気も何もない。
      しっかり学べよ、体育教師。
      変態の道を……。

    • ––––––
      7. ハーレクイン
    • 2011/03/20 16:52
    • あるんや。
      通販で買えるう?!
      そんなにポピュラーなんかあ。
      そういえば、例の、柔道の木村政彦、鬼の木村。
      確認してみたら、やはり鉄下駄愛好家であったよ。
      う~む。
      さすがに鼻緒は鉄ではないようだな。
      鉄草鞋はあるのかなあ。
      「履いて探せ」というくらいだから、あるんだろうな。
      前コメで書き忘れた。
      体育教師の専門種目。
      ひょっとしてボクシングか?

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/03/20 17:21
    • フルートが主旋律を奏でる導入部は、
      川の源流に生じる水滴と、水滴が集まり小さな小さな流れとなり、しだいに渓流をなしていく様を表しているそうです。
      そして、有名なメインテーマは、スメタナの故郷、現チェコ共和国中央部を悠然と流れる、モルダウ川の本流をイメージしたものだとか……。

    • ––––––
      9. Mikiko
    • 2011/03/20 20:30
    •  ハーフカップと見間違えたのは……。
       目のせいではなく……。
       単にスケベーだからとしか思えんが。
       鉄下駄を履くためには、まず精神を鍛えないとダメでしょうね。
       おそらく、ものスゴく人目を引くでしょうから。
       音で。
       で、精神を鍛えずに履ける鉄下駄がありました。
       下駄じゃなくて、靴だけど。
       その名も、「マッスルトレーナー」。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110320201909973.jpg
      販売サイト→http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/025ceb89.3859455a/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ffzone%2fmt00900%2f
       一見しただけでは、フツーのビジネスシューズですが……。
       この靴、片足1.2kgあります。
       「さりげなくスタイリッシュ。それが、イカす大人のトレーニングツール」という、素敵なキャッチコピーが付いてました。
       でもマジで、これ履いて通勤すれば、かなり違うんじゃないでしょうか。
       わざわざ時間作ってジョギングする必要ないですよ。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/03/20 21:06
    • スケベの証し♪
      わはははは、違いない。
      「マッスルトレーナー」ねえ。
      おそらく、靴底に鉄板を仕込んであるんでしょうねえ。
      土木、建築、消防、自衛隊など、現場仕事に携わる男の味方、
      「安全靴」というのがあります。
      「マッスルトレーナー」にくらべ、無骨ですが、
      足底はもちろん、踵から甲まで鉄板を仕込み、表面は厚さ数ミリはあろうかというごつい皮革で被ってあります。
      これを履いていれば、屋内・野外を問わず、ガラスの破片が落ちていようが、釘が植わっていようが、鉄片が散乱していようが、撒き菱が撒いてあろうが、足元を一切気にすることなく、現場作業に専念できます。
      「男なら一度は履こう安全靴」
      お、Mikiko’ Roomには不似合いな話題であったか……。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/03/20 22:38
    •  ウェイトを付けるのが目的ではなく……。
       ウェイトに耐えるのが目的の靴でしょ。
       作業用だから、できるだけ軽量化されてるようです。
       片足、500gくらいみたいですよ。
       靴でなくて……。
       足首に装着する、「アンクルウェイト」というのもあるようです。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201103202236252d6.jpg
      販売サイト→http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/025ceb89.3859455a/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fesportskenko%2f9902513090081%2f

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/03/20 22:58
    • そんなに軽量化したら本来の役にたたんのではないか、安全靴。
      どっしり、ずっしりした「安全」感があったような気がするがのう。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2011/03/21 08:27
    •  本日(3/21)、新しい記事が投稿できない事態になっております。
       FC2には問い合わせメールを送りましたが、祝日ということもあり、対応はなされないと思います。
       復旧次第、674回の投稿を行うつもりでおりますが、いつになるのか全くわからない状態です。
       投稿を待ってくださってるみなさまには、ほんとうに申し訳ありません。
       どうか、今しばらくお待ちくださいますよう、お願い申し上げます。
    コメントする   【由美と美弥子 0673】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 潤文学 官能文書わーるど
未知の星 官能の本棚 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 愛と官能の美学
Angel Pussy 週刊創作官能小説 ちょっとHな小説 変態小説 羞恥の風
官能的なエロ小説 赤星直也のエロ小説 電脳女学園 新・SM小説書庫2
Playing Archives [官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer アダルト検索一発サーチ
空想地帯 HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き 女性のための官能小説
かめべや 女性のH体験告白集 制服美少女快楽地獄 お姫様倶楽部.com
黒い教室 性小説 潤文学ブログ 女の陰影 Mikiko's Roomの仮設テント
漂浪の果てに 出羽健書蔵庫 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。
濠門長恭の過激SM小説 最低のオリ 淫鬼の棲む地下室 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 快感小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
GL Search 人気ブログランキング
ライブドアブログ Adult Novels Search
成人向けランキング Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく アダルト動画まとめ にほんブログ村 ヌケルアダルト作品
十八禁恋愛私花集 アダルト検索BBJapan ネット小説ランキング 創作系サイト検索・KAGOME
ぱっくりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top