Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0668
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「わたしの学校でも……。
 体育用具室に忍びこんで、跳び箱の縁でオナニーしてた子がいたよ。
 体操着で、跳び箱を抱きかかえながら……。
 股を擦りつけてるんだよ。
 ブルマの尻が、別の生き物みたいに動いてた。

 現場を押さえて問い詰めてやったら……。
 泣きながら教えてくれたよ。
 跳び箱を設置してるとき、反対側から友達に引っ張られて……。
 跳び箱に突っ伏したことがあったらしい。
 そのとき、跳び箱の縁に、股間が乗っかったんだね。
 電流が走ったって言ってた。

 以来病みつきになって、用具室の跳び箱と逢瀬を重ねることになったってわけさ。
 ウブな子でね、それがオナニーという行為だってことも、まったく自覚してなかったんだよ。
 ただ、後ろめたさだけは感じてたらしい。
 泣きながら訴えてきた。

『わたしのあそこ、ヘンなんです。
 こうすると気持ち良くて、止められないんです』
『ヘンかどうか、見てあげる』

 その場でブルマ剥いたよ。
 跳び箱に仰向けにしてね。
 悲鳴を上げて抵抗したけど、わたしの唇が陰核に触れた途端、温和しくなった。
 でも、舌で舐められるより、圧迫刺激の方が好きらしくてね。
 陰核を顎で潰して、グリグリと捏ねてやると……。
 背中仰け反らして悦んだね。

『先生、ヘン。
 もっとヘンになりそう!』
『それを、イクって言うんだよ』
『先生、イク。
 イクイク』
『ほらイキな。
 ほら』
『あが。
 あがががががが。
 がぁ』

 あっという間に、白目剥いちまった。

 以来その子は、わたしの言いなりさ。
 保健室に呼び出して、バージンもいただいた。
 もちろん、このディルドゥでね」
由美と美弥子 667目次由美と美弥子 669




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/03/13 08:06
    • み「ここは、1周するのに何分くらいかかるんだろ?」
      律「もっと早そうよね」
      http://www.youtube.com/watch?v=4h3oPnSMN8g
      み「だね。
       正直、日本海タワーの25分は遅すぎると思った。
       1周するまで、じっとしてられなかったもん」
      律「Mikiちゃんは、“いらち”だからね」
      み「何も建物が回らなくても……。
       自分の足で回ればいいんだよ」
      「ほっほっほっ」
       突然、高らかな笑い声が聞こえて来ました。
       窓際のベンチに座ってた髭のおじいさんが、振り向いて笑ってます。
      老「若い方は、元気がよろしいのぅ。
       わしらみたいな年寄りには……。
       こうして座りながら景色を眺められるのは、ありがたいことじゃよ」
       おじいさんは、宗匠帽を被り……。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110312103338a84.jpg
       裾の広がらない軽衫(かるさん)のような袴を穿き、羽織を着てます。
       足元は草履。
       昔の茶人みたいな感じです。
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110312103339557.jpg
      み「この展望台は、何分くらいで1周するんですか?」
      老「計ったわけじゃないがの……。
       ま、7~8分といったところじゃないかな」
      み「思ったより、早いですね。
       これくらいなら、座ってても飽きませんよね。
       あっ。
       八郎潟!」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110312103340015.jpg
      老「ほう。
       八郎潟を知っておるかの?」
      み「もちろんですよ」
      老「昔とは、まったく変わってしまったがの」
      み「ここから見ると……。
       人の手が入ってることが、はっきりとわかりますね。
       形が幾何学的」
      老「昔の潟は、あの左手に広がっておった」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110312103340ab6.png

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/03/13 08:08
    • 老「水面に、この寒風山が逆さまに映ってのぅ。
       茫漠とした景色じゃった」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110313075524ffb.jpg
      ↑『わたしたちの八郎潟町(八郎潟町教育委員会)/干拓前の八郎潟(http://www2.town.hachirogata.akita.jp/kyoiku/akata.htm)』より
      み「おじいさんは、干拓前の八郎潟を知ってらっしゃるんですね」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/201103121033392ca.jpg
      老「もちろんじゃよ」
      み「じゃ、お詳しいですね」
      老「ま、年の功というやつじゃな」
      み「いろいろと聞いちゃおうかな?」
      老「何なりと」
      み「それじゃ、遠慮なく。
       八郎潟って、全部埋められたんだと思ってましたけど……。
       そうじゃないんですね」
      老「あの妙な形の水面は、調整池として残されたものじゃ。
       あれでもまだ、全国の湖沼で18番目の広さなんじゃよ」
      み「へー、けっこう広いんだ。
       ま、干拓前の八郎潟は……。
       琵琶湖に次いで2番目の広さでしたもんね。
       あの残った部分も、汽水(淡水と海水が混ざった状態)なんですか?」
      老「ほっほ。
       いろいろと知ってる娘さんじゃの」
      み「ま。
       いやですわ、娘さんだなんて」
      老「ん?
       息子さんじゃったか?」
      み「違います!」
      老「なんじゃ、違うのか。
       てっきり、今はやりのニューハーフかと思った。
       昔は、陰間と言ったがの」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110312103341c2a.jpg
      み「話がずれてます」
      老「おぉ、そうじゃった」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/03/13 08:35
    • う~む。
      女教師の過去の所業がまた一つ明らかに。
      今度は「跳び箱の少女」か。
      しかし、ええのう。
      こういう初心な少女は。
      「黒いローファーの少女」が懐かしいぞ。
      思い出した!
      あれは何といったか。今でもあるのか。
      小学校の校庭。
      長さ5、6mの木(竹?)の棒。
      太さはそうだな、小学生でも握れるくらいだから数cmか。
      これを地面に垂直に立て、倒れぬように木の上部に支えを取り付けた遊具。
      あ~。まだるっこしいのう。
      「登り棒」とでも言うたかのう。
      この棒を両手でつかみ、両脚の腿と脛で挟み込んで、登るから「登り棒?」。
      もちろん、筋力やバランス感覚を鍛えるための遊具なのだろうが……。
      HQ。ちんちんを擦る快感を始めて覚えたのが、これだったように思う。
      女子の場合はどうかの。
      いや。
      女子がこれをやっておるのは見たことなかったような。
      そらあ、そうか。
      下から見たらパンツ丸見えだろうからな。

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/03/13 09:32
    • 千利休か芭蕉翁か。
      八郎潟の語り部、登場。
      八郎潟の逆さ寒風山か……。
      八郎潟、ああ八郎潟、八郎潟。
      また、わけのわからんことを。
      以前にも書かせていただいたが。
      私らの年代の者の、小・中学校の社会科の授業には、折に触れ、八郎潟干拓事業の推移が顔を出したのだよ。遠く離れた浪速の学校でものう。
      それほどの大事業だった。
      様々な軋轢もあったようだが。
      羽後の国、秋田県。
      地元ではどうだったのか。
      同年代の人に話を聞きたいと思っていたが。
      「語り部」さんのお話。
      楽しみだの。
      それにしても。
      寒風山って有名なんですね。
      知りませんでした。
      今後も宜しくね。
      陰間Mikikoさん。

    • ––––––
      5. ハーレクイン
    • 2011/03/13 10:15
    • 「A・B・O」の3つ(3種類)を「遺伝子」といいます。
      どんな人も血液型の遺伝子を2つもっています。
      この「遺伝子のもち方」を「遺伝子型」といいまして、仰せの通り、AA、AO、BB、BO、AB、OOの6通りがあります。数学的にいいますと「3種類の中から重複を許して2つ組合せよ」ですね。
      で、何をいいたいかといいますと[色:FF0000]「遺伝子型」には「型」という“語尾”はつけない[/色]んです。血液型のほうはもちろん「型」をつけ、A型、B型、AB型、O型と称するのは“知らない人でも知っている”というくらい有名な話ですね。
      結局、A型とB型の二通りは、「AAのA型」「BOのB型」のように表現します。
      ちなみに、私の父親は「O型」、母親は「AOのA型」
      姉と妹は、いずれも「O型」。私は、母親と同じ「AOのA型」です。3人とも“不義の子”と断定は出来ませんが、“実子”という証明も出来ませぬ。
      血液型による親子鑑定とはこの程度のものです。
      で、ご存知でしょうか。
      血液型って、人生の途中で『変化することがある』んですよ。
      これを知らないがためにおこる騒動が、たまにあります。恐ろしいですね。
      失礼しました。
      授業を終わります。

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/03/13 10:39
    • >Mikikoさん
      >>ピストン運動……メスにとっては、大して気持ちよくない
      >>野生の世界では、入れたらすぐ出す、というのが基本
      >>つまり、ピストン運動というのは……
      >>女性は大して気持ち良くない上に、男性は早く射精してしまう、という動作
      そうか。野生の世界では「性交を楽しむ」というのはありえないのか……。
      あっ、それで野生の体位の基本は後背位なのか。
      後背位なら恥骨がぶつかり合って痛い、てのはありえない。激しいピストンが可能、ということか。
      その野生の掟を「裸のサル」が引きずっているのがピストン運動かあ。
      ということは、ピストンは「サルの所業」、陰核にこだわるのが「ヒトの振る舞い」ということだな。
      ということは、かのピストン泡姫。
      「野生のメス猿」だったのか……。

    • ––––––
      7. 海苔ピー
    • 2011/03/13 13:28
    • ピストン運動での陰核の刺激は皆無て言ったけど
      今の女教師の体位から少し変化すると
      陰核への刺激は得られるけど
      男性は殆ど素股状態プラス過酷だけどね!
      今の状態は
      男性が女性の股の間に居てる状態ですよね!
      この状態を逆にして
      女性が男性の間に入って股は自然な感じで閉じてね!
      ここからが男性の腕の見せどころですよ!
      体力的にも辛いけど頑張って、腕立ての要領で上下でなく前後のピストン運動してね!
      活きよいよくすると抜けちゃあうからね!
      圧迫刺激は少ないけど
      陰核が陰茎に擦れて気持ち良いだなぁ~!
      唯一、ピストン運動で感じた陰核への刺激かな?
      初めてオナニーは
      ちょっと変わった
      隠れた陰核への圧迫刺激かな?

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2011/03/13 13:52
    • > ハーレクインさん
       干拓前の八郎潟の情報は……
       ネット上では、非常に乏しいというのが実情です。
       干拓が始まったのが、1957年ですから……。
       すでに50年以上の歳月が過ぎてしまってます。
       写真も、ほとんどネットには載って来ません。
       それでも、“漁業”の視点からの記述は、少しはあるんですが……。
       “湿地”として捉えた文章はほとんどナシ。
       書籍ならあるのかも知れませんが……。
       とてもそんなのを読み込んでるヒマはなく……。
       といったわけですから、あんまり期待しないでくださいね。
       なるほど。
       AAには、「型」を付けないのか。
       初めて知りました。
       癌の末期で血液型が変わるという話は、聞いたことがある。
      > 海苔ピーさん
       ふむふむ。
       確かに女性には……。
       大股開きより、股を閉じてる方が気持ちいいという方が多いようです。
       後側位とか……。
       あるいは、おしめを替えてもらうときのように……。
       両足を揃えて上げる姿勢でしょうかね。
       これらの姿勢は、結合部がよく見えないので、AVではあまり用いられないみたいですけど。
       わたしがオナニーに目覚めたのも……。
       脚を組んで座ってて、股間に力を入れたときですから……。
       脚を閉じた状態ってのは、一種の圧迫刺激があるのかもね。

    • ––––––
      9. ハーレクイン
    • 2011/03/13 18:16
    • >海苔ピーさん
      正常位の変形バージョン、かな?
      下になった女性が両脚をぴったりつけたまま、まっすぐ伸ばす。いわば「気をつけ」の姿勢ですね。上の男性は挿入したまま、軽く両脚をを開いて、女性の両脚を左右から挟みこむ。男性の上体は、女性が苦しくないように、両腕で支える(海苔ピーさんのおっしゃるとおり)。
      この体位を『伸長位』といいます。
      私の相方(家人・女房・妻)は、この体位が好きでした。
      特に、私がいった後「動かないで、抜かないで」と言って、両脚でぎゅっとわたしのちんちんを締め付けてきました。
      ふうむ。
      あのとき、相方は自ら陰核に圧迫刺激を加えておったのか。
      ほとんどオナニーだな。
      ということは当然、その前のピストンでは、いっておらんかったということに……。
      私も「早撃ち」では人後に落ちぬからのう。
      せめて一言「こうしてくれ」と言っていてくれればのう。
      いや、その前に『クリクリ講座』を読んでいれば……ま、不可能な繰言だの。
      今からやり直せばええやんか。
      わはは。もう無理無理。
      >Mikikoさん
      >>干拓前の八郎潟の情報は、ネット上では乏しい
      ふうむ。
      そうなのか。
      1957年というと、私は小学校2年生。
      Mikiko’s Roomの読者諸兄姉は、Mikikoさんも含め、まだお生まれになってすらおられなかった(イネさんくらいかな)。遠い昔の話ですなあ。
      私め、仮にも湖沼学に多少関わっておりましたから、少しくらいはデータを持っているはずなのですが、ご存知の事情で発掘できませぬ。無念じゃ。
      血液型は、免疫の仕組みと深い関係があります。
      そして新生児~生後2、3歳までは、免疫機構が出来上がっていく時期です。だから、この頃の赤ん坊・小児は感染症への抵抗力が乏しいんですね。
      で、血液型が変化することが多いのもこの時期なのです。
      世のご夫婦方。
      血液型なんぞで、血縁関係を測れるものではありません。
      お相手に、あらぬ疑いをかけるものではありませぬぞ。

    • ––––––
      10. ハーレクイン
    • 2011/03/13 18:31
    • Mikikoさん。
      次回が最終回だそうです。
      残念なことじゃ。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/03/13 20:29
    •  じっとしててもらった方が気持ちいい、というご意見も多々聞かれるようです(淡雪さんとか)。
       「Mikiko's Room」、男性にとっては、実に有益な情報が得られると思いますよ。
       ブラタモリ。
       残念です。
       ま、あんなに丁寧に作ってたら、毎週は厳しいでしょうね。
       特番でいいから、続けてもらいたいものです。
       久保田祐佳アナは、ぜったいバラエティ向き。
    コメントする   【由美と美弥子 0668】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど 潤文学
未知の星 官能の本棚 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
ちょっとHな小説 赤星直也のエロ小説 [官能小説] 熟女の園 羞恥の風
Angel Pussy 週刊創作官能小説 愛と官能の美学 電脳女学園 官能的なエロ小説
Playing Archives 新・SM小説書庫2 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 人妻の浮気話 艶みるく

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
秘密のエッチ体験談まとめ 恥と屈辱の交差点 18's Summer 空想地帯
HAKASEの第二読み物ブログ アダルト検索一発サーチ 女性のH体験告白集 ぺたの横書き
お姫様倶楽部.com かめべや 濠門長恭の過激SM小説 制服美少女快楽地獄
性小説 潤文学ブログ 女性のための官能小説 快感小説 黒い教室
女の陰影 漂浪の果てに 出羽健書蔵庫 Mikiko's Roomの仮設テント
魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 最低のオリ 淫鬼の棲む地下室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト 櫻坂ゆかりの官能小説 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 被虐願望 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment SM~猟奇の性書~変態 オシッコオモラシオムツシーン収集所

性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス 空想の泉~The Fountain of Daydream~ マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 エロ体験談で抜けるコピペ プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ねっとりぐちょぐちょ 美里のオナニー日記 ひよこの家
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる セックス・ノベル・ネット
官能小説アンテナ 人気ブログランキング
アダルトブログランキング GL Search
ライブドアブログ 成人向けランキング
Girls Love Search Adult Novels Search

ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく ヌケルアダルト作品 アダルト検索BBJapan 十八禁恋愛私花集
アダルト動画まとめ にほんブログ村 GAY ART NAVIGATION ぱっくりんく
アナル動画まとめ 創作系サイト検索・KAGOME ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top