Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 0659
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あぁっ」

 少女は、抗議の声を零した。

「乳首は、もうおあずけ。
 そろそろ、メインディッシュに進まなきゃね」

 由美は両膝を着いたまま、少女の傍らから這い出した。
 獲物を狙う猫族のように、少女の瞳を見据えながら……。

 少女は顔をもたげ、由美の動きを目で追っていた。
 由美は、少女の片腿を跨ぎ越した。
 股間に正対し、上体を起こす。

 自らの腹部を見下ろす。
 脈を打ちそうなほど怒張した男根が、弓なりに反り上がっていた。
 亀頭は、鳩尾を圧していた。
 それが、自らの乳房のあわいから見えた。
 身もだえしたいほどの興奮が、背骨をスパイラルして切れあがった。

 由美の片手が、陰茎を掴んだ。

 カン、カン、カン。

 高らかなバネ音と共に、亀頭が由美の腹部を離れた。
 切っ先を正眼に構えると、そのまま擦り始める。
 陰茎を上下する指の動きが、膣内に埋もれた陰茎を動かしていた。
 ディルドゥの基部が、小刻みに陰核を圧している。

 少女は、渇望の眼差しで見あげていた。
 その視線を全身に浴びながら、男根を扱く。
 肛門が収縮し始めた。
 由美は、指の上下動を止めた。
 このまま続けたら、間違いなくイッてしまう。
 仰向けの少女の身体に、おびただしく射精しながら忘失する。
 それは、限りなく魅惑的な絶頂であったが……。

「あぶない、あぶない。
 こんな可愛いおまんこがあるのに……。
 オナニーでイッちゃったら、もったいないよね」
由美と美弥子 658目次由美と美弥子 660




コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2011/02/28 06:23
    • み「秋田では、今でも家庭で食べるの?」
      ガ「家では……。
       あんまり食べないんじゃないでしょうか。
       でも、学校給食には出ます」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110226101745970.jpg
      律「へ~。
       でも、なんで家で食べなくなったの?」
      ガ「もともと、日常的に食べるものじゃなかったんだと思います」
      み「なんでよ?」
      ガ「昔は、お米を使った料理なんて、滅多に食べられなかったんですって。
       だから“きりたんぽ”は、お祝いとか、特別な日の料理だったんです」
      み「そうか……。
       わたしはまた、マタギなんかの携行食が起源かと思った」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110226101746bd7.jpg
      ガ「そういう説もあったらしいですね。
       でも、当のマタギさんが、明確に否定してます。
       『冬に米が食える身分なら、命がけで冬山になんか入らない』って」
      み「なるほど。
       “きりたんぽ”は、ハレの料理だったってことか」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/2011022610174631e.jpg
      律「五平餅も一緒よ。
       幣束(へいそく)の意味の「“御幣”餅」って書き方もあるくらいだからさ」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110228060411246.jpg
      律「元々は、神さまへの供え物だったそうよ」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110226101744691.jpg

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2011/02/28 06:24
    • み「よし。
       今日は、ハレの日だ。
       今夜、食べなきゃね」
      ガ「ぜひ、召し上がってください。
       わたしも食べたくなっちゃいました」
      律「好きなの?」
      ガ「大好きですぅ。
       だって、室井慎次さんの得意料理なんですもの」
      み「誰、それ?」
      律「あれじゃない?
       『踊る大捜査線』に出てくる……」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110226101745828.gif
      み「あ、柳葉のやった役?
       そう言えば、秋田の人だったよね。
       役の設定も、秋田なの?」
      ガ「そうですぅ。
       秋田の誇りですぅ」
       ガイドさんの目は、すっかりハート型になってました。
      http://blog-imgs-37.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110102195445527.png
      律「ところでさ!」
      み「なに?」
      律「何で五平餅なのよ?
       このお店」
      み「あ……。
       そうか。
       どうして“きりたんぽ”じゃないんだろ?」
      律「ガイドさん?」
       振り向くと、ガイドさんは……。
       目をハート型にしたまま、バスの方に行っちゃいました。
      み「わたしが推理するに……。
       あの焼き方に理由があるんじゃないかな?」
      http://blog-imgs-46.fc2.com/m/i/k/mikikosroom/20110226101743963.jpg
      律「網で焼いてるね」
      み「あれ、“きりたんぽ”だとさ……。
       転がしながら、満遍なく焼かなきゃならないでしょ」
      律「確かに」
      み「手間がかかるわけよ。
       その点、小判型の五平餅なら……。
       1回ひっくり返すだけでいいってこと」
      律「ほんとにそんな理由なの?」
      み「聞いてみる?」
       続きは、次回。

    • ––––––
      3. ハーレクイン
    • 2011/02/28 07:25
    • さあ!
      いよいよかあ。
      夏実ちゃんも怖くなくなったようだし。
      ついにそのときが……。
      いやいや。
      油断してはならぬ。
      自他共に認める“引っぱりMikiko”
      「陰核の薀蓄」で引っぱるという暴挙も敢行したくらいだからの。
      う~む。
      こと、ここに至って、どのような引っぱり手口が……。
      明日を待て!

    • ––––––
      4. ハーレクイン
    • 2011/02/28 08:05
    • そうかあ。
      きりたんぽは「ハレの日」の料理かあ。
      米食文化の国だのう。
      なんせ侍の給料が「米」だったんだからな。
      ま、これも次第に廃れつつあるのでは……。
      日本人なら米を食え!
      ん?
      「貧乏人は麦を喰え」とぬかしたのは誰だっけ。
      そうかあ。
      ギバちゃんは「秋田の誇り」か。
      ま、よかろう。
      他ならぬ可愛いガイドさんのいうことだ。

    • ––––––
      5. 海苔ピー
    • 2011/02/28 13:47
    • もう、これ以上
      焦らさないで下さい。
      お願いします。
      もう、限界です。
      お願いします。
      ひと思いに挿して…
      挿してあげて…
      あぁ~!
      もう、我慢出来ないよ!
      もう、海苔ピーの頭の中は
      「入れて下さい。由美様」
      状態だよ!
      お願いいたします。
      Mikiko様
      あかん!ほんまにあかん!
      妄想モードが暴走しまくって
      思考回路が…
      どうにかしてくれ…

    • ––––––
      6. ハーレクイン
    • 2011/02/28 14:11
    • >Mikikoさん
      掲示板に入りますと……。
      まずメインタイトル「Mikiko’s Room」
      その下に「ゴシック系長編レズビアン小説……」
      で、サブタイトル「みきこずるーむの掲示板」
      ここまでは問題なし。
      問題はその下、
      本来“本文”があるべきところに、FC2の「CM」というか「初期画面」というかが“ででん”と、のさばってまして、掲示板の内容が隠されています。
      FC2の画面の右1/3ほどは、Mikiko’ Roomのサイド画面の裏に隠れています。
      サイド画面は正常です。「熱帯魚」や「MikikoさんのProfile」……などなど、いつもどおりです。
      で、下にスクロールしていきますと、
      「お帰りの際は、愛のワンクリ、お願いします」のメッセージ、相互リンクサイトの紹介……と、本来のMikiko’ Roomの画面が表示されます。
      要するに『本文がFC2に隠されている』という状況ですね。
      IE、Chromeとも同じ症状です。
      掲示板レポートを終わります。
      .>通りすがりの名無しさんさん
      ようこそお越し。
      またいつでもおいでください。
      「“通りすがり”だからもう来ないよ」
      ま、そうおっしゃらずに。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2011/02/28 19:47
    • > ハーレクインさん
       お米と云えば……
       旭川産「ゆめぴりか・3合」お試し便が、先週届きました。
       さっそく食してみた結果は……。
       わたしの舌はお米の味を見分けられない、ということを改めて認識することになりました。
       もちろん、マズいわけ無いんですが……。
       黙って出されたら、気づかないと思う。
       ただ、見た目はスゴく綺麗ですね。
       目が痛くなるほど真っ白。
       お試し用は、食味を良くするため、そうとう削ってあるんでしょうか?
       掲示板の件。
       要は、掲示板本体が表示されてないってことですよね。
       画面コピーを送っていただけませんか?
       不具合を表示させた状態で、キーボードの「Print Screen」キーを押し……。
       その後、ExcelかWordを立ち上げ、「Ctrl+V」。
       これで、画面イメージを貼り付けられます。
       そのファイルを、メールで送っていただけると嬉しいのですが……。
      > 海苔ピーさん
       まーまー。
       そう入れこまんと……。
       ここまで来たら、もうすぐですよ。
       妄想が暴走したときは、ぜひ書き留めてください。
       詩もいいけど……。
       “!”調で畳みかけるのも面白いかも?

    • ––––––
      8. ハーレクイン
    • 2011/02/28 22:54
    • 『ゆめぴりか』
      そうか。無茶苦茶美味しい! というわけでもないのか。
      普通の米粒(白米)をよく観察すると、頂端付近に、切り落とされたような「へこみ」のあるのがわかります。
      この「へこみ」には、次世代のイネの本体である「胚」が存在していたのですが、玄米を精米する過程で「胚」が削り落とされ「へこみ」になったものです。
      精米歩合を高めていきますと、この「へこみ」は均されてしだいに目立たなくなっていきます。吟醸酒用に高度に精米すると、米粒自体が仁丹のような球状になり、「へこみ」は全くなくなります。
      つまり、どのていど「へこみ」があるか、で精米歩合を肉眼で観察することが出来るわけです。もちろん、一つの目安にすぎませんが……。
      ごく普通の白米と比べると、ある程度はわかると思います。
      『ゆめぴりか』では、どうでしょうかね。
      掲示板の画面コピー。
      ご指示通り送付しました。
      お忙しいところ、恐縮ですm(_ _)m
      お暇な折に、目を通してみてください。

    • ––––––
      9. 海苔ピー
    • 2011/03/01 02:50
    • 畳みかけるようにか!
      また、難しい事を言いますね~!
      意識しては無理だよ!

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2011/03/01 07:36
    • > ハーレクインさん
       「ゆめぴりか」は……。
       すでに、ぜんぶ食べてしまいました。
       残念ながら、“へこみ”の具合は記憶にありません。
       でも、米粒が小さかったという感じはしなかったな。
       掲示板の件。
       メール、ありがとうございました。
       うーむ。
       どうしてああなるかね。
       掲示板に直接アクセスしても同じでしょうか?
       下記URLです。
      http://mikikosroom.bbs.fc2.com/
      > 海苔ピーさん
       だから、そのコメントの調子でいいんだって。
       “!”の畳みかけ。
       あんまり考えないでさ。
       自動書記みたいに書けたら最高です。

    • ––––––
      11. Mikiko
    • 2011/03/01 07:53
    •  掲示板の件。
       原因がわかりました。
       今は、アクセスできるはずです。

    • ––––––
      12. ハーレクイン
    • 2011/03/01 08:30
    • 掲示板。
      久しぶりに拝見しました。
      ま、更新自体が久しぶりでしたが。
      やはり携帯の画面とは違い、よくわかりますね。当たり前ですが。
      お手数をおかけしました(感謝)。

    • ––––––
      13. ハーレクイン
    • 2011/03/01 08:57
    • 何者かの憑依により、作品が著される現象ですよね。はたしてその作品は「著者」のものなのか、「何者か」のものなのか。
      「何者」とはいったい何者なのか。何者なのかがわからないから「何者か」だよな。
      何をぐだぐだと、わけのわからんことを……。
      広く、憑依による行為は、超常現象の一種でいろいろありますよね。
      地中の水脈や鉱脈をさがす「ダウジング」も、これでしょう。
      『少年の町ZF』という漫画。侵略ものSFの佳作ですが、物語中のエピソードの一つとして、ダウジングが効果的に取り入れられています。
      そいうえば、「こっくりさん」も自動書記の一種ですね。
      女教師に憑依された由美の行動。これもまた……。

    • ––––––
      14. 淡雪
    • 2011/03/01 19:51
    • 海苔ピーさま、焦れてますねえ。^^
      わたくしなんか、7ヶ月ぐらい↑状態がつづきましたわよ。
      別にわたくしは焦れても、焦らしてもいませんでしたが、相手は相当なものだったと、今思えばなつかしくもあります。
      強烈な印象を残すものなんです。きっと。
      忘れられない。。。状況をつくるもののようです。
      思い出も感激も、相当盛り状態で保存、しかも思い出すたびに2割り増し状態で上書きされちゃうオマケつきです。
      ペネトラシオンはゆっくりと!
      焦りは禁物でございます。

    • ––––––
      15. Mikiko
    • 2011/03/01 20:05
    • > ハーレクインさん
       掲示板は、わたしが悪かったんです。
       現象としては、ハーレクインさんの引っ越しの後、コメントが入れられなくなったのと同じ。
       スパム投稿の多いホストからのアクセスを、禁止してたわけです。
       これに引っかかったんですね。
       こういう設定は、ときどきリセットかけるべきだよな。
       すみませんでした。
       自動書記は……。
       小説を書くものにとっては、憧れの境地ですね。
       寝てる間に、手が勝手に書いてくれたらなぁ。
       朝起きたら、枕元に、書き上げた原稿が積んであるわけよ。
       堪えられないでしょうね。
      > 淡雪さん
       “Penetration”という用語は、初めて知りました。
       弾丸などの貫通を意味する言葉のようですね。
       女子学生の間では、“性交”を表す隠語だったとか。
       いったい、いつの時代だ?

    • ––––––
      16. ハーレクイン
    • 2011/03/01 21:12
    • 状況がも一つよくわかりませんが、
      要は、お相手に7ヶ月間「御預け」をお食わせになられたと……。
      いやあ……。
      下から4行目&3行目。わかりませぬ。
      ペネトラシオン。知らぬ!

    • ––––––
      17. ハーレクイン
    • 2011/03/01 21:30
    • 自動書記で出来上がった原稿。
      自分の頭の中にあるものが、そのまま文章になっていればいいでしょうけどね。
      とんでもない内容だと困るよなあ。
      例えば由美美弥。
      由美ちゃんと美弥ちゃんが喧嘩別れするとか、
      女教師が妖艶な美女に変身し、これまでやった相手全員にご奉仕しまくるとか、
      由美ちゃんが夏実ちゃんに逆にやられてしまうとか……。
      あれ。これ、二次小説だな。
      どうも発想が貧困だな。
      もっと極端な設定は……。

    • ––––––
      18. 淡雪
    • 2011/03/01 23:07
    • Mikikoさま。
      わたくし、17歳で倉橋由美子さんの「暗い旅」に嵌りまして、もう全身倉橋さんにまみれてしまい(当時から単純)
      ABCのCをぺネトラシオンと呼ぶようになりました。
      そんな時代から、そう隠語されているというのは知りませんでしたが、倉橋小説の中に、そういう記述がありましたゆえ、なんか綺麗な感じがしました。
      しかも隠微で、風情アリ。
      おフランス風で。
      ハーレクインさま。
      図らずも(図らずも!です)
      寸止めの我慢7ヶ月の試練を耐え抜いた奇特なお方がおられます。
      若い頃の記憶は、何度も、美しい脚色つきで、上書きされているようで、わたくしなどのような平凡な容貌も、某女優そっくりと、おそろしい美化。
      いまでも、その殿方の脳内では、美しい思い出として残っているようで、わたくしは、現状をお知らせすることのないように、気をつけております。^^
      夢を壊してしまっては、申し訳ないことこの上ないですから。

    • ––––––
      19. ハーレクイン
    • 2011/03/02 03:03
    • まず『パルタイ』
      某政党(パルタイ;パーティparty)への入党と離脱を描いた作品でしたな(こう書いてしまうと身も蓋もないな)。
      ま、発表された時代が時代、いわゆる60年安保の年でしたから、政治色が濃厚だったわけですが、その後政治色は薄れ、シュールな作風に変貌していきますね。日本のSF界は、SF作家、と評価していました。
      あと『夢の浮橋』、『老人のための残酷童話』くらいかなあ。読んだのは。
      「暗い旅」は読んでいないはず。めずらしい「二人称」小説として話題になったのでは。
      そうか、ペネトラシオン、penetrationのフランス語読みか。知らなかったんだから読んでいないんだろうな。
      倉橋由美子だったと思うのですが、
      主人公は女性。
      相方(男性)に、クンニをするのはいい、フェラはできない、とMikikoさんみたいな科白をいう話があったような。
      「何で私がそんな滑稽なまねをしなくてはならぬのだ……」てな独白があったと……。
      >淡雪さま
      >>寸止めの我慢7ヶ月の試練
      >>若い頃の記憶は、何度も、美しい脚色つきで、上書きされているようで……
      なるほど~。そういうことでしたか。
      美しいお話ですねえ。

    • ––––––
      20. Mikiko
    • 2011/03/02 06:30
    • > ハーレクインさん
       由美美弥の2次小説、ぜひ読んでみたいです。
       だれか書いてくれんかなぁ。
       パロディでもいいんだけど。
       もちろん、サイトに掲載させていただきます。
      > 淡雪さん
       「暗い旅」は……。
       行方不明になった恋人(?)を探す話だっけ。
       途中まで読んで挫折した、“暗い思い出”があります。

    • ––––––
      21. 淡雪
    • 2011/03/03 13:41
    • なぜか高校時代の女教師(社会科)に「暗い旅」は、手渡しされたのです。
      そのセンセイが、倉橋を教えてくれたのです。
      彼女、既婚でしたが、ご主人がいない日に、2.3度家に招き入れてくれました。
      センセイの本棚の本を好きに持って帰っていい・・・といってくれたり。
      本好きなわたくしのガイドをしてくれました。
      おもしろい(個性的)な人で、もっともっとお付き合いを続けたかったんですが、ほどなく懐妊され、つわりの酷さに、入院→退職ということになり、ふっつりと連絡がとれなくなりました。

    • ––––––
      22. Mikiko
    • 2011/03/03 20:02
    •  その先生、なんとなくビアンの匂いがしますね。
       妄想の膨らむシチュです。
       ネタにいただこうかな?

    • ––––––
      23. 淡雪
    • 2011/03/03 22:24
    • 驚いたことに、出産後、子供が大きくなってから、復職されたようなのですが、その後、校長とW不倫で、校長もろとも退職。
      魔性なんでしょうね。
      わたしを異様に可愛がってくれましたが。
      まさに一人だけ特別扱いでした。

    • ––––––
      24. Mikiko
    • 2011/03/04 07:24
    •  事実は小説より奇なり。
       もし、この人が日記を書いてたら……。
       読んでみたいものです。
       でもたぶん、書いてなかったでしょうね。
       わたしから見れば、宝の山に住んでるような人ですが……。
       彼女は、自分の体験を表現しようとは思わなかったでしょう。
       まさに、「トニオ・クレーゲル」の世界。
       人は、表現する者と、される者とに分かれる。
       彼女もまた、「金髪のインゲ」のひとり。
    コメントする   【由美と美弥子 0659】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
潤文学 新・SM小説書庫2 赤星直也のエロ小説 変態小説
愛と官能の美学 ちょっとHな小説 官能の本棚 羞恥の風
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 電脳女学園
[官能小説] 熟女の園 恥と屈辱の交差点 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
HAKASEの第二読み物ブログ アダルト検索一発サーチ 性小説 潤文学ブログ 女性のH体験告白集
ぺたの横書き 被虐願望 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。
黒い教室 女性のための官能小説 お姫様倶楽部.com 空想地帯
出羽健書蔵庫 魔法の鍵 女の陰影 平成な美少女ライトノベル
快感小説 むね☆きゅんファンサイト 制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント
ろま中男3 秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 渡硝子の性感快楽駆け込み寺

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SM・お仕置き小説ブログ 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
漂浪の果てに Playing Archives 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment

オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
あおいつぼみ 葵蕾 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!

★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 官能小説アンテナ
人気ブログランキング アダルトブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
GL Search セックス・ノベル・ネット
Adult Novels Search ヌケルアダルト作品

ランキング/画像・動画(11~30)
Girls Love Search ネット小説ランキング 少女禁忌区域 おたりんく
成人向けランキング アダルト動画まとめ ぱっくりんく Cyber あまてらす
クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top